2018年10月21日

維新の門    (高知県梼原町)

高知県梼原町にある維新の門を見てきました。

<維新の門>
維新の門2.jpg
住所:高知県高岡郡梼原町川西路2327
駐車場あり(無料)

<維新の門について>
維新の門3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
地元梼原出身の人物に坂本龍馬らを加えた銅像作品です。
平成7年に和田城跡に造られました。
坂本龍馬、那須俊平、掛橋和泉、澤村惣之丞、吉村虎太郎、中平龍之介、前田繁馬、
那須信吾の八志士になります。

クリックすると拡大します。
維新の門.jpg

維新の門4.jpg

維新の門7.jpg
中央にいるのは梼原出身の掛橋和泉。神官の家に生まれ、脱藩志士の援助をしました。

維新の門6.jpg
後ろで手を上げて指揮しているのが天誅組の吉村寅太郎です。

維新の門5.jpg
真ん中が坂本龍馬です。

平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:49| Comment(0) | 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉村寅太郎邸    (高知県津野町)

高知県津野町にある吉村寅太郎邸に行ってきました。

<吉村寅太郎邸>
吉村寅太郎生誕の地.jpg
住所:高知県高岡郡津野町芳生野甲1456‐1
駐車場あり(無料)
見学無料

<吉村寅太郎について>
吉村寅太郎生誕の地3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉村寅太郎は幕末の土佐藩士で、勤王党に所属。尊皇攘夷の意志固く土佐藩を
脱藩。天誅組を率い決起しますが、幕府方に攻撃され戦死しました。

そんな寅太郎の生家が復元され、中には寅太郎に関する資料が展示されていました。
吉村寅太郎は維新の動きの先兵の様な形で動きましたが、時期尚早であり、歴史
的にもあまり知られていない人物になってしまった感がありますね。

吉村寅太郎生誕の地2.jpg
怪しげな顔出しパネルも(笑)

碑文2.jpg

碑文.jpg

平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:31| Comment(0) | 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

佐川の町並み     (高知県佐川町)

高知の佐川の町を散策してきました。

<佐川の町並み>
佐川の町並み.jpg
住所:高知県高岡郡佐川町甲
駐車場あり(無料)

佐川は交通の要衝として栄えた町で、山内一豊が土佐に入った際、筆頭家老で
ある深尾氏が佐川に入り町並みも整備されました。
今は司牡丹酒造の酒蔵を中心とした昔の建物が残り、昔町の雰囲気を醸してい
ました。

<佐川の町並み>
佐川の町並み3.jpg

佐川の町並み2.jpg

佐川の町並み4.jpg

佐川の町並み5.jpg

佐川の町並み6.jpg

平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:39| Comment(0) | 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通仙園       (岡山県倉敷市)

倉敷の通仙園に行ってきました。

<通仙園>
通仙園.jpg
住所:岡山県倉敷市児島通生
駐車場あり(無料)

倉敷にある通仙園です。ツツジの名所だそうです。
ツツジの時期じゃないので、観光客は一人もいませんでした。
瀬戸内海の眺望が良いって話だったんですが、木で隠れ気味で、いまひとつ
かな〜って感じでした(^^;

通仙園2.jpg

通仙園3.jpg

通仙園4.jpg

平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:27| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷲羽山第二展望台   (岡山県倉敷市)

鷲羽山第二展望台に行ってきました。

<鷲羽山第二展望台>
鷲羽山展望台.jpg
住所:岡山県倉敷市下津井田之浦
駐車場あり(無料)

<鷲羽山展望台について>
鷲羽山展望台5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
15年ぶりくらいで鷲羽山第二展望台に行ってきました。
ここは瀬戸大橋の付け根にあり、瀬戸内海と瀬戸大橋を眺める絶景スポットです。
この日は天気も良かったので、素晴らしい景色を見ることが出来ました(^-^)

鷲羽山展望台2.jpg

鷲羽山展望台3.jpg

鷲羽山展望台4.jpg

前回訪問時の写真(平成11年8月12日撮影)
鷲羽山展望台6.jpg
35万画素のデジカメ(カラリオPhoto CP-100)での撮影なので画質悪いです(^^;


平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:54| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

下津井の町並み    (岡山県倉敷市)

倉敷市の下津井の町並みを散策してきました。

<下津井の町並み>
下津井の町並み.jpg
住所:岡山県倉敷市下津井1丁目
駐車場あり(無料)

<下津井の町並みについて・クリックすると拡大します>
下津井町並み保存地区.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
倉敷の下津井に行ってきました。
倉敷と言えば美観地区が有名ですが、他にも何ヶ所か昔ながらの町並みが残って
いる場所があります。
下津井は江戸時代に北前船の寄港地として栄えた港町です。
今も昔ながらの町並みが残っていました。

<下津井の町並み>
下津井の町並み2.jpg

下津井の町並み3.jpg

下津井の町並み4.jpg

下津井の町並み5.jpg

下津井共同井戸.jpg
下津井の町には多くの井戸が残っています。井戸はそれぞれ使う家が決まっており、
その家が管理してきたそうです。

平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:28| Comment(1) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

源平藤戸古戦場    (岡山県倉敷市)

倉敷市にある藤戸古戦場に行ってきました。

<藤戸古戦場>
源平藤戸古戦場.jpg
住所:岡山県倉敷市藤戸町藤戸
駐車場無し

<藤戸合戦について・クリックすると拡大します>
源平藤戸古戦場3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
藤戸古戦場に行ってきました。
一ノ谷の戦いのあと、西へ追討の兵を進める源範頼軍と平行盛の軍がぶつかった
古戦場です。

今は陸地になっている場所も、源平の頃は島が点在する海で、水軍の無い源氏軍は
敵の挑発になすすべの無い状況でしたが、佐々木盛綱らが海を馬で渡り敵軍を
壊走させることに成功しました。

佐々木盛綱の先陣に関しては、浅瀬を教えてくれた地元の漁師を殺した話があり、
その話をもとに能の演目「藤戸」がつくられたそうです。

<盛綱橋にある佐々木盛綱像>
源平藤戸古戦場佐々木盛綱像.jpg

源平藤戸古戦場2.jpg

<倉敷市のPR動画>


平成30年夏休み旅(後半)
http://rover.seesaa.net/article/461168660.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:59| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする