2013年09月25日

雲井御所跡 / 崇徳上皇御所   (香川県坂出市)

香川県坂出市にある雲井御所跡に行ってきました。

<雲井御所跡>
雲井御所跡.jpg
住所:香川県坂出市林田町
駐車場なし

<現地解説>
この地は保元の乱で敗れた崇徳上皇が配流となり、仮の御所として過ごされた場所と
伝えられ、1835年高松藩主松平頼恕公により雲井御所の碑が建立されている。
保元の乱は平安時代末期、摂関家の藤原頼長と忠通の争いと、皇室である崇徳上皇と
後白河天皇の争いが結びついて激しさを増し、1156年、鳥羽法王の死を契機とし
て一気に激化した争乱である。結果は崇徳上皇側の大敗に終わり、上皇は讃岐に配流となった。
当時38歳の崇徳上皇は、国府の目代である綾高遠の館を仮の御所と伝えられている。
仮の御所で3年を過ごされ、都を懐かしく思い、その御所の柱に御詠歌を記されたとされ、
その一首に
「ここもまた あらぬ雲井となりにけり 雲行く月の影にまかせて」
と詠まれたことから雲井御所と名付け、この地は雲井の里というと伝えられている。

雲井御所跡2.jpg
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
坂出市に数ある崇徳上皇がらみの史跡のひとつ、雲井御所跡です。
保元の乱で配流されて、この地を仮の御所として3年間過ごしたそうです。
現在は江戸時代に造られた碑があるのみです。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

平成25年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/372055300.html


posted by 南行 at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 香川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲井御所碑の裏面はどうなっていますか?
それと、碑の隣の御堂はなんとういう名前の御堂で、由緒はあるのでしょうか?
Posted by なお at 2014年08月27日 15:29
なおさん、こんにちは。

質問いただきましたが、そこまで詳しいことは分かりません。
申し訳ありませんm(__)m
Posted by けんけんけん at 2014年08月29日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375730682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック