2016年07月31日

日本最古のコンクリート電柱   (北海道函館市)

北海道函館市にある日本最古のコンクリート電柱を見に行ってきました。

<日本最古のコンクリート電柱>
日本最初のコンクリート電柱.jpg
住所:北海道函館市末広町15-1
駐車場なし

<電柱について>
日本最初のコンクリート電柱2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日本最古のコンクリート電柱を見てきました。
1923年の電柱です。1923年と言えば関東大震災の年ですね。
90年以上現役の電柱です。それまでの電柱は木の電柱でしたが、
元北海道拓殖銀行函館支店が鉄筋コンクリート造りで新築された際に
釣り合いをとるためにコンクリート製の電柱になったそうです。

何気なくある電柱に歴史あり。こういうのも観光の醍醐味ですね。

平成28年初夏旅 箱館戦争史跡巡り
http://rover.seesaa.net/article/438773499.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック