2016年11月27日

船岡城址    (宮城県柴田町)

宮城県柴田町にある船岡城址公園に行ってきました。

<船岡城址>
船岡城址.jpg
住所:宮城県柴田郡柴田町船岡館山95−1
駐車場あり(無料)

<船岡城址公園について>
船岡城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
船岡城址公園にに行ってきました。前にも来たことがありますが、ここ
もだいぶあいていたので、久しぶりに行ってみることにしました。
船岡城は1200年頃に芝田次郎という人物によって築城されたお城で、
16世紀初頭に伊達家が支配するようになりました。
伊達家の家臣原田氏が入城しますが、江戸時代におこった伊達騒動で
原田甲斐が自刃し原田氏が断絶したため、柴田氏が入城します。

山本周五郎の小説『樅の木は残った』は伊達騒動を題材としたもので、
大河ドラマにもなった事から船岡城が注目されることとなりました。
主人公の原田甲斐は船岡城の生まれです。

<樅の木>
船岡城址 樅の木.jpg
小説の題材にもなった樅の木です。

<原田甲斐供養塔>
船岡城址 原田甲斐供養塔.jpg

船岡城址 原田甲斐供養塔2.jpg

城址は公園になっています。
山頂へは急な坂道を登ることになります。急坂を登りますので、かなりの体力が
必要です。ただ、モノレールみたいな乗り物(有料)があって、それを使えば
楽々で山頂まで登れます。
僕は、歩いて登頂しました。

山頂には船岡平和観音像があり、柴田の町を見下ろします。
船岡城址2.jpg

ここからの景色は良いですね。
蔵王の山々を遠くに眺める事が出来ます。ここからなら敵の動きも良く
見えますね(^-^)

<船岡城からの景色>
船岡城址からの景色.jpg

船岡城址からの景色2.jpg

船岡城址からの景色3.jpg
下に見える並木は、桜の名所で名高い白石川堤一目千本桜です。
春に来てみたいものです。

<大きな写真・クリックすると拡大します>
船岡城址からの景色 大.jpg

平成28年秋旅1
http://rover.seesaa.net/article/442550291.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック