2017年02月26日

蟹江城址       (愛知県蟹江町)

蟹江町にある蟹江城址に行ってきました。

<蟹江城址>
蟹江城址.jpg
住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江本町城
駐車場無し

<蟹江城について>
蟹江城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
永享年間に北条時任により築城され、その後織田信長による伊勢の
一向一揆討伐拠点ともなった城です。
小牧長久手の戦いのひとつ、蟹江合戦の舞台で、合戦の損傷および
翌年の地震で倒壊し廃城となった様です。

今は住宅街の中に小さな公園様な感じで整備され、碑が建っています
が城の遺構はまったく見る事が出来ません。

蟹江城址3.jpg

駐車場も無く、ここまで車でつっこんで来ると戻るのが大変なので、手前
に駐車して歩いて行くと良いかと思います。

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大野城址        (愛知県愛西市)

愛西市にある大野城址に行ってきました。

<大野城址>
大野城址.jpg
住所:愛知県愛西市大字郷前
駐車場あり

<大野城について>
大野城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
愛西市にある大野城址に行ってきました。
大野城は1584年、蟹江城の支城の一つとして、織田信雄の家臣
佐久間正勝によって築城されたお城です。
小牧長久手の戦いのひとつである蟹江合戦はここを舞台に行われました。

今は遺構は特に残っていません。大野城の碑のみが建っています。

大野城址3.jpg

大野城址4.jpg

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

茂福城址     (三重県四日市市)

三重県四日市市にある茂福城址に行ってきました。

<茂福城址>
茂福城跡.jpg
住所:三重県四日市市茂福町26
駐車場なし

<茂福城について>
茂福城跡4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
茂福(もちぶく)城址に行ってきました。
平成29年元旦の訪問。今年最初の城訪問になりました(^-^)
桓武平氏の平維茂の子孫の平貞冬が、15世紀の1400年前後に越前国
朝倉より茂福へ来て茂福城を築き、朝倉を名乗りこの地を支配しました。
戦国期になり、織田信長の配下滝川一益のもとおびき出され城主は殺され
城兵も激しい抵抗をしたものの攻め滅ぼされたとの事です。

現在は城のあった一角に塚の様なものが残り、そこに茂福城の石碑のみが
残っています。

<茂福城址>
茂福城跡2.jpg

茂福城跡3.jpg

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

岡本城址        (千葉県南房総市)

南房総市富浦にある岡本城址に行ってきました。

<岡本城址>
岡本城址.jpg
住所:千葉県南房総市富浦町豊岡字要害
駐車場なし

<岡本城について>
岡本城址4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岡本城址に行ってきました。
岡本城は、安房の里見氏が北条氏に対する防御の拠点として築城した
お城です。
房総半島は北条氏の支配する三浦半島と比較的近い距離にあり、海越え
の侵略に備える必要があったんですね。
対岸の三浦半島にも北条氏が里見氏に対しての防御を意識した城跡が
残っています。

国道127号線を走っていると、岡本城址の案内標識が出ているのでそち
らに曲がります。
そこからすぐに古いトンネルがあり、その手前に岡本城址へ登る階段
があります。

岡本城址2.jpg

あいにく駐車場はありません。あまり時間もかからないだろうという事で、
手前の倉庫みたいな建物の前に少しだけ停めさせて頂きました。

岡本城址3.jpg
こんな道をのぼること数分で主郭跡に着きました。

岡本城址5.jpg
特にこれといったものは残っていません。

岡本城址6.jpg
主郭跡にある岡本城の碑です。

岡本城からは海が綺麗に見えます。
ここからなら敵が攻めてきてもよく見えますね。
岡本城からの景色.jpg

岡本城からの景色2.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

稲村城址         (千葉県館山市)

館山市にある稲村城址に行ってきました。

<稲村城址>
稲村城址.jpg
住所:千葉県館山市稲
駐車場なし

<稲村城について>
稲村城址4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
里見氏の居城・稲村城址に行ってきました。
里見氏の歴史に関しては僕はほとんど知らない状況でして、信長の野望
等で出てくる武将の名前を知っている位の知識です。
その里見氏では、戦国時代前期の1533〜1534年にかけて天文の内訌
と呼ばれる一族内の内紛がありました。
天文の内訌は別名(稲村の変)と呼ばれ、ここ稲村城がその舞台だったと
いう事です。

天文の内訌についてはこちら

この内紛で、稲村城主であった里見義豊は従兄弟の里見義堯に滅ぼされ、
稲村城も廃城となったそうです。

稲村城は標高64mの丘陵上に東西・南北それぞれ500mほどの規模の
で造られた城で、現在もその遺構がよく残っています。

<稲村城址>
稲村城址2.jpg
入り口からこんな道を上っていきます。
石垣は当時の遺構でしょうか。

稲村城址3.jpg
この切り通しの雰囲気も良いですね。

稲村城址9.jpg

稲村城址8.jpg
この2枚の写真はここは城であった事がとてもよく分かる部分です。

稲村城址5.jpg
主郭跡です。

<稲村城址からの景色>
稲村城址6.jpg

稲村城址7.jpg

稲村城への交通は、国道128号線を館山から鴨川方面に向かって
走り「稲 交差点」を千倉方面に右折します。
するとすぐに踏切を渡る右折路があるので、そちらに曲がると稲村城
の案内板(指の矢印)があるので、それに従って走ります。
駐車場はありません。
城の手前に貯水槽の様なものがあり、そこに城の説明もあるんですが、
そこに車3台分くらいのスペースがあるので、そこに停めて登城
しました。
城の入り口から主郭までは歩いて10分も見ておけば大丈夫かと思います。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

佐久間湖畔の河津桜   (千葉県鋸南町)

千葉県鋸南町の佐久間湖畔で河津桜を見てきました。

<佐久間湖畔の河津桜>
佐久間湖の河津桜6.jpg
住所:千葉県安房郡鋸南町大崩
駐車場あり(無料)

佐久間湖畔の河津桜です。
上の写真にあるように「頼朝桜まつり」という桜祭りが開催中です。
何故頼朝かと言うと、石橋山の合戦に敗れた源頼朝は再起を図るため、
房総半島に逃れてきますが、房総半島での上陸地点がここ鋸南町だった
事から、鋸南では町内の河津桜に頼朝桜という愛称をつけたそうです。

<頼朝上陸の地・過去記事>
http://rover.seesaa.net/article/309310807.html

佐久間湖畔には約400本の河津桜が植樹されています。
桜祭りの期間は2月18日〜3月12日となっているんですが、今日の
状況を見ますに、既に満開をやや過ぎている様な感じです。
昨日祭りが始まったばかりなのにね〜。今月いっぱいも持たないのでは
ないかという状況です。
今年は暖冬だったから咲くのが早かったのかもしれません。

<佐久間湖畔の河津桜・平成29年2月19日撮影>
佐久間湖の河津桜.jpg

佐久間湖の河津桜2.jpg

佐久間湖の河津桜5.jpg

佐久間湖の河津桜3.jpg

佐久間湖の河津桜4.jpg

佐久間湖の河津桜7.jpg

佐久間湖の河津桜8.jpg

桜の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

小山城址       (山梨県笛吹市)

笛吹市にある小山城址に行ってきました。

<小山城址>
小山城址.jpg
住所:山梨県笛吹市八代町高家
駐車場無し

<小山城について>
小山城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小山城址に行ってきました。
カーナビに目的地をセットして行きましたが、場所がよく分かりません。
少しさまよって到着しました。老人ホーム小山荘(笛吹市八代町北760)
を目指して行くと良いかと思います。すぐ近くに小山城址があります。

小山城は室町時代中期に築城された城で、穴山氏が居城としていたよう
です。1523年、南部下野守の攻撃を受け落城。

信長の死後起こった天正壬午の乱では、家康が鳥居元忠に命じてこの城
を改修させたという事です。

土塁や空堀跡が結構綺麗に残っていました。確かにここは城だったんだろ
うなというのが見てとれました。

<小山城址>
小山城址2.jpg

小山城址4.jpg

小山城址5.jpg

小山城址8.jpg

小山城址からは甲府市の町並み越しに南アルプスの山々を望むことが
出来ます。これがまた綺麗でした(^O^)

<小山城址から見た南アルプス>
小山城址6.jpg

小山城址7.jpg

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

蒲原城址        (静岡県静岡市)

静岡市にある蒲原城址に行ってきました。

<蒲原城址>
蒲原城.jpg
住所:静岡県静岡市清水区蒲原2528
駐車場あり(無料)

<蒲原城について>
蒲原城3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
静岡市清水区にある蒲原城址に行ってきました。
蒲原は東海道53次の15番目の宿場町としても知られる町で、昔から
東海道の交通の要衝でもありました。

蒲原城は北条氏、今川氏、武田氏など支配城主が転々としたお城の様です。
戦国期の山城という事で、秀吉の小田原征伐を最後に廃城となりました。
現在は、わずかに石垣や土塁の後を見る事が出来ます。

国道1号の蒲原から少し山道を走ります。道は広いので安心です。
駐車場もあり、そこに停めて山道を歩きますが、歩くのも5分くらい。
攻城の難易度は低いかと思います。

蒲原城2.jpg
奥に見える山が蒲原城跡です。

<蒲原城址>
蒲原城4.jpg

蒲原城5.jpg

蒲原城8.jpg

蒲原城9.jpg

蒲原城6.jpg

<蒲原城からの景色>
蒲原城7.jpg
南には駿河湾の綺麗な海が見えます。方角的には伊豆半島も見る事が出来ます。

蒲原城10.jpg
東には綺麗な富士山が見えます(^-^)

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

今帰仁城ライトアップと桜まつり   (沖縄県今帰仁村)

今帰仁村にある今帰仁城にライトアップと夜桜を見に行ってきました。

<今帰仁城さくらまつり>
今帰仁城桜祭り.jpg
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
入場料400円
駐車場あり(無料)

8年ぶりに今帰仁(なきじん)城に行ってきました。
8年前の記事もご覧ください。
http://rover.seesaa.net/article/114811932.html

8年前の2月13日訪問。桜は既に終盤戦で見頃を逃してしまいました。
今回は2月7日。約一週間早いと言うことで、桜を楽しみにしての訪問です。
今回は良かったです(^-^)
今帰仁城の桜は沖縄県内の他の桜よりやや早めに咲くようです。

<今帰仁城の桜・平成29年2月7日撮影>
今帰仁城桜祭り5.jpg

今帰仁城桜祭り6.jpg

今帰仁城桜祭り2.jpg

今帰仁城桜祭り4.jpg

今帰仁城桜祭り3.jpg

今帰仁城桜祭り7.jpg

今帰仁城桜祭り8.jpg

今帰仁城桜祭り9.jpg

桜の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

平成29年冬旅 琉球城攻め
http://rover.seesaa.net/article/446851154.html

[ここに地図が表示されます]


続きを読む
posted by 南行 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバル食堂     (沖縄県名護市)

名護市にあるヤンバル食堂で夕食にしました(^-^)

<ヤンバル食堂>
ヤンバル食堂.jpg
住所:沖縄県名護市宮里3丁目573番地
駐車場あり
営業:11:00〜21:00

名護のヤンバル食堂で夕食です。
この店はセミセルフ方式の食堂で、普通に定食も注文出来ますし、単品でおかず
を選んで組み合わせも出来ます(レンジで温める方式です)

今回は定食でフーチャンプルー定食にしました。

店内はこんな感じです。
ヤンバル食堂2.jpg
カウンター席に加え、テーブル席もあります。

沖縄の地元食材を使ったお店みたいですね。
ヤンバル食堂3.jpg

<フーチャンプルー定食>
ヤンバル食堂 フーチャンプルー.jpg
こちらがフーチャンプルー定食です。
値段は550円。安いな〜(^-^)
他のメニューも500〜600円台が中心。とてもリーズナブルです。
味はというと、フーチャンプルーは薄味でしたがなかなか良いですね。おいしいです。
この店は再訪したいなと思えるお店でした。

平成29年冬旅 琉球城攻め
http://rover.seesaa.net/article/446851154.html



関連ランキング:定食・食堂 | 名護市




田貫湖から見た富士山    (静岡県富士宮市)

田貫湖で富士山を見てきました(^-^)

<田貫湖>
田貫湖.jpg
住所:静岡県富士宮市佐折634-1
駐車場あり(無料)

田貫湖は富士山を眺めるスポットとして有名です。
湖面に映る富士山を逆さ富士と言い、その名所として特に有名です。
1月2日、あまりに天気が良かったので、寄る予定は無かったんですが、
急遽田貫湖に立ち寄りました。

ほんに見事。こんな綺麗な富士山は滅多に見る事が出来ません。
年始から素晴らしい景色を見ることが出来ました(^O^)

<田貫湖から見た富士山>
田貫湖 富士山.jpg

田貫湖 富士山2.jpg

田貫湖 富士山3.jpg

田貫湖 富士山 第.jpg
クリックすると拡大します。

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一のジャンボチーズバーガー   (沖縄県嘉手納町)

道の駅かでなの中にあるレストランUP−KITTYでランチにしました。

<UP−KITTY>
UP-kitty.jpg
住所:沖縄県嘉手納町屋良1026-3 道の駅かでな2F
駐車場あり
営業:9:00〜23:00

沖縄の嘉手納基地付近をお昼過ぎに通過。おなか減って道の駅に立ち寄りました。
ここに何があるか全然予備知識無しでの訪問です。
店の入り口にこんなものが。

UP-kitty2.jpg
なんと、世界一のジャンボチーズバーガーなんて書いてあるじゃないですか。
これは食べないとな〜(^-^)

一応メニューは見ましたが、注文はジャンボチーズバーガーにしました。

<ジャンボチーズバーガー・630円>
ジャンボチーズバーガー.jpg
こちらがジャンボチーズバーガーです。
でかいです(^^;
トマトとタマネギは挟まれてない状態で提供されます。自分ではさんで、サウザン
ドレッシングの様なソースをかけて完成させます。
写真は完成形です。
長さは20センチほどかな。後で調べたら重さは400gあるそうです。

ジャンボチーズバーガー2.jpg

県産牛&豚のアイビキ肉のパティにチェダーチーズのバーガーは味もとても
良かったです。
満足しました(^O^)

UP-kitty3.jpg
石ちゃんをはじめ、いろんな人が来てますね。

平成29年冬旅 琉球城攻め
http://rover.seesaa.net/article/446851154.html



関連ランキング:ハンバーガー | 嘉手納町



2017年02月10日

平成29年冬旅 琉球城攻め

2月7日〜8日連休で、沖縄に出陣してきました。
前回沖縄に行ったのは平成21年2月。8年ぶりの沖縄です。

<平成21年 沖縄の旅>
http://rover.seesaa.net/article/114248666.html

前回の旅をふりかえると、2泊3日で行った割には、そんなにまわって
ない感じがします。1ヶ所あたり時間をかけたかなと。
美ら海水族館とかも行きましたし。

今回の旅の目的は、城(ぐすく)攻めと決めて出かけました。
前回、座喜味城行ってるんですけど、誤って写真を消してしまい、ブログに
書くことも出来ませんでした。改めて座喜味城を攻めます。
また、前回訪問した城は、「発見ニッポン城巡り」のゲーム上で攻略する。
そう決めて出陣しました。

<1日目・2月7日 天気:曇のち晴れ>
朝4時20分に家を出ます。家からリムジンバスの停留所はすぐなので、ギリギリ
まで家にいました。寒い中待ちたくないですしね。
川越からリムジンバスに乗り、羽田空港へ。
羽田からJALで那覇へ向かいます。
那覇へは9時すぎに到着。レンタカーの手続きなどをして10時くらいから観光スタート
です。

アクア.jpg
2日間の旅の相棒はハイブリッド車のアクアです。
アクアに乗るのは2回目なんですが、やっぱり僕はこの車ダメです。
走りがかったるい。加速しないし、どうもね〜。この車が売れてるっていうんだから
なんですが、車好きの僕には受け入れがたいものがあります。

那覇に着いて、がっかりしたのが天気。事前の予報では晴れだったんですが、あいにく
の曇り。まあ今回は自然を見に来た訳ではありませんが、やはり晴れてた方が良いのは
間違いありません。

まず、座喜味城を目指し北上しましたが、途中の標識で首里城が近かったので、1日目に
首里城に行くことにしました。
首里城に行くのは高校の修学旅行以来。本当に久しぶりです(^O^)

首里城訪問です。守礼門を久しぶりに見ましたが、小さくてちょっとびっくり。
もっと大きいイメージでした。こんな小さかったっけ。記憶も曖昧です(^^;

守礼門.jpg

首里城でゆっくりするつもりは無かったんですが、城内の展示も見学し、隣接する
円覚寺跡も見学しました。

金城町石畳道散策
玉陵訪問

首里城近隣の散策で早くも昼になってしまいました。

嘉手納に移動
屋良城跡
道の駅嘉手納で昼食(ジャンボチーズバーガー)

読谷村に移動
座喜味城訪問

名護市に移動
名護城址公園訪問

名護城では、桜を見ようと思って訪問しました。
名護城.jpg
まあ、咲いていると言えば咲いているんですが、まだ早いかなという感じでした。

この後、何かと話題の辺野古を見てみようと思って現地に向かいました。
キャンプシュワブの入り口前には、左翼と思われる人たちがテントはって座り込み中。
絡まれるのも嫌なので、車で通り過ぎながら様子をうかがってきました。
まあテントまではって、ご苦労な事で、暇なんでしょうね。僕はこういうのは冷ややか
です。

更に北上します。
道の駅国頭で休憩。おやつにクニガミドーナッツを購入しました。
クミガミドーナッツ.jpg

クミガミドーナッツ2.jpg
これおいしかったです(^-^)

更に北上します。前回沖縄に来たときは大宜味までしか北上しませんでしたが、
今回は最北端の辺戸岬を目指しました。夕暮れ間近に辺戸岬到着です。
名護より北は本当に田舎道という感じでしたね。

辺戸岬.jpg
ここは沖縄最北端です。

与論島.jpg
辺戸岬からは鹿児島最南端の与論島がはっきり見えました。結構近いですね。
与論島もいつか行ってみたいな〜。

この日の宿は沖縄中部の恩納村。来た道を戻ります。
途中、今帰仁城に寄り道しました。
前回の旅でも今帰仁城に行っています。また高校の修学旅行でも行っているので、
今帰仁城は3回目の訪問です。ただ今回は夜の訪問。ライトアップを楽しみました。

今帰仁城.jpg
ちょっと色が微妙ですね(^^;

夜のライトアップは桜祭り開催中の特別イベントです。
前回来たときは桜は既に散っていましたが、今回は満開でした(^-^)
見事な桜を見る事が出来て、とても良かったです。

今帰仁城2.jpg

今帰仁城3.jpg
今帰仁城の桜、本当に良かったです(^O^)

名護のヤンバル食堂で夕食(フーチャンプルー定食)

恩納村に移動
ホテルみゆきビーチ別館泊
ホテルみゆきビーチ.jpg
みゆきビーチは本館・別館とあって大きなホテルでした。

部屋も広かったですね〜。
ホテルみゆきビーチ2.jpg
一人だっつうのにツインルームだし(笑)

ホテルみゆきビーチ3.jpg
オリオンビール飲みながらくつろぎました。

<2日目・2月8日 天気:晴れのち雨のち晴れ>
朝、とても良い天気でした。もともと予報も晴れでしたし、2日目は良い天気
に恵まれたなと安心しました。
ホテルみゆきビーチの部屋はすべてオーシャンビュー。
ホテルみゆきビーチ4.jpg
ホテル着いたときは夜だったのでよく分かりませんでしたが、朝にベランダに出た
らこんな風景でした。海が綺麗ですね(^-^)
対岸に見えるのは本部半島。前日、桜を見た今帰仁城がある半島です。

2日目も城攻めです。
うるま市に移動
井波城
安慶名城
安慶名闘牛場

沖縄市に移動
知花城址

南城市に移動
島添大里城訪問

南城市に移動したあたりから雲行きがあやしくなりました。そして、大里城に
着いた頃には雨が降ってきました(>_<)
天気晴れじゃなかったんかい。。。。
まだ大した雨じゃありません。
先を急ぎます。

佐敷城

知念岬
知念岬に着いたときには雨がかなりの強さになりました。あいにく傘は持って
いません。降るんだったら折りたたみくらい持って行ったんですが。
雨雲レーダー見るとそんなに続く感じもしないので、傘を買うのも躊躇われ
ました。

本当は知念岬の近くにある斎場御嶽(せーふぁうたき)に行くつもりだった
んですが、雨の為断念しました。

知念城訪問
知念城を強行で見に行きましたが、雨が強くなりかなり濡れる事になりました(>_<)

かきのはな食堂で昼食(沖縄そば)
かきのはな食堂.jpg

玉城城
糸数城
糸数城.jpg
今回の旅でいろいろ城を歩きましたが、糸数城はまったく期待していなかった
んですが、良い意味で裏切られました。
規模が大きく、壮大な石垣が残った城で城マニア好みのとても良いお城でした。

具志頭城
八重瀬城
八重瀬城では桜も見ようと思って行きましたが、あまりの雨の強さで車から降りる
事も出来ず。八重瀬城はゲーム上での攻略にとどまりました。

あまりの雨に戦意喪失。次どうしようか思案しました。
この雨では、車から降りる事すら厳しい。屋内で見れるものは無いか??
糸満にある平和記念公園に行くことにしました。事前の予定では行くつもりは
全然無かったんですけどね。

平和資料館と平和記念堂を訪問しました。
修学旅行と思われる高校生の集団と平和記念資料館を見学。ここも高校の時以来
の訪問になりました。
ここはもう少しゆっくり見たいくらいでしたね。充実した展示でした。
資料館を見終えて外に出ると、雨があがって晴れ間が見え始めてました。
しかし、時間は15時半。もう観光終了の時刻です。
ここで晴れてもね〜、本当に無念です。

那覇のレンタカー屋さんに向かいます。途中糸満市のスーパーに立ち寄りました。
空港で食べる夕食購入の為です。あと、スーパーマニアの僕としては、沖縄の
スーパーはどんな感じか気になっておりました。

スーパー内での写真撮影は出来ませんので写真はありませんが、鮮魚コーナーで
「グルクン」を発見。沖縄らしいな〜と思いました。
家庭でもグルクンの唐揚げとかやるのかな。

お弁当コーナーは特に特徴無し。おにぎりのコーナーを見たら、ポーク玉子おにぎり
を発見。これは買ってしまいました。
ポーク玉子おにぎり.jpg
これは沖縄ならではですね(^-^)

一番特徴的だったのは菓子パンコーナー。
グシケンパンは知ってましたが、オキコパンと第一パンは知りませんでした。
第一パンって全国区じゃんって思ってましたが、よくよく見たらその第一パン
とは別物でした(^^;
沖縄第一パンですって。沖縄の菓子パンはご当地勢が強いですね。
オキコパンのチョコメロンっていうパンを購入しました(^-^)
オキコパン.jpg

納豆も沖縄ブランドがあり、これも興味深かったですね。まったく見たこと
無い納豆でした(納豆はご当地色が強い食材です)

これにて観光終了です。

那覇空港の売店で自分用のお土産にもずくスープを購入しました。
試食させてもらっておいしかったもので(^-^)
もずくスープ.jpg

18時40分那覇発の飛行機で羽田へ。
羽田には21時着。そこからリムジンバスに乗って家に帰ったのは23時に
なりました。

今回の旅ですが、阪急交通社のツアーで予約しました。
1泊2日、飛行機代、宿代(朝食付)、2日分のレンタカー代(ガソリン代込み)、
それに空港売店での1000円分の買い物チケット付。さていくらでしょう。
実はこの内容で驚異の37800円(税込)です。
レンタカーのガソリン満タン返し不要という内容ですからね。恐るべき安さです。
旅行業界の裏がどうなってるのか分かりませんが、この37800円が誰にどの
様に渡っているのか気になる安さです。

リムジンバス代は別なので、実際は4万円超えましたがこれくらいの金額で沖縄を
楽しめたので充分に満足しました。
1月の正月明け〜2月は沖縄はオフシーズンなので安いんですね。
マリンスポーツとか興味無い人でしたら今の時期が一番良いかと思います。

沖縄本島に行くのは今回が3回目。
次は離島にも行ってみたいなと思いました。

記事は正月の旅更新後になるかと思いますが、書いていきたいと思います。

posted by 南行 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

五條新町の町並み散策     (奈良県五條市)

奈良県五條市、五條新町の町並みを散策してきました。

<五條新町>
五條新町1.jpg
住所:奈良県五條市五條1丁目、新町1丁目他
駐車場あり(無料)

<五條新町について>
五條新町.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
国の重要伝統的建造物群保存地区「五條新町」の町並みを散策してきま
した(^-^)

五條新町は江戸時代初期に松倉重政の二見城の城下町として整備された
町並みだそうです。
五條新町通沿いに昔ながらの蔵や木造の古い建物が密集して残っており、
あたかも江戸時代にタイムスリップしたかの様な町並みを堪能出来ました。
昔町マニアの私ですが、密集度といい五條新町は全国でも有数の町並み
だなと思いました。

駐車場は、まちなみ伝承館、史跡公園長屋門のどちらかの駐車場を利用
出来ます。無料です。

<五條新町の町並み>
五條新町4.jpg

五條新町2.jpg

五條新町3.jpg

五條新町7.jpg

五條新町6.jpg

五條新町8.jpg

五條新町5.jpg

五條新町9.jpg

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀州九度山の町並み   (和歌山県九度山町)

紀州九度山の町を散策してきました。

<九度山の町並み>
九度山の町並み.jpg
住所:和歌山県九度山町九度山
駐車場あり(道の駅九度山に駐車)

九度山は弘法大師空海の母が住んでいた慈尊院があり、空海が月に9度
母に会いに来ていた事から九度山という地名になったそうです。
明治時代になるまで高野山領だったとの事です。
今、九度山と言えば真田昌幸・幸村親子の蟄居の地というのが一番有名
な話ですかね。

そんな九度山の町には昔ながらの雰囲気を感じる建物が残っており、
町並みとしても昔町の趣がありました(^-^)

<九度山の町並み>
九度山の町並み2.jpg

九度山の町並み3.jpg

九度山の町並み4.jpg

九度山の町並み5.jpg

九度山の町並み6.jpg

九度山の町並み7.jpg

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若江城址    (大阪府東大阪市)

東大阪市にある若江城址に行ってきました。

<若江城址>
若江城址.jpg
住所:大阪府東大阪市若江北町3丁目3
駐車場なし

<若江城について>
若江城址3.jpg

若江城址4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
東大阪にある若江城址に行ってきました。今は特に遺構等は残って
おらず、完全な城跡です。
若江城は南北朝時代に北朝方の畠山氏の居城として築城され、以後畠山
氏が城主を務めました。
応仁の乱では、畠山政長、畠山義就の戦いの舞台にもなりました。

その後、三好氏、織田氏と城主はかわり、織田信長の本願寺攻めでは
織田方の最前線の拠点として使われた様です。
本願寺と信長が和睦した事により、若江城は廃城となりました。

現在若江城跡には若江老人憩いの家という建物が建ってまして、
そこの若江城の碑がありました。

<若江老人憩いの家>
若江老人憩いの家.jpg

若江城址2.jpg

一番上に掲載した旧若江城の碑は、この憩いの家の道路をはさんで対面に
ある神社にあります。

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

真田庵        (和歌山県九度山町)

九度山にある真田庵に行ってきました。

<真田庵>
真田庵.jpg
住所:和歌山県伊都郡九度山町九度山1413
駐車場なし

<真田庵について>
真田庵4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
12年ぶりに真田庵に行ってきました。
真田庵とよばれるこのお寺は善名称院という真言宗の寺院で、江戸時代
に建立されたものです。

真田庵2.jpg

この善名称院がある場所が、真田昌幸と幸村が関ヶ原の戦い後に蟄居を
していた場所と言われています。
敷地内には、この地で亡くなった真田昌幸のお墓があります。

<真田昌幸の墓>
真田庵 真田昌幸の墓.jpg

前に来たときには無かった真田父子400回忌の石碑です。
真田庵3.jpg
2015年につくられたのかな〜。

入り口の門には真田太平記のポスター。色あせてますが、良いですね〜(^-^)
真田庵5.jpg
草刈正雄氏が若い。

こちらは今回のポスターです。
真田庵6.jpg

大河ドラマ放映という事もあり、真田庵は多くの観光客で賑わっていました。

駐車場はありませんが、近くに町営無料駐車場があります。

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

小坂城址     (茨城県牛久市)

牛久市にある小坂城址に行ってきました。

<小坂城址>
小坂城址.jpg
住所:茨城県牛久市小坂町1966−31
駐車場あり(無料)

<小坂城について・クリックすると拡大します>
小坂城址6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
牛久にある小坂城址(おさかじょうし)に行ってきました。
小坂城は、戦国時代のお城で1560年前後に築城されたと思われて
います。城主は小田氏から分かれた岡見氏。
小田氏が佐竹氏の攻撃の前に没落すると岡見氏は北条氏の傘下に入り
戦うことになります。

城は近年発掘調査および史跡として整備が行われました。
曲輪や土塁の跡などがはっきりと分かり、戦国期の城跡を堪能する事が
出来ました(^-^)

<小坂城址>
小坂城址2.jpg

小坂城址3.jpg

小坂城址 一ノ曲輪跡.jpg

小坂城址4.jpg
小坂城址からの景色。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大坂夏の陣・後藤又兵衛奮戦の地   (大阪府柏原市)

柏原市にある大坂夏の陣・後藤又兵衛奮戦の地に行ってきました。

<後藤又兵衛奮戦の地>
後藤又兵衛奮戦の地.jpg
住所:大阪府柏原市片山町541
駐車場なし

大坂夏の陣、後藤又兵衛奮戦の地碑があると知り行ってきました。
場所は柏原市にある片山庭球場というテニスコートの駐車場の前にあります。
マニアな場所なので、知っていないとここに行くことは不可能という感じ
の場所です。

後藤又兵衛奮戦の地2.jpg

大坂夏の陣において、豊臣方は大坂城を打って出て野戦に出ます。
先陣の後藤又兵衛隊は、道明寺に布陣します。
作戦では、真田隊らの後詰めを待つことになっていましたが、霧の為真田隊
の到着が遅れます。
幕府軍が迫る中、後藤又兵衛は後詰めを待たず石川を渡り小松山に布陣し、
幕府軍と合戦に及びます。
幕府軍と激戦をくりひろげた後藤隊も数に勝る幕府軍を防ぎきれず、小松山を
降りて最後の決戦に及びます。
その最後の決戦地がこの場所と思われます。

石川と大和川の分かれる三角州の様な場所、ここで激戦があったのかとしみじみ
感傷にひたってきました(-.-)

後藤又兵衛奮戦の地3.jpg

後藤又兵衛奮戦の地4.jpg
前に見える小高いところが小松山になります。

平成28年〜29年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/445480957.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

[ここに地図が表示されます]





posted by 南行 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする