2011年02月26日

八王子城   (東京都八王子市)

東京都八王子市にある八王子城跡に行ってきました。

<八王子城跡>
八王子城.jpg
住所:東京都八王子市元八王子
駐車場あり(無料)

八王子城は北条氏照によって築城された山城です。
氏照は当初
多摩川と秋川の合流地点にある滝山城を居城としていました。
その支配地は八王子はもとより、北は五日市・青梅・飯能・所沢の
一帯、南は相模原・大和から横浜の一部まで及んでいました。
氏照が居城を滝山城から八王子城に移した動機は、1569年武田信玄
が滝山城を攻撃し、落城寸前にまで攻められたことから強固で強大な
八王子城の築城を思い立たせたと言われています。
築城時期は定かではありませんが、1570年代はじめに築城が
開始され、1570年代中頃に氏照が八王子城に移ったと考えられて
います。1588年には豊臣秀吉の来攻に備え、兵糧の確保や兵士の
妻子の入城を命じ、守備固めの準備を急いでいます。
1590年、小田原在城の城主氏照を欠いたまま、豊臣秀吉の小田原
攻めの一隊、前田利家、上杉景勝などの軍勢の猛攻を受け、1日で
落城しました。八王子の落城は小田原城の開城をうながし、豊臣秀吉
が天下を統一する上に、大きな影響を与えました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
昨年、八王子城に行ってきました。
現在では日本100名城に選ばれるなど、観光地として賑やかな
八王子城ですが、秀吉との戦いでは壮絶な戦いが繰り広げられ、
御主殿の滝では自刃した将兵や女子供の血で3日3晩赤く染まった
とう伝説も残るお城です。

<御主殿の滝>
御主殿の滝.jpg

現在城は整備され、多くの観光客で賑わっています。
八王子城2.jpg

八王子城 御主殿跡.jpg
この広場は御主殿跡で、北条氏照の居宅跡と言われています。

御主殿から本丸までは、山道を片道40分ほど登ることになります。
普通の登山になりますので、それなりの靴や装備は必要になります。

八王子城から.jpg
本丸からの景色は良好で、ちょっとしたハイキング気分です(^-^)

天気が良いと景色も良く気分も良いんですが、御主殿の滝付近は
結構有名な心霊スポットです。北条方の兵士の霊が出るとか出ないとか・・・。
僕は霊感とかないので、よく分かりませんけどね。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html


posted by 南行 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187861381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック