2014年10月15日

稲積水中鍾乳洞    (大分県豊後大野市)

大分県豊後大野市にある稲積水中鍾乳洞に行ってきました。

<稲積水中鍾乳洞>
稲積水中鍾乳洞.jpg
住所:大分県豊後大野市三重町中津留300
駐車場あり(無料)
入場:1200円

<現地解説>
稲積水中鍾乳洞の始まりは、今からおよそ2億数千万年前、日本列島の
骨格を制するとされる地層が形成された太古の昔に遡ります。地球上では
恐竜が全盛期を迎え、人類が出現、やがて氷河期に入ろうとしていました。
ちょうどその頃、稲積水中鍾乳洞の原形が誕生したと考えられています。
鍾乳石の発達が始まったのは今から30万年前とされており、今からおよそ
8万5000年前に起こった阿蘇山の大噴火によって、この鍾乳洞は完全に
水没してしまいました。
その後長いときが流れ、ある日、白山川で川遊びをしていた地元の子供たちが
水中に穴を見つけました。これが鍾乳洞の入り口でした。
この偶然の発見によって、昭和51年、専門のダイバーによる調査と観光開発
が始まり、昭和52年10月15日観光洞窟としてオープンしました。
まず水中洞が公開され、平成3年に新生洞が公開されました。
人口のトンネルによって、いくつかの自然の空洞を連結した洞内は、水中洞、
新生洞それぞれ300m、世界的にも大変珍しい貴重な水中鍾乳洞が私たち
の前にその姿を現したのです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
稲積水中鍾乳洞に行ってきました。
水中鍾乳洞という名前だけあって、洞内にはいくつもの地底湖の様なものがありま
した。どこまで続いているのか分からない様な深いものです。
ライトアップもありとても神秘的な風景です。

地底湖の大きさでは岩手県の龍泉洞も大きいですが、こちらは小さいながら洞内に
沢山の湖というのか、水穴がありとても美しいです。
入場料は高いですが、見る価値は充分ありました。

<稲積水中鍾乳洞>
稲積水中鍾乳洞2.jpg

稲積水中鍾乳洞4.jpg

稲積水中鍾乳洞3.jpg

稲積水中鍾乳洞6.jpg

稲積水中鍾乳洞5.jpg

稲積水中鍾乳洞7.jpg

平成26年夏旅
http://rover.seesaa.net/article/403847749.html

日本の名水巡り
http://rover.seesaa.net/article/21971174.html

[ここに地図が表示されます]

稲積水中鍾乳洞には他にいろいろな施設などがあります。

<昭和タイムトリップ館>
稲積水中鍾乳洞 あやしげな6.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな7.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな8.jpg
昭和タイムトリップ館には、昭和レトロを感じる展示などがあります。

あとはあやしげな像やら恐竜やら、サイやら
ここはいったいなんなんでしょう(^^;

稲積水中鍾乳洞 あやしげな3.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな5.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな4.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな2.jpg

稲積水中鍾乳洞 あやしげな1.jpg
posted by 南行 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック