2021年10月31日

角島灯台   (山口県下関市)

下関市の角島灯台に行ってきました。

<角島灯台>
角島灯台.jpg
住所:山口県下関市豊北町大字角島2343−2
駐車場あり(有料)
灯台入場料:300円

<角島灯台について>
角島灯台5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
角島灯台に行ってきました。
下関市ではありますが、角島という日本海にある島の灯台です。

明治時代に造られた灯台、御影石で造られており、石造りとしては全国で3番目
の高さを誇る灯台だそうです。

本来は灯台の中に入って、上に登ることが出来るんですが、僕が訪問した時は
コロナの影響で臨時休業中でした(残念)

大きな灯台と、その前に広がる日本海。とても良い感じでした。

<角島灯台>
角島灯台3.jpg

角島灯台4.jpg

角島灯台2.jpg

角島灯台7.jpg

角島灯台6.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html




posted by 南行 at 22:11| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛利隆元終焉の地   (広島県安芸高田市)

安芸高田市にある毛利隆元終焉の地に行ってきました。

<毛利隆元終焉の地>
毛利隆元終焉の地.jpg
住所:広島県安芸高田市高宮町佐々部
駐車場無し

<現地解説>
毛利隆元終焉の地2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
毛利隆元終焉の地に行ってきました。
毛利隆元は、毛利元就の嫡男。吉川元春、小早川隆景の兄にあたります。
優秀な人物で人望もあった様ですが、1563年尼子攻めの加勢に向かう途中、
和智誠春の饗応を受けた後急病となりこの地にて亡くなりました。
その死は不自然な事から、和智誠春による毒殺が疑われていますが、はっきりした
事は謎のままです。
その後、和智誠春と隆元に同行していた赤川元保が元就に誅殺されています。
後に赤川元保は饗応を受ける事に反対していた事が明らかになり、潔白が証明される
のですが、殺された後の話になります。

隆元終焉の地はどう見ても民家の敷地の中にあります。
入って行く坂道は民家の敷地みたいなので、入るのをやめ、近くに路駐しました。
歩いて行きましたが、どうも気まずい感じ。誰もいなかったので、そのまま見学
しましたが、誰かいたら一声かけた方が良さそうな感じです。

<終焉の地碑>
毛利隆元終焉の地3.jpg

<隆元の湯灌石>
毛利隆元終焉の地4.jpg
湯灌ってのは、死者をお風呂に入れて身を清める儀式の事だそうです。
その際使った石という事の様です。

隆元の死は戦国ミステリーのひとつですね。
隆元が生き残っていれば、吉川元春・小早川隆景と3人でどうなっていたか、
興味深いものがあります。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html




posted by 南行 at 11:48| Comment(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桂広澄の墓を参拝     (広島県安芸高田市)

安芸高田市にある桂広澄の墓を参拝しました。

<桂広澄の墓>
桂広澄の墓.jpg
住所:広島県安芸高田市吉田町桂980
駐車場無し

桂広澄の墓3.jpg

桂広澄は毛利氏執政・坂氏の一族で毛利家家臣。
1524年、毛利元就の弟相合元綱を擁立して元就を殺害を計画する事件が
あり、その事件に連座して広澄も自害しました。
広澄の子元澄は元就に仕え、厳島の戦いで戦功をあげるなど功績をあげました。

桂広澄の墓は安芸高田の外れの方にあります。
小さいお墓です。

<桂広澄の墓>
桂広澄の墓2.jpg
謀反ゆえ、こういう小さなお墓なのかなと。

広澄の墓は駐車場も無く、前面道路も狭いので前に車を停めることも出来ません。
少し離れた場所に車を停めて参拝しました。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 11:10| Comment(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

尼子三兄弟ゆかりの墓   (広島県安芸高田市)

安芸高田市にある尼子三兄弟ゆかりの墓を参拝しました。

<尼子三兄弟ゆかりの墓>
尼子三兄弟ゆかりの墓.jpg
住所:広島県安芸高田市向原町長田883
駐車場無し

<尼子三兄弟ゆかりの墓について>
尼子三兄弟ゆかりの墓3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
尼子三兄弟ゆかりの墓を参拝しました。

1566年、第二次月山富田城の戦いで降伏した尼子義久、倫久、秀久の三兄弟は
毛利氏に降伏。安芸高田市向原町長田の円明寺で幽閑されたあと、屋敷を与えられ
平穏な暮らしをしました。
毛利氏の移封とともに長門に移り、長門で没しました。三兄弟の墓は長門の大覚寺に
あり、ここは三兄弟の重臣たちの墓と考えられています。

この墓は明治時代に改修整備されたものだそうです。

<尼子三兄弟ゆかりの墓>
尼子三兄弟ゆかりの墓2.jpg

駐車場ありません。どこかに路駐するしかありません。あと入口が
分かりづらいです。民家の私道かと思える場所を少し登った先に
入口があります。


令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html






posted by 南行 at 12:28| Comment(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尼子屋敷跡   (広島県広島市)

広島市にある尼子屋敷跡に行ってきました。

<尼子屋敷跡>
尼子屋敷跡.jpg
住所:広島県広島市安佐北区白木町志路7373
駐車場無し(車を停めるスペースはあり)

<尼子屋敷について>
尼子屋敷跡3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
尼子屋敷跡に行ってきました。
尼子氏は1566年、毛利元就による月山富田城攻め(第二次)により降伏。
当主尼子義久は毛利氏に降伏しました。
毛利元就は義久の自刃を許さず、命を安堵し安芸に移します。
1589年、毛利輝元よえい志道の地を与えられ、館を構えました。
それがこの尼子屋敷跡です。
尼子氏当主の義久が毛利氏の傘下で暮らした場所です。

1566年に大名家としての尼子家は滅びますが、尼子の嫡流は毛利に降伏した
義久。その後、尼子氏再興の戦いが行われますが、これには義久はまったく関与
しておらず、山中鹿之助ら身分の低かった家臣らが新宮党の流れを組む尼子勝久を
担ぎ上げて行ったものです。

当主義久は毛利氏の庇護の元、平穏な暮らしをしていた様です。

<尼子館跡>
尼子屋敷跡2.jpg

尼子屋敷跡4.jpg

尼子屋敷跡5.jpg

ちなみにここまでの道は結構狭くてしんどかったです。
ちゃんとした駐車場は無いんですが、尼子屋敷前に空き地みたいなのがあるの
で、そこに車を停めて見に行く感じです。

入口に門がありますが、自由に開けて入る事が出来ます。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html



posted by 南行 at 12:08| Comment(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊谷氏遺跡・土居屋敷跡  (広島県広島市)

熊谷氏遺跡・土居屋敷跡に行ってきました。

<熊谷氏遺跡・土居屋敷跡>
熊谷氏館跡2.jpg
住所:広島県広島市安佐北区三入南1丁目11
駐車場無し

<熊谷氏遺跡・土居屋敷跡について>
熊谷氏館跡4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
熊谷氏遺跡・土居屋敷跡に行ってきました。
毛利氏の家臣に熊谷氏がいるのは知っていましたが、その熊谷氏のルーツが武蔵の
熊谷直実の一族だったんですね。知りませんでした。
その熊谷氏の館があったのが、この場所です。

今は石垣だけが少し残っているだけという感じです。
駐車場が無かったので、路駐してささっと見てきました。

熊谷氏館跡.jpg

熊谷氏館跡3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 11:35| Comment(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲街道・根雨宿   (鳥取県日野町)

鳥取県日野町にある出雲街道・根雨宿を散策しました。

<出雲街道・根雨町>
根雨宿.jpg
住所:鳥取県日野郡日野町根雨415
駐車場あり(無料)

根雨宿を散策しました。
令和3年5月20日、この日は1日中雨だったんですが、その観光のシメがここ
になりました。
地名も「根雨」。この日を象徴する様な名前の宿場町だなと思いました。

江戸時代に出雲街道の宿場町として栄えました。
本陣の門や、たたら経営の鉄師として栄えた近藤家の屋敷などが街道沿いに残り
ます。

全体として古い建物の密度は低い感じですが雰囲気は感じられる町並みでした。

<根雨宿>
根雨宿2.jpg

根雨宿3.jpg

根雨宿4.jpg

根雨宿5.jpg

根雨宿6.jpg

根雨宿7.jpg

根雨宿8.jpg

根雨宿9.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html



posted by 南行 at 11:11| Comment(0) | 鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静御前像    (山口県山口市)

山口市の道の駅願成就温泉にある静御前の像を見てきました。

<静御前像>
静御前の像.jpg
住所:山口県山口市阿東徳佐上
駐車場あり(道の駅願成就温泉)

<静御前について>
静御前の像3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
静御前の像を見てきました。
静御前は源義経の妾。頼朝の御前で、義経を慕う舞を踊り頼朝を激怒させた事でも
知られています。

静御前の生涯は謎に包まれていて、詳しく分かっていません。
終焉の地に関しても諸説あり、地元埼玉にも栗橋に静御前の墓があったりします。
この地も静御前終焉の地伝承の地の様です。
道の駅願成就温泉に静御前の像がたっていたので見てきました。

静御前の像2.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html



posted by 南行 at 10:33| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

金持神社    (鳥取県日野町)

鳥取県日野町にある金持神社に行ってきました。

<金持神社>
金持神社.jpg
住所:鳥取県日野郡日野町金持1490
駐車場あり(無料)
境内自由

<金持神社について>
金持神社6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
名前に惹かれて吸い込まれました(笑)
日本全国広しと言えども、ここまで縁起の良い名前の神社はなかなか無いですね。
栃木県那須烏山市に大金神社ってのがありますが、それと双璧かなと。

ここ金持という地は、鎌倉時代〜南北朝時代にこの地を治めた金持氏の発祥の地です。

金持神社7.jpg

金運が上がるように参拝してきました。

金持神社2.jpg

金持神社3.jpg

金持神社4.jpg
絵馬はこんな感じ。金運祈願一色。
よくよく見ると、宝くじ当たったというお礼の札も。良いですね〜。
自分も、持ってる株が上がってくれる事を切に願ってきました(笑)

金持神社5.jpg
社殿内にある絵。濱田珠鳳氏の作「龍神の図」。

金持神社8.jpg
後から、これ買っておけば良かったと後悔(^^;

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html




posted by 南行 at 22:00| Comment(0) | 鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金持景藤の墓   (鳥取県日野町)

鳥取県日野町にある金持景藤の墓を参拝してきました。

<金持景藤の墓>
金持景藤の墓4.jpg
住所:鳥取県日野郡日野町金持
駐車場無し

<金持景藤について>
金持景藤の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
カーナビで金持という地名を発見、気になっていたところこの金持景藤の墓という
案内を発見、立ち寄りました。

金持景藤、歴史好きな自分でも聞いたことがありません。
誰なんでしょう。
現地の解説を見ると、後醍醐天皇の隠岐脱出を名和長年らと共に助け、護衛した
人物との事。
金持氏はこの一体を治めた豪族で、南北朝時代は南朝方として戦ったそうです。

この地には宝鏡院塔があり、コンクリートの囲いでガードされていました。

<金持景藤の墓>
金持景藤の墓.jpg

金持景藤の墓3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 20:55| Comment(0) | 鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

ほうせい丸でランチ   (新潟県聖籠町)

聖籠町にある、ほうせい丸というお店でランチにしました。

<ほうせい丸>
ほうせい丸.jpg
住所:新潟県北蒲原郡聖籠町藤寄2321-4
駐車場あり
営業:11:00〜15:00 17:00〜22:00

ほうせい丸さんは、国道7号線新潟バイパスの東港ICからおりてすぐ
の場所にある海鮮系の食事処です。
ボリュームもあってコスパも高いというネットの評判を見て訪問しました。
昼時の訪問で、待ち客が数組。人気があります。

しばし待って入店。注文は刺身と牡蠣のバター焼きの定食です。
ほうせい丸2.jpg
値段は忘れました。1500円位だった様な。
牡蠣のバター焼き、これおいしかったです。この内容でこの価格なら大満足。
他のメニューもボリューム満点そう。メニュー表見てても悩む状況でした。

また近くを通る際は訪問したいと思えるお店でした。

令和3年夏旅2 村上遠征
http://rover.seesaa.net/article/483938335.html



関連ランキング:定食・食堂 | 黒山駅佐々木駅



posted by 南行 at 21:36| Comment(0) |   東海・甲信越のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和3年秋旅

令和3年10月9日〜11日で旅に出ました。

<1日目:10月9日 天気 曇り時々晴れ>
1日目、出発は午後からです。
午前中は投資用の不動産を見て歩いてました。良い物件を見つけた
のですが、問い合わせたら既に申し込みが入ったとの事。3日前に出た
ばかりの物件だったのですが、良い物件は動きが速い。
自分も最速で動いたつもりでしたが、出遅れました。

出発前にショックな事がありましたが、気を取り直して出陣です。

出遅れた為、ほぼ観光出来ず。

夕方真鶴岬に立ち寄りました。
真鶴岬.jpg

ここでもショッキングな事件が。以前は無料だったはずの駐車料金が有料に。
しかも1回1000円。
1000円払ってまで行く必要も無いと思ったのですが、駐車場に入ってしまいました。
ここ、入った時にナンバーの写真を撮られるタイプの様で、入ったらそのまま帰る事が
出来ない可能性があり、泣く泣く1000円払いました。
もう真鶴岬に行くことは多分無いでしょう・・・。
ショッキング事件2回目です(>_<)

つまらぬ金を浪費したため、夕食は沼津のかっぱ寿司。株主優待を使っての夕食です。

西へ向かいます。

愛知県田原市、道の駅田原で車中泊。

<2日目:10月10日 天気晴れ>
車中泊なので、どこかで朝風呂をあびたいと思い調べました。
すると豊橋に極楽湯があり、土日は朝営業やっているとの情報あり。
早速訪問しました。

ベネフィットステーションを会員割引で10%引きになりました。
お風呂入って、くつろぎ処で漫画があったのでついつい漫画読んで時間を浪費(^^;
またもや出遅れました。9時半過ぎになりました。

西浦に向かいます。
蒲フォルニアと言われる海岸を歩きます。
蒲フォルニア.jpg

蒲フォルニア2.jpg

西尾の常福寺へ。
西尾大仏を見ようと思って行ったのですが、何と修復工事中。見る事出来ず残念(>_<)
常福寺.jpg

名古屋市内のパスタ・デ・ココでランチ。
パスタでココ.jpg
あんかけスパです。

下杜城址
片原一色城
八神城址

城巡りの他、道の駅巡りもしています。岐阜市付近で夕方になりました。
宿未定だった為、ここで予約します。
長野県飯田市の殿岡温泉ゆーみんという宿を確保しました。
ゆっくり走って向かいます。

途中、瀬戸市の長城食堂で夕食(中華丼)
長城食堂.jpg

夜21時半過ぎに飯田の殿岡温泉に到着しました。
ゆーみん.jpg

<3日目:10月11日 天気 晴れ>
飯田から一気に帰ります。

猿庫の泉
元善光寺

ここから長野で唯一未踏の地だった大鹿村へ。
国道152号線が不通区間があったり、道路状況も悪いという事から、今まで
行ったことがありませんでした。長野で行ったことが無い場所ってここ位でした
ので、初訪問です。道の駅攻略も兼ねて訪問しました。

ここから北上し、分杭峠を越えて高遠を目指します。
国道152号線は分杭峠少し前から細い悪路に。

中央構造線・北川露頭訪問

ここから蓼科を目指します。天気も良いので、蓼科の絶景をドライブして帰る事に。

蓼科湖
蓼科湖.jpg
蓼科湖を観光。歩いて湖を一周しました。

聖光寺

蓼科をドライブ!
蓼科.jpg

展望台何ヶ所か立ち寄りました。

女の神展望台
夢の平展望台
夕陽の丘
大河原峠
大河原峠.jpg
標高2093mの大河原峠です。ここからの景色は良かった(^-^)
大河原峠は蓼科山山頂への登山口になっています。

佐久・貞祥寺訪問

国道254号線をひた走り、本庄児玉ICから関越に乗り帰宅。

posted by 南行 at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和3年夏旅2 村上遠征

令和3年9月19・20日で1泊2日の旅に出ました。

<1日目:9月19日 天気晴れ>
朝3時45分に家を出ます。高速の深夜割引を利用する為です。
関越川越ICから関越道を北上、関越道燕三条ICまで走ります。

朝ご飯は、朝ラーにしました。
新潟丸八 ラーメン.jpg
ラーメン八というお店で朝ラーです。新潟も朝ラーの店あるんですね。
結構混んでました。

福島潟訪問
02福島潟.jpg
天気良かったので福島潟の展望台に上ってみました。

今回の旅も道の駅巡りをします。
道の駅発祥の地.jpg
新潟の道の駅豊栄。ここが道の駅発祥の地だそうです。

ほうせい丸というお店でランチ
ほうせい丸.jpg
かなりの人気店でした。外で少し並んでランチです。ボリュームもあって味も良し。
良いお店でした。この後事件がおこります。

ここから10数キロ進み、道の駅訪問。道の駅アプリで攻略しようとしました。
「・・・・」
タブレットが無い!
どこ探してもありません。

どうやらお昼食べた、ほうせい丸さんに忘れてきた様です。
急ぎほうせい丸さんに電話。
するとやはりお店に忘れ物としてありました。まずは取られてなくて一安心。
しかし、また10数キロ戻る事に。やむを得ません、戻ります。

ここで40分位時間をロスしました(>_<)

胎内の親鸞像!
胎内の親鸞像.jpg
胎内にあるあやしい親鸞像を久しぶりにおがみました(笑)

ここから急いで笹川流れへ。
今回の旅、笹川流れの遊覧船に乗りたいという目的がありました。
しかし、タブレット忘れ事件のせいで、時間がおしています。急いで向かいます。

ギリギリ間に合いました。最終便に乗ることが出来ました。
笹川流れ.jpg
とても良かったです(^-^)

笹川流れでは綺麗な夕陽も眺めました。
笹川流れ 夕陽.jpg

この日の宿は村上市の瀬波温泉。
瀬波温泉大和屋旅館に泊まりました。瀬波温泉は原油採掘に伴って見つかった温泉。
温泉の湯はやや油臭い様な感じもします。独特の湯でした。
瀬波温泉大和屋旅館.jpg

<2日目:9月20日 天気晴れ>
2日目出発です。大和屋で朝ご飯を食べて出陣です。
瀬波温泉大和屋旅館2.jpg

村上から喜多方・会津を経由して帰ります。

諸上寺公園

村上城址
数年ぶりに村上城址に行ってきました。いつの間にか駐車場も整備されていて、観光
しやすくなっていました。

村上市郷土資料館
若林家住宅

平林城址

道の駅喜多方でラーメン
道の駅喜多方.jpg
普段はどこか店に入るんですが、初めて道の駅でラーメンを食べてみました。
まあ、まずまずですね。悪くないです。

このあと、会津若松〜鬼怒川温泉をとおり家に帰還しました。

posted by 南行 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

出雲街道・新庄宿   (岡山県新庄村)

出雲街道・新庄宿を散策してきました。

<出雲街道・新庄宿>
出雲街道新庄宿.jpg
住所:岡山県真庭郡新庄村中町
駐車場あり(無料・道の駅新庄駐車場利用)

<出雲街道について>
出雲街道新庄宿2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
出雲街道・新庄宿を散策してきました。
新庄宿は難所の四十曲峠の手前にあり、江戸時代参勤交代や出雲詣の参拝客で賑わい
ました。
今でも本陣や脇本陣などが残り昔ながらの雰囲気を感じる事が出来るとともに、明治
39年、日露戦争戦勝記念で植えられた「がいせん桜」と呼ばれる桜並木が見所です。

個人的には良い町並みだと思うのですが、肝心の町並みが桜の木によってよく見えな
いのが残念。桜が咲いてるシーズンは最高に良いんでしょうけど、夏は葉っぱがう
っそうとして町並みが見えないのがいかがなものかと思いました。

<出雲街道・新庄宿>
出雲街道新庄宿3.jpg

出雲街道新庄宿4.jpg

出雲街道新庄宿5.jpg

出雲街道新庄宿6.jpg

出雲街道新庄宿7雲州公本陣.jpg
新庄宿の本陣です。

出雲街道新庄宿8.jpg

<阪神時代の新庄 剛志選手来村記念>
出雲街道新庄宿9新庄.jpg

出雲街道新庄宿9新庄2.jpg
新庄つながりで来た模様。記念の足形がありました(笑)

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html



posted by 南行 at 21:56| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作楽神社・院庄館跡   (岡山県津山市)

津山市にある作楽神社・院庄館跡に行ってきました。

<作楽神社・院庄館跡>
作楽神社.jpg
住所:岡山県津山市神戸433
駐車場あり(無料)

<作楽神社について>
作楽神社4.jpg

作楽神社2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
作楽神社・院庄館跡に行ってきました。

<院庄館について>
作楽神社3.jpg

この地は院庄館と言って、鎌倉時代〜室町時代にかけて美作国の守護の館があった
場所です。
鎌倉時代末期に後醍醐天皇が隠岐に流される際この地に滞在し、その際
児島高徳が天皇を慕って桜の幹に十字の詩を記したという伝承の地です。

神社は江戸時代末期に道家大門によって建立されたものです。

<院庄館跡>
院庄館跡.jpg

院庄館跡2.jpg
神社他が堀で囲まれた様になっています。

院庄館跡3.jpg

院庄館跡4.jpg

<児島高徳像>
児島高徳像.jpg
南朝方の忠臣児島高徳の像です。児島高徳は『太平記』の作者とも言われています。

児島高徳像2.jpg
児島高徳の像をよくよく見たらカタツムリが(笑)

児島高徳像3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html




posted by 南行 at 19:05| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山神社   (岡山県津山市)

津山市にある中山神社に行ってきました。

<中山神社>
中山神社.jpg
住所:岡山県津山市一宮695
駐車場あり(無料)
境内自由

<中山神社について>
中山神社7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
奈良時代の707年創建の神社。美作国一宮です。
1533年、尼子晴久が美作に攻め入った際焼失。その後、晴久自身が本殿等を
再建しました。本殿は国指定の重要文化財になっています。

さすが一宮という事もあり、重厚感ある本殿。神社の雰囲気もすばらしかったです。

中山神社6.jpg

中山神社5.jpg

中山神社4.jpg

中山神社3.jpg

中山神社2.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

一之宮を巡る
http://rover.seesaa.net/article/26834634.html




posted by 南行 at 18:36| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする