2012年05月27日

城南宮     (京都市伏見区)

京都市伏見区にある城南宮に行ってきました。

<城南宮>
城南宮.jpg
住所:京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
駐車場あり(無料)
境内自由

平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建され、国常立尊、八千矛神、
神功皇后をお祀りする。
平安時代の末、この地に白河上皇によって城南離宮が造営されると一層
崇められ、城南祭では流鏑馬や競馬が行われた。
また、離宮では方違えの宿所や熊野詣での精進所となり方除の信仰が高まった。
1221年、後鳥羽上皇が城南流鏑馬の武者揃えと称して兵をあつめ、
鎌倉幕府との間で承久の乱が起きたことは名高い。
江戸時代以来、城南祭では三基の神輿が氏子地域を渡御「餅祭り」とも
称され大いに賑わう。
皇室の崇敬あつく、孝明天皇は攘夷祈願の際に行幸されて吹散を賜り、
1868年正月、城南宮に陣をかまえた薩摩藩の大砲が轟き、鳥羽・伏見
の戦いが始まり、明治維新を迎えた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
城南宮に行ってきました。城南宮は何度か行ってるんですけど、ここ
最近行ってなかったので久しぶりの訪問です。
承久の乱や鳥羽伏見の戦いなど、歴史の舞台にもなった城南宮。
今は神苑源氏物語花の庭など、静かな雰囲気の境内。
今回は冬に行ったので、あまり花は咲いていませんでしたが、梅や
枝垂れ桜、つつじ、桔梗などいろいろな花が咲く様です。
そういう四季折々の花を楽しみにも行ってみたいものです。

<城南宮>
城南宮 2.jpg

城南宮 3.jpg

城南宮 4.jpg

城南宮 5.jpg

城南宮 6.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

平成23年末〜24年年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/244046668.html


posted by 南行 at 19:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
承久の乱後は、二頭政治も終わって鎌倉幕府の勢力が増していったんですよね。

そうでしたか、城南宮の流鏑馬のための武者揃えが口実だったとは!
Posted by 旅宿ぶらり at 2012年09月10日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック