2014年08月22日

小松帯刀像    (鹿児島県鹿児島市)

鹿児島県鹿児島市にある小松帯刀の像を見てきました。

<小松帯刀像>
小松帯刀像.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市山下町5−9
駐車場なし

<現地解説>
小松帯刀は1835年、喜入領主肝付家の三男として生まれ、20歳で吉利
の領主小松家の養子となり、小松帯刀と名を改めました。子供の頃から学問や
武芸に優れ、27歳で家老となり西郷隆盛や大久保利通などを重要な役目につ
けました。
寺田屋事件、生麦事件、薩英戦争を乗り切り、薩長同盟を結ぶなど明治維新に
向けて活躍しました。維新後も外交官など要職につきましたが34歳で亡くなり
ました。
この小松帯刀像は1867年に15代将軍徳川慶喜が二条城に諸大名を集めて
大政奉還すべきかどうか問うたとき、薩摩藩城代家老であった小松帯刀が
「大政奉還すべき」として他藩にさきがけて記帳したときの様子をイメージして
造られたもので、三公像(島津斉彬、島津久光、島津忠義)の建つ照國神社を
向いて建立されています。

小松帯刀像2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鹿児島市内、鹿児島市立中央公民館前にある小松帯刀像を見てきました。
場所で言うと、西郷隆盛像の目の前にあります。
小松帯刀はさきの大河ドラマ『篤姫』で準主役の様な形で紹介された
為一般にも知られる様になりました。
維新の影の立役者です。
この銅像も派手さは無いですが、格好良いですね。

平成26年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/403847749.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404177449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック