2021年09月26日

出雲街道・勝山宿   (岡山県真庭市)

出雲街道・勝山宿を散策してきました。

<出雲街道・勝山宿>
勝山宿9.jpg
住所:岡山県真庭市勝山
駐車場あり(無料)

出雲街道は姫路から出雲松江へ繋がる街道です。
勝山宿はその出雲街道の宿場町として栄え、今でも昔ながらの町並みが残って
います。昭和60年には岡山県初となる「町並み保存地区」に指定されています。

今回の旅で,一番印象に残ったのがこの町です。
雨の中の散策になりましたが、とにかく町並みが素晴らしい。
旧宿場町の雰囲気を非常に良く残しています。晴れてたらもっとゆっくり観光
したかった・・。

しかし、町並み保存地区に指定されているものの、国の重要伝統的建造物群保存
地区には指定されていません。
岡山では、倉敷や吹屋、矢掛宿、津山などが指定されてるんですけどね。
ここが指定されてないのが不思議なくらいです。今後指定の最有力候補かなとは
思いますが。とにかく良い町並みでした。

男はつらいよのロケが行われたり、谷崎潤一郎が疎開してきた場所でもあるそう
です。

<勝山宿>
勝山宿8.jpg

勝山宿2.jpg

勝山宿9a.jpg

勝山宿7.jpg

勝山宿5.jpg

勝山宿6.jpg

勝山宿4.jpg

勝山宿3.jpg

勝山宿.jpg




続きを読む
posted by 南行 at 12:12| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲街道・勝間田宿   (岡山県勝央町)

出雲街道勝間田宿を散策してきました。

<出雲街道・勝間田宿>
勝間田宿2.jpg
住所:岡山県勝田郡勝央町勝間田
駐車場あり(無料)

<勝間田宿について>
勝間田宿.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
出雲街道勝間田宿を散策しました。
勝間田宿は津山藩主、松江藩主の本陣も置かた出雲街道の大宿場町でした。

勝間田は戦国時代、宇喜多氏、小早川氏の支配を受け、江戸時代に入り森氏が津山
に入ると勝間田も森氏の支配となりました。
江戸時代初期に出雲街道が改修されると、美作七宿のひとつとして勝間田は発展
したそうです。

今は昔ながらの建物が点在し、かつても宿場町の雰囲気を感じる事が出来ます。
観光客向けの店等は少なく、町を見て歩くだけという感じでした。

町並みの真ん中付近に商店街の駐車場があったので、そこに車を停めてしまし散策
させて頂きました。

勝間田宿4.jpg

勝間田宿5.jpg

勝間田宿9.jpg

勝間田宿8.jpg

勝間田宿6.jpg

勝間田宿7.jpg

勝間田宿3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html




posted by 南行 at 11:44| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮本武蔵初決闘の地   (兵庫県佐用町)

佐用町にある宮本武蔵初決闘の地に行ってきました。

<宮本武蔵初決闘の地>
宮本武蔵初決闘の場.jpg
住所:兵庫県佐用郡佐用町宗行387
駐車場あり(無料)

<武蔵初決闘の地について>
宮本武蔵初決闘の場2.jpg

宮本武蔵初決闘の場5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平福宿のすぐ南に宮本武蔵初決闘の地という看板を発見し、立ち寄ってきました。

宮本武蔵は13歳の時、この金倉橋のふもとで新当流の有馬喜兵衛に初決闘を挑み
一刀のもとに相手を倒したという伝説の地です。
正直自分は宮本武蔵についてはそんなに詳しくないので、へ〜そうなんだ程度で
現地を見てきました。
金倉橋は今はコンクリートのゴツい橋になってます。

宮本武蔵初決闘の場3.jpg

宮本武蔵初決闘の場4.jpg

宮本武蔵初決闘の場6.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 11:13| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

因幡街道・平福宿    (兵庫県佐用町)

佐用町にある因幡街道平福宿の宿場町を散策してきました。

<因幡街道・平福宿>
平福宿.jpg
住所:兵庫県佐用郡佐用町平福444
駐車場あり(道の駅ひらふく利用)

<平福宿について>
平福宿9b.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
佐用川沿いに続く因幡街道の宿場町、平福宿を散策しました。
道の駅ひらふくに車を停め歩いて散策です。

元々は利神城の城下町として発展し、その後一国一城令により廃城となった後は、
因幡街道最大の宿場町として鳥取藩の本陣などもあり栄えました。

道の駅から歩いて往復30〜40分位散策してみました。
平日夕方という事もあり、観光客もほとんどおらず、とても閑かな雰囲気の町並み
を堪能しました。
とても雰囲気が良かったです。現時点で重要伝統的建造物群保存地区には指定され
てませんが、今後対象になってくるかもしれません。

<平福宿>
平福宿4.jpg

平福宿3.jpg

平福宿2.jpg

平福宿5.jpg

平福宿9.jpg

平福宿6.jpg

平福宿7.jpg

平福宿8.jpg

平福宿9a.jpg

<利神城>
利神城.jpg
平福宿から見あげると利神城(りかんじょう)が見えます。
元々この利神城の城下町であったのがこの平福宿です。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html



posted by 南行 at 11:49| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海鮮丼@あかさき亭   (鳥取県琴浦町)

道の駅琴浦にある「あかさき亭」で海鮮丼を食しました。

<あかさき亭>
あかさき亭.jpg
住所:鳥取県東伯郡琴浦町別所1030-1
駐車場あり
営業:11:00〜14:30(水曜定休)

海鮮丼を食しました。海鮮丼のネタは日替わりの様です。
あかさき亭2.jpg
この日は、ヒラマサ、アジ、ヨコワ、ヒラメ、白イカとの事。

あかさき亭3.jpg
こちらが海鮮丼(1200円)です。

上記ネタに加え、マグロやエビも入ってます。ネタと価格のバランスは良いですね。
漁港の海鮮丼って感じでとても良いです。満足しました(^-^)

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



関連ランキング:海鮮丼 | 八橋駅



posted by 南行 at 11:19| Comment(0) |   中国・四国・九州のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

金鑵城址     (兵庫県小野市)

小野市にある金鑵城址に行ってきました。

<金鑵城址>
金鑵城址2.jpg
住所:兵庫県小野市昭和町441−6
駐車場あり(無料)

<金鑵城について>
金鑵城址.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
金鑵城址に行ってきました。
金鑵城は青野ヶ原台地の突出部に築かれた中世の山城で、赤松氏の家臣中村氏に
よって築城されたお城です。後に三木城の別所氏の城になりました。

丘の上にあり、近隣の城を遠望出来る要衝の山城と言えます。

金鑵城跡は綺麗に整備され、堀や柵、展望櫓などがあります。あいにく櫓には
登れない様になっていました。

<金鑵城址>
金鑵城址3.jpg

金鑵城址4.jpg

金鑵城址5.jpg

金鑵城址7.jpg

<金鑵城からの風景>
金鑵城址6.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 11:38| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊地城址  (兵庫県小野市)

豊地城址に行ってきました。

<豊地城址>
豊地城址4.jpg
住所:兵庫県小野市中谷町
駐車場無し

豊地城址に行ってきました。
南北朝時代、金谷経氏は丹生山城と東条城を拠点に北朝方の軍勢と戦っており、
その時の東条城が豊地城の前身と思われています。

室町時代には赤松氏の家臣依藤氏、戦国期には別所氏の一族別所重宗が城主と
なっていました。
1578年〜1580年の三木合戦で三木城が攻略され別所氏が滅亡すると、
秀吉の命により豊地城も廃城となりました。

豊地城の城域は東西約400m、南北約200mの規模で、現在城跡という場所には
小さなお堂があり、その周辺に土塁の様なものを見る事が出来ました。

<豊地城址>
豊地城址.jpg

豊地城址2.jpg

豊地城址3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 11:03| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする