2005年10月16日

顔振峠   (埼玉県越生町 飯能市 展望スポット 観光名所)

埼玉県飯能市、越生町の境にある顔振峠(こうぶりとうげ)です。

<顔振峠>
顔振峠.jpg
飯能側からは国道299号より高山不動方面へ。標識で「顔振峠」
と出ています。越生側からは黒山三滝の脇をぬけ山を登れば着きま
す。

名前の由来は、今大河ドラマでやっている義経主従が、奥州へ落ちる
最中にここを通りかかり、義経があまりの景色の良さに何度も振りむい
たというものや、弁慶が疲れて顔を振ったからとも。
でも、義経主従は日本海側を安宅の関を越えて奥州に向かった事を
考えると、ここを通ったというのはありえない話ですよね。
まあ奇説ですね。
歴史上では、飯能戦争に破れた渋沢成一郎の一隊が、飯能の能仁寺から
顔振峠をこえて黒山に逃れています。

<ひとこと>
ここは絶好の展望スポットです。
秩父方面の山々を一望できます。
上の写真はもう何年もまえに撮影した顔振峠の夕暮れです。
夕日見るのにも良い場所ですよ。
道が狭いので、車の運転には注意が必要です。バイクの方も
多いので慎重に。

顔振峠2012.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html


posted by 南行 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8220041
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

顔振峠
Excerpt: 弁慶が疲れて顔を振ったとか、義経が景色の良さで何度も振り返ったからとも言われる峠。
Weblog:
Tracked: 2005-12-04 17:14