2015年03月01日

助川海防城跡      (茨城県日立市)

茨城県日立市にある助川海防城跡に行ってきました。

<助川海防城跡>
助川海防城跡.jpg
住所:茨城県日立市助川町5丁目10番4号
駐車場なし(多分無いと思う)

<現地解説>
水戸藩9代藩主徳川斉昭公は、天下に率先して海防の重要性を強調し、
1836年家老山野辺義観を海防総司という新設の重職に任命し、太平洋
を一望におさめるここ助川村の高台、要害の地形に拠って城郭を築いて
居住させ、異国船の無断侵入に備えさせた。
これが助川海防城である。これを海防城と通称するのは、一大名の城と
異なり、わが国にも当時類例の無い海防を目的とする城郭だったからで
ある。
この城は完成までに5年の歳月を要し、総面積は約68万兵法メートル
で、助川小学校の校門付近にあった館入り口から三の丸、二の丸、本丸
と進むに従って高く、本丸には、異国船を見張る櫓もあった。

<助川海防城全体図・クリックすると拡大します>
助川海防城跡6.jpg

海防城は1864年9月、幕府水戸藩の内乱の時に焼失し、当時の遺構
としては本丸表門の礎石の一部と、二の丸にあった鳩石だけとなった。

大佛次郎の『夕顔小路』に、この海防城の落城前後の模様が興味深く
書かれている。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日立市にある助川海防城跡に行ってきました。
徳川斉昭は海防の重要性を認識して、この海防城を築城させたというお話です。
1836年というと、まだ世の中は水野忠邦の天保の改革の最中という頃で、
その先進性に驚かされます。まあ幕末にはペリーの来航以前から異国船が来て
いたわけで、それに真っ先に対応したという事ですね。

<助川海防城跡>
助川海防城跡4.jpg

助川海防城跡2.jpg

助川海防城跡3.jpg

助川海防城跡5.jpg
遠くに太平洋を一望出来ます。
城の規模も非常に大きいです。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414884554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック