2011年05月10日

追分の明神     (栃木県那須町)

栃木県那須町にある追分の明神に行ってきました。

<追分の明神>
追分の明神3.jpg
住所:栃木県那須郡那須町大字蓑沢
駐車場なし

「境の明神」とも呼ばれている。東山道の関東、東北の境にある
古い峠神である。古くは下野と陸奥の両国分の二社が並立していたとも言われる
が、今あるのは関東分であり「関東宮」の名もある。創立は古く791年
坂上田村麻呂が、征夷の途次に勧請したものと伝えている。
寄居字唐門の「境の明神」とともに、道中安全の神として、古い歴史を偲ばせる
貴重な史跡である。

追分の明神.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
福島・栃木県境にある追分の明神という神社です。
本当に県境にあり、古い石碑で、「これより北、白川領」という
碑があります。

追分の明神 これより北白川領.jpg

追分の明神4.jpg

ここは700年代からある古い神様で、かつて奥州から旅立った
源義経が立ち寄った神社でもあるようです。
神社の前には「義経伝説」の説明文がありました。

県境マニア必須のスポットかと思います。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

posted by 南行 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200237201
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック