2011年03月13日

浜川砲台跡    (東京都品川区)

東京都品川区にある浜川砲台跡に行ってきました。

<浜川砲台跡>
浜川砲台跡.jpg
住所:東京都品川区東大井2丁目
駐車場なし

浜川橋のたもとから立会川が海に注ぐところまでが、土佐藩抱屋敷であった。
幕府への「指出」によると869坪が抱屋敷の広さである。
(抱とは借用していたものである)
ここは土佐から送られてくる物資の荷揚げ地であり、立会川から荷を陸上に
あげていた。
ペリー来航の1853年、土佐藩は砲台構築の願を幕府に提出し許可を得て
翌年砲台を造った。浜川砲台といわれた。
砂浜の柔らかい土地を、石、土砂で埋め立て、2300坪に拡大させている。
砲台は八門を設置していた。
警備陣は品川下屋敷を宿所としてこの砲台に配置されていた。
浜川砲台と品川下屋敷を結ぶ連絡路は現在の立会川商店街の道路であり、その
距離約200メートルである。
若き日の坂本龍馬も警備陣に加わっており、この道を毎日歩いていた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
浜川砲台跡に行ってきました。
立会川は土佐藩ゆかりの地で、坂本龍馬に関わるものがあふれていました(笑)

浜川砲台は土佐藩設置の砲台で、今は礎石の様なものが残っていました。
(はたして、当時のものかどうかは不明です)

砲台のまわりはこんな景色です。
浜川砲台跡2.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

posted by 南行 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック