2007年01月04日

川中島古戦場  (長野県長野市 古戦場 観光名所)

長野県長野市にある川中島古戦場(八幡原史跡公園)に行ってきました。

<川中島古戦場>
川中島古戦場
住所:長野県長野市小島田町
駐車場あり(無料)
見学自由

戦国時代、上杉家・武田家とくれば川中島戦いが有名です。
ちょうど今年の大河ドラマも山本勘助という事で、クライマックスはこの
川中島の戦いになるんだと思います。
川中島の戦いは一回の戦いではなく、複数回の戦いの総称なのですが、一番
有名なのは山本勘助のキツツキ戦法が採用された、1561年の4回目の
川中島の戦いです。
その時の激戦地が、ここ八幡原で歴史上名高い上杉謙信と武田信玄の一騎打ち
が行われた場所です(史実ではないという話も・・)

今回の旅は上杉の歴史という事で、帰り際に友達を連れて川中島へ。
川中島の激戦地八幡原は、今は公園として整備され、長閑な雰囲気です。
そんな一角に、かの有名な一騎打ちの銅像があります。

武田信玄・上杉謙信一騎打ちの像

この銅像は、かなりいけてます。
想像の一騎打ちのシーンを見事に表した銅像だなと思います。
もちろん、写真撮影スポットという事で、記念撮影の人も次から次へと
順番待ち状況です。

のどかで、ここが激戦地だったとは思えない場所ですが、川中島古戦場は
是非一回は訪れたい観光地かと思います。
今年は大河ドラマの地なので、混み合いそうですね。

上杉の歴史巡りと地酒ツアー
http://rover.seesaa.net/article/26422774.html

川中島古戦場

<執念の石>
執念の石
一騎打ちの後、信玄の家臣原大隅は、謙信を槍でついたが、結局謙信を
取り逃がしてしまいます。その悔しさのあまり、そこにあった石を槍で
一突きにしたそうです。
それがこの執念の石。確かに穴があいてます。
この話、本当なんでしょうかね・・・。

<佐久間象山像>
佐久間象山
幕末の思想家、佐久間象山の銅像もあります。
佐久間象山はここからほど近い、松代藩の下級武士の子だったからでしょうか。松代には象山神社なんてのもあります。

posted by 南行 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30828780
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

川中島の戦い
Excerpt: 天文22年(1553年)4月、村上義清の要請を受けた長尾景虎が5,000の軍勢を率いて信濃川中島に進出してくる(第1次川中島の戦い)。せやけどダンさん晴信も景虎も軍を積極的に動かすことなく、5月には両..
Weblog: 超どフリーなブログ
Tracked: 2007-02-10 13:03