2006年03月14日

染井霊園   (東京都豊島区 桜の名所 著名人の墓所)

東京都豊島区、桜の名所染井霊園です。

<染井霊園>
染井霊園の桜1.jpg
住所:東京都豊島区駒込5丁目
山手線駒込から徒歩12分巣鴨から徒歩10分
駐車場なし
園内自由

<染井霊園について>
 都立霊園の中で最も規模が小さい霊園。面積は6.7ヘクタール、地形もほぼ平坦。しかし、霊園内には幹線道路が通っていないので、園内は静かです。
<草木>サクラの1品種であるソメイヨシノは、ここの地名をとったものです。明治時代に、染井の植木屋によって売りだされたためで、現在ではお花見のサクラといえばソメイヨシノのことを指すまでになっています。
                    (都立公園協会HPより)

<ひとこと>
染井霊園は都立霊園です。要はお墓です。
観光スポットっていろいろありますが、有名人のお墓巡りなども観光の
テーマのひとつかと思っています。
各地に著名人の墓はありますが、東京都内は明治から昭和にかけての
著名人の墓が多数存在します。
石原東京都知事も、東京観光の活性化を表明し、都立霊園の観光地化
(著名人の墓の解説表示の設置等)を進めています。
ここ染井霊園にも著名人の墓がいろいろあります。
またここ染井の地は江戸時代には染井村という場所で、この地が発祥の
サクラ、ソメイヨシノは今では日本の桜の開花情報などにも使われる
有名な桜の品種になっています。
染井霊園には桜の木が多く、春には桜の花と有名人の墓参りの観光客で
賑わいます。
墓に行くのはちょっと、という方も桜ついでに行ってみると良いかもしれ
ません。

【染井霊園の桜・平成16年3月30日撮影】
染井霊園の桜2.jpg

染井霊園の桜3.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



有名人の墓は続きをご覧ください。【岡倉天心の墓】
岡倉天心の墓.jpg

【樺山資紀の墓(台湾総督)】
樺山資紀の墓.jpg

【高村光雲・光太郎・智恵子の墓】
高村光雲・光太郎・智恵子の墓.jpg

【若槻礼次郎の墓(首相)】
若槻礼次郎の墓.jpg

【水原秋桜子の墓(作家)】
水原秋桜子の墓.jpg

【二葉亭四迷の墓(作家)】
二葉亭四迷の墓.jpg

【幣原喜重郎の墓(首相)】
幣原喜重郎の墓.jpg
幣原喜重郎の墓は敷地も広くて威厳があります。

<2010年4月3日撮影・桜満開でした>
染井霊園201001.jpg

染井霊園2010012.jpg

染井霊園2010013.jpg

posted by 南行 at 22:33| Comment(4) | TrackBack(1) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ
雄平@実りのときブログ
です。ブログ村村民です。
私は青山墓地のレポートのウェブを作りましたが、ここは青山墓地よりは面積としてはかなり小さいようですね。
通路は、青山墓地よりしっかりと整備されていて、内部がわかりやすいのではないかと思います。
内部に自動車道路がないのは、いいですね。

やはり、ルーツというか、原産地というか、ソメイヨシノがすばらしいように思います。いずれ、いって見たいと思います。

では、また。
Posted by 雄平 at 2006年03月14日 23:02
雄平さん、こんばんは。
実は青山霊園にはまだ行ったことがありません。
確か青山霊園も桜が綺麗だったかと思い
ますので、今年行ってみようかなと思って
います。

染井霊園には何度か行っていますが、ソメイヨシノの地という事で、違った意味で
桜を見ることが出来て良いです。
染井霊園はおすすめです!
Posted by けんけんけん at 2006年03月15日 00:15
こんばんわ、染井霊園の桜もすごいのですね!
点々と桜があるように思っていましたが
大きな樹から花が拡がって華やかですね、
墓地とは思えない美しさ!
自分も染井霊園めぐりをしたことがありますが、
文学者と画家にターゲットを絞って廻りました。
Posted by さくらん at 2006年03月15日 22:51
さくらんさん、こんばんは。
染井霊園は春は桜で覆われて、すごく良い場所ですよ〜。
さくらんさんも文学者のお墓巡りされたことがあるんですね。
僕も墓の中をうろうろするのに、最初は抵抗がありましたが、今は気にせずフラフラ出来る様になりました。

青山霊園なども春は桜が綺麗な様なので、今年行こうかなって思っています。
Posted by けんけんけん at 2006年03月16日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14819207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

お墓の行方
Excerpt: 先日、お葬式を終えられたお客様にお墓はどうされる予定なのか尋ねたところ、 かなり悩んでおみえになりました。
Weblog: 葬祭一級ディレクターのブログ
Tracked: 2006-04-07 18:20