2012年10月06日

下御霊神社  (京都市中京区)

京都市中京区にある下御霊神社に行ってきました。

<下御霊神社>
下御霊神社.jpg
住所:京都府京都市中京区寺町通丸太町下る
駐車場なし

平安時代の初期、863年に神泉苑で行われた御霊会で祀られた
早良親王、伊予親王、藤原吉子、藤原広嗣、橘逸勢、文屋宮田麻呂の
六座に、吉備聖霊と火雷天神を加えた八座、即ち八所御霊を出雲路の
地に奉祀したのが始まり。
いずれも無実の罪などにより非業の死を遂げた人物で、疫病流行や
天変地異はこの怨霊によるものと考えられ、それを鎮めるために御霊
が祀られた。
1590年に豊臣秀吉の命により当地に移転。
古来より京都御所の産土神として崇敬され、享保年間に霊元天皇が
行幸し、震筆の祈願文を納めている。

下御霊神社2.jpg

下御霊神社3.jpg

下御霊神社に行ってきました。
えん罪で殺された人物を祀る神社。今みたいに公正な裁判もなく、
貴族の勢力争いなどで陥れられ殺された人も多かったでしょう。
そんな人たちの呪いで天変地異などが起こっているのではないか
という事で、お祀りする神社がここという事です。
昔はそういう話あったんでしょうね。
菅原道真の呪いで、藤原時平が死んだとかいう話もありましたし。

平成24年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/286702986.html


posted by 南行 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック