2006年09月15日

小山評定跡   (栃木県小山市 史跡)

栃木県小山市にある史跡「小山評定跡」です。

<小山評定跡>
小山評定
住所:栃木県小山市中央町1丁目1-1
駐車場あり

<現地看板の解説>
1600年7月24日、徳川家康は会津の上杉景勝を討つべく小山に到着
しました。このとき、石田三成が家康打倒の兵をあげた事を知り、翌25
日、この地において軍議が開かれました。これが「小山評定」と言われ
るものです。
軍議は三間四方の仮御殿を急造し、家康と秀忠を中心に本多忠勝、本多
正信、井伊直政や、福島政則、山内一豊、黒田長政、浅野幸長、細川
忠興、加藤嘉明、蜂須賀至鎮らの諸將が参集しました。
福島政則が協力を誓い、これをきっかけに軍議は家康の期待通りに決まり
ました。
同年9月15日関ヶ原の戦いが行われ、東軍の勝利に結びついた歴史上
重要なところです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
何年か前になりますが、小山にある史跡「小山評定跡」に行ってきました。
ここは関ヶ原の戦いに関する地です。栃木で何で関ヶ原の戦いかという
気もするかと思いますが、一連の関ヶ原の戦いは上杉景勝の挙兵、家康
の出陣、そして小山評定から一気に引き返し、関ヶ原での両軍の激突と
いう流れになっています。
小山評定は関ヶ原の戦いにおいて、外様の福島政則らの武将を従わせた
という事で重要な意味がある軍議だと思います。
そんな小山評定の碑が存在します。
どこにあるかというと、小山市役所の敷地内にあります。
現地にあるのは石碑と解説のみですが、市役所の一角ですので、何かの
ついでにでも見てみてはいかがでしょうか。

小山評定跡(関ヶ原の戦い関連)

posted by 南行 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23809586
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

旅行関連新着ブログ紹介
Excerpt: TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。
Weblog: 高級旅館・高級ホテル宿泊予約
Tracked: 2006-09-16 06:00