2017年08月31日

鶴丸城址     (宮城県栗原市)

栗原市にある鶴丸城址に行ってきました。

<鶴丸城址>
鶴丸城3.jpg
住所:宮城県栗原市栗駒岩ケ崎裏山
駐車場あり(無料)

<鶴丸城について>
鶴丸城.jpg

鶴丸城2.jpg
クリックすると拡大します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
栗原市にある鶴丸城址に行ってきました。
鶴丸城というと、鹿児島の鶴丸城が有名ですが、ここは南北朝時代に
葛西氏の一族・富沢道祐という武将によって築城されたお城です。
富沢氏は秀吉の奥州仕置きで葛西氏が滅亡すると南部氏に仕えます。
鶴丸城は、九戸政実の乱の鎮圧の際、豊臣秀次の陣所となりました。

江戸時代以降は伊達家の支配下となり、様々な武将が入りますが、最後
は中村氏の居城として明治維新を迎えます。

現在は館山公園という公園になっています。
石碑と説明板はありますが、城跡を思わせる様な遺構はあまり残っていない
です。

<鶴丸城址>
鶴丸城7.jpg

鶴丸城4.jpg

鶴丸城5.jpg

鶴丸城6.jpg

もう見頃は過ぎていましたが、紫陽花が多く、7月くらいに見頃を迎えるもの
と思われます。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:27| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

尿前の関跡     (宮城県大崎市)

大崎市にある尿前の関跡に行ってきました。

<尿前の関跡>
尿前の関.jpg
住所:宮城県大崎市鳴子温泉尿前
駐車場あり(無料)

<尿前の関について>
尿前の関5.jpg

尿前の関2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
前日鳴子温泉に泊まり、朝一で尿前の関(しとまえのせき)跡に行きま
した。鳴子の温泉街からは2〜3キロあるのかな、歩いて行くのは厳し
いですが、車だとすぐ着きます。

尿前の関、名前がすごいですよね。
『奥の細道』の中に尿前の関が出てくるため、それでこの名を知りました。
1689年5月15日、松尾芭蕉と曾良は奥の細道の旅で尿前の関に着き
ましたが、関守に怪しまれしばし足止めをくらった様です。
ここで「蚤虱(のみしらみ)馬の尿する 枕もと」という句を残しています。

<芭蕉句碑>
尿前の関 芭蕉句碑.jpg

<松尾芭蕉像>
尿前の関4.jpg

平安時代からこの地は交通の要衝として柵があった様ですが、戦国時代に
岩出山に伊達政宗が入ると出羽との境であるこの地に番所を置き監視しました。
これが尿前の関です。
江戸時代を通してこの番所には伊達家の目付が派遣されたそうです。
尿前の関3.jpg

出羽街道中山越.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:22| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸奥総社宮     (宮城県多賀城市)

陸奥総社宮に行ってきました。

<陸奥総社宮>
陸奥総宮社.jpg
住所:宮城県多賀城市市川奏社1
駐車場あり(無料)
境内自由

<陸奥総社宮について>
陸奥総社宮2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
陸奥総社宮に行ってきました。
古代、国司には各国内の神社を巡拝する任務があり、これを効率化す
るため、各国の国府近くに国内の神を合祀した総社を設け、まとめて
祭祀を行うようになったそうです。
確かに各地に総社宮ってありますものね。

陸奥総社、特にこれといって見るべき物はありませんでしたが、参拝
だけしてきました(^-^)

陸奥総社宮.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:00| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霞城址     (長野県長野市)

霞城址に行ってきました。

<霞城址>
霞城址.jpg
住所:長野県長野市松代町大室1
駐車場あり

<霞城について>
霞城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
霞城は長野市の松代にある山城跡で、大室氏の居城でした。
敵が攻めてくると、霞がかかったように見えなくなることからこの名が
つきました。
築城年代は不明の様ですが、川中島にも近い事から数々の戦の舞台にな
ったのではないかと思われます。
霞城は大室氏が上杉景勝に従って会津に移る際に廃城になったものと
思われます。

今回は、高井大室神社に車を停め、数分歩いて霞城址に向かいました。
道は狭いですが、永福寺というお寺が霞城の麓にあり、そこに車を
停める事も出来そうな感じでした。

霞城址4.jpg
ここから登って行きます。

霞城址5.jpg
いきなり「熊注意」の表示に怯みます(^^;

霞城址6.jpg
結構な急勾配です。トレッキングシューズは必須です。

登ること5分ほどで山頂の本丸跡?に到着です。
霞城址3.jpg
ここは古代の古墳でもあるそうです。
昔はどうだったか分かりませんが、今は木が多い茂って眺望が良くありません。

昔の石垣が残っていて、荒城の気配がとても良かったです(^-^)
霞城址7.jpg

霞城址8.jpg

霞城址9.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 09:19| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島正則荼毘所跡    (長野県高山村)

長野県高山村にある福島正則荼毘所跡に行ってきました。

<福島正則荼毘所跡>
P1130768.jpg
住所:長野県高山村大字高井堀之内
駐車場無し

<福島正則荼毘所跡について>
福島正則荼毘所跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
長野県高山村にある福島正則荼毘所跡に行ってきました。
福島正則は秀吉子飼いの武将で、賤ヶ岳の戦いで活躍。
「賤ヶ岳の七本槍」の一人に数えられる武将です。
関ヶ原の戦いで東軍につき、以後豊臣を主家として尊重しつつも徳川に
従う道を進み、広島50万石の大名となりますが、広島城の無断修繕が
咎められ広島を没収。信濃国に4万5000石で転封となります。
1624年、高井の地で死去。
幕府の検死役が来る前に家臣・津田四郎兵衛が火葬し、この地に葬りま
した。結果的にこれが理由で福島家は全領地を没収され取りつぶしと
なります。

<福島正則供養塔>
福島正則荼毘所跡3.jpg

<一本杉の後継>
福島正則荼毘所跡4.jpg
これが枯れた一本杉の後継の杉の木みたいです。

福島正則荼毘所跡.jpg
福島正則の荼毘所跡は田んぼの真ん中にぽつんとありました。
徳川家にとっては、豊臣恩顧の筆頭格である福島正則は危険な存在。
取りつぶす様に仕組まれたんでしょうね。
更には、江戸幕府内における本多正純と土井利勝の勢力争いも絡んで
の事態とも言われていますけどね。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 00:10| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

毛無峠       (群馬県嬬恋村)

群馬県嬬恋村と長野県高山村の間にある毛無峠に行ってきました。

<毛無峠>
毛無峠.jpg
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣
駐車場あり(無料)

毛無峠は群馬県嬬恋村と長野県高山村の間にある県境の峠です。
とある有名なポイントがある峠で、一度行ってみたいなと思ってました。
万座道路から南に反れた行き止まり道路に毛無峠はあります。

道は狭いですが、随所にすれ違いポイントがあり、そんなに難所という感じ
でもありません。毛無峠が近づくと、木々が無くなり荒涼とした雰囲気になり
ます。常に強風が吹き付ける為、木が生えていないんだとか。それが毛無峠の
名前の由来でもあります。

毛無峠3.jpg

毛無峠2.jpg

毛無峠の入り口付近では晴れていたんですが、5〜6キロ走った毛無峠は雲の中。
せっかく絶景を見たいと思って行ったのに、無念残念です(>_<)

群馬県境のところに駐車場があります。その先群馬県側は荒れた道路。
毛無峠4.jpg
車は進めなくなります。

そんでもって有名な場所がここ。
毛無峠5.jpg
群馬県の標識とともに、「この先危険につき関係者以外立ち入り禁止」の看板。
よく群馬をディスるネタに使われる写真です(^^;
群馬は危険なところみたいな感じですよね〜。

今回は雲が出てしまったので、また天気が良い時を見計らって再訪したいと
思います(^-^)

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:03| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山賊焼きカレー    (長野県佐久市)

長野県佐久市、上信越道「佐久平PA」下りにある食堂で山賊焼きカレーを
食しました。

佐久平PA
住所:長野県佐久市下平尾万助久保2329 佐久平PA
営業:7:00〜19:00

山賊焼きは長野県松本市のご当地グルメです。
鶏のもも肉をにんにくを効かせたタレに漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げたもので、
焼きという文字は使いますが、実際は唐揚げです。
郷土料理として長い歴史を持つ食べ物だそうです。

ここは松本ではなく佐久市ですが、パーキング内の食堂のメニューに山賊焼き定食と
山賊焼きカレーがありました。
今日は山賊焼きカレー(900円)を食しました。

<山賊焼きカレー>
山賊焼きカレー.jpg

こちら、山賊焼きカレーです。
ぱりっと揚がった山賊焼き、おいしいですね〜。カレーにのせて一緒に食べて
しまうと、山賊焼き本体の味が曖昧になっちゃいますね。
カレーの味は、ううむ、まあ普通です。

山賊焼きはやっぱ定食で食べた方が良かったかも。



関連ランキング:定食・食堂 | 岩村田駅北中込駅



posted by 南行 at 22:45| Comment(0) |   東海・甲信越のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

姉歯武之進の墓を参拝     (宮城県栗原市)

栗原市にある瑞満寺で姉歯武之進の墓を参拝してきました。

<瑞満寺>
瑞満寺.jpg
住所:宮城県栗原市金成姉歯道才沢30
駐車場あり(無料)

<姉歯武之進略歴>
姉歯武之進の略歴.jpg

<姉歯武之進顕彰碑>
姉歯武之進の顕彰碑.jpg

<姉歯武之進の墓>
姉歯武之進の墓.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
仙台藩軍監・姉歯武之進の墓を参拝してきました。
姉歯武之進は、奥羽鎮撫総督府参謀であった世良修蔵を暗殺した人物
です。

戊辰戦争は会津がどうしてもクローズアップされますが、奥州での本格的
な戦闘に入るきっかけとなったのが世良の暗殺です。

傍若無人な振る舞いで、仙台藩士を愚弄した世良に対し切れたのが姉歯ら
数名の仙台藩士です。
福島の金沢屋に宿泊していた世良を襲撃。
客自軒に引き立てた後、阿武隈川の河畔で惨殺しました。

以前、客自軒には行ってまして、その時の記事はこちらです。
http://rover.seesaa.net/article/408811181.html

その後、姉歯武之進は白河口の攻防戦で、仙台藩の援軍として会津藩と一緒
に戦いますが、流れ弾を受けて討ち死にします。享年25才。
上の写真の顕彰碑は昭和63年になってから姉歯武之進を改めて顕彰し、
造られたものです。

ちょっとマニアな人物ではありますが、戊辰戦争に大きな影響を与えた事件
に関わった人物として歴史に名を残しています。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:44| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

伊治城址      (宮城県栗原市)

宮城県栗原市にある伊治城址に行ってきました。

<伊治城址>
伊治城址.jpg
住所:宮城県栗原市築館字城生野大堀
駐車場なし

<伊治城について>
伊治城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
伊治城址に行ってきました。
伊治城は、大和朝廷がこの地方の征夷政策の為に設置した城で、
767年。田中多太麻呂によって築城されました。
「伊治公呰麻呂の乱」の舞台として知られますが、現在は遺構と思われる
ものは見受けられませんでした。
今も発掘作業は続いている様で、現地にはブルーシートが敷かれていました。
伊治城址2.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:38| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

伊達小次郎の墓を参拝    (宮城県登米市)

宮城県登米市にある伊達小次郎の墓を参拝しました。

<伊達小次郎の墓>
伊達小次郎の墓.jpg
住所:宮城県登米市津山町横山字久保163
駐車場あり(無料)

<伊達小次郎の墓について>
伊達小次郎の墓2.jpg

伊達小次郎の墓3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
伊達政宗の弟、伊達小次郎の墓を参拝してきました。
直前に愛姫の墓を参拝しようと思ったものの、激混みで断念。
小次郎の墓だけは絶対に行こうと心に決めて訪問しました。

伊達小次郎は伊達政宗の実弟です。
秀吉の小田原攻めに参陣する際、母義姫が政宗を暗殺し小次郎を伊達家の
当主にしようという事件が起こります。
母を討つことは出来ない政宗は、小次郎に罪は無いとしながらも母の替わ
りに小次郎を討ち果たします。

最近大河ドラマ『独眼竜政宗』を改めて見たんですが、このシーンは泣け
ました(>_<)
輝宗の最期と、ここは名シーンですね。

小次郎は当初福島県内のお寺に葬られますが、秀吉の奥州仕置きで福島が
伊達の領地で無くなった為、守り役であった小原縫殿之助によりこの地に
改葬されます。
また、縫殿之助もこの地で小次郎の後を追い殉死。小次郎の墓から少し
下った場所に墓があります。

<伊達小次郎の墓>
伊達小次郎の墓6.jpg

伊達小次郎の墓7.jpg

<小原縫殿之助の墓>
小原縫助の墓.jpg

小原縫助の墓2.jpg

<小次郎の墓詳細・クリックすると拡大します>
伊達小次郎の墓4.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:38| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小野城址    (宮城県東松島市)

東松島市にある小野城址に行ってきました。

<小野城址・梅ヶ森館>
小野城址4.jpg
住所:宮城県東松島市小野字笹ケ森
駐車場なし

小野城は、長江次郎義景という人物によって鎌倉時代に築城されたお城です。
桜ヶ森館、梅ヶ森館、松ヶ森館という3つの城の総称になります。
今回訪問したのは、梅ヶ森館でお館山公園として整備されています。
小野城址.jpg

小野城址6.jpg

駐車場が無く、ちょっとしたスペースに車を停めてささっと見てきました。
土塁跡の様なものはありますが、基本あまり城跡という遺構はよく分かりません。
長江氏は戦国時代に伊達政宗と対立し滅亡したとの事です。

小野城址2.jpg

小野城址3.jpg

小野城址5.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:10| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

津軽為信像    (青森県弘前市)

津軽為信像を見てきました。

<津軽為信像>
津軽為信像.jpg
住所:青森県弘前市下白銀町19−4
駐車場なし

弘前文化センター敷地内にある津軽為信像を見てきました。
津軽為信は初代弘前藩主。
秀吉から津軽地方の領有を認められ、関ヶ原では家康に付きその地位を確立
しました。僕は南部の出身なので、津軽為信は好きじゃありません。
南部から見れば津軽為信(大浦為信)は裏切り者ですし・・。
まあ、でも見ておくかという事で行ってきました。
像としては良い像ですね。

津軽為信像2.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 23:11| Comment(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

利府城址     (宮城県利府町)

利府町にある利府城址に行ってきました。

<利府城址>
利府城5.jpg
住所:宮城県宮城郡利府町利府城内
駐車場あり(無料)

<利府城について>
利府城3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
利府城址に行ってきました。
利府城は留守氏の居城で、お家騒動の後、伊達政宗の叔父にあたる
伊達政景が留守氏を継ぎ留守政景となりこの城に入ります。
利府城という城名になったのも政景が入城してからです。

現在は舘山公園という公園になっています。
利府城2.jpg
桜のシーズンは綺麗そうです。

利府城4.jpg
利府の町を眼下に一望出来ます。

利府城.jpg
公園の下にも駐車場があるんですが、細い道を登った公園の上部にも駐車場があるの
でそちらまで行った方楽かと思います。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:00| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多賀城廃寺跡   (宮城県多賀城市)

多賀城廃寺跡に行ってきました。

<多賀城廃寺跡>
多賀城付属寺院.jpg
住所:宮城県多賀城市高崎
駐車場あり(無料)

<多賀城廃寺について>
多賀城付属寺院1.jpg
多賀城付属寺院2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
多賀城廃寺跡に行ってきました。
多賀城は大和朝廷が奥州支配の為に設置した古代政庁です。
その多賀城に隣接する形で建築されたのがこの廃寺です。
太宰府にある観世音寺と同じ伽藍配置で、寺の名前も観音寺と推定
されています。
今は礎石のみの公園になっています。

<多賀城廃寺跡>
多賀城付属寺院3.jpg

多賀城付属寺院4.jpg

多賀城付属寺院5.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:00| Comment(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎館田んぼアート    (青森県田舎館村)

田舎館村に田んぼアートを見に行ってきました。

<田舎館田んぼアート>
田舎館田んぼアート6.jpg
住所:青森県田舎館村大字田舎舘字中辻123
駐車場あり(無料)
展望台入場料:300円

田舎館の田んぼアートは平成5年からスタートしたもので、日本の田んぼアートの
はしりという感じのものです。
今では日本各地で田んぼアートやってますが、なんだかんだで田舎館の田んぼアート
が一番有名な様な気がします。

そんな田舎館の田んぼアート、まだ見たことが無かったので今回初めて行ってみる
ことにしました。

田舎館村の村役場のところにある展望台から眺めます。入場料は300円です。

こちらが今年の田んぼアートです。題材はヤマタノオロチと素戔嗚尊です。

<田舎館田んぼアート2017・8月13日撮影>
田舎館田んぼアート1.jpg

田舎館田んぼアート3.jpg
青天の霹靂ってのは最近青森のブランド米として売り出し中のお米です。

田舎館田んぼアート2.jpg



<過去の田んぼアートなど>
田舎館田んぼアート4.jpg
昨年の田んぼアート。真田丸!これ見たかったですね〜。

田舎館田んぼアート5.jpg
食べられる名作って良いですね(^-^)


続きを読む
posted by 南行 at 12:20| Comment(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

刺身朝食@田舎   (青森県八戸市)

八戸市の八食センター内にある田舎という食堂で朝食にしました。

<田舎>
田舎.jpg
住所:青森県八戸市河原木神才22 八食センター内
駐車場あり
営業:9:00〜19:30

八戸で朝食。陸奥湊の駅の方に行こうかと思いましたが、二日酔いもあり
面倒くさくなりました。
八食センターまでは数分で着く場所に居たこともあり、少し時間をつぶして
八食センターへ。9時開店と同時に入店しました。
食事は何店舗かあるんですが、田舎というお店に入りました。
以前、この店でしじみラーメン食べたような記憶があるので、2回目の訪問
です。

この日はイカを中心にした刺身の定食にしました。
田舎2.jpg
汁はシジミ汁。二日酔いによく効きます(^-^)

まあこの日はお盆という事もありますか、イカの鮮度はいまいちの様な気がし
ました。イカの他はホタテ、マグロ、海老ですが、まあその辺もいたって普通です。
八戸で刺身朝食を食べられるという事が貴重な店かなと思います。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:02| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

横手やきそば@安楽食堂   (秋田県横手市)

秋田県横手市にある安楽食堂で横手やきそばを食してきました。

<安楽食堂>
横手 安楽.jpg
住所:秋田県横手市旭川1-2-29
駐車場あり
営業:[月〜金]11:00〜19:00 [土]11:00〜14:00

横手やきそば食べ歩き6軒目になります。
今回は安楽食堂というお店におじゃましました。
秋田の横手やきそばは、群馬県太田市の太田焼きそば、静岡県富士宮市の富士見や焼きそば
と並んで日本3大焼きそばのひとつです。
特徴は、目玉焼きと福神漬けのトッピングでしょうか。

今回はネットで調べ、福龍というお店の評判が良かったのでこの店に最初に
行ったのですが、13時半過ぎというのに行列で断念。
更に調べたら福龍と同じ町内に安楽食堂という店を発見。おじゃましたという
流れです。

最近食べログやRettyがとにかくネットで上位表示されるので、皆が一つの
店に集中する傾向が顕著になりました。
旅先だとどうしてもネット情報に頼ってしまいますから、まあ仕方ないんですけど。
安楽食堂さんはネットではあまりヒットしません。どんな店か分からず訪問しました。

店の名物は焼き肉ライスだそうで、迷ったら焼き肉ライスなんて書いてありました。
でも僕は焼きそばを食べに来たので、横手やきそば(500円)を注文しました。

待ってる間、目の前を見るとこんなものが。
横手やきそば四天王.jpg
横手やきそば暖簾会では、店舗のレベルアップの意味合いもこめて、毎年四天王
決定戦というものを行っているそうです。
予選会は覆面調査員による極秘審査との事で本格的です。
そんな四天王決定戦で2回四天王店舗に選ばれている店だそうです。
これはうまいのではと期待感が高まります。

<横手やきそば>
横手 安楽 焼きそば.jpg
こちらが安楽食堂の横手やきそばです。
ソースがねっとり絡む系の焼きそば。とろっと流れる卵の黄身も焼きそばに絡める
と本当においしい(^o^)
こりゃ良い店を見つけました。おいしいです。
量的には並(500円)でもそこそこありましたが、650円の大盛りでも良かった
かも。おいしかったので(^-^)

以前食べた北海屋さんと甲乙付けがたい感じです。
この店は自分の中でおいしいとインプットされましたので、また訪問したいと思います。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html



関連ランキング:定食・食堂 | 横手駅



posted by 南行 at 21:42| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉川温泉    (秋田県仙北市)

秋田県仙北市にある玉川温泉に行ってきました。

<玉川温泉>
玉川温泉.jpg
住所:秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢

以前立ち寄りで温泉に入ったことはありましたが、宿泊は今回が初めてです。
玉川温泉は、湯治の温泉として有名で、癌患者が多く療養したりしています。

18時に到着。駐車場が満車で、数キロ離れた新玉川温泉に車を置き、バスで
送迎を受けました。

玉川温泉は旅館部と自炊部に別れていて、部屋数はかなり多く、館内は迷路みたい。
最初に案内図をもらって説明を受けますが、それでも迷子になりそうな感じでした。

玉川温泉3.jpg
こんな感じで部屋が並びます。

玉川温泉2.jpg

まずは夕食にします。
玉川温泉 夕食.jpg
夕食はバイキング形式。湯治の温泉だけあって、山菜などがメインの健康食。
ご飯は玄米を選びました。グラスはワインじゃなくて、地酒(日本酒)です(^-^)
朝食も同じようなバイキングでした。料理は結構おいしかったです。

温泉は写真を撮れませんので、公式HPをご覧ください。
http://www.tamagawa-onsen.jp/

PH1.2の強酸性泉です。
源泉、源泉50%、弱酸性泉など様々な湯があります。また箱蒸し風呂も堪能しました。
以前源泉に入った時は全然感じなかったんですが、今回は衝撃を受けました。
傷がある場所はいきなり痛くなるし、3分もしないうちに体がヒリヒリ。これはヤバい。
温泉に入って危険を感じたのは初めてです(^^;
すぐに洗い流して、改めて源泉50%に入浴。こちらがちょうど良いですね〜。
入浴方法を教えてくれるカウンセラーさんもいるので、自分にあった入り方の指導を受け
るのも良いかもしれません。

玉川温泉 部屋.jpg
僕の部屋は和室の小さい部屋。テレビもエアコンもありません。テレビはある部屋も
あるんですが、和室には無い様です。
携帯もドコモは圏内でしたが、ソフトバンクは圏外。
たまにはこういう場所で、まったりするのも良いかなと思いました(^-^)

翌朝、朝食後に隣接する玉川温泉自然研究路を散歩しました。
30分ほどでざっと歩ける観光道路です。
入り口にはこんなものが。
玉川温泉4.jpg
最近熊が出まくってるみたいです。僕も何年か前にこの近くで子熊を目撃しました。
油断できませんね。

玉川自然研究路は、大地の息吹というのか、地球の生きている力を感じる事が出来ます。
その恩恵が玉川温泉なんですね。臭いもすごいんですが、風がない日は硫化水素が窪地
に滞留するので危険との事です。実際死亡事故も起こっているので、その辺は注意が
必要です。案内板があるので危険な場所には立ち入らない事が重要ですね。

<玉川温泉自然研究路>
玉川温泉7.jpg

玉川温泉6.jpg

玉川温泉8.jpg

玉川温泉5.jpg

玉川温泉源泉.jpg
こちら源泉です。ものすごい勢いでお湯が湧いています。
玉川温泉源泉2.jpg

動画もご覧ください。


玉川温泉久しぶりに行きましたが、他の温泉とはひと味もふた味も違います。
ゆっくり快適に過ごしたいという感覚で行くと、ちょっと違うと思います。
ここは特殊な温泉という認識で行くと良いかと思います。湯治の湯ですから。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:00| Comment(0) | 宿・ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煮干しラーメン@まる鐵二代目   (青森県弘前市)

弘前市のまる鐵二代目でラーメンを食べてきました。

<まる鐵二代目>
まる鐵二代目.jpg
住所:青森県弘前市境関亥ノ宮35-11
駐車場あり
営業:11:00〜15:00 18:00〜21:00

泊まったホテルの近くにあったラーメン屋さんにおじゃましました。
津軽のラーメンと言えば煮干しベースの中華そば。もちろん普通の中華そばも
あるんですが、新しいタイプのラーメンである極煮干しラーメンを食しました。

この店は無化調をウリにしている様です。僕は無化調の店はパンチが足りないと
感じる事が多いのでちょっと心配になりました。
まる鐵二代目3.jpg

ラーメン到着です。味玉をトッピングしました。
まる鐵二代目2.jpg
スープの表面に煮干粉の膜ができあがっています。お味はどうでしょう。
うん、おいしいですね。スープはやや煮干しのエグ味がありますが、それが
煮干しを主張して押しの強いラーメンになってます。
麺は自家製で細麺と太麺を選べますが、僕は太麺を選択しました。大盛り
にしたので結構おなかいっぱいになりました(^-^)
昔ながらの中華そばの方も食べてみたいなと思えるお店でした(^o^)

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html



関連ランキング:ラーメン | 撫牛子駅



posted by 南行 at 09:20| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

平成29年夏旅 青森へ

8月10日〜15日の6日間の日程で旅に出ていました。
つい先ほど帰りました。

旅を振り返ると、今回の旅は天気に泣かされました。
昨年の夏休みはずっと好天だったのですが、今年は逆。梅雨時かっていう様な天気(>_<)
僕は歴史が好きという事もあり、史跡巡りを主としますが、自然景観スポットなど
も織り交ぜて行き先を組み立てていきます。
しかし、この天気では自然景観を見ても感動が半減してしまうので、今回は史跡、特に
城巡りに集中する事にしました。

毎度の「発見ニッポン城巡り」での城攻略を主たる目的の旅になりました。
ニッポン城めぐり.jpg

8月9日夜、会社から帰りひとくつろぎしてから出陣です。
2週間前に愛車にトラブル発生。ウォーターポンプからの冷却水漏れです。
ウォーターポンプと、合わせて予防交換としてサーモスタットも交換しました。
走行距離も嵩んでますので、旅先で水漏れしなくて良かったと思うとともに、
他にトラブルが出ないことを祈っての出陣です。

出発時.jpg
出発時のメーターです。

8月9日は東北道を走り、栃木県の那須高原SAで車中泊しました。

<1日目:8月10日 天気:曇り時々雨>
1日目スタートです。かろうじて雨は降っていません。どこに行こうか特に
考えずに出陣しました。ゲーム上で未攻略のエリアを攻めるべく仙台に向かい
ました。

多賀城跡付属寺跡
多賀神社
陸奥総社神社
利府城

塩釜に移動
伸光というお店でうに中落ち丼(昼食)

松島に移動
久しぶりに瑞巌寺に行きたいなと思ってました。
天気も悪いし、ちょうど良いかなと。あと、大河ドラマ『独眼竜政宗』を再度
見て、愛姫の墓を参拝したいというのもありました。
行ってみてびっくり、激混みです。
駐車場もほぼ満車・・・。参りました。
駐車場探してさまようのも嫌なのでパスという事に。いつでも来れますし。

石巻から栗原市方面に向けて観光です。
小野城
伊達小次郎の墓参拝
(政宗の弟小次郎の墓を参拝しました。小次郎の最期は泣けました(´Д`))
佐沼城(津田・亘理氏墓所参拝)
登米市歴史博物館訪問

姉歯武之進の墓参拝
→瑞満寺というお寺にある、姉歯武之進の顕彰碑です。
姉歯.jpg
姉歯武之進は、長州の世良修蔵を討ち取った仙台藩の軍監です。
世良を討ち取った事により、奥羽越列藩同盟と新政府軍との間で本格的な
戦いに入る事になります。そのきっかけを作った人物ですね。

姉歯って名字、珍しいですよね。姉歯というと、姉歯建築士の事件が思い出され
ますが、姉歯建築士も仙台藩の姉歯氏の末裔かなんかなんでしょうね。

伊治城址
龍雲寺(政岡の墓参拝)

鳴子温泉泊
鳴子温泉初訪問です。有名な温泉街ですが、何気に立ち寄りでも宿泊でも行った
事がありませんでした。通り過ぎた事くらいです。
泊まったのは、大江戸温泉物語幸雲閣さんです。
昨年、鳴子の温泉宿を大江戸温泉が買収し、再生した宿です。

鳴子大江戸温泉物語幸雲閣.jpg

大江戸温泉グループは食事は全てバイキング形式にして、合理化をはかって
います。伊東園グループ、湯快リゾートなども同じ感じです。
こういうバイキング、ご当地料理が無いと寂しいのですが、この宿はちゃんと
ありました。地物も出して頂いて、とても満足出来る内容でした。
鳴子大江戸温泉物語幸雲閣2.jpg
右下の汁物は宮城の名物「はっと汁」です。

鳴子大江戸温泉物語幸雲閣3.jpg
ご当地性皆無ですが、八宝菜がとてもおいしかったです(^^;
宮城の地酒も楽しみました(^-^)

温泉も広くて良いお湯でしたし、この内容で日本酒も込みで8000円ほどという
1泊2食の料金。安すぎます!
再訪必至ですね。また行きたいです(^o^)

2日目以降は続きをごらんください。


続きを読む
posted by 南行 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うに中落ち丼@伸光   (宮城県塩釜市)

塩釜にある伸光というお店でうに中落ち丼を食してきました。

<伸光>
伸光.jpg
住所:宮城県塩竈市新浜町1-19-2
駐車場あり

塩釜港にある伸光というお店におじゃましました。
海鮮丼を食べようと思って、調べていたらここに行き着きました。
注文はうに中落ち丼(2200円)です。

伸光2.jpg
こちらが商品です。
味は良いです。それは何も申しますまい。
ただ、ボリューム感があまり無いかな。うにが無いただの中落ち丼は1000円。
1200円差でこのウニの量はどう判断したら良いでしょうか!?
正直な感想としては、やや割高感があったかなという事です。味は良いのですけどね。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html



関連ランキング:寿司 | 東塩釜駅本塩釜駅



posted by 南行 at 22:41| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

小田原攻め

今日は天気も良かったので、久しぶりに小田原城に行ってきました。

ちょうど、発見ニッポン城巡りのイベントで、小田原城に行くと特別武将を召し抱え
られるというので、良いついでと思って出陣しました(^-^)

城巡り
ニッポン城めぐり.jpg

圏央道が開通してから小田原方面、本当に近く感じます。2時間もあれば着いてしま
います。

さて、小田原城は昨年リニューアル工事が完了しました。

小田原城20172.jpg

小田原城2017.jpg

耐震補強、外壁塗り替えなどの他、天守閣内の展示物の一新なども行われました。
今回は天守閣や資料館なども見て歩きました。

小田原城20178.jpg
ちょうど特別展「小田原城武者揃え」なんてのがやってました。
いろんな鎧や刀剣などが展示されてました。
小田原とは関係なさそうですが、佐竹義重所用の鎧は見事でした(^o^)

小田原城を見た後は食事。小田原に来たからには魚食べたいよな〜という事で、
小田原駅前にある「でん」というお店で海鮮丼にしました。
湘南と言えば、やっぱ「しらす」ですね。
しらすの三色丼なんてのもありましたが、他の魚も食べたいので、地魚としらす
の丼にしました。生しらすを生姜で食べるとおいしいですね〜。

湘南食べ尽くし丼.jpg

味噌汁も出汁が出ておいしかったです。

夏の湘南は混み合うのであまり足を踏み入れたくないんですが、小田原市街だけ
だったら何とかなりそうです。


posted by 南行 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰊御殿とまり    (北海道泊村)

泊村にある鰊御殿とまりに行ってきました。

<鰊御殿とまり>
鰊御殿とまり.jpg
住所:北海道古宇郡泊村大字泊村59-1
駐車場あり(無料)
入場料:300円

<鰊御殿とまりについて>
鰊御殿とまり2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
積丹半島の西側、泊村にある鰊御殿とまりに行ってきました。
かつて北海道の日本海側はニシン漁で潤い、特に明治時代にはこの様な
鰊で財をなした人の屋敷・また漁師達が生活する番屋が建築されました。

しかし、乱獲の影響もあり昭和時代には漁獲量は激減し、北海道での
鰊漁も廃れていきました。
番屋なども取り壊され現在残るものも少なくなっています。
ここ泊村の番屋および客殿は移築され保存されている物です。

鰊漁で財をなした家の客殿や、鰊漁に関する展示など、なかなか楽しめ
ました(^-^)

鰊御殿とまり8.jpg

鰊御殿とまり7.jpg

鰊御殿とまり3.jpg

鰊御殿とまり4.jpg

鰊御殿とまり5.jpg

鰊御殿とまり6.jpg

鰊御殿とまり9.jpg

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 09:12| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

細川たかし生誕の地   (北海道真狩村)

真狩村にある細川たかし生誕の地に行ってきました。

<細川たかし生誕の地>
細川たかし生誕の地.jpg
住所:北海道虻田郡真狩村
駐車場あり

細川たかし生誕の地2.jpg

細川たかしと言えば最近は髪の毛の話題しか聞かないような気がするところで
すが、僕的には「矢切の渡し」が特に印象に残ってますね♪
出身が北海道って全然知りませんでした。しかもこんな畑の真ん中に生誕の地碑
があるとは、びっくりです。

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

posted by 南行 at 23:23| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

北栄環状列石      (北海道ニセコ町)

ニセコ町にある北栄環状列石に行ってきました。

<北栄環状列石>
北栄環状列石.jpg
住所:北海道虻田郡ニセコ町字曽我252-5
駐車場なし

<北栄環状列石について>
北栄環状列石5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北栄環状列石を見てきました。
北海道・東北で見る事が出来る環状列石。そんな環状列石のひとつです。
環状列石とはその名のとおり、円形に石を組んだ史跡です。
何のためのものか、祭祀、墳墓、日時計等いろいろあるみたいですが、
ここは骨が見つかっていることから墳墓という事です。

畑の中にぽつんと環状列石があります。
北栄環状列石2.jpg

北栄環状列石3.jpg
どこにあるんでしょう〜??

北栄環状列石4.jpg
ありました。分かりづらいな〜。子供が石を並べただけって可能性もあるん
じゃないの?なんて思ってしまいました(^^;

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:39| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

祝津パノラマ展望台    (北海道小樽市)

小樽市にある祝津パノラマ展望台に行ってきました。

<祝津パノラマ展望台>
祝津パノラマ展望台.jpg
住所:北海道小樽市祝津3
駐車場あり(無料)

「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」、小樽市の郊外祝津岬にある展望台です。
眼下には日和山灯台や小樽水族館などを眺める事が出来、特に夕陽が綺麗と
いう事です。夕暮れまでいる時間は無かったのでなんですが、ここから眺める
日和山灯台や日本海の風景は絶景で、とても良かったです(^-^)

<祝津パノラマ展望台からの景色>
祝津パノラマ展望台2.jpg
眼下に日和山灯台が見えます。

祝津パノラマ展望台3.jpg

祝津パノラマ展望台5.jpg

祝津パノラマ展望台4.jpg

祝津パノラマ展望台6.jpg

<江差追分節の歌碑>
祝津パノラマ展望台7.jpg
「忍路 高島 およびもないがせめて 歌棄磯谷まで」鈴木翠軒 筆
江戸時代、女人禁制だった神威岬方面へ向かう漁師を女性は見送ることが
出来ませんでした。そんな辛い女心を歌ったものだそうです。

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:45| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロトコタン       (北海道白老町)

白老町にあるポロトコタンに行ってきました。

<ポロトコタン>
ポロトコタン.jpg
住所:北海道白老郡白老町若草町2-3-4
駐車場あり(1回300円)
入場料:800円

ポロトコタンは、アイヌの野外民族博物館です。
アイヌの住居や食料庫などを再現し、またアイヌに関する資料の展示などが
あります。
僕も実は小学校の修学旅行でポロトコタンに来たことがあり、その時皆で
アイヌの民族衣装を着て撮った記念写真が残っています(^-^)
それ以来の訪問という事で、超久しぶりです。

入り口を入ると巨大な像。
ポロトコタン  コタンコルクル象.jpg
コタンコルクルの像です。アイヌの先人の偉業を偲ぶために作られた像です。

ポロトコタン3.jpg
アイヌの住居が再現されています。

ポロトコタン5.jpg
もちろん中も見ることが出来ます。

ポロトコタン4.jpg
今回はアイヌの踊りや歌も楽しませて頂きました。
解説をしてくれたアイヌの方のトークがなかなか面白かったです(^-^)

ポロトコタン 熊.jpg
熊も飼育されていました(^(Ξ)^)

ポロトコタン ゆめちゃん.jpg
ポロトコタンで飼育されている北海道犬。そんな北海道犬の1匹、ゆめちゃんです。
こちらはソフトバンクのCMでおなじみのお父さんことカイ君の娘だそうです。
ポロトコタン ゆめちゃん2.jpg

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:25| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする