2015年05月17日

田辺城      (京都府舞鶴市)

京都府舞鶴市にある田辺城に行ってきました。

<田辺城>
田辺城.jpg
住所:京都府舞鶴市南田辺15−22
駐車場なし(近隣コインパーク利用)

<現地解説>
田辺城は舞鶴城とも称され、その築城は戦国群雄のなかで智将であり歌聖と
言われた細川藤孝が1580年8月、織田信長より丹後国をあてがわれ、摘子
細川忠興とともに縄張りしたことにはじまり、1582年に完成したと言われ
ている。
1600年7月、石田三成方15000騎の大軍に攻められた細川藤孝は、わず
か500人の兵力で田辺城に籠城して50余日を戦った。
古今和歌集の秘伝の継承者であった細川藤孝が八条宮智仁親王の使者に古今相伝
の箱に和歌一首を添えて献上した、世に言う古今伝授は籠城のさなかの事である。
その後細川忠興は関ヶ原の戦いの功により豊前中津に加封され、代わって京極高知
が入国。1622年京極高知の遺命により丹後国を二分し、庶子の京極高三が
城主となって3万5000石を領し田辺藩が成立した。
1668年京極氏が但馬豊岡に移封のあと牧野親成がこれにかわり、以後牧野氏
が明治2年の版籍奉還まで代々田辺藩主として在城した。

城は細川氏の築城後、京極氏・牧野氏が拡張・改修を行い現在の舞鶴公園地にあた
る本丸を二の丸・三の丸・外曲輪とそれぞれの堀が囲む輪郭形式の平城として整備
されさたに東の伊佐津川、西の高野川、南の低湿地、北の湾海は惣構としての役割
をはたした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
舞鶴市にある田辺城に行ってきました。
田辺城は別名「舞鶴城」と言い、明治維新後に城の名前から舞鶴藩と改称された
事から現在の地名舞鶴市の由来になったものです。

田辺城が歴史的な表舞台に出るのは関ヶ原の戦いです。
石田三成方の小野木重勝や前田茂勝率いる15000の兵に対し、500余の兵力で
籠城した細川藤孝の籠城戦です。
最終的には後陽成天皇の仲介で和解。藤孝は城を明け渡しますが、2ヶ月近く
15000の兵をくぎ付けにし、この兵力は関ヶ原に駆けつける事が出来なかったと
いう事で、関ヶ原の戦いにも影響を及ぼした籠城戦と言えるかと思います。

現在田辺城は昭和に入ってから再建された二層櫓の彰古館があり、簡単な博物館とし
て田辺城の歴史などが展示されている他、舞鶴公園として憩いの場となっています。

<田辺城>
田辺城2.jpg

田辺城3.jpg

田辺城4.jpg

田辺城5.jpg

平成27年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/418505052.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

<舞鶴城・心植園>
心種園.jpg

心種園2.jpg

心種園3.jpg
posted by 南行 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419132116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック