2008年06月29日

すったて    (埼玉県川島町 郷土料理)

よくおじゃましている「だるまや」さんで、埼玉県川島町の郷土
料理「すったて」を食してきました。

<だるまや>
だるまや
住所:埼玉県川島町上伊草985
電話:049−297−5868
営業:11:30〜21:00
定休:水曜午後
駐車場あり

<すったてとは>
川島町の農家に受け継がれてきた料理が「すったて」。
すり鉢で胡麻と味噌と合わせ、更に採ってきたばかりの大葉、胡瓜、
茗荷などの夏野菜を合わせていっしょにすります。
最後に冷たい井戸水を入れ、良く混ぜて付け汁としてうどんを食べ
ます。「すりたて」が変化して「すったて」になったものです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
地元川越の隣の町川島町。ここに冷汁うどんがあるという事は、
川島出身の方から聞いたことがあり何となく知っていましたが、
お店とかで出していなかったため、食べたことがありませんでした。

冷汁うどんと言えば、埼玉の加須の冷汁などが有名です。
加須の冷汁がゴマだれであるのに対し、川島の「すったて」は
味噌ダレになります。

<だるまやさんの「すったて」の解説>
吉田流宗家の手打ちうどんを「すったて」で食す。
ズバリ特徴はコク。味噌の種類、そしてその調合比率。店主のみぞ
知る合わせ技が決め手。残り汁にご飯を入れてお召し上がりください。

すったて@だるまや

という事です。残り汁にご飯を入れたら宮崎の郷土料理「冷汁」と
一緒になりますね。
炎天下の中での農作業から生まれた「すったて」
暑い夏にはもってこいの食べ物かと思います。

平成19年に農林水産省主催「農山漁村の郷土料理百選」に埼玉県
代表料理として入選。
「第2回埼玉B級ご当地グルメ決定戦」でも初出場で4位入賞。
こんな事から、今年川島町では一応夏期限定で「すったて」を
アピールしています。
まあせっかくの町おこしですから、毎年夏に開催って事になるんで
しょう。

都会に一番近い農村をうたう川島町。
是非「すったて」を食べに来てみてください!
すったて

すったてMAP
http://www.kawajima.or.jp/suttate/index.html

だるまや

posted by 南行 at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) |   埼玉県のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第4回の大会では3位入賞となりました!心を込めて作りますので是非一度ご賞味ください!
Posted by 夜の従業員 at 2009年06月04日 17:00
夜の従業員さん、こんばんは。

すったて、暑い夏には良いですね〜。
今年も川島のすったては食べ歩こうと思ってます(^-^)

Posted by けんけんけん at 2009年06月04日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック