2017年12月26日

ノツカマフ一号・二号チャシ跡   (北海道根室市)

根室市にあるノツカマフ一号・二号チャシに行ってきました。

<ノツカマフ一号・二号チャシ>
ノツカマフ一号・二号チャシ.jpg
住所:北海道根室市牧の内
駐車場あり(無料)

<ノツカマフ一号・二号チャシについて>
ノツカマフ一号・二号チャシ3.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
根室市にある、ノツカマフ一号・二号チャシ跡に行ってきました。
北海道全体では500ヶ所以上が確認されているそうですが、特に道東は
数多く、根室半島のチャシはその保存状況も良い事から日本100名城に選ばれて
います。
ノツカマフ一号・二号チャシ跡は根室半島チャシ群のひとつになります。

ノツカマフとはアイヌ語で「岬の上にあるところ」という意味。
岬の上に作られた城跡です。
根室半島チャシ群は観光用に整備されたものが少なく、こことヲンネモトチャシの2
ヶ所のみが見学用に整備されています。
ヲンネモトチャシはチャシ跡があまりよく分かりませんが、ノツカマフ一号・二号チ
ャシ跡は土塁の跡などが綺麗に残っていて、ここが城跡であることがよく分かりま
した。
ここからは国後島などもよく見えて、景色もとても良かったです(^-^)

<ノツカマフ一号・二号チャシ跡>
ノツカマフ一号・二号チャシ4.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ5.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ6.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ9.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ7.jpg

ノツカマフ一号・二号チャシ8.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:00| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

ヲンネモトチャシ跡     (北海道根室市)

根室市にあるヲンネモトチャシ跡に行ってきました。

<ヲンネモトチャシ跡>
オンネモトチャシ跡.jpg
住所:北海道根室市温根元59
駐車場あり(無料)

<ヲンネモトチャシについて>
オンネモトチャシ跡3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日本100名城のひとつ、根室半島チャシ群。
ひとつと言いますが、チャシ群の名からも分かるとおり、複数のチャシの総称です。
チャシはアイヌの人々が築いたもので、軍事的なもの、祭祀に用いたものなどがあり
ます。北海道全体では500ヶ所以上が確認されているそうですが、特に道東は
数多く、根室半島のチャシはその保存状況も良い事から日本100名城に選ばれて
います。

そんな根室半島チャシ群の中から、ヲンネモトチャシ跡を訪問しました。
納沙布岬にほど近い岬に築城されたものです。
縦穴などが発見されているとの事ですが、正直城跡と見て分かる様なものはあまり
無かったかな。景色は良かったです(^-^)

<ヲンネモトチャシ跡>
オンネモトチャシ跡2.jpg
見える灯台のようなものは、納沙布岬にあるオーロラタワーです。

オンネモトチャシ跡4.jpg

オンネモトチャシ跡5.jpg

オンネモトチャシ跡6.jpg
ヲンネモトチャシ跡からは遠くに北方領土国後島が見えます。

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:39| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

トドワラ     (北海道別海町)

別海町にあるトドワラを見に行ってきました。

<トドワラ>
トドワラ.jpg
住所:北海道野付郡別海町野付63
駐車場あり(無料)

野付半島にある観光地・トドワラに行ってきました。
1954年の台風で立ち枯れたトドマツの残骸が湿原上に立ち残り、荒涼とした
風景を作り出しています。

トドワラ7.jpg

前回来たときは現地まで見に行かなかったのですが、今回は乗り物に乗って現地
訪問しました。

トドワラ6.jpg
トドワラ号なる乗り物に乗っていきます。ミニブルドーザーに連結されたゴンドラ
で現地に向かいます。そんなに時間はかかりません。

終点から木の桟橋の様な道を歩きトドワラに向かいます。
トドワラ5.jpg

現地に着きましたが、写真で見たような光景はあまり残っていませんでした。
枯死した木なので、どんどん風化しているそうです。
いずれ何も無くなってしまう風景です。普遍的な観光地とはまた違った感慨
がありますね(・o・)

トドワラ3.jpg

トドワラ2.jpg

トドワラ4.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:50| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

乃が美の食パン

本川越の駅前にある乃が美という食パン専門店で食パンを購入しました。

<乃が美 はなれ>
乃が美 川越.jpg
住所:埼玉県川越市新富町1-1-10
駐車場なし

地元川越にある乃が美という食パン専門店に行ってきました。
大阪が発祥の高級食パン専門店。川越に出店したのはここ1〜2年のことです。
以前は少し郊外にあったんですが、せんだって本川越駅前に移転してきました。

評判が良いので、一度食べてみたいなという事で買いに行ってみました。
朝10時開店で、開店と同時におじゃましました。
基本は2斤サイズで864円なんですが、個数限定で1斤のハーフサイズ432円
があるんです。僕は1斤で充分なので、開店と同時にハーフサイズを購入しに
行きました。
10時2〜3分に訪問しましたが、既に先客2名いました(゜Д゜)

僕の前のお客さんは2斤乃レギュラーサイズを5個購入!
店員と話をしているのを後ろで聞いてたんですが、都内から友人にも頼まれて
購入しにきたとの事。
店舗一覧見たら関東に11店舗あるんですが、東京都内には1軒も無いんですね。
わざわざ都内から買いにくる客までいるとは、恐れ入ります。

<乃が美の食パン>
乃が美 川越2.jpg
こちらが乃が美の食パンです。見た目は普通ですね。

乃が美 川越3.jpg

いろいろ作りにもこだわりがある様です。

今日の朝食にこの食パンを食しました。生でとありましたが、1枚はトースト
してみました。
そしたらこれがうまい(^o^)
表はサク、それでいて中はしっとり。マーガリンで食しましたが最高においしい
です(^-^)
もう一枚は生でいちごジャムで食しました。生食をウリにしているだけあって、
パンの芳醇な味わいがよく感じられますね〜。良いです。
個人敵にはトーストの方が良かったですが。

1斤でも432円するので、そんなに頻繁には買えませんがたまには良いかなと
思いました。



関連ランキング:パン | 本川越駅川越市駅川越駅


posted by 南行 at 23:28| Comment(0) | 川越のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東根室駅 / 日本最東端の駅    (北海道根室市)

根室本線「東根室駅」に行ってきました。

<東根室駅>
東根室駅 日本最東端の駅.jpg
住所:北海道根室市光洋町2丁目15
駐車場無し

日本最東端の駅「東根室駅」を訪問しました。
JR北海道の駅はすごい駅が多いですが、東根室駅も多分に漏れずでした。
もちろん無人駅。ホーム以外には何もありません。
駅舎も無し、それどころかベンチ一つありません。
電車は1日上下各5〜6本。3時間近く電車が来ない時間もあります。
じゃあ駅の外には何かあるかと言うと、駅の外は住宅が少しあるだけで、
時間をつぶせる様な店の1軒もありません。
冬で雪になったら凍え死ぬのみという感じです(^^;
せめて座る椅子くらいあっても良いと思うんですけどね。

<東根室駅>
東根室駅 日本最東端の駅2.jpg

東根室駅 日本最東端の駅6.jpg

東根室駅 日本最東端の駅4.jpg

東根室駅 日本最東端の駅5.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:11| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

大曲湖畔園地のヒマワリ    (北海道網走市)

網走市の大曲湖畔園地でヒマワリを見てきました。

<大曲湖畔園地>
大曲湖畔園地のヒマワリ.jpg
住所:北海道網走市字三眺25
駐車場あり(無料)

網走湖の北岸にある大曲湖畔園地に行ってきました。直前にヤフーニュースを
見ていたら、網走でヒマワリが見頃っていう記事があって、ちょうど良いタイ
ミングだったので行ってみました。

以前、近くの大空町にある朝日ヶ丘展望所でも10月にヒマワリを見ました。
おそらく同じ品種なんでしょうね。10月3日時点で、一面満開のヒマワリを
見る事が出来ました(^-^)
18haの敷地に150万本のヒマワリが咲いています。
ちょっと花が下を向き気味なのが残念ではありました。

<大曲湖畔園地のヒマワリ・平成29年10月3日撮影>
大曲湖畔園地のヒマワリ2.jpg

大曲湖畔園地のヒマワリ3.jpg

大曲湖畔園地のヒマワリ4.jpg

大曲湖畔園地のヒマワリ6.jpg

大曲湖畔園地のヒマワリ5.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:00| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能取湖サンゴ草群生地    (北海道網走市)

網走市にある能取湖サンゴ草群生地に行ってきました。

<能取湖サンゴ草群生地>
能取湖畔のサンゴ草.jpg
住所:北海道網走市卯原内
駐車場あり(無料)

<サンゴ草について>
能取湖畔のサンゴ草2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
能取湖サンゴ草群生地に行ってきました。
能取湖の南岸にサンゴ草が自生しています。ここが日本一の群生地だそうです。
サンゴ草はアッケシ草と言い、9月中旬から10月上旬に赤く色づきます。

この日はやや見頃を過ぎたかな〜って感じでした。もっと真っ赤なサンゴ草を
見れれば良かったんですが(・o・)

<能取湖畔のサンゴ草・平成29年10月3日撮影>
能取湖畔のサンゴ草4.jpg

能取湖畔のサンゴ草3.jpg

能取湖畔のサンゴ草5.jpg

能取湖畔のサンゴ草6.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:44| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

師走

早いもので12月ですね。最近時間が過ぎるのが非常に早く感じます。
歳をとると1年が早く感じられるってのは本当ですね。

今日は川越熊野神社で開催中の酉の市に行ってみました。
ながいこと川越に住んでいますが、酉の市に行ったことがありませんでした。
初の酉の市です。

大正ロマン通りは出店なども出て結構賑やかです。

酉の市.jpg
お、やってますね〜。早速見に行ってみました。

酉の市2.jpg
境内は熊手販売の店でいっぱい。安いものは1000円のミニ熊手から高いもの
は数万円のものまで様々。僕も買おうかなと思いましたが、結局見ただけで
帰ってきました(^^;
縁起物だから買っても良かったんですけどね〜。

そのまま蔵の街を散歩しました。
川越にはお団子屋さんが何軒もあります。地元の人だと、好きな団子屋もある
んじゃないでしょうか。僕は蓮馨寺の境内にある松山商店というお店のお団子が
お気に入りです(^-^)

だんご松山.jpg

久しぶりに松山商店のお団子です(^o^)
だんご松山2.jpg
1本80円。醤油で焼いた団子はおいしいですね〜

ポテリンゴ.jpg
そのあと、蔵の街でポテリンゴっていうアップルパイみたいなお菓子も食べ歩き。
ついつい食べてしまいますね〜(^^;

鐘つき通り.jpg
今日は天気が良いこともあり、観光客で賑わっています。

鐘つき通り2.jpg
鐘つき通りで建築工事が進んでいます。以前廃墟の様な病院があったところです。
噂ではスタバがオープンする予定だとか。

亀屋栄泉の裏でも店舗建築工事が進んでいます。
中島家店舗2.jpg
こちらもだいぶ出来てきています。何のお店になるんでしょう??

中島家店舗.jpg

川越も新しいお店がどんどん出来るので、地元民としては楽しみです。

蔵造り.jpg
蔵造りの町並みは、包丁屋のまちかんさん、蔵造り資料館と工事中で囲いがされて
いる関係で、町並みがいまいちぱっとしませんね。

posted by 南行 at 22:45| Comment(0) | 川越のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩崎城址      (秋田県湯沢市)

秋田県湯沢市にある岩崎城址にって来ました。

<岩崎城址>
岩崎城址.jpg
住所:秋田県湯沢市岩崎
駐車場あり(無料)

岩崎城は鎌倉時代中期に岩崎河内守によって築城された平山城です。
皆瀬川を自然の堀の様に使い、自然地形をうまく利用した軍事的なお城です。
湯沢城の支城として重要な城でした。
代々岩崎氏の居城でしたが、1590年奥州仕置き後最上領とされ、それを
認めなかった横手城主小野寺義道は雄勝郡を継続支配しますが、最上軍の
攻撃を受け岩崎城は落城。以後は最上の城となりました。

今は一部に土塁などの跡や、井戸の跡などが残ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
現地は千年公園という公園になっており、八幡岩崎神社という神社が鎮座しています。

岩崎八幡神社.jpg

神社の裏には鹿島様という謎のわら人形。
岩崎城址 鹿島様.jpg

<鹿島様について>
岩崎城址 鹿島様2.jpg
こういう地方信仰は面白いですね。トトロにでも出てきそうな感じです(^-^)
おしらさまとか、東北には昔ながらの信仰が残ってますね。

<玉子井戸>
岩崎城址 玉子井戸.jpg

岩崎城址 玉子井戸2.jpg

<能恵姫>
岩崎城址 能恵姫.jpg
姫の像の真裏に解説碑があって、よく見えません。碑を設置した人はそういう意識
なかったのかな〜・・・。

<城からの風景>
岩崎城址3.jpg

岩崎城址4.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:12| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十二館跡       (秋田県大仙市)

大仙市にある四十二館跡に行ってきました。

<四十二館跡>
四十二館跡.jpg
住所:秋田県大仙市藤木字乙糠塚1他
駐車場無し

古代から中世にかけての豪族の居舘跡。
史跡は東西350m、南北300mで水堀が縦横にめぐっている。郭の小名には
本丸跡、御蔵跡、鍛冶屋敷跡、内馬場跡、外馬場跡などがあり、水堀で区
画された諸郭は「四十二館」の名称にふさわしい。後三年合戦沼柵跡とい
う説や清原氏の居宅跡という説があり、当時の様子を知る大事な手がかり
となる史跡である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
四十二館(しじゅうにたて)跡に行ってきました。
発見ニッポン城巡りのアプリでの城攻めの一環です。
どこか場所が分からずさまよいましたが、民家の前に四十二館正門前の碑が建って
いるのを発見。これで攻略という事にしました。

四十二館跡4.jpg

四十二館跡2.jpg
説明板もありますが、完全に劣化していて何が書いてあるのか分かりません(>_<)

まわりは一面の田んぼで、遺構はまったく分かりません。
四十二館跡3.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 14:44| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする