2017年11月23日

大渕ヶ鼻城址   (青森県弘前市)

弘前市にある大渕ヶ鼻城址に行ってきました。

<大渕ヶ鼻城址>
大渕ヶ鼻城.jpg
住所:青森県弘前市石川平山
駐車場あり(無料)

<大渕ヶ鼻城について>
大渕ヶ鼻城6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
大渕ヶ鼻城は1334年に曾我道性という人物によって築城されました。
近隣にある諸城を石川十三楯(大仏ヶ鼻城、岡館、猿楽館、月館、坊館、
八幡館、寺館、高田館、茂兵衛殿館、寺山館、孫兵衛館、小山館、新館)と言い
総称して石川城と言うそうです。

後に南部家に攻め落とされ、石川高信が居城としていましたが、大浦為信の急襲で
落城。石川高信は自害しました。

1611年弘前城の築城とともに廃城となり、その役目を終えました。

現在は大仏公園という公園になっていて、季節外れの様な感じでしたが紫陽花が
咲いていました(^-^)

<大渕ヶ鼻城>
大渕ヶ鼻城2.jpg

大渕ヶ鼻城3.jpg

大渕ヶ鼻城7.jpg

大渕ヶ鼻城8.jpg

大渕ヶ鼻城9.jpg

大渕ヶ鼻城4.jpg

大渕ヶ鼻城5.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:32| Comment(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

藤田記念庭園     (青森県弘前市)

弘前市にある藤田記念庭園に行ってきました。

<藤田記念庭園>
藤田記念庭園.jpg
住所:青森県弘前市 上白銀町88
駐車場無し
開園時間:9:00〜17:00
料金:310円

<藤田記念庭園について>
藤田記念庭園2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
弘前城に隣接する藤田記念庭園に行ってきました。
大正7年に地元の商工会議所会頭である藤田謙一が屋敷を構え、東京から庭師を
招いて造らせた地泉廻遊式庭園です。
平成に入り、弘前市が整備し一般に開園しています。

高低差がある庭園は、高台に建つ和室から岩木山を眺める事が出来ます。
あいにくこの日は雲がかかって岩木山は見る事が出来ませんでした。
菖蒲やツツジなど様々な花も見所だそうです。
美しい庭園でしばしくつろいできました(^-^)

<藤田記念庭園>
藤田記念庭園3.jpg

藤田記念庭園4.jpg

藤田記念庭園5.jpg

藤田記念庭園6.jpg

藤田記念庭園8.jpg

藤田記念庭園7.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:37| Comment(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

富田の清水・御膳水   (青森県弘前市)

弘前市にある富田の清水と御膳水を訪問しました。

<富田の清水>
富田の清水.jpg
住所:青森県弘前市紙漉町5−2
駐車場無し

<富田の清水について>
富田の清水3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
富田の清水(とみたのしつこ)、久しぶりの訪問です。
日本名水100選に選ばれたわき水で、江戸時代には紙漉きの水として使われて
いたそうです。
その後生活用水として使われる様になり、今も綺麗な水がわき出ています。
一般の人も利用することが出来ます。
富田の清水2.jpg
最上流は飲み水。その下が食器や洗濯物をする層になります。
富田の清水4.jpg
この水は飲むことが出きます。本当は一旦煮沸した方が良いんでしょうけどね。
そんなに量を飲む訳ではないので、一口頂きます。冷たくておいしい水でした(^-^)
ちなみに、今回で2回目の訪問です。

[ここに地図が表示されます]


富田の清水から歩いて1分。御膳水があります。

<御膳水>
御膳水.jpg

御膳水2.jpg

こちらも江戸時代に紙漉きの水として使われたわき水で、明治時代に明治天皇行幸
に際し、お茶や食事用の水として使った事から御膳水と言うそうです。

御膳水3.jpg

富田の清水同様に、層分けされていますが、この水は現在飲むことが出来ないとの
事です。
御膳水4.jpg
綺麗そうな水ではありました。

[ここに地図が表示されます]


平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の名水巡り
http://rover.seesaa.net/article/21971174.html
posted by 南行 at 23:25| Comment(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

金濱眼鏡橋    (長崎県雲仙市)

雲仙市にある金濱眼鏡橋に行ってきました。

<金濱眼鏡橋>
金濱眼鏡橋.jpg
住所:長崎県雲仙市小浜町金浜1565
駐車場あり(無料)

幕末の弘化3年(1846)に架橋された石橋です。

金濱眼鏡橋3.jpg

長崎では江戸時代初期からアーチ型の石橋が多数架けられていますね。
その技術力には驚かされます。

金濱眼鏡橋2.jpg
結構傾斜がきついので、雨の日とかは滑りそうで恐いです(^^;

平成29年夏旅2 長崎へ出陣
http://rover.seesaa.net/article/453275762.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:57| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

沖田畷古戦場 二本木神社   (長崎県島原市)

島原市にある二本木神社に行ってきました。

<二本木神社>
沖田畷の戦い 二本木神社.jpg
住所:長崎県島原市北門町126
駐車場あり(無料)

<二本木神社について>
沖田畷の戦い 二本木神社3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
二本木神社に行ってきました。
この神社は,龍造寺軍と有馬・島津連合軍が戦った沖田畷古戦場の激戦地
に建っています。
祀られているのは、この地で討ち死にした龍造寺隆信です。

沖田畷の戦い 二本木神社2.jpg

沖田畷の戦いについてですが、前の記事にも書きましたが、再度同文掲載
します。
沖田畷の戦いは、有馬領島原に攻め込んできた龍造寺軍に対し、有馬軍と援軍に
かけつけた島津勢との戦いです。
兵力は龍造寺軍が圧倒しており、龍造寺軍は約5万(2万5000という説もあり)
に対し有馬、島津連合軍は8000〜9000程度と言われています。
軍勢の多さを過信した龍造寺隆信は、有馬・島津連合軍の計略にはまり、当主
龍造寺隆信が討ち死にした他、龍造寺四天王も討ち死にするなど龍造寺軍は壊滅的な
敗北を喫します。これにより、島津の勢力は肥前までまで及ぶようになり、九州の
覇権を確立した戦いでもあります。

沖田畷古戦場の散策はここに車を停めて見てまわるのが良いかと思います。

平成29年夏旅2 長崎へ出陣
http://rover.seesaa.net/article/453275762.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

沖田畷古戦場・龍造寺隆信供養塔  (長崎県島原市)

島原市にある沖田畷古戦場・龍造寺隆信供養塔に行ってきました。

<沖田畷古戦場・龍造寺隆信供養塔>
沖田畷の戦い 龍造寺隆信供養塔.jpg
住所:長崎県島原市北門町
駐車場無し

<龍造寺隆信供養塔について>
沖田畷の戦い 龍造寺隆信供養塔3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
沖田畷古戦場跡に行ってきました。
沖田畷の戦いは、有馬領島原に攻め込んできた龍造寺軍に対し、有馬軍と援軍に
かけつけた島津勢との戦いです。
兵力は龍造寺軍が圧倒しており、龍造寺軍は約5万(2万5000という説もあり)
に対し有馬、島津連合軍は8000〜9000程度と言われています。
軍勢の多さを過信した龍造寺隆信は、有馬・島津連合軍の計略にはまり、当主
龍造寺隆信が討ち死にした他、龍造寺四天王も討ち死にするなど龍造寺軍は壊滅的な
敗北を喫します。これにより、島津の勢力は肥前までまで及ぶようになり、九州の
覇権を確立した戦いでもあります。

そーんな重大な戦いですが、古戦場はこじんまりしています。
一番上の写真の様な小さな看板が国道沿いにありました。駐車場も無く、近くに一時
路注して行くことに。
看板の先は、民間の会社の敷地の様な感じで、何とも入りづらい雰囲気。
入っていくと、こんな倉庫と駐車場がありました。
沖田畷の戦い 龍造寺隆信供養塔4.jpg
本当にここ入って良いのかなと悩みましたが、入口に案内看板があるんだから
大丈夫あろうという事で突撃です。

駐車場の片隅、工場の様な建物のそばに供養塔がありました。

<龍造寺隆信供養塔>
沖田畷の戦い 龍造寺隆信供養塔2.jpg
この供養塔は昭和初期に、この周辺にあった祠をひとつにまとめたものだそうです。
この付近は沖田畷の戦いの激戦地だった場所です。
今はそんな感じは微塵もありませんけどね。

平成29年夏旅2 長崎へ出陣
http://rover.seesaa.net/article/453275762.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:20| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日野江城址    (長崎県南島原市)

南島原市にある日野江城址に行ってきました。

<日野江城址>
日野江城址.jpg
住所:長崎県南島原市北有馬町戊谷川名
駐車場あり(無料)

<日野江城について>
日野江城址9.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日野江城址に行ってきました。築城は古く鎌倉時代に遡りますが、
戦国時代には島原のキリシタン大名である有馬晴信の居城となりました。
城の中にある階段遺構には、お寺の五輪塔などが破壊されて敷き詰められ
ていた事から、キリスト教の布教とともに仏教が弾圧されたことがうかが
われるそうです。
1614年に有馬氏が延岡に転封となり、松倉氏が入城しその後廃城と
なりました。

現在は大規模な石垣などの遺構を見る事が出来ました(^-^)

<日野江城址>
日野江城址2.jpg

日野江城址6.jpg

日野江城址7.jpg

日野江城址8.jpg

日野江城からは正面に島原の乱の舞台となった原城跡を眺める事が出来ます。
日野江城址10.jpg

日野江城址4.jpg

日野江城址5.jpg
原城方面を眺めた写真です。
今回は時間の関係で原城には行きませんでした。

平成29年夏旅2 長崎へ出陣
http://rover.seesaa.net/article/453275762.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:22| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする