2014年08月31日

城井神社     (大分県中津市)

大分県中津市にある城井神社に行ってきました。

<城井神社>
城井神社.jpg
住所:大分県中津市二ノ丁
駐車場あり(無料)
境内自由

<現地解説>
城井谷城主宇都宮家は信房より鎮房に至る16代およそ400年の間
豊前国守として徳政を布いた。
1587年5月豊臣秀吉は九州平定にあたり豊前六郡を黒田官兵衛に、
二郡を毛利勝信に与え、鎮房には四国今治12万石に移封の御証判を
与えた。
鎮房は累代の墳墓の地の安堵を願い、このご朱印状を返上したため、
宇都宮一族は黒田官兵衛、長政と豊前の地で死闘を繰り返す事となり、
黒岩山合戦では長政を敗退させた。
そこで秀吉は官兵衛と謀り所領安堵を条件として、長政と鎮房の息女
千代姫との婚を約し和睦した。
1588年4月20日鎮房は中津城に招かれ酒宴の席で謀殺された。
1591年、長政は深く感ずる処があって城内守護紀府大明神として
鎮房を祀り、福岡移封後はその地に警固大明神として祀った。
1705年、小笠原長円は小社を建て城井大権現として崇め、その後
幾度かの変遷の後、城井神社として改められた。

城井神社3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成26年1月29日、大分県中津市の城井神社に行ってきました。
中津城の敷地の一角に城井神社はあります。
この神社は、豊前に移封した黒田官兵衛・長政親子と争った武将宇都宮
鎮房を祀った神社です。

城井神社2.jpg

城井神社3.jpg

宇都宮鎮房は中津城で謀殺され、その家臣は合元寺で激戦の末討ち取られ
ました。

【合元寺】
http://rover.seesaa.net/article/388830641.html

この城井神社は黒田長政によって中津城の一角に建立されたものだそうです。
敵将を自分の城に祀るという事は大変珍しいと思います。
それだけ、思うところがあったんでしょう。
黒田官兵衛の戦いの中で、唯一後味の悪い戦いがこの戦いという事になりそう
です。

城井神社の脇には扇城神社という神社があります。

扇城神社.jpg
こちらは宇都宮鎮房の従臣が祀られています。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404665680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック