2012年05月11日

武市瑞山最期の地    (高知県高知市)

高知県高知市、武市瑞山(半平太)最期の地に行ってきました。

<武市瑞山最期の地>
武市瑞山 殉節の地.jpg
住所:高知県高知市帯屋町2-5-18
駐車場なし

武市瑞山(半平太)は1829年生まれ。幕末に土佐勤王党
党首として活躍したが、1863年8月政変後、弾圧を受けて
投獄され、1865年閏5月11日に切腹を命ぜられた、
37才の生涯であった。

切腹したのがこの地。
現在は四国銀行帯屋町支店になっており、その前に碑文が建って
います。この付近に、武士の牢屋である揚屋があったという事です。
武市瑞山 殉節の地2.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

平成23年末〜24年年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/244046668.html


posted by 南行 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269450198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック