2013年06月15日

新島襄寄港の地碑    (青森県風間浦村)

青森県風間浦村にある新島襄寄港の地碑を見てきました。

<新島襄寄港の地碑>
新島襄寄港の地.jpg
住所:青森県下北郡風間浦村下風呂
駐車場あり

<現地解説>
新島襄先生(1843〜1890年)が洋式帆船快風丸で江戸から函館に航海中、
この下風呂に寄港されたのは1864年4月18日〜20日にかけてで、ときに
21歳であった。温泉の快さや当地での見聞を詳しく『函館紀行』に書きとめ、
江戸の厳父にも手紙で伝えている。
この寄港から2ヶ月後の6月14日、新島襄先生は国禁を犯して函館から脱国し
アメリカのアーモスト大学などに学ぶこと10年。
明治7年(1874年)に帰国し、翌年京都に同志社英学校を開設された。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下風呂温泉の海沿いに海峡いさりび公園という公園があるのですが、ここに
新島襄寄港の地碑があります。
函館からアメリカに渡る前に、下風呂温泉に立ち寄った様です。
下風呂温泉というと、井上靖の『海峡』が有名ですが、新島襄関連の地でも
あることを今回初めて知りました。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html


posted by 南行 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366479677
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック