2019年08月21日

海峡展望台   (北海道函館市)

函館市、恵山の海峡展望台に行ってきました。

<海峡展望台>
海峡展望台.jpg
住所:北海道函館市柏野町117
駐車場あり(無料)

海峡展望台に行ってきました。
函館市ですが、函館市街からは車で1時間超かかります。

恵山のかなり山頂に近いところにある展望台で、道は急ですが車で容易に
行くことが出来ます。
この日は天気が良かったので、津軽海峡の向こうに青森下北半島を見る事が
出来ました。

<海峡展望台>
海峡展望台2.jpg

海峡展望台3.jpg

海峡展望台4.jpg

<クリックすると拡大します>
海峡展望台大.jpg

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/467859320.html

[ここに地図が表示されます]




posted by 南行 at 15:49| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大衆割烹やなぎでほっけ定食    (北海道森町)

森町の大衆割烹やなぎでランチにしました。

<大衆割烹やなぎ>
やまぎ.jpg
住所:北海道茅部郡森町御幸町6-3
駐車場あり

森町のやなぎというお店でランチにしました。
食べログではランチ営業してない記載なんですが、普通にやっておりました。
魚料理中心のお店。この日はホッケの定食にしました。

<ホッケ定食>
やなぎ ほっけ.jpg

やなぎ ほっけ2.jpg

いや〜、ホッケがでかい!
食べ応え満点ですね。焼きたてのホッケってほんとうまい(^-^)
満足の内容でした。

店内には吉田類氏のサインが。
やなぎ 吉田類.jpg
居酒屋放浪記かなと思いましたが、居酒屋放浪記のHPにはなかったので、
別の企画で来た様です。

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/467859320.html



関連ランキング:居酒屋 | 森駅



posted by 南行 at 15:32| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恵山岬      (北海道函館市)

函館市の恵山岬に行ってきました。

<恵山岬>
恵山岬6.jpg
住所:北海道函館市恵山岬町
駐車場あり(無料)

恵山岬に行ってきました。
恵山岬は北海道の亀田半島東端の岬で、住所的には函館市になりますが、
函館市街からは車で1時間以上かかります。

現地には1890年に建築された恵山岬灯台があります。噴火湾の入口に
なるこの地の航行の安全を見守っている灯台です。
恵山岬にある恵山は活火山で荒々しい山ですが、恵山岬は断崖絶壁という
様な岬ではなく、高低差はありますが優美な感じの岬でした。

<恵山岬>
恵山岬2.jpg

恵山岬3.jpg

恵山岬4.jpg

恵山岬5.jpg
海の色が本当に綺麗です(^-^)

恵山岬.jpg

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/467859320.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:10| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かもめ島        (北海道江差町)

江差町にあるかもめ島を散策してきました。

<かもめ島>
かもめ島.jpg
住所:北海道檜山郡江差町鴎島
駐車場あり(無料)

かもめ島は周囲約2.6キロほどの島でかつてはニシン漁や北前船交易の舞台
として栄えました。また幕末には重要な防衛拠点として台場が設置されました。

現在はかもめ島周遊の遊歩道が整備され、江差の観光名所になっています。

夕方の訪問で、夕陽が見れれば良かったんですが、あいにく薄雲がかかってい
て少し暗かったのが残念でした。
1時間位あれば島をゆっくり散策できます。合わせて近くにある開陽丸の記念
館にも行ってみると良いかもしれません。

<かもめ島散策>
かもめ島2.jpg

かもめ島3.jpg

かもめ島4.jpg

かもめ島6.jpg

かもめ島8.jpg

かもめ島7.jpg

かもめ島3北前船.jpg
この岩に空いた穴は北前船を係留するために、ここに木杭をさして、それに船を
繋いだというものです。

<かもめ島灯台>
かもめ島灯台.jpg

<かもめ島から見る開陽丸>
かもめ島9.jpg
旧幕府軍の開陽丸です。江差の地で沈没しました。

<弁慶の足跡>
かもめ島弁慶の足跡.jpg
岩に空いた2つの穴は弁慶の足跡と呼ばれる穴です。

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/467859320.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 10:07| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

旧幕府軍上陸地      (北海道森町)

北海道森町にある旧幕府軍上陸地に行ってきました。

<旧幕府軍上陸地>
旧幕府軍上陸地2.jpg
住所:北海道茅部郡森町鷲ノ木町
駐車場あり(無料)

<旧幕府軍上陸地について>
旧幕府軍上陸地.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
森町の旧幕府軍上陸地に行ってきました。
1868年10月20日、榎本武揚率いる旧幕府軍2000人がこの鷲ノ木に上陸
しました。当日は暴風雪で、積雪は30センチあったそうです。

榎本他、土方歳三や大鳥圭介らも上陸しました。
翌10月21日には人見勝太郎率いる32名の先発隊が官軍と衝突。ここから箱館
戦争へと突入していきます。

上陸地鷲ノ木は箱館戦争終結まで負傷者等の療養地となり、戦死者も葬られたという
事です。
官軍は日本海側から上陸しているので、旧幕府軍はその反対側から上陸という感じに
なったのでしょうか。

現地は駒ヶ岳を眺めるとても穏やかな港という感じでした。

<旧幕府軍上陸地>
旧幕府軍上陸地3.jpg

旧幕府軍上陸地4.jpg

旧幕府軍上陸地5.jpg

旧幕府軍上陸地6.jpg

<旧幕府軍戦死者慰霊碑>
旧幕府軍上陸地7.jpg

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/467859320.html

新撰組関連の史跡
http://rover.seesaa.net/article/26835008.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:56| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

紅一点       (栃木県宇都宮市)

宇都宮の紅一点というお店でチャーハンと餃子を食してきました。

<紅一点>
紅一点.jpg
住所:栃木県宇都宮市上戸祭3-3-8
駐車場あり
営業:[月〜土] 11:00〜24:00
   [日・祝] 11:00〜23:30

宇都宮を通りかかったので、餃子でも食べたいなと思い調べたところ、この店が
近くにあったので訪問しました。
宇都宮餃子会所属の店だそうです。
栃木県のチェーンの経営という事で、餃子の食材も地元産に拘っているそうです。

紅一点3.jpg

今回はチャーハン・餃子です。
紅一点2.jpg

紅一点.jpg

チャーハンもパラパラ感があり、おいしかったです。
餃子は薄皮で具材の味わいがよく感じられました。
夜遅くまでやってるのもありがたいですね。
カウンター席もあるので、一人でも安心です(^-^)

令和元年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/468842903.html



関連ランキング:ラーメン | 宇都宮市その他


posted by 南行 at 15:01| Comment(0) |   北関東のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会津よろずやでカレー焼きそば   (福島県会津若松市)

会津若松の会津よろずやで会津若松名物のカレー焼きそばを食してきました。

<会津よろずや>
会津よろずや.jpg
住所:福島県会津若松市七日町2-37
駐車場無し

<メニュー>
会津よろずや2.jpg

会津よろずやは七日町通り沿いにあるちょっとしたお土産屋さん兼軽食屋です。
店先にカレー焼きそばの掲示があったので立ち寄ってみました。

会津若松では昭和50年代にトミーフードというお店が始めたカレー焼きそば
なる料理が普及し、今ではご当地B級グルメとして知られています。
僕も7年前に一度、一風亭というお店でカレー焼きそばを食しました。
今回が2回目です。

<カレー焼きそば>
会津よろずや3.jpg
こちら会津よろずやさんのカレー焼きそば(800円)です。
オーソドックスなカレーですね。キーマ入り。
会津のカレー焼きそばは紅ショウガがデフォルトですね。
おいしくいただけました(^-^)

令和元年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/468842903.html



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 七日町駅


posted by 南行 at 14:11| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする