2006年10月15日

興禅寺   (兵庫県丹波市 春日局 観光名所) 

兵庫県丹波市(旧春日町)にある興禅寺に行ってきました。

<興禅寺>
興禅寺 春日局
住所:兵庫県丹波市春日町黒井
駐車場あり(無料)
拝観自由

<由緒・現地看板より>
興禅寺は、山号を大梅山といい曹洞宗の別格地で、本尊には仏師春日の作
釈迦如来を祀り七堂伽藍がよくととのった名刹です。
戦国時代、この寺域一帯は後背の山城黒井城の下館でしたが、天正7年8月
明智光秀の丹波攻めで落城。その戦後処理と西丹波一円の統治のため、ここ
に入ったのが明智光秀の家臣斉藤利三です。
今でも斉藤屋敷の伝承が残り、水濠と高石垣・白のねり堀のたたずまいは
往時の景観をよく残していて、国の史跡の一部となっています。
この年のくれ、母お安との間に生まれたのがお福(後の春日局)で、寺内
にはお福の産湯の井戸や腰掛け石なそが残り、幼い日の春日局を偲ぶこと
が出来ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
兵庫県丹波市(旧春日町)の興禅寺に行ってきました。
興禅寺も7年ぶりの訪問になります。
ここ興禅寺は春日局の出生の地として知られており、寺の門前には
「春日局出生の地」の石碑が建ちます。
春日局は明智光秀の家臣斉藤利三の娘で、後に徳川3代将軍徳川家光の
乳母となり、その後大奥で権勢をふるった人物です。

興禅寺はお寺なんですけど、水堀があったり、石垣で囲まれた雰囲気など
城を思わせるたたずまいです。
やはり戦国武将の館跡というこの寺ならではのものなのでしょう。
お寺の前に休憩所がありました。ここには1989年放映の大河ドラマ
「春日局」の写真がかざられていました。
そういやこの大河ドラマは見てたな〜って懐かしく思ってしまいました。

平成18年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/22395156.html

興禅寺(春日局出生の地)

<興禅寺>
興禅寺 春日局
興禅寺の水堀と石垣です。

春日局出生の地
春日局出生の地の石碑

興禅寺本堂
興禅寺本堂

興禅寺の庭

春日局
大河ドラマ「春日局」(1989年放映)の写真。
春日局役は大原麗子です。
posted by 南行 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう地に行ってみたいです♪見に行ってみようかなぁ〜
Posted by クレジットカード比較 at 2008年05月29日 13:57
コメントありがとうございます。

興禅寺は一見城の様にも見えるお寺です。

春日局ゆかりの地ですので、興味ありまし
たら是非どうぞ(^-^)
Posted by けんけんけん at 2008年05月30日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25539358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック