2013年06月16日

大檀口古戦場    (福島県二本松市)

福島県二本松市、戊辰戦争の古戦場である大檀口古戦場に行ってきました。

<大檀口古戦場>
大檀口古戦場 二勇士の碑.jpg
住所:福島県二本松市向原
駐車場あり

<現地解説>
ここが戊辰戦役に木村銃太郎を隊長とする二本松少年隊奮戦の地である。
隊長はここで戦死。また少年隊を援護して壮絶な戦死を遂げた青山助之丞、
山岡栄治の二勇士の奮戦の地でもある。
1868年7月29日未明、三春藩の突然の降伏により二本松の横腹を突く
形となった西軍は、潮のごとく二本松城下に押し寄せたが、血気盛んな壮年
各守備口に出陣しており、藩はやむなく少年隊に出陣を命じた。
木村銃太郎率いる少年隊は12〜17歳までの少年の一隊で、獅子奮迅の戦い
は西軍を悩ませましたが、衆寡敵せず、維新の夜明けを前にして可憐な花を
散らせたのであった。
大檀口に出陣した二本松少年隊は63名のうち22名で、戦死者は隊長
木村銃太郎をはじめ16名、戦傷者6名であり戊辰戦争史上特筆すべき一大
決戦の地である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
国道4号線から東北自動車道二本松ICへ向かって走ると、東北本線の
跨線橋の手前に「大檀口古戦場」の看板があります。
前から気になってはいたのですが、今年になって初めて車を降りて碑を
見てきました。
ここは戊辰戦争の古戦場。有名な白虎隊とは違って、二本松少年隊につ
いてはあまり知られていません。歴史の教科書などで、もっと表に出して
も良い史実かなと思います。
この大檀口で、薩摩藩の野津道貫ら率いる西軍と二本松少年隊が激突。
砲撃で西軍を悩ませたものの、隊長をはじめ16名の戦死者を出し二本松
少年隊は退却という戦いです。

現地には、隊長木村銃太郎戦死の地という石碑があります。
大檀口古戦場 木村銃太郎戦死の地.jpg

平成25年4月14日に訪問しました。その時、ちょうど桜が見頃で、
夕暮れと桜が「強者どもが夢のあと」という感じを醸し出しているような
気がしました。

大檀口古戦場2.jpg

大檀口古戦場3.jpg

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html


posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366583046
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック