2006年04月10日

洗足池  (東京都大田区 桜の名所 勝海舟や日蓮ゆかりの地)

東京都大田区、桜の名所洗足池です。

<洗足池>
洗足池1.jpg
住所:東京都大田区南千束2−14−5
交通:池上線洗足池駅徒歩約2分
駐車場なし

<洗足池について>
洗足池は、武蔵野台地の末端のわき水をせきとめた池で、昔は千束郷の大池
と呼ばれ灌漑用水としても利用されました。
池畔の風景は優れ、江戸時代には初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られました。
昭和3年に池上線が開通すると公園として整備され、昭和5年には風致地区
として指定されました。
面積は周辺を含めると67000平米、水面の広さは40000平米です。

日蓮が足を洗ったので洗足池というとか、袈裟をかけたと言われる袈裟掛
けの松がある御松庵など、日蓮にまつわる伝承も残されています。
また、幕末から明治の政治家勝海舟は、洗足軒という屋敷をこの地に構え
ました。その関係で、この地には勝海舟夫妻の墓があります。
また桜の名所としても名高い場所です。
(現地看板より)

<ひとこと>
洗足池、名前からして誰かが足を洗ったんだろうなとは容易に想像が
尽きますが、名前の由来は日蓮の様です。
日蓮が身延山久遠寺から、常陸に向かう途中、この地で松に袈裟をかけ
足を洗ったのが名前の由来だそうです。
まあ本当かどうか定かではありませんが、伝承なのでそう思っておき
ましょう。洗足池は中原街道沿いにあります。駐車場がないので、車
だと立ち寄るのにはしんどいところです。
池は広く、ぐるっと一周するのに20分くらいかかるかなという感じです。
桜は池の東側にまとまって咲いており、もちろん花見の飲み客もあふれ
ています。
飲む人、写真を撮る人と、何かと賑やかなところですが、そんなちょっと
脇に勝海舟夫妻の墓もあります。幕末の三舟の一人で江戸無血開城にも
尽力した勝海舟。明治時代になってこの地に別荘をかまえたそうです。
おそらく勝海舟もこの桜を見たことでしょう。
日蓮や勝海舟と、歴史上の人物のゆかりの地で桜を愛でるのもまた良いかと
思います。

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

洗足池(桜の名所)

続きをごらんください




【勝海舟夫妻の墓】
勝海舟の墓.jpg

【日蓮袈裟懸の松(6代目)】
袈裟衣掛松.jpg

【洗足池の桜・平成18年4月8日撮影】
洗足池の桜1.jpg

洗足池の桜2.jpg

洗足池の桜3.jpg

洗足池の桜4.jpg


posted by 南行 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日は桜を見物に
Excerpt: 彼女が桜でも見に行く??  と言ったので 夜桜見物に行って来た!! 凄い人がいる事を予想して出かけたのだが 気温が低いせいか  人はまばらで、なんだかなぁ〜って感じ。。。 今年..
Weblog: 日々の暮らし
Tracked: 2006-04-11 14:13

政治家の愛車【有名人の愛車調査!2】
Excerpt: あの有名人はいったいどんな自動車に乗っているのだろうか? 思わず気になる愛車の購入傾向を徹底調査いたしました!!(雑誌ベストカーより)
Weblog: 自動車
Tracked: 2006-06-01 20:53