2012年09月29日

平安宮一本御書所跡  (京都市上京区)

京都市上京区にある平安宮一本御書所跡に行ってきました。

<平安宮一本御書所跡>
平安宮一本御書所跡.jpg
住所:京都府京都市上京区下立売通智恵光院西入508
駐車場なし

平安時代この付近は天皇の住まいである内裏の東側に当たり、
一本御書所があった。一本御書所は、平安時代中期の948年頃
から『貞信公記』などの文献に現れ、世間に流布した書籍を各
一本(一部)書き写して保管、管理したところで侍従所の南にあっ
て公卿別当をもって長官に任じ、その下に預や書き手などの役が
あった。
『日本書紀』964年10月13日の条には一本御書所え清書し
た222巻を大蔵省の野御倉に遷納したことが記されている。
また平安時代後期には鳥羽天皇や崇徳天皇が度々ここに行幸され
ている。
『平治物語』によると1159年の平治の乱に際して、藤原信頼
らが後白河上皇を一本御書所に押し込めたことが書かれ、つとに
有名である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平安宮一本御書所跡に行ってきました。
たまたま歩いていて通りかかったところにありました。
現地は山中油店というお店になっています。この油店も江戸時代
文政年間の創業という事で、歴史あるお店ですが、そのはるか
昔にはここに一本御書所というものがあった様です。
平治の乱のおり、後白河上皇がここに閉じこめられたという場所
だそうです。
ちょうど大河ドラマで平治の乱を見た直後くらいだったので、
何ともタイムリーだなと思いました。

平安宮一本御書所跡2.jpg

平安宮一本御書所跡3.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

平成24年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/286702986.html


posted by 南行 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294716474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック