2021年11月28日

長林寺で紅葉観賞   (栃木県足利市)

栃木県足利市の長林寺で紅葉観賞してきました。

<長林寺>
長林寺.jpg
住所:栃木県足利市山川町1142
駐車場あり(無料)

長林寺は1448年、足利長尾家の菩提所として初代景人が創建したお寺
です。
足利七福神巡りで福禄寿尊のお寺になります。
そんな長林寺に紅葉を見に行ってきました。

足利で紅葉と言うと、鑁阿寺とか浄因寺、織姫公園もみじ谷などの名所が
あり有名ですが、ここも隠れ名所って感じで紅葉が綺麗なお寺です。

行ったのは先週の日曜日。ちょうど見頃で綺麗な紅葉を堪能してきました。

<長林寺の紅葉・令和3年11月21日撮影>
長林寺2.jpg

長林寺3.jpg

長林寺4.jpg

長林寺5.jpg

長林寺6.jpg

長林寺7.jpg

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html



posted by 南行 at 23:18| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

石城山神籠石・第二奇兵隊練兵場跡    (山口県光市)

石城山神籠石及び第二奇兵隊練兵場跡を散策しました。

<石城山神籠石>
石城山神籠石2.jpg
住所:山口県光市塩田
駐車場あり(無料)

<石城山神籠石について>
石城山神籠石.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
石城山神籠石(いわきさんこうごいし)を散策しました。

神籠石(こうごいし)または神籠石式山城(こうごいししきやましろ)とは九州か
ら瀬戸内地方にみられる、石垣で区画した列石遺跡を呼びます。
全国で16ヶ所あるうちのひとつだそうです。

石城山神籠石、誰が造ったものか不明ですが、古墳時代に築かれたものの様です。
祭祀に関する物か、それとも山城か議論がありましたが、今は山城という事がほぼ
確認されています。


城の入口までの山道は狭く,前から対向車が来たらかわせない位の道です。来ない
ことを祈りながら登っていきました。

駐車場に車を停め、30分〜40分位で史跡を巡ってきました。
山の上に石垣が並び、水門などの施設があります。
もう少し時間をかけて更に奥まで行く事も出来ましたが、山の中の「メマトイ」に
悩まされそれどころではなくなりました。
「メマトイ」が多いので、何かしら対策をしないと気が散って散策どころではあり
ません。冬場とかは大丈夫なのかもしれませんが。

石垣は見事でした。これが古墳時代に造られた山城かと思うとビックリしてしまい
ます。壮大な山城です。
水門からは水が出てました。湧き水か??
何はともあれ感動しました。

石城山神籠石3.jpg

石城山神籠石4.jpg

石城山神籠石5.jpg

水門です。
石城山神籠石6水門.jpg

石城山神籠石6水門2.jpg

石城山神籠石7.jpg

石城山神籠石9.jpg

山城からの景色
石城山神籠石8.jpg


続きを読む
posted by 南行 at 23:00| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤公記念公園   (山口県光市)

山口県光市にある伊藤公記念公園に行ってきました。

<伊藤公記念公園>
伊藤公記念公園.jpg
住所:山口県光市束荷2250−1
駐車場あり(無料)
入館料:260円

光市にある伊藤公記念公園に行ってきました。
言わずもがなですが、伊藤公とは伊藤博文の事。初代総理大臣です。
伊藤博文は周防の農家の生まれ。父が長州藩の足軽・伊藤家に入った
為士族の身分となりました。生まれた時の名前は林利助です。
6歳までこの地で過ごしました。

現地には資料館があり、伊藤公の遺品などが展示されています。
(こちらは写真無し)入館料安いですが、見応えありました。

外には晩年に建築した洋風建築の家と、生家を復元した茅葺きの家
があります。
ある意味、百姓から首相までののぼりつめた伊藤も秀吉以来の出世
と言えるかもしれませんね。木戸や大久保などが早く亡くなったのも
大きいですが、運も実力のうちという事で。

<旧伊藤博文邸>
伊藤公記念公園2.jpg

伊藤公記念公園4.jpg

<伊藤博文生家(復元)>
伊藤公記念公園6.jpg

<伊藤博文像>
伊藤公記念公園3.jpg

伊藤公記念公園5.jpg
あと、顔出しもありました(^-^)

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html



posted by 南行 at 19:23| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児玉源太郎生誕の地   (山口県周南市)

周南市にある児玉源太郎生誕の地に行ってきました。

<児玉源太郎生誕の地>
児玉源太郎生誕の地.jpg
住所:山口県周南市岐山通3丁目
駐車場有り(無料)

<児玉源太郎生誕の地について>
児玉源太郎生誕の地2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
児玉神社の後、児玉源太郎生誕の地に行ってきました。
ここ、無料駐車場がありました。市役所の有料駐車場に停めた自分は後悔。
ここに停めて、ここと児玉神社行けば良かった。まあ後の祭り。

児玉源太郎は明治時代に活躍した陸軍軍人(陸軍大将)。日露戦争などで活躍
しました。
児玉家は徳山藩の中級武士家柄。幕末には俗論派と正義派の争いが長州藩内で
ありましたが、徳山でもその派閥争いがあり、児玉家は正義派についた為当主が
殺されたりする悲劇を味わいました。

ここに児玉家の屋敷があり、源太郎はここで生まれました。
現地は公園になっており、産湯の井戸や説明板があります。
当時の建物は残っていません。

児玉源太郎生誕の地3.jpg

<産湯の井戸>
児玉源太郎生誕の地5.jpg

児玉源太郎生誕の地4.jpg
これが当時の建物の様です。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 12:53| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児玉神社   (山口県周南市)

周南市にある児玉神社に行ってきました。

<児玉神社>
児玉神社.jpg
住所:山口県周南市児玉町1丁目4−4009−3
駐車場無し(市役所の駐車場(有料)を利用)

<児玉神社について>
児玉神社2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
児玉神社に行ってきました。
ここは、日露戦争などで活躍した陸軍大将・児玉源太郎の屋敷跡に造られた神社
です。もちろん祭神は児玉源太郎です。
児玉は徳山藩の中級武士の出身。この神社のすぐ北に生誕の地があります。
先日、映画『二○三高地』を見たので、児玉神社は是非訪問したいと思っており
ました。児玉源太郎役は丹波哲郎氏。格好良いですね。長編映画でしたが、時間が
あっという間に過ぎました。

<映画二○三高地>


児玉神社は公園になっていて、児玉源太郎の銅像などもありますが、市民の憩いの場
という感じの場所でした。
児玉神社3.jpg

児玉神社4.jpg

<徳山七士の碑>
徳山七士の碑.jpg

徳山七士の碑2.jpg

<児玉源太郎の像>
児玉神社 児玉源太郎像.jpg
最近造られたと思われる銅像。新しいです。

<児玉の死を惜しむ山県有朋の歌碑>
児玉神社3児玉の死を惜しむ山県有朋の碑.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html



posted by 南行 at 12:38| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝栄寺   (山口県周南市)

周南市にある勝栄寺に行ってきました。

<勝栄寺>
勝栄寺.jpg
住所:山口県周南市中央町3−10
駐車場あり(無料)
境内自由

<勝栄寺について>
勝栄寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
周南市の勝栄寺に行ってきました。
勝栄寺は陶弘政を開基とするお寺で、室町時代初期の創建と考えられています。
ここはお寺であると同時に、土塁などがあり、城としての役割も持っていたもの
と思われます。

勝栄寺6.jpg
これ、土塁と思われます。

毛利元就は一揆の鎮圧に際し、ここに陣を敷きました。
また、毛利元就と言えば、三矢の教訓で有名な教訓状がありますが、その教訓状は
この寺で書かれたものだそうです。

勝栄寺3.jpg

勝栄寺4.jpg

<市文化財・板碑>
勝栄寺5.jpg

歴史的に有名な教訓状の件や、九州攻めに際し秀吉が宿泊したなど、歴史的な
重要なお話がいろいろあるのがこのお寺です。
立ち寄れて非常に良かったです。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 12:01| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国街道・富海宿   (山口県防府市)

防府市、西国街道・富海宿を散策しました。

<西国街道・富海宿>
富海宿2.jpg
住所:山口県防府市富海
駐車場無し

西国街道は京を起点に山口の下関(長府)を結ぶ街道で、道中には50の宿場町が
あります。
富海(とのみ)宿は京から42番目の宿場町になります。
幕末には下関戦争を回避すべく帰国した伊藤博文と井上馨が上陸した地でもあります。

本陣を中心に歩いてみました。
正直残っている古い建物は少なく、本陣の門を数件を残すのみという感じでした。

<本陣門>
富海宿4本陣の聞.jpg

富海宿4本陣の門.jpg

<富海の町並み>
富海宿.jpg

富海宿3.jpg

富海宿7.jpg

富海宿5.jpg

富海宿6.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html




posted by 南行 at 11:42| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤博文・井上馨上陸の地  (山口県防府市)

防府市にある伊藤博文・井上馨上陸の地に行ってきました。

<伊藤博文・井上馨上陸の地>
伊藤博文・井上馨上陸の地.jpg
住所:山口県防府市富海2566
駐車場無し

伊藤博文・井上馨上陸の地4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
伊藤博文・井上馨上陸の地に行ってきました。

1863年、長州藩は外国船に対し攘夷を決行。
砲撃をします(四国艦隊下関砲撃事件)
それに対し、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの四国は報復の為、長州に
迫ります。英国に留学していた伊藤博文と井上馨は戦争を止めるべく緊急帰国。
その際上陸したのがこの地で、富海で飛船問屋を営む入江家に身を寄せ、ここから
山口に向かいました。
結局戦争は始まり長州藩は砲台を占拠され敗退。敗戦後の交渉で伊藤、井上両人は
重要な役割を果たすことになります。
入江家は現在は無く、空き地になってました。そこに碑や説明などがあります。

伊藤博文・井上馨上陸の地2.jpg

伊藤博文・井上馨上陸の地3.jpg

伊藤博文・井上馨上陸の地5.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 11:02| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三田尻御舟倉跡  (山口県防府市)   

防府市にある三田尻御舟倉跡に行ってきました。

<三田尻御舟倉跡>
三田尻御船倉跡.jpg
住所:山口県防府市三田尻3丁目8−43
駐車場あり(無料)

<三田尻御舟倉跡について>
三田尻御船倉跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三田尻御舟倉跡に行ってきました。
三田尻御舟倉は長州藩によって造られた水軍の基地です。
長州藩の毛利氏は、萩から三田尻に出てそこから水路で大坂に向かう参勤交代の
ルートをとっていた様です。

毛利氏が関ヶ原後に領地を減らされ長州に封じ込められた時に三田尻や萩往還の
整備も行われました。萩往還という街道は萩と三田尻を結ぶ街道です。
三田尻はその起点(終点)です。
三田尻御船倉跡6.jpg

三田尻御舟倉跡は現在は小さな堀の様な形で残っています。
もともとは、ここまで海があったんでしょうね。今は埋め立てられたのか海まで
数百メートルの距離があります。

三田尻御船倉跡2.jpg

三田尻御船倉跡3.jpg

三田尻御船倉跡4.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 10:29| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防府天満宮   (山口県防府市)

防府市にある防府天満宮に行ってきました。

<防府天満宮>
防府天満宮.jpg
住所:山口県防府市松崎町14−1
駐車場あり(無料)
境内自由

<防府天満宮について>
防府天満宮7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
防府天満宮に行ってきました。
防府と言えば防府天満宮ってほど、防府で観光と言えば一番に思いつく神社です。
菅原道真を祀った天満宮。日本三天満宮に数えられます。
やはり大きな神社ですね、15年ぶりの訪問でしたが、久しぶりに驚きました。
早朝という事もあり、そんなに観光客も来ていなかったので、広い境内をゆったり
散策することが出来ました。

防府天満宮2.jpg

防府天満宮3.jpg

防府天満宮4.jpg

<貞宮遙拝所>
防府天満宮5 貞宮遙拝所.jpg

防府天満宮6.jpg

<野村東望尼の像>
防府天満宮 野村望東尼の像.jpg
高杉晋作らを支援した幕末の女流歌人・勤王家。

<毛利重就像>
防府天満宮 毛利重就の像.jpg
長州藩7代藩主。

<楫取 素彦・美和子像>
防府天満宮 香取素彦.jpg
大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公でもある楫取 美和子と夫の楫取 素彦像です。
楫取 素彦・美和子夫妻の墓は防府市内にあります。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html



posted by 南行 at 10:11| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周防国分寺   (山口県防府市)

防府市にある周防国分寺に行ってきました。

<周防国分寺>
周防国分寺2.jpg
住所:山口県防府市国分寺町2−67
駐車場あり(無料)
境内自由

<周防国分寺について>
周防国分寺.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
周防国分寺に行ってきました。
防府天満宮に行って、そこから車ですぐの場所にあったので立ち寄りました。
国分寺は聖武天皇の勅願により各国に建立されたものですが、伽藍が残っている
ものはほとんどありません。国分寺って大体国分寺跡なんですよね。

周防国分寺に関しては、ちゃんと伽藍が残っています。
もちろん当時の建物ではないですが、今に至るまで伽藍が整備されて残っている
のはすごいなと思いました。

周防国分寺5.jpg

周防国分寺4.jpg

周防国分寺3.jpg
周防国分寺7.jpg
筋塀という格式を示す塀がありました。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

国分寺巡り
http://rover.seesaa.net/article/26833575.html



posted by 南行 at 09:35| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小栗上野介終焉の地   (群馬県高崎市)

高崎市にある小栗上野介終焉の地に行ってきました。

<小栗上野介終焉の地>
小栗上野介終焉の地4.jpg
住所:群馬県高崎市倉渕町権田
駐車場無し

<小栗上野介終焉の地について>
小栗上野介終焉の地3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小栗上野介終焉の地に行ってきました。
小栗上野介は幕末の幕臣。勘定奉行、外国奉行などを歴任した人物。
大坂から慶喜が戻った後、薩長に対し強行に交戦を主張した為、お役御免となり
高崎(倉渕)に隠棲しますが、上野介を危険視した新政府軍により捕らえられ、
無実の罪によりこの川原で斬首されました。

今まで小栗上野介について詳しく紹介する幕末ドラマ等はありませんでした。
これは勝海舟が江戸無血開城に導いた一方の英雄という扱いをする為、勝と対立し
た小栗は悪役に追いやられていたからと思います。

今年の大河ドラマ『青天を衝け』では、初めて小栗の先見性や幕府、日本の将来に
関する思いなどが取り上げられました。歴史は都合の悪い事や人を正確に伝えず、
ねじ曲げた形で伝えられて行く事が多いです。小栗の功績に関しては、勝海舟と
同等以上に評価していくべきではないかなと思います。

烏川の川原の碑文。
「偉人小栗上野介 罪無くして此所に斬らる」とあります。
小栗上野介終焉の地2.jpg

小栗上野介終焉の地.jpg

高崎市ではありますが、旧倉渕村なので、市街地からは車で40〜50分はかかります。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html



posted by 南行 at 09:23| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天徳寺宝衍の墓を参拝   (栃木県佐野市)

佐野市にある天徳寺宝衍の墓を参拝しました。

<天徳寺宝衍の墓>
天徳寺宝衍の墓.jpg
住所:栃木県佐野市山形町1178
駐車場あり(無料)

<天徳寺宝衍について>
天徳寺宝衍の墓3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
天徳寺宝衍(てんとくじほうえん)の墓を参拝しました。
佐野市の北部、飛駒に向かう途中にある報恩寺というお寺にあります。
天徳寺宝衍は佐野房綱といい、唐沢山城主・佐野昌綱の次男とされています。
1560年に一旦出家しますが、その後豊臣秀吉に仕え、小田原攻めに参戦、活躍
します。後に佐野家の家督を相続しました。
1601年に亡くなり、報恩寺に葬られます。

この墓碑は、1750年にその威徳を偲び造られたものだそうです。
天徳寺宝衍の墓2.jpg


著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 00:10| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

萩市佐々並市の町並み   (山口県萩市)

萩市佐々並市の町並みを散策してきました。

<萩市佐々並市の町並み>
萩市佐々並市の町並み.jpg
住所:山口県萩市佐々並14−1
駐車場(道の駅あさひに駐車)

<萩市佐々並市の町並みについて>
萩市佐々並市の町並み2.jpg

萩市佐々並市の町並み3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
萩市佐々並市の町並みを散策しました。
萩市佐々並市は、萩市ではありますが、萩市の市街地からは20キロ以上南にあり
ます。
1604年、毛利輝元が萩に入った折、萩と瀬戸内海の三田尻を結ぶ萩往還が整備
され、佐々並市はその時に宿場としてひらかれた町です。

萩市は市街地も含め4ヶ所が国指定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、
佐々並市もそのひとつです。規模はそんな大きな感じではありません。

宿場の南端に行くと、そこからいかにも萩往還の街道だな〜という山道へ続いて
いきます。

1865年1月には第一次長州征討にあたって、幕府恭順派の萩藩政府と高杉晋作
ら諸隊の戦いが起きますが、佐々並市でも萩藩政府軍と井上聞多率いる諸隊が戦い
ました。

今回、道の駅あさひに車を停め、歩いて散策しました。

<萩市佐々並市の町並み>
萩市佐々並市の町並み4.jpg

萩市佐々並市の町並み5.jpg

萩市佐々並市の町並み6.jpg

萩市佐々並市の町並み7.jpg

萩市佐々並市の町並み88.jpg

萩市佐々並市の町並み9.jpg

萩市佐々並市の町並み9a.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html



posted by 南行 at 23:15| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別府弁天池   (山口県美祢市)

美祢市にある別府弁天池に行ってきました。

<別府弁天池>
別府弁天池1.jpg
住所:山口県美祢市秋芳町別府1578
駐車場あり(無料)

<別府弁天池について>
別府弁天池6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日本名水百選「別府弁天池」に行ってきました。
ここには18年前に一度行っており、2回目の訪問です。
カルスト台地で有名な秋吉台に近い場所です。

驚くのは池の色。
絵の具を溶かした様なエメラルド系の色。
現地の解説によると、水に溶け込んでいるミネラルが影響していると思われて
いるが、詳細は不明との事。良く分からないんですね、ある意味びっくりです。
それがまたとても神秘的で良いかなと思います。

別府弁天池3.jpg

別府弁天池4.jpg

別府弁天池5.jpg

別府弁天池2.jpg
池から川が流れているんですが、川の部分から水の色が透明になります。
はっきり色が分かれます。

別府弁天池 昔の写真.jpg
これは18年前の写真。この時はまた水の色が少し違います。

別府弁天池7.jpg
水くみ場が完備されています。
ここで水を一杯飲ませて頂きました。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の名水巡り
http://rover.seesaa.net/article/21971174.html




posted by 南行 at 22:04| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青海島    (山口県長門市)

青海島を散策してきました。

<青海島>
青海島.jpg
住所:山口県長門市仙崎大日比
駐車場あり(有料:500円)

青海島に行ってきました。
青海島は長門市の仙崎から青海島大橋を渡っていく島です。
青海島は海上アルプスと言われる景勝の地。

青海島自然研究路という散策ルートが整備されていて、約40分で
歩くことが出来ます。
自分はゆっくり見て歩いたので約1時間ほどかけて見て歩きました。
本当に景色が素晴らしいので、見入りました。荒々しい海岸は岩手のリアス式
海岸を思わせる様な感じです。とても良かったです。

<青海島自然研究路>
青海島2.jpg

青海島3.jpg

青海島4.jpg
水が綺麗です!

青海島5.jpg

青海島6.jpg

青海島7.jpg

青海島8.jpg

青海島9.jpg




続きを読む
posted by 南行 at 00:32| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

鯨の墓   (山口県長門市)

長門市にある鯨の墓を見に行ってきました。

<鯨の墓>
鯨の墓.jpg
住所:山口県長門市通662
駐車場あり(くじら資料館の駐車場に停めて散策)

<鯨の墓について>
鯨の墓4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鯨の墓を見に行ってきました。
青海島では江戸時代から捕鯨が盛んに行われていました。
この鯨の墓は、とれた鯨の胎児を埋葬した墓という事です。

古来より日本全国に鯨塚などという形で鯨を供養するものが造られています。
長門の鯨の墓というのはそんな鯨供養のひとつですが、実際に埋葬されたお墓という
事で珍しいものの様です。

鯨の墓2.jpg

<鯨の墓>
鯨の墓3.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 11:17| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長門市通の町並み    (山口県長門市)

長門市通の町並みを散策してきました。

<長門市通の町並み>
長門市通の町並み.jpg
住所:山口県長門市通1005
駐車場あり(無料)

長門市通の町並みを散策してきました。
青海島の東端にある港町、かつては捕鯨が盛んだった様で、くじら資料館
や鯨の墓などがあります。
典型的な漁村町という感じの町並み。そんな中に明治の童謡詩人・金子みすゞの
父親の生誕の地などもありました。

<長門市通の町並み>
長門市通の町並み2.jpg

長門市通の町並み3.jpg

長門市通の町並み4.jpg

長門市通の町並み5.jpg

<金子みすゞの父親の生誕の地>
長門市通の町並み  金子みすゞ.jpg

長門市通の町並み  金子みすゞ2.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html



posted by 南行 at 10:53| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王子山公園       (山口県長門市)

長門市にある王子山公園に行ってきました。

<王子山公園>
王子山公園.jpg
住所:山口県長門市仙崎大泊
駐車場あり(無料)

<王子山について>
王子山公園2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
王子山公園に行ってきました。
仙崎から青海大橋を渡ってすぐの場所、青海島の南端にある公園です。
小高い丘の上にある公園で、ここからは青海大橋や仙崎の町並みを一望する事
が出来ます。

明治時代の童謡詩人・金子みすゞもこの地を訪れその風景を詩に残しています。
王子山公園3.jpg

確かに良い風景です。仙崎を町が全部見える感じですね。
王子山公園4.jpg

王子山公園5.jpg

王子山公園6.jpg

王子山公園7.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 10:21| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能満寺   (山口県長門市)

長門市にある能満寺に行ってきました。

<能満寺>
能満寺.jpg
住所:山口県長門市俵山郷2441
駐車場無し
境内自由

<能満寺について>
能満寺6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
806年、弘法大師の創建の古刹。
俵山温泉の方にあります。
秋の紅葉シーズン、銀杏の大木が良い感じになるそうです。

特に観光地でも無いので、観光客は自分一人。
村田清風のゆかりもあるというので行ってみました。
村田清風は幕末の長州藩で、毛利敬親のもと改革を行った人物です。
晩年、この寺を訪れ詩を詠んでいます。

能満寺3.jpg

能満寺4.jpg

本堂の瓦が石州瓦なので、東日本の寺とは雰囲気が違うのも新鮮な感じでした。
能満寺2.jpg

能満寺5.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 09:22| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

毛利秀包の墓を参拝   (山口県下関市)

下関市にある毛利秀包の墓を参拝してきました。

<毛利秀包の墓>
毛利秀包の墓.jpg
住所:山口県下関市豊北町大字滝部3099
駐車場あり(無料)

毛利秀包(もうりひでかね)は毛利元就の九男。毛利元就が71歳の時の子です。
秀包が生まれた時には長兄の毛利隆元は既に亡くなっていました。
後に小早川隆景の養子となり、小早川秀包となります。

朝鮮出兵などで戦功をあげます。
関ヶ原では大坂城を守備しますが、西軍が敗れた為退却。
大坂から引き揚げる際発病し、翌1601年に35歳で病没しました。

下関市豊北の西楽寺に毛利秀包の墓はあります。
毛利元就の子ですが、年齢的に元就の孫である毛利輝元より14歳も年下という
秀包。歴史的にあまり目立たない人物ですが、その武勇は朝鮮の役で鳴り響いた
様です。若くして亡くなったのが残念です。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 19:25| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神上寺   (山口県下関市)

山口県下関市にある神上寺に行ってきました。

<神上寺>
神上寺1.jpg
住所:山口県下関市豊田町大字江良624
駐車場あり(無料)
境内自由

<神上寺について>
神上寺.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
神上寺に行ってきました。
神上寺は神上山(標高713m)の2合目にあるお寺で、かつて仲哀天皇・
神功皇后の御代からの祈願所であり、西の高野山と言われた古刹です。
その後、毛利家の庇護を受けました。

神上寺、今は訪れる人も少ない様で、苔むした感じが逆に神秘的な雰囲気を
醸し出していました。
駐車場に車を停め、苔むした石段を登って参拝してきました。

神上寺2.jpg

神上寺3.jpg

神上寺4.jpg

神上寺5.jpg

神上寺6.jpg

<神上寺 雪舟庭園>
神上寺 雪舟庭園.jpg

神上寺 雪舟庭園2.jpg
こちらが雪舟庭園。あまり手入れはされていない様でした。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 18:53| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近松門左衛門出生伝説の地   (山口県下関市)

下関市にある近松門左衛門出生の地に行ってきました。

<近松門左衛門出生の地>
近松門左衛門生誕の地.jpg
住所:山口県下関市豊田町大字江良
駐車場有り

<近松門左衛門出生の地について>
近松門左衛門生誕の地2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下関市にある近松門左衛門出生の地(伝説地)に行ってきました。
近松門左衛門は江戸時代の浄瑠璃・歌舞伎作者です。

出生地に関しては諸説ある様で、そんな中の一つです。
ウィキペディアによると福井県説が有力の様です。

神上寺の前に生誕の地碑が建っています。

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html



posted by 南行 at 18:28| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那珂湊やきそば@すみよし   (茨城県ひたちなか市)

ひたちなか市にある、すみよしというお店で那珂湊焼きそばを食しました。

<すみよし>
那珂湊すみよし.jpg
住所:茨城県ひたちなか市湊中央1丁目5−12
駐車場あり

約50年の歴史を持つという那珂湊焼きそばを食べてきました。
那珂湊焼きそばの明確な定義は無い様で、手延べせいろ蒸し麺の太麺
を使ったもっちりした焼きそばです。

このすみよしというお店が那珂湊焼きそばの発祥の店との事。
すみよしは、焼きそば屋さんという訳ではなく、海鮮系の料理などを
提供する店でもあります。

しょうゆ味とソース味があるんですが、今回はソース焼きそばにしました。

<焼きそば(大)>
那珂湊すみよし2.jpg

こちらがソース焼きそば(大)605円です。
この店の焼きそばの特徴は、蒸す際に豚骨スープを使うという事です。
ソースもあっさりしていて、とてもさっぱいりした味わい。
なかなかおいしかったです(^-^)

焼きそばはテイクアウトも出来る様で、むしろテイクアウトの客が多く、
注文してからかなり待つ事になりました。



posted by 南行 at 17:22| Comment(0) |   北関東のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳仙の滝      (山口県下関市)

下関市にある徳仙の滝に行ってきました。

<徳仙の滝>
徳仙の滝.jpg
住所:山口県下関市豊田町大字江良
駐車場あり

<徳仙の滝について>
徳仙の滝2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
徳仙の滝に行ってきました。
2段にわたる12m程の滝です。駐車場からもすぐ。
マイナスイオンを浴びてきました(^-^)




令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html



posted by 南行 at 10:29| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

牧崎風の公園    (山口県下関市)

下関市にある牧崎風の公園に行ってきました。

<牧崎風の公園>
牧崎風の公園.jpg
住所:山口県下関市豊北町大字角島853
駐車場あり(無料)

角島の北端にある牧崎風の公園に行ってきました。

牧崎風の公園は角島の北東にあり、ちょっとした岬の様な感じの場所です。
時期によっては牛が放牧されてる事もあるそうなんですが、僕が訪問した
時には牛の姿は見えませんでした。

角島は角島大橋付近の綺麗な海が一番見所ですが、この牧崎も景色は良い
ですね。遊歩道完備で、ゆっくり散策出来ました。

<牧崎風の公園>
牧崎風の公園2.jpg

牧崎風の公園4.jpg

牧崎風の公園8.jpg

牧崎風の公園5.jpg

牧崎風の公園3.jpg

牧崎風の公園6.jpg

牧崎風の公園7.jpg

令和3年春旅2 大遠征
http://rover.seesaa.net/article/481725269.html




posted by 南行 at 23:32| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする