2018年07月29日

調所広郷像     (鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市にある調所広郷像を見に行ってきました。

<調所広郷像>
調所広郷像.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市天保山町18−5
駐車場なし

<調所広郷について>
調所広郷像3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鹿児島市にある調所広郷の銅像を見てきました。
調所広郷は幕末の薩摩藩の家老。島津斉興のもとで財政改革をした事で有名です。
幕末の薩摩藩は島津重豪の代までに借金が積み重なり危機的状況に陥っていました。
斉興のもと調所は財政改革を実施。特に奄美大島や徳之島の黒糖を専売したり、
琉球経由の密貿易で財を成したりして財政を立て直していきました。
また500万両あったという藩の借り入れも、無理矢理無利子250年払いを一方
的に押しつけああたり、その豪腕ぶりが見てとれます。

調所は斉興と斉彬の間の対立に巻き込まれ、お由羅騒動後斉彬派からその憎悪を
一身に受けることに。
密貿易が幕府に露見し、その責任を負う形で服毒自殺を図りました。


斉彬派であった、西郷隆盛や大久保利通らと対立したことから、調所は幕末の薩摩に
おいて完全な悪人扱いですが、調所の財政改革なくして薩摩藩の幕末の活躍も無かっ
たわけで、歴史上の評価はもっと高くてしかるべき人物ではないかと思っています。

調所の銅像は鹿児島市の天保山公園に向かう道路の脇にひっそりとありました。
調所広郷像2.jpg

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:34| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍門司坂      (鹿児島県姶良市)

姶良市にある龍門司坂に行ってきました。

<龍門司坂>
龍門寺坂.jpg
住所:鹿児島県姶良市加治木町木田5088-1
駐車場あり(無料)

<龍門司坂について・クリックすると拡大します>
龍門司坂7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
龍門司坂に行ってきました。
ここは、大口筋と呼ばれる熊本へ向かう街道の一部で、1635年に薩摩藩により
造られました。
当初は1500m続いていたそうですが、現在は約460mほどが残っています。

今年の大河ドラマ「西郷どん」のオープニングでも龍門司坂のシーンがあります。


また、過去の大河ドラマ「翔ぶがごとく」「篤姫」「龍馬伝」でも龍門司坂が
ロケ地として使われたそうです。

龍門司坂.jpg

明治10年、西南戦争では西郷率いる薩摩の軍はこの道を通って熊本へ出陣していっ
たとの事です。とても感慨深いですね。

<龍門司坂>
龍門司坂2.jpg

龍門司坂3.jpg

龍門司坂4.jpg

龍門司坂5.jpg

龍門司坂6.jpg

石畳道は苔がついていて非常に滑りやすいので、雨の日は避けた方が良いと思い
ます。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 15:06| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

戊辰150周年記念酒「斗南朱雀」

今年は明治維新150周年という事で、大河では関連の『西郷どん』がやって
たり、各地で関連イベントが行われています。

薩摩や長州などの新政府側から見た歴史では、維新150年ですが、対した会津
では維新150年とは言わず、戊辰150年という表現をしています。

そんな戊辰150周年を記念して、喜多方市の峰の雪酒造さんから限定酒
「斗南朱雀」が売り出されました。
正確にはクラウドファンディングで趣旨に共感を持った方からの出資に対しての
返礼という形でお酒を入手するという感じでした。

僕も八戸出身なので、奥羽越列藩同盟側の人間ですので、この趣旨に賛同し出資
させて頂きました。

<斗南朱雀>
斗南朱雀4.jpg

斗南朱雀3.jpg

斗南とは、明治に入り会津の地を没収された会津藩士たちが移住した青森の土地に
立藩された藩の名前です。数年で無くなりますが、過酷な環境の中会津の人達は苦労
を重ねて生活をした歴史の地です。
朱雀は会津藩の中の最強部隊の名前です。

今日届いた実物。
斗南朱雀.jpg

斗南朱雀2.jpg
「義に死すとも不義に生きず」ですか。まさに幕末の会津の精神です。
会津藩の藩祖である保科正之公の遺訓に、その考えの基になる文言がありますね。

早速「斗南朱雀」飲んでみましたが、さっぱりしていて非常に飲みやすい。
おいしいお酒でした(^-^)

毎日ちょびちょび飲もうと思います。
posted by 南行 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和気神社       (鹿児島県霧島市)

霧島市にある和気神社に行ってきました。

<和気神社>
和気神社2.jpg
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
駐車場あり(無料)
境内自由

<和気神社について>
和気神社.jpg

<和気清麻呂について>
和気清麻呂について.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
和気神社に行ってきました。和気清麻呂を祀った神社です。
和気清麻呂は奈良時代に道鏡との対立からこの地に流されました。場所がはっきり
していませんでしたが、幕末に島津斉彬によって調査され、この地であることが
分かったそうです。

また、同じく幕末に坂本龍馬はこの地にお龍さんとともに新婚旅行で来ており、
和気神社境内には龍馬新婚旅行の地の碑も建っていました。
和気神社3.jpg

和気神社6.jpg

<和気神社>
和気神社4.jpg

和気神社7.jpg
日本一の絵馬。

和気神社5.jpg
境内はちょうどアジサイが咲いていました。

5月には藤の名所という事です。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:07| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬飼滝      (鹿児島県霧島市)

霧島市にある犬飼滝を見に行ってきました。

<犬飼滝>
犬飼の滝.jpg
住所:鹿児島県霧島市牧園町下中津川
駐車場あり(無料)

高さ36メートル、幅22メートルの直爆です。この地は奈良時代に和気清麻呂が
配流されたという伝説の地です。
幕末には坂本龍馬が妻お龍とともに新婚旅行で訪れたという場所でもあります。

犬飼の滝3.jpg

駐車場の脇に滝見台があり、ここからも見る事が出来ますが、歩いて5分ほどで
滝の近くまで行けるので、そこから見るのが良いと思います。
滝壺がエメラルド色という感じになっていてとても神秘的な感じがしました(^-^)

<犬飼滝・クリックすると拡大します>
犬飼の滝 大.jpg



平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:41| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上義清の墓を参拝     (新潟県糸魚川市)

糸魚川市にある村上義清の墓を参拝しました。

<村上義清の墓>
安福寺2.jpg
住所:新潟県糸魚川市根小屋1228−7
駐車場無し

村上義清は戦国時代・北信濃の大名として武田晴信と争いました。
武田晴信の数少ない敗戦のうち、「上田原戦い」「砥石崩れ」の2つの敗戦は
村上義清との戦いであり、のちに武田信玄となる歴戦の名将の大きな壁となった
人物です。
後に真田幸隆の調略で勢力を削がれ上杉謙信のもとに落ちてゆきますが、川中島
の戦いでは上杉参加として再び信玄と戦い、武田信繁を討ち取ったと言われて
います。
晩年は、糸魚川の根知城にありこの地で亡くなったそうです。

糸魚川の市街から山側に約10キロ、安福寺というお寺に村上義清の墓があります。

<安福寺>
安福寺.jpg
安福寺です。お寺として管理されているのかどうかよく分からないくらい荒れた
感じのお寺でした。

<村上義清の墓>
安福寺 村上義清の墓.jpg
名をはせた武将の墓としてはこじんまりとした墓です。村上氏の故郷坂城にも分骨
された村上義清の墓があります。

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 11:04| Comment(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

宮崎城址          (富山県朝日町)

富山県朝日町にある宮崎城址に行ってきました。

<宮崎城址>
宮崎城址.jpg
住所:富山県朝日町宮崎字城山
駐車場あり(無料)

<宮崎城について>
宮崎城址2.jpg

宮崎城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1183年、宮崎長康によって築城された山城です。
交通の要衝であった事から戦国時代は上杉、武田、織田などの軍勢による攻防が
あった様です。

今回の旅で、一番印象に残ったのがこの宮崎城。城跡として石垣も良かったですが、
なにより景色が良かった。標高249mの山頂から見下ろす日本海の美しさ。
天気が良い事もあって、最高に良かったです。

宮崎城址に通じる道路は狭いですが、すれ違いも出来ますしそんなに難易度が高く
もありません。
宮崎城址は天気が良い時に行くのがお勧めです。城に興味が無くても展望スポット
としても楽しめます(^-^)

<宮崎城址>
宮崎城址4.jpg

宮崎城址5.jpg

宮崎城址6.jpg

<宮崎城址から見た景色>
宮崎城址7.jpg
親不知方面の眺め。

宮崎城址8.jpg
富山の入善方面の眺め。

宮崎城址9.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 22:47| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

岩室の滝        (富山県立山町)

立山町にある岩室の滝を見てきました。

<岩室の滝>
岩室の滝.jpg
住所:富山県中新川郡立山町虫谷
数台分くらい停車できるスペースあり

<岩室の滝について>
岩室の滝2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
富山の滝37選のひとつ岩室の滝です。落差24m。
滝の水で削られた岩穴がある事からこの名前がついたそうです。

車を滝の入口に停め、約5分位遊歩道を歩くと滝に到着します。

岩室の滝3.jpg
迫力ある滝ではありませんが、まっすぐ流れ落ちる滝はとても優美な雰囲気です。

岩室の滝4.jpg
滝の付近の岩は柱状節理を見る事が出来ます。



平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:27| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

天神山城址       (富山県魚津市)

魚津市にある天神山城址に行ってきました。

<天神山城址>
天神山城跡.jpg
住所:富山県魚津市小川寺
駐車場あり(無料)

<天神山城について>
天神山城跡3.jpg

天神山城跡4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
天神山城に行ってきました。魚津市街から数キロ走った山の上にある山城です。
現在は、魚津歴史民俗博物館があり、そこに車を停めて歩いて5分ほどで主郭跡
に着きます。

織田軍に攻め込まれた魚津城の戦いでは、魚津城の援軍にかけつけた上杉景勝が
この城に陣をはったそうです。ここからは魚津城の様子がよく分かったんでしょうね。

天神山城跡5.jpg

今はどうも木が鬱蒼としていて、魚津城方面はよく見えませんでした。
主郭にも特に何かある訳でもなく、城跡らしい雰囲気はあまり感じられませんでした。

天神山城跡6.jpg

天神山城跡2.jpg


平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html


[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:49| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

称名滝    (富山県立山町)

立山町にある日本の滝100選「称名滝」を見に行ってきました。

<称名滝>
称名の滝.jpg
住所:富山県立山町芦峅寺
駐車場あり(無料)

日本の滝100選「称名滝」に行ってきました。
日本の滝100選も見て感動する滝から、これが何で100選に選ばれたんだ
ろうと思ってしまう物までいろいろです。
この称名滝は前者。見て本当に感動します。10年以上ぶりに称名滝を見に
行ってきました。

駐車場から遊歩道を歩いて10分ほどで滝見台に着きます。
GWの訪問で、まだ行きが多く残っていました。この日は晴れてかなり暑かっ
たんですが、滝壺は雪解け水の上をふく風の影響でとても涼しかったです(^-^)

<称名滝>
称名の滝2.jpg
2つ滝が見えます。称名滝は左側。右側はハンノキ滝という滝です。
ハンノキ滝の方が落差があるように見えます。
ハンノキ滝は雪解け水の時期のみの滝で、夏場とかは水が流れていないそうです。

称名の滝3.jpg

称名の滝4.jpg

クリックすると拡大します。
称名の滝 大.jpg



平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:46| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪城の壁展望台    (富山県立山町)

立山町にある悪城の壁展望台に行ってきました。

<悪城の壁展望台>
悪城の壁.jpg
住所:富山県立山町芦峅寺
駐車場あり(無料)

悪城の壁には「すごく恐ろしく、砦のように人を寄せ付けない崖」という
意味があります。高さ500m、長さ2キロに及ぶ断崖は日本一の規模を
誇ります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
称名の滝に向かう道の途中にある断崖絶壁です。
展望台があって、そこから眺めてみました。

高さ500m、東京タワーより高さがあるんですね、そんなにあるかな。
ただ絶壁の迫力は本当に凄い。圧巻の景色に感動しました。
雪解け水の滝の様なものも見えました(^-^)

悪城の壁2.jpg

悪城の壁3.jpg

クリックすると拡大します。
悪城の壁 大.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 19:43| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

小丸山城址      (石川県七尾市)

七尾市にある小丸山城址に行ってきました。

<小丸山城>
小丸山城.jpg
住所:石川県七尾市馬出町
駐車場あり(無料)

<小丸山城について>
小丸山城3.jpg

小丸山城2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小丸山城跡に行ってきました。
以前、大河ドラマ『利家とまつ』を見て、小丸山城が出てきたので一度行きたいな
と思っていました。

七尾に入った前田利家は、この地に小丸山城を築城して入りました。
七尾城は難攻不落の名城ですが、山城ですので政治の拠点としては相応しくありま
せん。そこでこの城を築いて政庁としたのでしょう。

七尾の海にも近く、利便性は高かったんだろうなと思います。
現地は城址公園になっていますが、城の遺構って感じのものはほとんど見て取る事が
出来ませんでした。

<小丸山城址>
小丸山城4.jpg

小丸山城7.jpg

小丸山城5.jpg

小丸山城からの景色
小丸山城6.jpg

<利家とまつ像>
小丸山城 利家とまつ像.jpg
大河ドラマの放映にあわせて作られた銅像です。

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:00| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長齢寺 / 前田利家父母の墓        (石川県七尾市)

七尾市にある長齢寺に行ってきました。

<長齢寺>
長齢寺.jpg
住所:石川県七尾市小島町リ52
駐車場あり(無料)
資料館入館料:400円
資料館営業時間 9:00〜16:30

<長齢寺について>
長齢寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
七尾にある長齢寺に行ってきました。
ここは前田利家の父母の墓があるお寺です。
父・前田利春は尾張国荒尾城主です。1560年に亡くなっているので、利家が
能登に入った頃改葬されたものと思われます。

<前田利家父母の墓>
長齢寺 前田利家父母の墓.jpg
本当に小さな石で作られたお墓です。

長齢寺 前田利家父母の墓2.jpg

<前田利家・前田利長の供養塔>
長齢寺 前田利家・前田利長の供養塔.jpg

長齢寺 前田利家・前田利長の供養塔2.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:26| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永井豪記念館       (石川県輪島市)

輪島市にある永井豪記念館に行ってきました。

<永井豪記念館>
永井豪記念館.jpg
住所:石川県輪島市河井町1部123番地
駐車場なし
料金:510円
営業:8:30〜17:00

マジンガーZ、キューティーハニー、デビルマンなどの代表作を持つ永井豪氏
記念館です。永井豪氏は輪島の出身という事で故郷に記念館がオープンした様です。

作品は有名なので名前は知ってますが、この辺を生で見た世代って50代後半以上
の方かなと。僕なんかはあまりよく知らないところです。

展示は永井氏の略歴や、作品の紹介など。510円という入館料に対してはやや
ボリューム感は無かった感じがしました。

永井豪記念館2.jpg

永井豪記念館3.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html


[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:42| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

かき小屋小江戸   (埼玉県川越市)

川越総合卸売市場内にある、かき小屋小江戸でランチにしました。

<かき小屋小江戸>
かき小屋小江戸.jpg
住所:埼玉県川越市大袋650
駐車場あり
営業:[火〜金] 11:00〜14:00 17:00〜20:00
   [土] 10:00〜14:00 17:00〜20:00
    [日] 10:00〜18:00

川越総合卸売市場内にあり、三陸産の牡蠣食べ放題などをやっているお店です。
オープンしたのが1年位前でしょうか。知ってはいたものの、なかなか行けずに
おりました。昨日たまたま昼時に川越総合卸売市場付近を走っていたので、初
訪問という事になりました。

入ってびっくり。中は海の家みたいな感じというのか、そんな感じです。
まず思ったのは暑い(@@;)
クーラーがありません。工場にあるような大きな扇風機が生ぬるい風をながし
ているだけ。これは応えます。

メニューはいろいろ。
かき小屋小江戸4.jpg

かき小屋小江戸3.jpg

俵牡蠣フライ定食なんてのは牡蠣が何と15個。すごいですね〜。
僕は日替わりの、焼き牡蠣定食(980円)にしました。

<焼き牡蠣定食>
かき小屋小江戸 焼き牡蠣定食.jpg
こちら焼き牡蠣定食です。
写真だと分かりづらいですが、牡蠣1個1個が大きい。大粒の牡蠣です。
フライで3個、焼き牡蠣で1個、炊き込みご飯に2個入ってます。
焼き牡蠣にはレモンをたらして、ポン酢で食しました。
おいしいですね〜(^-^)

フライも焼き込みご飯も最高でした!!!
汁は冷や汁です。川島町の名物「すったて」を食べている様な味でした。

この店、味もボリュームも価格も非常に良い。気に入りました。
これでエアコン効いて快適空間だったら最高に良かったんですが。
暑さのせいか、客は僕とあと1人しかいませんでした。

夏じゃ無きゃ良いのかな。
まあ、この店は再訪確実なお店となりました。



関連ランキング:バーベキュー | 南大塚駅



posted by 南行 at 22:28| Comment(0) | 川越のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穴水城址       (石川県穴水町)

穴水町にある穴水城址に行ってきました。

<穴水城址>
穴水城址2.jpg
住所:石川県鳳珠郡穴水町川島
駐車場あり(無料)

<穴水城について>
穴水城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
穴水城址に行ってきました。穴水城は能登畠山氏の家臣長氏の居城で、前田利家
が能登に入ってから長氏は前田家の家臣となりました。
戦国末期にはその名前がが無くなっているとの事で、関ヶ原の戦いの頃には廃城に
なったものと思われます。

現地は城址公園という感じになってます。道は細いですが、すぐに城址に到着。
駐車場は広く確保されています。
特に遺構はこれっていうのがありませんが、穴水城址の石碑が建てられていました。

穴水城址3.jpg

穴水城址4.jpg

<穴水城からの景色>
穴水城址5.jpg

穴水城址6.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:52| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

松本製パンでコッペパンを購入   (埼玉県秩父市)

秩父の松本製パンでコッペパンを購入しました(^-^)

<松本製パン>
松本製パン.jpg
住所:埼玉県秩父市宮側町20-17
駐車場無し
営業:8:00〜19:00(水曜定休)

秩父駅から歩いて数分、とてもレトロな外観のお店です。
有名なコッペパンの店だと知っていなければ入る事はまず無いであろう
と思われる店構えです(^^;

大正13年(1924年)創業というお店。創業94年、凄いですね!
日本でコッペパンが販売されたのっていつ頃からなんでしょう。
大正時代から売ってたとしたら、日本でも最古参かもしれませんね。

松本製パン2.jpg
こちら松本製パンのコッペパンです。
何もはさまってない素のコッペパンが90円。はさまってるもの次第で値段
が変わります。僕はピーナッツバターにしました(130円)

松本製パン3.jpg

まあ味は普通かな〜、特にこれって感じは個人敵には無かったです。
歴史を味わいました(^-^)
素のコッペパンを買って、自分で好きなのをはさんで食べても良いかも
しれません。



関連ランキング:パン | 秩父駅御花畑駅



posted by 南行 at 23:24| Comment(0) |   埼玉県のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝市通り     (石川県輪島市)

輪島の朝市通りに行ってきました。

<朝市通り>
輪島朝市通り.jpg
住所:石川県輪島市河井町
駐車場あり

輪島と言えば日本四大朝市と言われる有名な朝市があります。
室町時代には既に市が開かれていたと言われ、明治時代に毎日開催される様に
なったそうです。
定休や年末年始のお休みなどある様ですが、毎日午前中に朝市が開かれます。

僕も何年か前に朝市を見て回った事があります。

今回は訪問したんですが、すごい雨の為まったく行われていませんでした。
人通りもまばらです。そんな寂しい朝市通りを散策しました。

輪島は元々港町。昔ながらの板塀の民家があったり、随所に昔ながらの趣が残る
町並みでした。

輪島朝市通り2.jpg

輪島朝市通り3.jpg

輪島朝市通り4.jpg

輪島朝市通り5.jpg

輪島朝市通り6.jpg

輪島朝市通り7.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]




posted by 南行 at 19:56| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

島津義弘像      (鹿児島県日置市)

JR伊集院駅前にある島津義弘の銅像を見に行ってきました。

<島津義弘像>
島津義弘像.jpg
住所:鹿児島県日置市伊集院町徳重
駐車場あり(無料)

島津義弘像3.jpg

今回の旅の目的のひとつだった、島津義弘像です。
一度見てみたいなと思っていました。鹿児島本線の伊集院駅前ロータリーに
この銅像はあります。
駅に一時駐車出来る駐車場があるので、そこに停めて銅像見学をしました。

島津義弘と言えば、関ヶ原の中央突破での退却が有名。この像もその中央突破
をイメージしたと思われます。

島津義弘像2.jpg

日本全国銅像はいろいろありますが、格好良さでは間違いなく上位ランクインという
銅像です。山形の最上義光像と同じような構図です。どちらも格好良いですね(^-^)

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:43| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする