2018年01月29日

菰野城址   (三重県菰野町)

三重県菰野町、菰野城址に行ってきました。

<菰野城址>
菰野城址.jpg
住所:三重県三重郡菰野町菰野1490
駐車場無し

<菰野城について>
菰野城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
菰野城址に行ってきました。
関ヶ原後につくられた城で、城と言うより陣屋(政庁)としての役割の方が
メインだったんでしょう。
江戸時代を通じて菰野藩土方氏の居城として続き、明治維新の後廃城となりました。

菰野城は、菰野小学校の敷地になっている場所がほぼ城跡。
小学校のプールの横に上にある「菰野城址」の碑がありました。

菰野城址2.jpg
碑の隣にはプール(^^;

城を感じさせるものはほとんどありませんでした。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:58| Comment(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

重原陣屋跡     (愛知県刈谷市)

刈谷市にある重原陣屋跡に行ってきました。

<重原陣屋跡>
重原陣屋跡.jpg
住所:愛知県刈谷市重原本町1
駐車場あり(無料)

<重原陣屋について>
重原陣屋跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
重原陣屋跡に行ってきました。
1792年に福島藩の板倉勝長によって陣屋が築かれました。刈谷で起こった一揆
の仕置きとして、福島藩の領地との交換が行われ、福島藩がこの地を治める事と
なりました。

江戸時代には結構飛び地みないなのがあって、僕の地元川越藩も三河は近江に飛び地
で領地を与えられていました。

現在、浄福寺というお寺の脇に重原陣屋跡の碑と此より東福島領の碑が建っています。

重原陣屋跡3.jpg

<浄福寺>
重原陣屋跡4.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 19:48| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

本地城址    (愛知県豊田市)

豊田市にある本地城址に行ってきました。

<本地城址>
本地城址3.jpg
住所:愛知県豊田市本地町1丁目54−1
駐車場無し

<本地城について>
本地城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
本地城址(堤本地城)に行ってきました。
1402年、畠山六郎によって築城されたお城です。
畠山氏の滅亡とともに廃城となりました。
現在は本地八幡社という神社がある場所が本地城址で、本地城址の碑が建って
います。車を停める場所が無い為、路注して急いで見てきました。

本地城址2.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 19:27| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野城址 / 榊原康政生誕の地   (愛知県豊田市)

豊田市にある上野城址に行ってきました。

<上野城址>
上野城址.jpg
住所:愛知県豊田市上郷町薮間17−8
駐車場無し

<上野城について>
上野城址2.jpg

上野城址6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上野城址に行ってきました。
上野城は、応仁の乱の頃戸田宗光によって築城されました。
家康の父である松平広忠がこの城を手中にしますが、一向一揆の手に落ちたり、
変遷を経て再び家康の支配下となります。
廃城となった次期は不明です。

現在は上郷護国神社が鎮座しています。この一帯が上野城だった場所です。

上野城址5.jpg

上野城址3.jpg

上野城址4.jpg

この地には徳川四天王の一人・榊原康政の生誕の地碑があります。
調べたところ榊原氏は上野城主・酒井将監忠尚に仕えていましたが、榊原康政
は上野城で生まれた訳ではなく、近郷の生まれの様です。
榊原氏がここに仕えていたという事で、便宜的に碑が建てられたものと思われ
ます。

<榊原康政生誕の地>
上野城址  榊原康政生誕の地.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 19:11| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本多忠勝生誕の地    (愛知県岡崎市)

愛知県岡崎市にある本多忠勝生誕の地に行ってきました。

<本多忠勝生誕の地>
本多忠勝生誕の地.jpg
住所:愛知県岡崎市西蔵前町
駐車場無し

本多忠勝は1548年、三河国額田郡蔵前で松平氏譜代・本多忠高の長男
として生まれました。1549年に父が戦で討ち死にし、叔父の元で育て
られました。

その後、数々の戦功をあげ、徳川四天王の一人に数えられる名将となりました。

その生誕の地は何と民家の中にありました。
敷地内に入るのが躊躇われたため、望遠で碑を撮影しました。
説明板も敷地内にあるし、観光スポットとしては難易度高すぎです(^^;
せっかく名将の生誕の地ですから、皆が気軽に訪れる事が出来れば良い
んですけど・・・。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 18:22| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

車のリコール修理

今日は車のリコール修理でディーラーに行ってました。

タカタのエアバックのリコールで、一昨年助手席側を交換しましたが、今回は
運転席側です。

タカタのエアバック、リコール台数は世界規模で5000万台とも言われており、
タカタはこれが原因で民事再生法の適用に追い込まれました。
リコールも部品の供給が追いついていない様で、どうなるかと思いましたが、
月初に申し込んで、今日の修理となりました。

5月以降、このリコール修理をしていない車両は車検通らないという話を聞いた
ので急いで対応しました。

26万キロも走ったわが愛車。今更のリコールの様な気もしますがエアバックも
新しくなって、悪い気はしません。
ディーラーで買い替えの話でも出るかと思いましたが、何も言われず。
僕が金持ってない様に見えたんでしょうかね〜。まあ良いんですけど(^^;

BMWリコール.jpg
今回はBMWのメモ帳を頂きました。前回のリコールの時はタオルみたいなの
をもらいました。

BMWリコール3.jpg
一応部品代は18000円ほどなんですね。リコールなんで自分に負担はありません
が、台数も台数なのでタカタは負担はすごい事に。

BMWリコール2.jpg
頂いた資料にこんな文字。「あなたのBMWが、これからもBMWであり続けるために」
ディーラーでメンテしないとBMWがBMWじゃなくなるという事でしょうか・・・。

ディーラーメンテだと、故障してないものでも交換しようとしますからね〜。
走行距離とかで交換する部品とかしっかり交換してしまいますし。

あと1回車検通して、30万キロ達成したら買い替えようと思ってますので、
もう少しメンテはしていこうと思います。
posted by 南行 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井田城址 / 酒井忠次生誕の地   (愛知県岡崎市)

岡崎市にある井田城址に行ってきました。

<井田城址>
井田城址2.jpg
住所:愛知県岡崎市井田町字城山
駐車場無し

井田城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岡崎の井田城址に行ってきました。
岡崎の松平氏の一族にあたる酒井氏の居城で、酒井氏忠から5代にわたってこの
地を治めました。
後に徳川四天王の一人になる酒井忠次は1527年に井田城内で生まれています。

築城年、廃城年など詳しいことは分かっておらず、今は城山公園として小さな公園
になっており、井田城址の碑と小さな神社がありました。

<井田城址>
井田城址5.jpg

井田城址4.jpg

井田城址3.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:36| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渭伊神社    (静岡県浜松市)

浜松の井伊谷にある渭伊神社に行ってきました。

<渭伊神社>
渭伊神社.jpg
住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1150
駐車場あり(無料)
境内自由

<渭伊神社について>
渭伊神社5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
渭伊神社に行ってきました。
いつの頃の創建か分かっていない様ですが、最初は井伊氏発祥の地である
井伊共保出生の井戸のあたりにあった様です。

渭伊神社2.jpg

渭伊神社の裏には神のおられる磐座という巨岩が並ぶ遺跡があります。
ここはパワースポット感がありましたね。とても神秘的な場所です。
おんな城主直虎のロケ地にもなったそうです。

<天白磐座遺跡>
天白磐座遺跡.jpg

天白磐座遺跡2.jpg

天白磐座遺跡3.jpg

天白磐座遺跡4.jpg

<神木・天生杉>
渭伊神社3.jpg

渭伊神社4.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:18| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

井伊直親の墓    (静岡県浜松市)

井伊直親の墓を参拝してきました。

<井伊直親の墓>
井伊直親の墓.jpg
住所:静岡県浜松市北区細江町中川
駐車場無し

<井伊直親の墓について>
井伊直親の墓3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
井伊直親の墓を参拝しました。井伊直親は、徳川四天王のひとり井伊直政の父に
あたる人物です。
この時の井伊家はまだ今川傘下の一勢力にすぎず、今川に謀反の疑いをかけられ、
弁明に行く途中で討ち取られました。
現在、都田川の堤防下に直親の墓がひっそりとある感じでした。

井伊直親の墓2.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 16:46| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気賀関所跡    (静岡県浜松市)

東海道気賀関所跡に行ってきました。

<気賀関所跡>
気賀関所跡.jpg
住所:静岡県浜松市北区細江町気賀4577
駐車場あり(無料)
入場料:200円

<気賀関所について>
気賀関所跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
気賀の関所に行ってきました。東海道には大きな関所が3ヶ所あり、箱根・新居の
関と合わせて3大関所と言われるそうです。
この気賀関跡は、本坂通という東海道見附宿と御油宿を結ぶ街道で、かつては東海道
の本道でした。関所が置かれ、その行き来が監視されました。
現在関所跡は、資料館なども設置され当時の関所の様子が分かるようになっていました。

ちょうど井伊直虎の大河ドラマ館の隣にあり、大河ドラマ館開館中は無料で開放され
ていたので、無料で見る事が出来ました(^-^)

気賀関所跡2.jpg

気賀関所跡3.jpg

気賀関所跡4.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 16:05| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

西来院 / 築山殿の墓    (静岡県浜松市)

浜松市にある西来院に行ってきました。

<西来院>
西来院2.jpg
住所:静岡県浜松市中区広沢2丁目10−1
駐車場あり(無料)
慶大自由

<西来院について>
西来院.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
浜松の西来院に行ってきました。訪問の理由は、徳川家康の正室で嫡子信康の母で
ある築山殿の墓を参拝する為です。

昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、結構重要な役回りだった様です。
僕はあいにく途中で見るのをやめた為、よく分かっていませんが(^^;

大河は分からなくても、築山殿は歴史上の重要人物という事でそれなりに知っており
ますので、参拝しました。

築山殿については、人物紹介が現地にありましたので、こちらをご覧ください。
築山殿の墓3.jpg

築山殿と信康は武田に内通したとして、信長の命により自刃する事となります。
その事に関しても実際に内通した説や、信長が信康の優秀さを恐れた説とか諸説
ありますね。歴史上はっきりしない事件のひとつですね。

<築山殿の墓>
築山殿の墓.jpg

築山殿の墓2.jpg
そんな築山殿(瀬名)の墓を参拝して偲んでまいりました(・o・)

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:58| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

会津藩士顕彰碑と墓    (北海道標津町)

野付半島にある会津藩士の顕彰碑と墓を訪問しました。

<会津藩士顕彰碑>
会津藩顕彰碑3.jpg
住所:北海道標津郡標津町茶志骨ポンニッタイ
駐車場無し

北海道の野付半島を車で走っていると、道ばたに会津藩の「會」の旗を発見。
立ち寄ってみました。

会津藩士を顕彰する碑が建っていました。
会津藩顕彰碑.jpg

会津藩顕彰碑2.jpg

会津藩顕彰碑5.jpg

幕末、ロシア船の来航に対し、東北諸藩は北海道の警備に動員されました。
ここ標津には会津藩が藩士を派遣し防備を固めました。
しかしながら、厳しい環境の中、この地で亡くなる藩士が多数出ました。
仙台藩や津軽藩も蝦夷の警備で多くの藩士を失っています。
ロシアなどの異国兵より、北海道の厳しい気候の方が藩士達には恐ろしい
敵だったんでしょうね。

ここには会津藩士を顕彰する碑とともに、亡くなった会津藩士の墓もあり
ました。

<会津藩士の墓>
会津藩士の墓.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:42| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大船観音       (神奈川県鎌倉市)

鎌倉の大船にある大船観音に行ってきました。

<大船観音>
大船観音.jpg
住所:神奈川県鎌倉市岡本1-5-3
駐車場無し
拝観料:300円

<大船観音寺について>
大船観音2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
JR大船駅のすぐ近くにあり、電車の中からも見えていますが、未だ行ったことが
なかったので、今回訪問しました。

大船駅から歩いて5分位でしょうか。距離は近いですが、小さな山の上にあるので
登る時間がかかります。
300円払って拝観。

東京湾大観音や高崎観音とは違い胸像なんですね。それでも結構大きいです。
高さ25m、昭和35年に完成した観音像です。
観音様には裏側から中に入ることが出来ます。中から外への眺望があるとか
そういうものではありませんが、中で参拝する事が出来る感じです。

インパクトもあって良かったです(^-^)
大船に行ったときには立ち寄りたいスポットですね。

<大きな写真・クリックすると拡大します>
大船観音  大.jpg

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:59| Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

【再】納沙布岬     (北海道根室市)

根室市にある納沙布岬に行ってきました。

<納沙布岬>
納沙布岬.jpg
住所:北海道根室市納沙布岬
駐車場あり(無料)

日本本土最東端・納沙布岬に行ってきました。
11年ぶりの訪問です。
<11年前の記事>
http://rover.seesaa.net/article/25901733.html

この日は非常に良い天気で、北方領土の歯舞諸島や国後島などもはっきり見る事が
出来ました。
11年前は、歯舞諸島の貝殻島付近で日本漁船がロシア国境警備隊に拿捕され、
その過程で漁師が射殺されるという事件が起こったばかりでした。
今ではそんな事件も忘れられていますが、目の前にロシア軍がいるという事実は
とても不思議な感じがします。

納沙布岬2.jpg

納沙布岬3.jpg

<納沙布岬灯台>
納沙布岬4.jpg

納沙布岬5.jpg

納沙布岬にはオーロラタワーという展望塔があります。こちらも11年ぶりに登って
みました。
以前来たときは900円だった入場料は500円になっていました。
ここから見る納沙布岬灯台、北方領土、根室半島の景色は絶景です。
いつまでも眺めていたい景色ですね〜。

<オーロラタワーからの景色>
納沙布岬6.jpg

納沙布岬8.jpg
根室半島方面。

納沙布岬 水晶島.jpg
歯舞諸島の水晶島を望遠で撮影。望遠鏡で見ると水晶島にあるロシアの建物もはっき
り見えます。国境警備隊がいるそうです。

納沙布岬 国後島.jpg
国後島を眺めます。国後島には結構大きな山があります。

納沙布岬7.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:04| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

美幌峠    (北海道美幌町)

美幌町にある美幌峠に行ってきました。

<美幌峠>
美幌峠.jpg
住所:北海道網走郡美幌町古梅
駐車場あり(無料)

美幌峠は北海道美幌町と弟子屈町の境にある国道243号線沿いの峠です。
ここからは屈斜路湖の展望が広がります。
久しぶりに美幌峠に行きましたが、改めてその景色に感動しました。

あいにくの天気でしたが、眼下に広がる屈斜路湖。とても美しかったです(^-^)

美幌峠3.jpg

美幌峠2.jpg

屈斜路湖を眺めるポイントは何ヶ所かありますが、美幌峠が一番良い様な気が
します。

あと、この辺は木が無いので広々としていて、それが良い感じを出してるのかも
しれません。

美幌峠4.jpg

美幌峠5.jpg

美幌峠6.jpg
雨が降っていたこともあり、虹が見えてました。

この旅から帰って山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」という映画を見たん
ですが、この作品の中に美幌峠のシーンが出てきてタイムリーだったのでびっくり
しました(^-^)
http://rover.seesaa.net/article/454368431.html

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 21:15| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

桂ヶ岡砦    (北海道網走市)

網走市にある桂ヶ岡砦跡に行ってきました。

<桂ヶ岡砦>
桂ヶ丘砦.jpg
住所:北海道網走市桂町1丁目1番3号
駐車場無し

桂ヶ岡砦.jpg

網走郷土博物館の敷地にあるチャシ跡で、チャランケチャシとも言われます。
チャランケとはアイヌ語で談判を意味する言葉だそうです。
現在は博物館の敷地の一角に碑と説明板があるのみという感じです。

桂ヶ岡砦3.jpg

桂ヶ岡砦2.jpg

平成29年秋旅 道東の旅
http://rover.seesaa.net/article/454023079.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 08:47| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

ひつまぶし@まるや   (愛知県名古屋市)

名古屋の大曽根にある「まるや」というお店でひつまぶしを食しました。

<まるや 大曽根店>
まるや 大曽根.jpg
住所:愛知県名古屋市北区山田町4-66-8
駐車場あり
営業:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜21:30(L.O.21:00)

名古屋でひつまぶしを食べるべく「まるや」というお店におじゃましました。
昔、植田にあるお店に行ってひつまぶしを食べた覚えがあったんですが、人の
紹介で行った店で、店の名前も覚えていませんでした。
そこで、ネットで植田のひつまぶしを検索したら、この店が出てきました。
昔行ったのは多分この店だという事で行ってみることにしました。

植田の本店に行ったところ、驚いたことに20人くらい並んでるじゃないですか。
うなぎは提供までに時間がかかる事を考えるとこの行列に並ぶのは得策ではあり
ません。諦めました。

再度ネットを見ると、まるやさんは他にも店がある様でした。
そこで、大曽根の支店に行ってみる事に。
大曽根店は混んではいましたが、すぐに席に着く事が出来ました(^-^)

注文は上ひつまぶし2970円(税込み)です。
まるや 大曽根 ひつまぶし.jpg

こちらがまるやさんの上ひつまぶしです。
上はうなぎ1匹を使用したひつまぶしになります。
ひつまぶしは最初はそのまま、次ぎに薬味をのせて、最後にだし汁をかけて
食します。

表現は難しいですが、おいしいですね〜(^-^)
最近ウナギが高騰して、価格的にも厳しくなってますが、この店のコスパは
なかなか良いです。この内容で3000円以下ですからね〜。
そりゃ混む訳です。
また是非訪問したいお店になりました。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html



関連ランキング:うなぎ | 大曽根駅平安通駅上飯田駅



posted by 南行 at 22:28| Comment(0) |   東海・甲信越のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年〜30年 年末年始の旅

あけましておめでとうございます。

毎度の年末年始の旅に行ってきました。
今回の旅のテーマは、毎度の城巡りに加え武将の生誕の地巡りをくわえました。

<平成29年12月29日夜出発>
出発時.jpg
出発時のメーターは26万2377キロです。

東名道を走り、日本坂PAで車中泊しました。

続きを読む
posted by 南行 at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする