2005年10月19日

新田義貞公像   (群馬県太田市 銅像)

群馬県太田市、太田駅前にある新田義貞公像です。

<新田義貞・群馬県太田駅前>
新田義貞公像_大田駅前.jpg

新田氏は源義家を祖とし、新田の荘を開発し領した。
1333年に新田義貞は後醍醐天皇の呼びかけに応じ、生品神社に挙兵。
一路鎌倉へ攻め入り、小手指ヶ原、分倍河原で鎌倉幕府軍を破り、鎌倉幕府を滅亡においやる。
建武の新政においては左兵衛督に任ぜられ、武者所の長となる。
その後もいろいろ話はあるが、建武の新政は破綻し、南北朝時代へ。
南朝方につく新田義貞は足利尊氏と抗争の末、1338年越前国藤島燈明寺畷
で戦死する。

<ひとこと>
群馬県太田市(旧新田町含む)には新田義貞関連の史跡が多々存在します。
太平記の面影をたどる太田の町を散策してみるのも良いですね。
燈明寺畷(福井市)には新田義貞を祭る碑があります。

<太田市の新田義貞関連史跡>
金山城
金龍寺
生品神社
反町館跡
円福寺

新田義貞像


posted by 南行 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8357095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

太田駅前 新田義貞像
Excerpt: 太田駅前の新田義貞像です。
Weblog:
Tracked: 2005-12-04 16:01