2013年09月11日

如来堂・新選組殉難の地  (福島県会津若松市)

福島県会津若松市にある如来堂に行ってきました。

<如来堂>
新選組殉難の地2.jpg
住所:福島県会津若松市神指町如来堂
駐車場あり

<如来堂・新選組殉難地>
1868年9月4日、山口次郎こと斎藤一ら新選組隊士が守備したここ如来堂
が新政府軍によって襲われ、隊士が全滅したとされる場所である。
近藤亡き後、会津に入った土方歳三率いる新選組は母成峠防衛の任となるが、
西軍の攻撃の前に敗走した。庄内へ援軍を求めて会津を離れようとする土方に
対し、山口は会津藩主松平容保への恩義から「今、落城せんとするのを見て
志を捨て去る、誠義にあらず」と、会津に残留して徹底抗戦を主張した。
会津を去った土方とは対照的に、山口は20名ばかりの隊士とともにこの地に
宿陣していたが、西軍の攻撃を受けて全滅したとされている。
ここ会津で隊長として新選組を率いた山口においては会津藩が降伏開城した
後、藩士と共に斗南藩に移り、苦渋をともにしたのち、大正の世まで生き抜いた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
如来堂に行ってきました。ここは戊辰戦役の古戦場で、西軍の攻撃の前に
山口次郎こと斎藤一の率いる新選組軍がやられた場所です。

新選組殉難の地.jpg

田んぼの広がる一帯の中、小さな森があり、そこにこの如来堂はあります。
また、ここから数十メートルの所には直江兼続が関ヶ原の戦いの折に築城
したという神指城跡があります。

今年の大河ドラマにも斎藤一は出ていますが、斎藤は義の人ですね。
同じく義に生きた上杉家、また直江兼続のゆかりの地でつながるのも
興味深いですね。

平成25年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/372055300.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html


posted by 南行 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374557611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック