2005年11月07日

渋温泉@玉久旅館   (長野県山ノ内町 温泉)

信州山ノ内町の渋温泉に行ってきました。

<渋温泉由緒>
奈良時代、僧行基によって発見された温泉で、1200年の歴史を
誇ります。江戸時代には松代藩真田氏の所領下に入り、小林一茶や葛飾北斎、
佐久間象山などが訪れています。
本陣つばたやは真田氏の本陣の宿であり、夏目漱石や若山牧水などが
逗留した宿でもあります。
「渋温泉ホームページ」
http://www.shibuonsen.net/index.html
渋温泉ポスター2.jpg

<渋温泉・玉久旅館>
http://www15.ocn.ne.jp/%7Etamakyu/
渋温泉玉久旅館.jpg
今回お世話になったのは、渋温泉玉久旅館。
楽天トラベル経由で予約して行ってきました。
料金は1泊2食付夕食にビールも付けましたが、
1万円以下で堪能してきました。

部屋に入ると、漬物、饅頭、お茶を用意して
いただけました。この漬物がなかなかおいしい。
渋温泉つけもの.jpg

部屋には猿が窓を開けて進入するので、鍵をかけて
くださいという貼紙が・・。どこからか猿が来る様です。

渋温泉といえば、有名な外湯めぐり。
温泉街に10ヶ所の外湯があり、温泉宿泊客のみ入る事が出来ます。
宿では、外湯に入る為の鍵を受け取ります。
この鍵で外湯を巡ります。(食事前に1ヶ所入りました)
【外湯めぐりの鍵】
渋温泉外湯巡り札.jpg

いよいよ待ちわびた食事。
値段も安かったので、どんなものかな〜と思ったのですが、料理は
大変良かったです。
なぜか山の旅館でもマグロの刺身とか出るところが多いですが、ここ
にはそれは無く、料理も一品一品工夫された大変良いものでした。
食前にビールを一杯。何か人生幸せだな〜と思う瞬間ですね。
【玉久旅館の夕食】
渋温泉玉久旅館夕食.jpg

ちなみに、量が多くてかなり満腹。ちょっと無理しました。

食後しばらくしてから外湯めぐり。結局外湯は3ヶ所めぐりました。
外湯めぐりをする時に、各旅館で下駄を貸してくれます。
下駄のカランコロンという音が温泉街に響くあたり、ふと城崎温泉を
思い出しました。この雰囲気城崎そっくり。城崎も外湯めぐりするん
ですよ。温泉街の雰囲気も似てますし、共通するものを感じました。
【外湯めぐり】
渋温泉外湯.jpg

締めは内湯。玉久旅館のお湯は地獄谷から引いたものだそうです。
鉄分が含まれている様で、鉄系のにおいと若干にごりがありました。
源泉かけながし、加水なしです。
外湯も場所毎によって源泉も異なり成分が違いますので、いろんな
お湯が楽しめます。


<感想>
日本の温泉いろいろ行ってきましたが、渋温泉は非常に良い僕好みの
温泉街でした。泉質、料理、温泉街の雰囲気すべて良かった。
泊まった玉久旅館さんが良かったというのもあるんですけどね。
雰囲気はまさに城崎温泉と共通するところがあります。城崎でも
外湯めぐりしましたが、下駄の音が良い感じなんですね。

ひとつだけなんですが、源泉の温度が高いので、かけながしで加水なし
というのは非常に熱いんです。内湯も外湯もちょっと熱かった。
まさに江戸っ子は熱いお湯が好きだ!状態で、ぬるいお湯にゆっくり
つかるのが好きな者にはつらいところです。
出来れば源泉のお風呂と、加水のぬるめのお風呂とあれば尚良いと思った
りしました。

渋温泉の温泉街の雰囲気を別記事で写真で紹介しようと思います。

<玉久旅館のご予約は>
渋温泉 玉久旅館
渋温泉 玉久旅館
posted by 南行 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(2) | 宿・ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。渋いですねぇ、羨ましいです。ぼくは(宿に)泊まりがけの旅行はあまりしたことがないのですが、こういうのを見てしまうと、うずうずして来ます。熱い湯も好きです。
ときに、行った先が同じ長野でもぜんぜん違いますね :-D 長野県、大きいです。それにしても怒濤のアップで読むのが追いつきません... (^^;
Posted by hiroaki at 2005年11月09日 00:35
hiroakiさん、こんばんは。

僕も以前は車中泊&立ち寄り湯で全国を
巡っていましたが、温泉宿は良い!と最近
特に思う様になりました。
まあ最近は彼女と別れ、一人旅になりましたが・・・(^^;

まだまだ書きたいこといっぱいあるんで
すよね。書ききれない状態です。
GWの青森竜飛岬、7月に福井〜京都方面へ、それで8月は長崎に、他にも仙台や
名古屋あたりには何度か行ってたりする
ので、その辺の話しも書いて行きたいと
思ってます。

今は、間近に迫った紅葉シーズン情報を
書き込んで行こうと思ってます。

Posted by けんけんけん at 2005年11月09日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

尼崎やまとの湯
Excerpt: 京阪神を中心に温泉・銭湯情報を紹介しています。 参考にしていただければ幸いです
Weblog: 温泉情報局
Tracked: 2005-11-07 22:57

渋温泉/渋温泉
Excerpt: 渋温泉について悩みを解決するには、まずは渋温泉についての正しい知識が必要です。そこで、渋温泉についての情報を集めました! 渋温泉について調べて、渋温泉に関する悩みを解決しちゃいましょう! 渋温泉..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-03-04 16:08