2020年02月05日

令和2年冬旅 八丈島 

令和2年2月4日・5日の2日間で八丈島に行ってきました。

ここ3年連続で2月に沖縄に行っておりました。本島は行くところはほぼ行った
感があったので、今回は石垣か宮古島に行きたいなと考えておりました。

ところが、ネットを調べたところ、昨年の台風19号のふっこう割なるものがあって、
対象地に宿泊旅行をすると国から補助金が出るという事を知りました。
東京も対象で、八丈島旅行も含まれまれていました。

いつか八丈島にも行きたいと思っていたので、今回は沖縄を見送り八丈島に行くことに
しました。

<1日目:2月4日、天気晴れ>
朝7時半のANAで八丈島に向かいます。
羽田から八丈島は300キロ弱。離陸して30分ほどで八丈島空港に到着しました。

レンタカーを借りて旅スタートです。
ekwagon八丈島.jpg
今回の車種は三菱のekワゴンです。
当然と言えば当然なんですが、品川ナンバーです。ちょっと違和感が(笑)

南原千畳岩海岸
南原千畳岩海岸.jpg
八丈島に来てびっくりすのが、この溶岩海岸です。さすが火山の島ですね。
溶岩が冷えて出来た溶岩の海岸が広がっています。

宇喜多秀家.jpg
南原千畳岩海岸には宇喜多秀家と豪姫の像があります。
八丈島に来たら絶対行こうと思っていました。関ヶ原で敗れた宇喜多秀家は八丈島
に流され、この地で亡くなっています。

服部屋敷訪問
→毎日10時から郷土の演舞があるというので行ったのですが、どうもこの日は休業
の様でした。

大坂トンネル展望台
大里の玉石垣の町並み
硫黄沼

「いそざきえん」で昼食
いそざきえん昼食.jpg
豪華昼食です(^-^)

裏見ヶ滝
裏見の滝付近.jpg
八丈島の南側は植生が南国風です。八丈島は北と南で地質が違う為植生が変わります。
南側は南国風の雰囲気。蘇鉄やシダなどが生い茂ってました。

八丈島地熱館

地熱館に登る道沿いに桜が咲いてました。今年初桜堪能しました(^-^)
八丈島桜1.jpg

八丈島桜2.jpg

名古の展望台
八丈島灯台

登龍峠展望台
登龍峠.jpg
「のぼりょうとうげてんぼうだい」です。八丈島の展望スポットのひとつ。
北の八丈富士を綺麗に見る事が出来ます。
ここはとても良かった。

八丈島ジャージーカフェで休憩
パッションフルーツパフェ.jpg
八丈島名物パッションフルーツのパフェです。
今回のツアーに、この店で使える500円分のクーポン券が付いていたので利用しました。

アロエ園
八丈小島展望台
遊び平牧野看視舎
夕日ヶ丘で夕暮れを眺める
夕日ヶ丘 八丈小島.jpg
綺麗な夕陽を眺める事が出来ました。

夜は八丈島の居酒屋で軽く晩酌。
繁刺身.jpg
刺身盛り合わせ。

繁トビウオくさや.jpg
八丈島や伊豆諸島はくさやが名物。トビウオのくさやを食しました。
八丈島の焼酎とよく合いました。

繁島寿司.jpg
そんでもってどうしても食べたかった島すし。
いつも磯丸水産で〆は島すしなんですが、本場で食べたかったもので。
とてもおいしかったです。

ロッジオーシャン泊

<2日目:2月5日、天気:雨のち晴れ>
朝起きたら外は雨。雨なんて聞いてないんですが・・・。
事前の予報だと曇り時々晴れだったはず。困りました。
まずは朝食。

ロッジオーシャン朝食.jpg
ロッジオーシャンの朝食です。シンプルながらおいしかったです。
ロッジオーシャンさんは接客も丁寧でとても良かったです。八丈島に行く際は
また泊まりたい宿です。

2日目観光スタートです。幸い宿を出る事には雨があがりました。

宇喜多秀家の墓及び住居跡
宇喜多秀家の墓.jpg
今回の目的地のひとつ、宇喜多秀家の墓を参拝しました。墓の近くには住居跡も
ありました。

八丈島歴史民俗資料館

長友ロード
長友ロード.jpg
サッカーの長友選手が自主トレをしているという坂道が八丈島にあります。
長友ロードと名付けられ、モニュメントが造られました。
長友選手のサインが書かれています(^-^)
長友ロードに来た頃には青空が見えてきました。

八丈富士牧野・ふれあい牧場

これで観光終了です。
レンタカーを返却しなくてはいけないので給油。
八丈島ガソリン.jpg
八丈島のガソリンスタンドって価格が表示されてないんですよ。
レンタカー屋に指定されたスタンドで給油したら、何とびっくり価格。
レギュラーがリッター197円!!!
地元川越だと138円だったので60円近い価格差が。
離島だと輸送コスト分高くなりますね。驚きました。

空港近くの菜々屋さんで昼食。

13時50分発のANAで羽田へ。
16時半位に家に帰りました。

1日半で観光的にはちょうど良い感じでした。
2日あったら1日は八丈富士登山とかにあてれば良いかなと思います。
初の八丈島堪能出来て良かったです(^-^)

posted by 南行 at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: