2006年04月01日

飛鳥山公園  (東京都北区 桜の名所 渋沢栄一関連)

東京都北区、飛鳥山公園で桜を見てきました。

<飛鳥山公園の桜>
飛鳥山公園の桜1.jpg
住所:東京都北区王子1−1
JR京浜東北線 王子駅中央口・南口から徒歩3分
地下鉄南北線 王子駅1番出口から徒歩3分
都電 荒川線 王子駅前もしくは飛鳥山停留所から徒歩3分
駐車場なし
公園内自由

<飛鳥山公園の桜について>
徳川8代将軍吉宗は鷹狩りの際にしばしば飛鳥山を訪れ、1720年から翌年にかけて、1270本のヤマザクラの苗木を植栽した。
1737年にはこの地を王子権現社に寄進し、別当金輪寺にその管理を任せた。このころから江戸庶民にも開放されるようになり、花見の季節には行楽客でにぎわうようになった。

<ひとこと>
以前、秋の紅葉シーズンに飛鳥山に来たことがあったのですが、やはり飛鳥山といえば春という事で、今日行ってみました。
場所はまさにJR王子駅前。駐車場も無いので、電車で行くのが無難かと思います。
公園内は桜満開でした。やはり公園という事もあり、花見の場所取り客多数。行ったのが早朝だったので、まだどんちゃん騒ぎはスタートしてませんでしたが、お昼頃には始まるんだろうなと。。
桜は徳川吉宗が1270本植えたとか。今どれくらいあるのか不明ですが、かなりの本数が咲き、非常に見応えがあります。
また、この地は明治の経済人渋沢栄一が居宅を構えた場所でもあります。
公園内には栄一邸の晩香廬や、渋沢栄一記念館などがあります。

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

飛鳥山公園(桜の名所、渋沢栄一邸跡)

続きをご覧ください。
【渋沢栄一像】
飛鳥山公園渋沢栄一.jpg

【渋沢栄一晩香廬】
飛鳥山公園晩香廬.jpg
渋沢栄一は明治34年に飛鳥山に本邸をかまえ、以降昭和6年に91歳で亡くなるまでこの飛鳥山の地に住みました。
渋沢栄一の喜寿を祝い、清水組(現清水建設)が贈った小亭。
晩香廬は接客用の建物です。

【飛鳥山公園の桜・平成18年4月1日撮影】
飛鳥山公園の桜2.jpg

飛鳥山公園の桜3.jpg

posted by 南行 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15967590
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

都電でぶらぶら -飛鳥山で物見遊山-
Excerpt: 都電の旅、巣鴨の次は飛鳥山へ。 停留所の名前の雰囲気で降りてみた。 桜の名所で、江戸時代の物見遊山のメッカであるらしい。 徳川吉宗が作ったらしい。 そういえば、授業で昔そんな話を聞いた、と..
Weblog: マチヅクリ
Tracked: 2006-07-09 14:41