2016年10月24日

沼田真田丸展    (群馬県沼田市)

群馬県沼田市で開催している大河ドラマ『真田丸』展に行ってきました。

<真田丸展>
沼田 真田丸展.jpg
住所:群馬県沼田市群馬県沼田市下之町888(駐車場住所)
入場料:500円(JAFで100円割引あり)
9時〜17時
駐車場は1時間まで無料

沼田で開催されている真田丸展に行ってきました。
上田で開催している真田丸展には行ったんですが、沼田でもやっているの
は知りませんでした。

沼田は真田ゆかりの地。沼田城、そして名胡桃城は秀吉の北条攻めのきっか
けにもなったお城です。
沼田展は、そんな沼田城にスポットをあてた展示内容になっています。
館内で流れる映像資料も沼田城に関するもので、大河ドラマで真田小松姫が
昌幸・信繁を追い返すシーンを中心に構成されたものでした。

展示はなかなか良かったですね。
上田展より楽しめたかも。

沼田 真田丸展3.jpg

沼田 真田丸展2.jpg
この土壁の六文銭は、大河ドラマのオープニングで実際に使われている
ものだそうです。素晴らしい(・o・)

沼田 真田丸展4.jpg

沼田展を見た後、久しぶりに沼田城訪問。
沼田城の観光案内所でお土産に兵糧丸を購入しました。
兵糧丸.jpg

お昼食べて無くてあまりにおなか空いたので、兵糧丸を3つほど
その場で食してしまいました。
兵糧丸2.jpg
これおいしいです(^-^)

帰りは赤城山経由で帰ってきました。
大沼付近は紅葉が見頃です。
赤城山 紅葉.jpg

赤城山 紅葉2.jpg
大沼付近は気温6度。もう冬の気配を感じました。

沼田真田丸展は来年3月31日まで開催との事です。

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

真田小松姫の墓    (群馬県沼田市)

沼田市にある正覚寺で真田小松姫の墓を参拝してきました。

<正覚寺>
正覚寺.jpg
住所:群馬県沼田市鍛冶町938
駐車場あり(無料)

<真田小松姫の墓について>
正覚寺 真田小松姫の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
正覚寺にある真田小松姫の墓を参拝してきました。
真田小松姫は徳川四天王の一人本多忠勝の娘で、真田信之の妻です。
小松姫は療養の為草津に向かう途中、埼玉県鴻巣市で亡くなりました。

遺骨は鴻巣の勝願寺、長野県上田市の芳泉寺、そしてここ沼田の正覚寺
に分骨されました。
勝願寺、芳泉寺の墓は既に参拝済みで、今日正覚寺訪問で小松姫の墓
3ヶ所全て参拝完了しました(^-^)

<真田小松姫の墓>
正覚寺 真田小松姫の墓.jpg

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

止まれ!     (群馬県大泉町)

群馬県大泉町で「止まれ」の標識を見てきました(^^;

<止まれ>
止まれ!.jpg
住所:群馬県大泉町日の出
駐車場なし

群馬県大泉町にある止まれが並ぶ道路です(笑)
結構ここ有名なんですよね。
TVの「ナニコレ珍百景」でも紹介された事がある場所です。

止まれ!2.jpg

何故ここまで止まれが連続してるんでしょうね。不思議です(^^;

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笠懸のひまわり    (群馬県みどり市)

群馬県みどり市にある笠懸のヒマワリ畑に行ってきました。

<笠懸のひまわり畑>
笠懸ひまわり2.jpg
住所:群馬県みどり市笠懸町鹿
駐車場あり(無料)

久しぶりに笠懸のひまわりを見に行ってきました。
当ブログでも11年前の記事で、笠懸のヒマワリを紹介していました。
http://rover.seesaa.net/article/8184169.html

品種改良で、10月に咲く品種のひまわり。
ちょうど今見頃を迎えています。
以前は岩宿遺跡のすぐ近くにひまわり畑があった様な気がしますが、
今日はそこから数キロ離れた場所に行ってきました。
場所が変わったようです。
今見頃を迎えています。先日福島で紅葉を見てきたばかりで、満開の
ヒマワリ畑を見ると季節がひとつ戻った様な気がしました(^-^)

<笠懸のひまわり・平成28年10月9日撮影>
笠懸ひまわり.jpg

笠懸ひまわり6.jpg

笠懸ひまわり4.jpg

笠懸ひまわり3.jpg

笠懸ひまわり7.jpg

笠懸ひまわり5.jpg

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

三国街道須川宿  (群馬県みなかみ町)   

群馬県みなかみ町、三国街道須川宿に行ってきました。

<三国街道須川宿>
三国街道須川宿.jpg
住所:群馬県利根郡みなかみ町須川
駐車場あり(無料)

<須川宿について>
三国街道須川宿5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三国街道須川宿に行ってきました。
三国街道は中山道の高崎から分かれ、北陸街道の寺泊へ至る街道です。
戦国時代には三国峠を越えて上杉謙信が関東へ出兵しており、古くから新潟と
群馬を結ぶ街道として利用された道です。

高崎宿から寺泊宿まで35の宿場があり、須川宿は上野国の宿場の一つです。
国道17号線から少しそれた場所にかつての須川宿があります。
そんなに古い建物が密集している訳ではありませんが、本陣跡などかすかに
往時の雰囲気を感じる事が出来ます。

<須川宿>
三国街道須川宿2.jpg

三国街道須川宿3.jpg

三国街道須川宿4.jpg

本陣跡です。
三国街道須川宿 本陣跡.jpg

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

反町館跡      (群馬県太田市)

群馬県太田市にある反町館跡に行ってきました。

<反町館跡>
反町館跡.jpg
住所:群馬県太田市新田反町町896
駐車場あり(無料)

<反町館について>
反町館跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ここも久しぶりの訪問の反町館跡です。
ふと気がついたらここの記事を書いてませんでした。てっきり書いてるかと思った
んですが、行ったのが前過ぎて写真があまりありませんでした。

反町館跡は、鎌倉時代〜南北朝時代に作られたと思われる館で、土塁や堀などを
備えた簡易的な城の役割を果たした館です。
新田義貞はここに移り住み居宅としました。
戦国期までこの館は残った様ですが、秀吉の小田原攻めの際に廃城になったとの事
です。

現在は照明寺というお寺になっていますが、土塁や堀などが残り、かつての館の面影
を感じる事が出来ます。

<反町館跡>
反町館跡2.jpg

反町館跡6.jpg

反町館跡3.jpg

反町館跡4.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

生品神社      (群馬県太田市)

群馬県太田市にある生品神社に行ってきました。

<生品神社>
生品神社.jpg
住所:群馬県太田市新田市野井町640
駐車場あり(無料)
境内自由

<生品神社について>
生品神社5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生品神社に行ってきました。前回いつ来たか分からないほどです。
10年以上ぶりの訪問になりました。

生品神社は新田義貞が後醍醐天皇の命を受け挙兵した場所で、ここから鎌倉に向け
て出陣して行きました。
小手指ヶ原分倍河原稲村ヶ崎等での戦いを経て鎌倉の北条氏を滅ぼします。

生品神社2.jpg

境内には新田義貞に関するものが多く残っています。

生品神社4.jpg

神代木(新田義貞が旗をかけた木)
生品神社3.jpg

<床几塚>
生品神社 新田義貞床几塚.jpg

<旗挙げ塚>
生品神社 新田義貞旗挙塚.jpg

<新田義貞像>
生品神社 新田義貞像.jpg
実はこの新田義貞像は再建されたものです。
平成22年に生品神社にあった新田義貞像は何者かに盗まれて行方不明になり
ました。金属目当てと思われますが、こんなのまで盗むとは驚きです。

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

足利高氏(尊氏)挙兵の地・篠八幡宮
http://rover.seesaa.net/article/249766957.html

[ここに地図が表示されます]


続きを読む
posted by 南行 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

心洞寺      (群馬県高崎市)

群馬県高崎市にある心洞寺に行ってきました。

<心洞寺>
心洞寺3.jpg
住所:群馬県高崎市木部町246
駐車場(不明)

高崎市にある心洞寺に行ってきました。
このお寺は木部城主・木部範虎のお墓があるお寺です。
木部範虎はもともと上州箕輪城主長野業正の娘婿でしたが、長野氏滅亡後は武田信玄
に仕え木部五十騎を率い活躍しました。
武田氏はその後天目山に滅びますが、木部範虎も天目山で討ち死にします。

心洞寺4.jpg

武田氏が滅亡した天目山の戦い直前には一門衆の穴山梅雪や、譜代の小山田信茂らが
寝返る中、天目山で勝頼に殉じた木部範虎は忠義の士だなと思います。
そんな範虎の墓をここ心洞寺で参拝してきました。

<木部範虎の墓>
心洞寺5.jpg

<心洞寺>
心洞寺2.jpg

心洞寺.jpg

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

円満寺       (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市にある円満寺に行ってきました。

<円満寺>
円満寺2.jpg
住所:群馬県藤岡市東平井甲1070
駐車場あり
境内自由

<円満寺について>
円満寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
藤岡にある円満寺に行ってきました。
平井城を訪問した際、そこにあった解説に円満寺の事が書いてありました。
上杉家の供養塔があるとの事。
すぐ近くだったので立ち寄りました。

円満寺は上杉憲実が鎌倉の極楽寺を平井の地に再建したと言われるもので、上杉氏
の祈願所だったそうです。

円満寺.jpg

円満寺5.jpg

円満寺4.jpg
上杉憲房供養塔。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平井城趾     (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市にある平井城趾に行ってきました。

<平井城趾>
平井城趾.jpg
住所:群馬県藤岡市西平井
駐車場あり(無料)

<平井城について>
平井城趾6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
久しぶりの平井城訪問です。よくよく見たらこのブログに平井城の記事を書いてい
ませんでした。

平井城は山内上杉氏の居城。山内上杉氏は河越夜戦で北条氏康に敗れ平井城に撤退。
1552年北条氏の攻撃を受け平井城は落城します。
山内上杉家当主上杉憲政は越後の長尾景虎を頼って落ち延びて行きます。
1560年、長尾景虎によって平井城は奪還されますが、景虎は上州の拠点を
厩橋城に移した為、平井城は廃城になりました。一説には北条氏によって破壊された
という話もある様です。

ながらく山内上杉氏の拠点だった平井城は近くに平井金山城という詰城を持つ巨大
な城で、上州の中心地であった城と言えます。

現在は小さいながら公園の様に整備され、解説や上杉氏に関わる碑などが建って
います。

<土塁跡>
平井城趾3.jpg

<平井城から見た金山城>
平井金山城.jpg

平井城趾5.jpg

平井城趾2.jpg

平井城趾4.jpg

平井城趾7.jpg
この平井城の歌って気になりますね。どんな歌なのか聞いてみたいものです(笑)

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤岡城趾 /芦田城     (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市にある藤岡城(別名:芦田城)に行ってきました。

<藤岡城趾>
藤岡城趾2.jpg
住所:群馬県藤岡市藤岡城屋敷1848
駐車場なし

藤岡城は戦国時代末期の1590年、依田康勝によって築城されたお城です。
依田康勝は芦田姓を名乗った事もあり、このお城は別名芦田城とも言います。
単郭方形のお城で、現在は藤岡第一小学校の敷地になっており、小学校を囲む
様に昔の土塁跡が残っています。

土塁部分は緑地公園になっており、小学校をぐるっと一周囲む様な形になって
います。

藤岡城趾.jpg

藤岡城趾3.jpg

土塁の上に銅像がありました。
藤岡城趾 井元たい.jpg
井元たい女史と書いてありました。何でも藤岡城の敷地を寄付した人物の様です。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

今村城趾        (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある今村城趾に行ってきました。

<今村城趾>
今村城2.jpg
住所:群馬県伊勢崎市稲荷町848-1
駐車場なし

<今村城について>
今村城.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今村城趾に行ってきました。
今村城は古墳を利用した戦国時代の平城で、那波氏の居城でした。
那波氏は上杉家の傘下に入り、金山城攻略の拠点になりました。

今は遺構を確認することはほぼ不可能な状況です。
今村城の碑は、どう見ても個人宅の庭の中にあり、入って解説を読むのも少し躊躇
してしまう状況でした。

今村城3.jpg

今村城4.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

山名城趾       (群馬県高崎市)

群馬県高崎市にある山名城趾に行ってきました。

<山名城趾>
山名城趾.jpg
住所:群馬県高崎市山名町前城
駐車場あり(無料)

<山名城について>
山名城趾3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
山名城趾に行ってきました。
先の記事で根小屋城について書きましたが、山名城と根小屋城は同じ尾根沿いにあ
る山城です。
高崎商科大学前駅に車を停め、高崎自然歩道を歩いて現地に向かいました

先に根小屋城跡に行き、そこから約1.3キロ戻る形で山名城趾に到着です。
途中、道なき道の様なところもあり、落ち葉で滑るので足下を気にしながら
登城しました。
山名城趾4.jpg

本丸跡にはベンチなどがありますが、特に城跡としてこれというものはあり
ません。
山名城趾2.jpg

また、眺望も大きな木に遮られ、遠くを臨むことも出来ません。
山名城趾5.jpg

歴史的由緒を堪能するだけのお城という感じです。

山名城は、新田義重の子義範によって築城され、戦国期には木部氏の居城となり
ました。木部氏が小田原の役に北条方で参戦したことにより滅亡したため、その後
山名城も廃城になった様です。

一応本丸跡には「山名城跡」の碑がありました。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根小屋城趾      (群馬県高崎市)

群馬県高崎市にある根小屋城趾に行ってきました。

<根小屋城趾>
根小屋城 二ノ丸.jpg
住所:群馬県高崎市根小屋
駐車場あり

<根小屋城について>
根小屋城.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
根小屋城に行ってきました。発見ニッポン城めぐりで、山名城を目指しました。
山名城を目指していたら、偶然たどり着いた根小屋城です(^^;

まずは山名城をめざしカーナビをセットして走って行くと、高崎商科大学前駅の
ところで道が終わりました。よくよく見るとそこに遊歩道の入り口があるじゃない
ですか。カーナビが指している方向は遊歩道の方向。この先に山名城があるんだ
なという事で、半信半疑ながら遊歩道に向かいます。

何処にも山名城の案内がありません。高崎自然歩道という山道を15分位進みま
した。

高崎自然歩道2.jpg
途中結構危険な場所もあったりしましたが、概ね整備されたハイキングコース
です。15分位歩いたところで分かれ道。左は山名駅、そちらに山名城もある様
です。右は金井澤碑及び根小屋城跡。ここで根小屋城の存在を知ります。根小屋
城もそんなに遠く無さそうなので、先に根小屋城を攻める事にしました。

高崎自然歩道.jpg
遊歩道の入り口にこの案内板がほしかった。遊歩道を相当行ってからこの案内板
がありました。

根小屋城は武田信玄が築城したお城とのことです。箕輪城攻略後、上州で北条、
上杉と対峙したために築いた烽火台の様な城です。

郭、井戸跡などがあり、城としても堅固な山城であった事がうかがわれます。
また、ここ根小屋城には武田信玄の隠し財宝の伝説もあるそうです。
距離は高崎商科大学前駅から、遊歩道を歩いて25分〜30分くらいです。

<根小屋城趾>
根小屋城2.jpg

根小屋城 井戸.jpg

根小屋城 竪壕.jpg

根小屋城karano.jpg

根小屋城からの風景.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

群馬総社神社 / 蒼海城跡    (群馬県前橋市)

群馬総社神社に行ってきました。

<群馬総社神社>
群馬総社神社.jpg
住所:群馬県前橋市元総社町1丁目31−45
駐車場あり(無料)
境内自由

<群馬総社神社について>
群馬総社神社3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
前橋にある群馬総社神社に行ってきました。
738年に上野国549社を合祀して総社明神としたのが始まりという神社です。

※律令体制下では、毎年春に豊作祈願のため国司が任国の主な神社を巡っていま
したが、律令体制が衰え国司の力が落ちるとこの行事の実施が難しくなり、国内
の神を一括して祀り1ヶ所で祈願するようになったのが総社神社のはじまりです。
(山川出版社『群馬県の歴史散歩』より引用

まとめてしまえという合理的思考で作られた神社なんですね。今も昔もこういう
考えはよくありそうです(笑)

群馬総社神社4.jpg

戦国期になるとこの地に長尾氏が蒼海城(おうみじょう)を築きましたが、1563
年に武田信玄の侵攻を受けて落城。江戸時代に秋元氏が入封し総社町に新たな城を
築城したため廃城になりました。
戦国期の蒼海城の遺構はまったく残っていません。
総社神社境内に蒼海城の城郭図が、また神社裏に蒼海城のあまだれ石に関する説明が
あるのみです。
aou.jpg

あまだれ石.jpg

あまだれ石2.jpg
これがあまだれ石か??

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貫前神社        (群馬県富岡市)

群馬県富岡市にある貫前神社(ぬきさきじんじゃ)に行ってきました。

<貫前神社>
貫前神社5.jpg
住所:群馬県富岡市一ノ宮1535
駐車場あり(無料)

貫前神社は上野国一之宮。創建は531年
鷺宮に物部姓磯部氏が氏神である経津主神をお祀りし、次いで鷺宮の南方の
この地に社を定めたという事です。
現在の社殿は江戸時代に徳川家光の命によって造営だれた物です。

<社殿>
貫前神社4.jpg

貫前神社3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上野国一之宮貫前神社に行ってきました。10年以上行ってなかったので久しぶり
の訪問になりました。
貫前神社は門を入って、本殿に向けて階段を下っていく珍しい配置の神社です。
貫前神社2.jpg

普通寺社仏閣って、山門を入ると階段をのぼって行くイメージですけどね。
ここはいきなり下りなのでびっくりします。
下ったところに本殿があります。

本殿は徳川家光の造営。日光東照宮にも通じる様な金色を配色した建物は豪華さを
感じる事が出来ます。

訪問したのが1月10日だったので、まだ初詣客も多く、出店も出ていて賑わって
いました(^-^)

貫前神社.jpg

貫前神社6.jpg

昔は全国の一之宮を巡ろうなんて頑張ってた時期もありましたが、最近は一之宮
巡りは旅のテーマとして完全にトーンダウンしました。また再度チャレンジしてみ
ようかな。

一之宮を巡る
http://rover.seesaa.net/article/26834634.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

石倉城趾       (群馬県前橋市)

群馬県前橋市にある石倉城趾に行ってきました。

<石倉城趾>
石倉城趾.jpg
住所:群馬県前橋市石倉町5-8
駐車場無し

<石倉城について>
石倉城趾3.jpg

石倉城趾4.jpg

石倉城趾5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
石倉城趾に行ってきました。
石倉城は1485年、上野国守護代で蒼海城主の長尾忠房の嫡子、長尾憲景が築城
したお城で、山内・扇谷上杉氏の抗争、武田信玄の侵攻、徳川の侵攻等数々の戦いの
舞台となったお城との事です。

利根川を天然の堀として利用したお城で、その地の利から重要な防衛拠点となった
事がうかがわれます。
今は遺構は特に残っておらず、石倉城二の丸公園に石碑と解説があるのみです。

場所的には前橋の群馬県庁から利根川を隔てた対岸になります。

<石倉城二ノ丸公園>
石倉城二の丸公園.jpg

石倉城趾2.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

後閑城趾          (群馬県安中市)

群馬県安中市にある後閑城趾に行ってきました。

<後閑城趾>
後閑城趾.jpg
住所:群馬県安中市中後閑394
駐車場あり(無料)

<後閑城について・現地解説>
後閑城は、嘉吉・文安の頃(15世紀中葉)、信州の依田忠政が築いたと伝えられ
ています。後閑の長源寺にある1470年10月3日付の依田信濃入道寄進状も
それを裏付けています。
この城は後閑川と九十九川の合流地点に突きだした南北に続く丘陵の末端部分に
築かれた山城です。この山城は4ヶ所の堀切で断たれ南端の最も高い部分に本丸が
あります。本丸は南北約60m、幅約30mで西には階段状に3つの大郭がな
らび、東にも階段状に郭が並んでいます。
また本丸の東南と西南には枝尾根が分岐していて、それぞれの尾根の基部は堀切で
断たれています。
これにより二ノ丸は本丸より約16m低く、大堀切に面して櫓台が築かれています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
後閑城趾に行ってきました。
後閑城趾公園として整備された綺麗な城跡です。大きな駐車場が完備されています
が、現地までは幅員2mちょいの狭い道を200m弱走らないといけないので、
アクセスが良いとは言えません。

後閑城趾、初めて訪問しましたが、郭跡が綺麗に残り城としての面影が非常に良く
残っているなというのが感想です。

後閑城趾2.jpg

本丸には百庚申という庚申塔が100基並んでいます。

<百庚申・本丸跡>
後閑城趾6.jpg

後閑城趾5.jpg
庚申塔がこんなに並んでいるのは初めて見ました。100基造ることにより、
信仰のあかしとするものだそうです。後閑城の庚申塔は128基あるそうです。

後閑城からは、浅間山や上州の山々を眺める事が出来、とても景色が良いです。
後閑城趾3.jpg

後閑城趾4.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

旧秋元別邸の紅葉     (群馬県館林市)

群馬県館林市にある旧秋元別邸で紅葉を見てきました。

<旧秋元別邸>
旧秋元別邸.jpg
住所:群馬県館林市尾曳町8−1
駐車場あり(無料)

旧秋元別邸は、館林藩最後の藩主だった秋元氏が明治末期に建築した建物で
別邸として利用されたものです。
2週間ほど前に秋元別邸に紅葉を見に行きましたが、全然色づいていません
でした。その時は冬桜が満開で、冬桜を見て帰ってきました。

今日再び訪問してきました。
今日は良い具合に色づいていました。色づき具合はややムラがあり、完璧な
紅葉じゃなかったです。まずまずですかね。

<旧秋元別邸の紅葉・平成27年11月29日撮影>
旧秋元別邸の紅葉.jpg

旧秋元別邸の紅葉2.jpg

旧秋元別邸の紅葉3.jpg

旧秋元別邸の紅葉4.jpg

旧秋元別邸の紅葉5.jpg

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

館林城跡       (群馬県館林市)

群馬県館林市にある館林城跡に行ってきました。

<館林城跡>
館林城跡2.jpg
住所:群馬県館林市城町
駐車場あり(無料)

<現地解説・クリックすると拡大します>
館林城跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
館林城跡に行ってきました。築城者などはよく分かっていないお城の様ですが、
戦国時代には北条氏や武田氏、上杉氏などによって攻防の中にあったお城です。
城沼を天然の堀として活用した平城でした。

江戸時代には館林城主だった徳川綱吉が将軍になったことで、将軍排出の城となり
ました。以後も幕府の重要な拠点として譜代の重臣が配置されました。

現在は館林市役所の一部に館林城の遺構が残っています。
館林城跡3.jpg

館林城跡4.jpg

館林城跡.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中野城跡    (群馬県邑楽町)

群馬県邑楽町にある中野城趾に行ってきました。

<中野城趾>
中野城跡.jpg
住所:群馬県邑楽郡邑楽町中野3015
駐車場あり(無料)

<現地解説>
中野城跡3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1265年に新田氏の一族中野景継が築城したお城です。
現在は神光寺というお寺になっています。
中野城跡2.jpg

中野城の名残がここにある大カヤの木です。
中野城跡 大カヤ.jpg
推定樹齢770年。高さ21メートルある大木です。中野城にあったカヤの木と言わ
れています。

中野城は戦国時代に改修され使用されていたが、1590年豊臣秀吉の関東平定に
より廃城となりました。

現在城の遺構と思われるものは何も無く、大カヤの木のみが城の名残として残って
いる感じです。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

旧秋元別邸の冬桜      (群馬県館林市) 

群馬県館林市にある旧秋元別邸に行ってきました。

<旧秋元別邸の冬桜>
秋元別邸 冬桜.jpg
住所:群馬県館林市尾曳町8−1
駐車場あり(無料)
入場無料

今日は館林に行っていました。もう紅葉してるだろうか、館林の紅葉の名所
といえば旧秋元別邸。夕方になりましたが訪問しました。
あいにく紅葉はまだ。紅葉は11月末くらいですね。

紅葉はまだでしたが、そのかわり冬桜が満開をむかえていました。
冬桜と言えば桜山公園とか、城峯公園とか有名ですが、館林にも冬桜があるん
ですね。夕方の訪問だったので、陽が当たってるところは良いんですが、影に
なってしまっているところが多く残念でした。
でもまあ満開の桜を見て癒されました(^-^)

<旧秋元別邸の冬桜・平成27年11月15日撮影>
秋元別邸 冬桜2.jpg

秋元別邸 冬桜3.jpg

秋元別邸 冬桜4.jpg

秋元別邸 冬桜5.jpg

秋元別邸 冬桜6.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

如意寺 / 上杉謙信供養塔     (群馬県みなかみ町)

群馬県みなかみ町にある如意寺に行ってきました。

<如意寺>
如意寺2.jpg
住所:群馬県利根郡みなかみ町上津2578
駐車場あり(無料)
境内自由

<現地解説>
如意寺3.jpg

如意寺は名胡桃城主三郎景冬の姉にあたる如意姫の開基とされる寺で、境内には
上杉謙信の供養塔があります。
名胡桃城を訪問したときに、近隣の観光ガイドを入手しました。
名胡桃城から2キロくらいの場所に如意寺はあります。
ここに上杉謙信の供養塔があるっていう話。
僕が持ってる観光ガイドにはそんな話は書いてませんし、案内板みたいなのも
見たことが無いので、昨日初めて知りました。

これは上杉方についていた上野家成という武将が、上杉謙信の死を悼み供養塔
を建立した物だそうです。

<上杉謙信供養塔>
如意寺 上杉謙信供養塔.jpg

如意寺 上杉謙信供養塔2.jpg
こんなところに人知れずあるんですね。ちょっとびっくりしました(・o・)

<歴代名胡桃城主供養塔>
如意寺 歴代名胡桃城主供養塔.jpg
歴代名胡桃城主供養塔です。見た感じ最近造られたものの様です。

<縁結び地蔵>
如意寺 縁結び地蔵.jpg
縁結び地蔵です。ご縁があれば良いですが(´・_・`)

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩櫃城        (群馬県東吾妻町)

群馬県東吾妻町にある岩櫃城に行ってきました。

<岩櫃城>
岩櫃城.jpg
住所:群馬県吾妻郡東吾妻町原町
駐車場あり(無料)

<現地解説>
岩櫃城 説明.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
真田氏ゆかりの岩櫃城に行ってきました。
平成28年の大河ドラマは「真田丸」真田幸村が主人公です。
真田幸村も少年時代、この岩櫃城で過ごした時期もあるそうです。

中之条から草津に向かう途中に、岩櫃城の案内標識があります。
それに従って左折し、あとは案内に従って行くと岩櫃山の登山口に着きます。
登山口前には車3台分くらいですかね、駐車スペースがあります。
そこは狭いのですが、ちょっと手前には第二駐車場という看板もあったので、
それなりに車を停めることは出来そうです。

入り口には登山の案内図。
岩櫃城 案内.jpg
岩櫃山を全制覇しようとすれば1時間コースです。
お城だけでしたら、片道15分位で本丸跡に着きます。それでもちょっとした
山道は歩くので、スニーカーの様な靴は必須です。

岩櫃城6.jpg
こんな道を登っていきます。

<本丸跡>
岩櫃城2.jpg

<空堀跡>
岩櫃城5.jpg

<本丸付近からの景色>
岩櫃城4.jpg
そんなに展望が開けている訳ではありません。

<岩櫃城 旗>
岩櫃城3.jpg
来年ですが、大河ドラマの舞台です。
その時には観光客も大勢来るのではないでしょうか。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

小泉コスモスまつり     (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市の小泉コスモスまつりに行ってきました(^-^)

<小泉コスモスまつり>
小泉稲荷前のコスモス.jpg
住所:群馬県伊勢崎市小泉町
駐車場あり(無料)

伊勢崎市の小泉稲荷大鳥居下付近の休耕畑を使ったコスモス畑に行ってきま
した。
8.6ヘクタールの畑に10月上旬頃〜10月下旬にかけて2000万本のコスモス
が咲きます。

今日はこれ目当てで出かけました。午後には晴れるって聞いてたんで、綺麗
なコスモス畑見れるかなと。
しかし、、、全然晴れなかった(>_<)
天気予報の嘘つき・・・。

曇りだとコスモスの綺麗さも半減しちゃいますね。ちょっと残念でした。
小泉のコスモスは今ちょうど見頃です。この週末あたりは混み合いそうです。

<小泉のコスモス・平成27年10月21日撮影>
小泉稲荷前のコスモス2.jpg

小泉稲荷前のコスモス3.jpg

小泉稲荷前のコスモス5.jpg

小泉稲荷前のコスモス4.jpg

コスモスの名所
http://rover.seesaa.net/article/25051497.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

さくらの里     (群馬県下仁田町)

群馬県下仁田町にあるさくらの里に行ってきました。

<さくらの里>
さくらの里1.jpg
住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字上小坂1258
駐車場あり(無料)
入園無料

奇岩で知られる妙義山の中腹にある桜の公園です。
45種類約5000本の桜が咲き誇る関東屈指の桜の名所。
平成27年4月26日現在、八重桜が見頃を迎えていました。
今年は少し早めの咲き具合かなと思います。

<さくらの里・平成27年4月26日撮影>
さくらの里2.jpg

さくらの里3.jpg

さくらの里4.jpg

さくらの里5.jpg

さくらの里6.jpg

さくらの里7.jpg
今咲いているのは関山(かんざん)という品種の八重桜です。

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

※10年前の写真もありましたので、続きをご覧下さい

続きを読む
posted by 南行 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

高崎城址公園の夜桜     (群馬県高崎市)

群馬県高崎市、高崎城址公園で夜桜を見てきました。

<高崎城址公園の夜桜>
高崎城址公園の夜桜2.jpg
住所:群馬県高崎市高松町
駐車場(高崎市役所の駐車場等利用・有料)

高碕城は井伊直政によって築城された城で、現在は現在は、三の丸外囲の土居と堀、乾櫓
東門が残っています。場所としては高崎市役所の前です。
春は桜の名所で、約300本の桜が咲きます。
今日、国道17号を家に帰るべく走っているとライトアップされた桜が見えたので急遽
寄り道しました。
高崎市役所の駐車場に車を停め(30分160円)、見に行きます。
いや〜綺麗(^-^)
満開の桜がライトアップされ幻想的な雰囲気です。
夜桜は天気が関係ないから良いですね。

<高碕城趾公園の夜桜・平成27年4月4日撮影>
高崎城址公園の夜桜1.jpg

高崎城址公園の夜桜3.jpg

高崎城址公園の夜桜4.jpg

高崎城址公園の夜桜5.jpg

高崎城址公園の夜桜10.jpg

高崎城址公園の夜桜11.jpg

高崎城址公園の夜桜12.jpg

続きを読む
posted by 南行 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

金龍寺     (群馬県太田市)

群馬県太田市にある金龍寺に行ってきました。

<金龍寺>
金龍寺.jpg
住所:群馬県太田市金山町40−1
駐車場あり(無料)

<現地解説>
金龍寺は曹洞宗のお寺で、寺名の大田山金龍寺は新田義貞の法名「金龍寺
殿真山良悟大禅定門」によると言われる。
寺伝によると、1417年に横瀬定氏がその祖とした新田義貞を追善する
ため開基したとされる。
金龍寺は下克上により新田(岩松)氏を退け、金山城の実質的な城主となった
横瀬氏(のち由良氏)一族の菩提寺として興隆した。
由良氏は新田・山田・佐位・勢多に加え、足利・邑楽を事実上併合し、戦国
大名として両毛地域全体に君臨したが、1584年に小田原北条氏の謀略に
かかり、金山城を明け渡し桐生城へ移った。由良氏は1590年北条氏を
滅ぼした豊臣秀吉により常陸国牛久に移封され、金龍寺も寺僧とともに同地
に移った。金龍寺は慶長年間(1596〜1615)にこの地を領した館林
城主榊原氏により再興された。

新田義貞公供養塔は1637年、新田義貞三百回忌法要に際し、造立されたも
のである。銘の入った石英斑岩製の基礎部の上に、安山岩製の多層塔を重ねた
もので高さ246cmある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
群馬県太田市、金山城のふもとにある金龍寺に行ってきました。
金龍寺に祀られているのは新田義貞公です。
寺の裏には、横瀬氏の五輪の塔があり、その上に新田義貞公300回忌に造られた
新田義貞供養塔があります。

【横瀬氏五輪の塔・新田義貞供養塔】
金龍寺2.jpg

今日は金龍寺に紅葉を見に行ってきました。だいぶ寒くなってきたので、そろそろかな
と思って行ったのですが、ううむ、まだ少し早かった様です。
わずかに色づいている木もありましたが、見頃まであと1週間くらいはかかるかなという
感じでした。

<金龍寺の紅葉・平成26年11月16日撮影>
金龍寺 紅葉2.jpg

金龍寺 紅葉1.jpg

金龍寺 紅葉3.jpg

金龍寺 紅葉4.jpg

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

善昌寺 / 新田義貞公首塚   (群馬県桐生市)

群馬県桐生市の善昌寺に行ってきました。

<善昌寺>
善昌寺.jpg
住所:群馬県桐生市新里町新川2728
駐車場あり(無料)
境内自由

<現地解説>
当山は806年、高祖伝教大師初めての関東下向の節に先達として来られた
宥海和尚により開基される。古代からの霊場にて由緒殊勝の地である。
新田義貞公とも縁の深い寺である。
義貞公の執事で内室の父、舟田長門守入道善昌は当時の坊にして真実の人なり。
義貞公、義兵を起きて鎌倉攻めの時、当寺に武運を祈り、祈願ありて軍神を祀り
軍勢を集む。今の廟所は其節に旗を立て給う武者屯の地なり。
武運つたなく義貞公、1338年7月2日越前藤島にて討ち死にの時、舟田入道
善昌は忍びて京都に出て丹局と云う女儀を頼み六条河原で晒されし義貞公の首を
求める。丹局は討残される譜代の家臣らと心を合わせ漸々に本国上野に帰り、
舟田入道に之を渡す。善昌大いに嘆き悲しみ当山に葬り奉り義貞公の石塔並びに
一類中近年に戦死せいし累代之家臣を悉く石塔を立てて仏事作善す。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成24年2月26日、群馬県桐生市の善昌寺に行ってきました。
ここには新田義貞公の首塚があるというので行ってみました。

<新田義貞公の首塚>
善昌寺 新田義貞公首塚.jpg
越前藤島で討ち死にしますが、その首が故郷の上野にもどりこの寺に
葬られたという事です。
福井の丸岡にも新田義貞の墓がありますが、首は群馬の様です。

<福井にある新田義貞の墓>
http://rover.seesaa.net/article/161159344.html

この新田義貞公首塚は観光的にアピールされていないので、ひっそりと
した感じがあります。こんなところにあったのかと、僕も驚きました。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

吉沢ゆりの里 (群馬県太田市)

群馬県太田市にある吉沢ゆりの里に行ってきました。

<吉沢ゆりの里>
吉沢ゆりの里1.jpg
住所:群馬県太田市吉沢町2168
駐車場あり(有料:500円)
入園料:1000円

群馬県太田市にある吉沢ゆりの里に行ってきました。
太田市郊外にあるゆり園で、かつては養蚕や米作が行われていた地をゆり園に
再生したものです。
8万平米の敷地に50種類150万輪のゆりの花が咲き誇ります。
太田の初夏を彩るユリの花です。

以前からこのユリ園の存在は知ってましたが、入場料も高いので、躊躇して
いました。今日はこんなに天気も良いので、思い切って突撃しました。
駐車場料金と合わせて1500円もかかりまして、怯みましたが、この綺麗
さならまあそれくらい納得せよという感じです。晴天の下のユリは
本当に綺麗です(^-^)

期間限定での開園で、平成26年は6月7日(土) 〜 7月13日(日) までとなり
ます。

平成26年6月15日現在、咲き具合は7分咲きほどでしょうか。
あと少しで満開という感じです。

<吉沢ゆりの里・平成26年6月15日撮影>
吉沢ゆりの里2.jpg

吉沢ゆりの里3.jpg

吉沢ゆりの里4.jpg

吉沢ゆりの里5.jpg

吉沢ゆりの里6.jpg

吉沢ゆりの里7.jpg

[ここに地図が表示されます]


続きを読む
posted by 南行 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分水堀緑道の菖蒲   (群馬県大泉町)

群馬県大泉町の分水堀緑道に菖蒲を見に行ってきました。

<分水堀緑道の菖蒲>
分水堀緑道の菖蒲.jpg
住所:群馬県邑楽郡大泉町北小泉3丁目
駐車場なし

群馬県大泉町の分水堀緑道に菖蒲を見に行ってきました。
ちょうど菖蒲まつり開催中で、イベントも行われていたようですが、
行った時間が16時頃と遅かったので、イベントは終わっていました。
分水堀緑道の菖蒲は、100m位の短い区間に菖蒲が植えられており、
規模は小さいですが、川のせせらぎと菖蒲の花を目当てに多くの人が
訪れていました。
現地には駐車場は無さそうですが、みんな長居はしないので、道路脇
に路駐していて誘導員も静観という感じでした。

<分水堀緑道の菖蒲・平成26年6月15日撮影>
分水堀緑道の菖蒲2.jpg

分水堀緑道の菖蒲3.jpg

分水堀緑道の菖蒲4.jpg

分水堀緑道の菖蒲5.jpg

分水堀緑道の菖蒲6.jpg

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉厳寺    (群馬県太田市)

群馬県太田市の玉厳寺に行ってきました。

<玉厳寺>
玉厳寺.jpg
住所:群馬県太田市東金井町171
駐車場あり(無料)
境内自由

<現地解説>
鎌倉時代に世良田長楽寺開山の名僧栄朝禅師の法弟が、太田の金山の東麓の景勝の地
を選んで仏寺を建立し、その後新田義貞の援助のもとに時運が栄えました。
この辺りは鎌倉建長寺の玉厳窟に似ていることから玉厳寺と称しましたが、その後
天下は麻のごとく乱れ堂塔も破壊されたのを見て、天意長朔禅師は大いに悲しみ伽藍
の再興を思い立って、金山城主横瀬信濃守貞国の助力を仰ぎ、これを再建し、新田義貞
・義宗公の菩提を弔ったと申します。
建物本堂は、間口八間、奥行六間で堂内には新田義貞、義顕、義興、義宗、横瀬貞国公
の御位牌厨子が安置されており、山門には新田大炊介義重公23世源徳純書になる
金城窟の額面をかかげております。

玉厳寺2.jpg

玉厳寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
太田市にある玉厳寺に行ってきました。
よくこの近くは通っていたんですが、この寺の事は全く知りませんで、
通り過ぎていました。
新田義貞ゆかりの寺という事で行ったというのもありますが、今日は
アジサイが咲いているというので行ってみました。
この近くに太田のアジサイの名所である曹源寺(さざえ堂)があり、
こちらは有名ですが、玉厳寺のアジサイというのはあまり知られて
いないような気がします。

<曹源寺の記事>
http://rover.seesaa.net/article/19018818.html

確かにアジサイの株数では曹源寺の方が多く、見応えがあります。
ただ、玉厳寺もそれなりに咲いてて、隠れ名所という感じです。
近くなので、両方行ってみるのが良いかと思います。

あとこの寺の木々を見るとモミジも多く、秋の紅葉も綺麗そうです。
また紅葉のシーズンに来てみたいと思います。

<玉厳寺のアジサイ・平成26年6月15日撮影>
玉厳寺 あじさい1.jpg

玉厳寺 あじさい2.jpg

玉厳寺 あじさい3.jpg

玉厳寺 あじさい4.jpg

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html

[ここに地図が表示されます]

続きを読む
posted by 南行 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

佐久発電所の桜    (群馬県渋川市)

先週ですが、群馬県渋川市の佐久発電所で桜を見てきました。

<佐久発電所の桜>
佐久発電所の桜.jpg
住所:群馬県渋川市北橘町分郷八崎
駐車場あり(無料)

<佐久発電所について>
佐久発電所は桜とサージタンクで親しまれています。
昭和3年に浅野総一郎氏によって造られました。
「佐久」の名前は、浅野総一郎氏の苦難の時代に励ましてくれた
糟糠の妻「作」さんをしのんで奥さんの雅号である「佐久」と命名
されたと伝えられています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
佐久発電所の桜を見てきました。
佐久って言うから長野かと思いきや、群馬の渋川でした。
高さ80メートルのサージタンクを利用した発電所。そこに水を
引き込む導水管の並びに桜が咲き誇ります。

先週の時点(平成26年4月13日)ですでに散り始めでしたので
今年はもう終わりでしょう。記事を書くのが遅れました。

<佐久発電所の桜・平成26年4月13日撮影>
佐久発電所の桜1.jpg

佐久発電所の桜2.jpg

佐久発電所の桜3.jpg

佐久発電所の桜4.jpg

佐久発電所の桜5.jpg

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

渋川護国神社の桜    (群馬県渋川市)

群馬県渋川市、渋川護国神社で桜を見てきました。

<渋川護国神社の桜>
渋川護国神社の桜.jpg
住所:群馬県渋川市渋川754
駐車場なし

渋川北小学校の隣接地にある渋川護国神社に行ってきました。
神社の由緒等は不明ですが、全国に造られた護国神社のひとつと
思われます。
目の前に赤城山を望む高台にあり、桜もとても綺麗でした。

<渋川護国神社の桜・平成26年4月13日撮影>
渋川護国神社の桜2.jpg

渋川護国神社の桜3.jpg

渋川護国神社の桜4.jpg

渋川護国神社の桜5.jpg

渋川護国神社の桜6.jpg

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

お神明さんのサクラ    (群馬県中之条町)

群馬県中之条町にある「お神明さんのサクラ」を見てきました。

<お神明さんのサクラ>
お神明さんのサクラ.jpg
住所:群馬県中之条町伊勢町1303
駐車場あり(無料)

神明社とは伊勢神宮の神を祀った神社で、お神明さんのサクラは伊勢宮の
桜の意味。
当地にある伊勢宮の造営記念に植えた桜と言われ、樹齢は約350年。
中之条町指定の天然記念物です。
桜ですが、一般民家の脇に生えていて、解説看板を見に行くのもちょっと
はばかられる様な感じでした。
うまいアングルで写真が撮れなかったのが残念です。

<お神明さんの桜・平成26年4月13日撮影>
お神明さんのサクラ2.jpg

お神明さんのサクラ 大.jpg
クリックすると拡大します。

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

林昌寺     (群馬県中之条町)

群馬県中之条町の林昌寺に行ってきました。

<林昌寺>
林昌寺(中之条).jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町伊勢町1002
駐車場あり(無料)
境内自由

林昌寺(中之条)2.jpg

<現地解説>
林昌寺は平安時代に僧長馨によって創建された天台宗の寺であった。
戦国時代、荒廃した寺が吾妻地方に進出した武田氏の家臣で真田幸隆の
弟矢沢薩摩守頼綱によって再建され、河原町、長岡を経て現在地に移って
いる。この地方の領主真田昌幸より六連銭の寺紋と改修の資金を与えられ、
以後真田信之・信吉・信政など沼田真田氏の保護の下に寺勢を伸ばした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
枝垂れ桜の樹齢は不明ですが、中之条町指定の天然記念物です。

<林昌寺の枝垂れ桜・平成26年4月13日撮影>
林昌寺(中之条) 枝垂れ桜1.jpg

林昌寺(中之条) 枝垂れ桜2.jpg

林昌寺(中之条) 枝垂れ桜3.jpg

林昌寺(中之条) 枝垂れ桜4.jpg

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]
続きを読む
posted by 南行 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真光寺の桜     (群馬県渋川市)

群馬県渋川市にある真光寺に行ってきました。

<真光寺>
真光寺の桜1.jpg
住所:群馬県渋川市渋川748
駐車場あり(無料)

真光寺は、平安時代に慈覚大師円仁が開山したと言われる寺院です。
境内には江戸時代に造られた聖徳太子塔(渋川市指定史跡)などがあります。

<聖徳太子塔>
聖徳太子塔(渋川史跡).jpg

今日は、真光寺に桜を見に行ってきました。
途中の道路が狭く、周辺をウロウロしてしまいましたが、何とか
真光寺に到着。駐車場はかなり広い駐車場があります。
境内にはソメイヨシノの他、枝垂れ桜もありこのお寺の境内が
さながら桃源郷の様な綺麗さでした。一般に知られていないので、
観光客も僕一人という事で、ゆるりと桜を観賞してきました。

<真光寺の桜・平成26年4月13日撮影>
真光寺の桜2.jpg

真光寺の桜3.jpg

真光寺の桜4.jpg

真光寺の桜5.jpg

真光寺の桜6.jpg



<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

続きを読む
posted by 南行 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

西野神社の桜    (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある西野神社の桜を見てきました。

<西野神社>
西野神社の桜.jpg
住所:群馬県伊勢崎市西野町390
駐車場なし

西野神社は伊勢崎市の旧赤堀地区にある神社です。
由緒等はよく分かりません。
桜の名所という事で行ってみました。
観光客は皆無ですが、桜はとても綺麗。
参道沿いに桜並木、本堂脇にも立派な桜が咲いていました。
ちょっとした桜の穴場って感じです。

<西野神社の桜・平成26年4月6日撮影>
西野神社の桜2.jpg

西野神社の桜3.jpg

西野神社の桜4.jpg

西野神社の桜5.jpg

西野神社の桜6.jpg

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

石山観音の桜   (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある石山観音に行ってきました。

<石山観音・万徳寺>
石山観音 伊勢崎.jpg
住所:群馬県伊勢崎市下触町4
駐車場あり(無料)

国道50号線・東大室町交差点から少し南に行ったところにある
石山観音万徳寺に行ってきました。
このお寺について知っていた訳ではありませんが、先日通りかかった
ところ綺麗な桜が咲いていたので立ち寄ってみました。
石山観音は馬の信仰で知られ、馬の無病息災を願う人で賑わった
お寺だそうです。本堂裏にはちょっとした岩山があり、この岩が信仰
の対象になっているそうです。

石山観音 伊勢崎 巨石.jpg
この岩は、赤城山の噴火によって出来た物の様です。

今回は石山観音の桜を堪能してきました。お寺中に桜の木がありとても
綺麗でした!

<石山観音の桜・平成26年4月6日撮影>
石山観音 伊勢崎 桜1.jpg

石山観音 伊勢崎 桜2.jpg

石山観音 伊勢崎 桜3.jpg

石山観音 伊勢崎 桜4.jpg

石山観音 伊勢崎 桜5.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤原秀郷供養塔 / 宝珠寺    (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある宝珠寺に行ってきました。

<宝珠寺>
宝珠寺.jpg
住所:群馬県伊勢崎市赤堀今井町2丁目1344−1
駐車場あり(無料)

伊勢崎で桜めぐりをしていたところ、小さい案内板で「田原藤太秀郷の墓」という
ものを発見。田原藤太秀郷って誰と一瞬思いましたが、ああ藤原秀郷の事ねと閃き
行ってみました。

桜が綺麗なお寺でした。

宝珠寺2.jpg

宝珠寺3.jpg

宝珠寺4.jpg

藤原秀郷は、藤原北家房前の後裔と言われ、武勇にすぐれ平将門の乱を鎮圧
した人物として知られます。

<藤原秀郷供養塔>
藤原秀郷の供養塔.jpg

この五輪塔は940年に藤原秀郷の子孫が秀郷を供養するために建立したも
のと伝えられています。
また、この五輪塔には昔白蛇がいたのですが、火輪が落ちて割れたあと、
白蛇はいなくなってしまいました。
しかし五輪塔の苔を煎じて飲めば熱病は完治し、祈願すれば成就する霊験
あらたかな五輪塔として宝珠寺に伝えられているそうです。

この辺も何度か通っているはずなんですけど、灯台もと暗しというのか、
新たな発見となりました。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

赤城見台公園の桜   (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市、赤城見台公園で桜を見てきました。

<赤城見台公園の桜>
赤城見台公園の桜1.jpg
住所:群馬県伊勢崎市波志江町3553
駐車場あり(無料)

伊勢崎の桜の名所「華蔵寺公園」からすぐのところにある赤城見台公園に
行ってきました。
華蔵寺公園は花見の客で賑わっており、駐車場に入るのも一苦労ですが、
すぐ近くにある赤城見台公園は誰も人がいませんでした。
いるのはボール遊びしてる子どもだけ。
こっちの公園にも綺麗な桜があるんだから、華蔵寺公園じゃなくて、空いてる
方で花見すりゃ良いのにと思ってしまいました。

<赤城見台公園の桜・平成26年4月6日撮影>
赤城見台公園の桜2.jpg

赤城見台公園の桜3.jpg

赤城見台公園の桜4.jpg

赤城見台公園の桜5.jpg

<赤城見台公園から見た赤城山>
赤城見台公園から見た赤城山.jpg
公園の名前から分かりますが、この公園からは赤城山を眺める事が出来ます。

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

白龍神社の桜    (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市の白龍神社で桜を見てきました。

<白龍神社>
白龍神社の桜.jpg
住所:群馬県伊勢崎市東小保方町2944
駐車場あり(無料)

群馬県伊勢崎市にある白龍神社です。
伊弉諾尊、伊弉冉尊、白光龍神を祀った神社との事です。
池の中の小島に神社があり、池の周りに桜が咲いています。
今日は満開で、さくら祭が開催されていました。

<白龍神社の桜・平成26年4月6日撮影>
白龍神社の桜2.jpg

白龍神社の桜3.jpg

白龍神社の桜4.jpg

白龍神社の桜5.jpg

白龍神社の桜6.jpg

白龍神社の桜7.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瑳珂比神社の桜     (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある瑳珂比神社(さかいじんじゃ)に行ってきました。

<瑳珂比神社>
瑳珂比神社1.jpg
住所:群馬県伊勢崎市境493
駐車場あり

瑳珂比神社は大永年間(1521〜1527年)能登半島から小此木永光が
この境の地を領有し、その守護神として生国能登国の石動明神の分霊を境域
内に奉斎したのが始まりとされています。

今日はその瑳珂比神社に桜を見に行ってきました。
境内は桜が満開!とても綺麗でした。

<瑳珂比神社の桜・平成26年4月6日撮影>
瑳珂比神社2.jpg

瑳珂比神社3.jpg

瑳珂比神社4.jpg

瑳珂比神社5.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

織田氏七代の墓   (群馬県甘楽町)

群馬県甘楽町にある織田家七代の墓に行ってきました。

<織田家七代の墓>
織田家七代の墓.jpg
住所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡1416
駐車場あり(無料)

織田信長の二男・織田信雄が1615年大和松山と上野小幡で5万石の領主と
なった。これが小幡織田氏のはじめであり、その後1767年家老吉田玄蕃が
山県大弐と親交があったという理由で出羽高畠2万石に移封されるまで8代
152年間の小幡藩主であった。
小幡のこの地には、初代信雄から7代信富までの墓がある。

<初代・織田信雄の墓>
織田家七代の墓 織田信雄.jpg

ちょうど今映画『清洲会議』が上映されている事もあり、この記事を書くには
時期が良いかなと。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html


posted by 南行 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

達磨寺   (群馬県高崎市)

群馬県高崎市の達磨寺に行ってきました。

<達磨寺>
達磨寺1.jpg
住所:群馬県高崎市鼻高町296
駐車場あり(無料)
境内自由

<達磨寺縁起・現地解説>
昔、碓氷川のほとりに観音様のお堂がありました。ある年、大洪水のあと川の中に
光るものがあるので里人が不審に思って見ますと、香気のある古木でした。
これを霊木としてお堂に納めておきますと、延宝年間(1680年頃)一了居士と
いう行者が信心を凝らして一刀三礼、この霊木で達磨大師の座禅像を彫刻して
お堂にお祀りしました。まもなく達磨大師の霊地少林山として知られると1697年
藩主酒井雅楽頭はこの地に水戸光圀の帰依された心越禅師を開山と仰ぎ、弟子の
天湫和尚を水戸から請じ、少林山達磨寺を開創しました。
1726年、水戸家は三つ葉葵の紋と丸に水の徴章を賜い永世の祈願所としました。

達磨寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高崎の達磨寺に行ってきました。
高崎と言えば、達磨寺か高崎観音かってくらい、ぱっと思いつく高崎の名所です。
その由来は上に記載の様に、江戸時代に達磨大師の像が祀られ水戸家の庇護の
もと発展したお寺です。
達磨寺という事もあり、現地には小さな達磨の資料館があったり、奉納された
達磨が沢山あったりと、達磨一色という感じのお寺です。

達磨寺3.jpg

達磨寺4.jpg
資料館の中には、いろいろな達磨があります。
選挙と言えば達磨。群馬県は小渕、中曽根、福田と首相を輩出していますが、
その達磨も飾られています。

今回は紅葉を見に達磨寺に行ってきました。平成25年11月17日現在見頃を
迎えていました。
達磨寺 紅葉201301.jpg

写真は続きをご覧ください。

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html


続きを読む
posted by 南行 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

桜山公園の紅葉    (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市(旧鬼石町)にある桜山公園で紅葉ライトアップを見て来ました。

<桜山公園の紅葉>
桜山公園の夜景7.jpg
住所:群馬県藤岡市三波川2166-1
駐車場あり(協力金500円)

群馬県藤岡市の桜山公園は冬桜の咲く公園として有名です。
冬桜は約7000本、見頃は11月〜12月。かなり長い間咲いています。
そんな桜山公園で夜ライトアップが開催されています。
平成25年は12月8日までライトアップが行われているそうです。

ライトアップは冬桜というより紅葉。桜もライトアップされてますが、
ソメイヨシノの様に大きな花じゃないので、ライトアップされてもいまいち
かなという感じでした。

紅葉の方は、見事に良い色に。綺麗な紅葉ライトアップでした。
駐車場に500円かかりますが、ここで協力金を払うと公園で暖かい汁を
頂くことが出来ます。寒いなか暖まりました。

<桜山公園の紅葉・平成25年11月10日撮影>
桜山公園の夜景2.jpg

桜山公園の夜景3.jpg

桜山公園の夜景4.jpg

桜山公園の夜景5.jpg

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html


続きを読む
posted by 南行 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

石鴨天満宮付近の紅葉  (群馬県桐生市)

群馬県桐生市にある石鴨天満宮付近で紅葉を見てきました。

<石鴨天満宮>
石鴨天満宮.jpg
住所:群馬県桐生市梅田町5丁目
駐車スペースあり

群馬県桐生市の奥地、梅田5丁目に石鴨天満宮という神社があります。
天満宮なので祀っているのは菅原道真でしょうか。
神社の由来はよく分かりませんが、今回はその神社近くの紅葉を見に
行ってきました。
桐生市街から車で約30〜40分、途中から道は狭くなりすれ違いが
厳しいところも。厳しい道のりを抜けると石鴨天満宮があります。
目の前を流れれる川は水も綺麗で清流という感じ。その川沿いの紅葉が
とても綺麗でした。

<石鴨天満宮前の紅葉・平成24年11月18日撮影>
石鴨天満宮 紅葉1.jpg

石鴨天満宮 紅葉2.jpg

石鴨天満宮 紅葉3.jpg

石鴨天満宮 紅葉4.jpg

石鴨天満宮 紅葉5.jpg

石鴨天満宮 紅葉6.jpg

石鴨天満宮 紅葉7.jpg

道のりは厳しいですが、紅葉は見事。
行ってみる価値はあるかと思います。周りの山々の関係で14時より早い時間
に行った方が良いと思います。

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html


posted by 南行 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

宝徳寺の紅葉  (群馬県桐生市)

群馬県桐生市にある宝徳寺で紅葉を見てきました。

<宝徳寺>
宝徳寺 桐生1.jpg
住所:群馬県桐生市川内町5-1608
駐車場あり(無料)
境内自由

崇禅寺に行ったところ、道路に「もみじ祭り」の看板を発見。
崇禅寺から約4〜5キロ離れた宝徳寺に向かいました。
宝徳寺は春は牡丹、秋は紅葉が綺麗なお寺だそうです。

平成24年11月18日訪問。ちょうどもみじ祭り開催中でした。

<宝徳寺の紅葉>
宝徳寺 桐生2.jpg

宝徳寺 桐生3.jpg

宝徳寺 桐生4.jpg

宝徳寺 桐生5.jpg

宝徳寺 桐生6.jpg

紅葉はちょうど見頃。ただ期待していたほどの規模ではなく、やや残念。
桐生の紅葉ナンバー1は崇禅寺かな〜というのが感想です。

紅葉の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/22577081.html


posted by 南行 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

清泉寺/源義平の墓   (群馬県太田市)

群馬県太田市にある清泉寺に行ってきました。

<清泉寺>
清泉寺 源義平の墓.jpg
住所:群馬県太田市世良田町1490
駐車場なし
境内自由

清泉寺 太田市.jpg

義平山清泉寺は東京湯島霊雲寺に属し、真言律宗の祈祷寺であった。
創建は明かではないが、平安時代末期に源悪源太義平の妻がここに
庵を結んだのがこの寺の起源だと言われる。
悪源太義平は源義朝の長男で、鎌倉幕府を開いた源頼朝の兄である。
15歳の時、叔父義賢を武蔵大蔵館に討ち悪源太と言われた。
ここで悪とは善悪の悪ではなく、勇猛という意味である。
平治の乱には父源義朝と共に平清盛と戦い、待賢門の戦いでは平家の
嫡子平重盛と一騎打ちをしたことで有名である。
戦局は源氏に利あらず父義知は討たれた。義平は京に潜入し清盛親子
の命をねらったが捕らえられ六条河原で斬首された。
義平の妻は新田義重の娘であったが、夫の死を知り京に上ってその首
を秘かに持ち帰りこの地に埋葬し、剃髪して妙満尼と称し夫の菩提を
弔ったという。

<源悪源太義平の墓>
清泉寺 源義平の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
源義平の墓がある群馬県太田市(旧尾島町)にある清泉寺に行って
きました。
ここは観光ガイド等にあまり出ていない、また近隣にも案内板も無い
という事もあり、かなりマニアックな場所です。
徳川氏発祥の地、世良田東照宮から北に数百メートルの所にあるので
すが、案内板が無いため、知らなければ絶対に行かない場所です。
現地に行くと、悪源太義平の墓の看板があります。
駐車場が無いため、少しだけ寺の前に車を停めて参拝しました。

お墓は石碑の様な小さな墓碑で、かなり古そうな墓碑です。
ちょうど大河ドラマで悪源太義平が出てきたので、参拝出来て
良かったです。しかしまあ、太田市に空く源太義平の墓があろ
うとは、近場でもまだまだ知らない事があるなとつくづく思い
ました。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html


posted by 南行 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早川渕彼岸花の里  (群馬県伊勢崎市)

群馬県伊勢崎市にある早川渕彼岸花の里に行ってきました。

<早川渕彼岸花の里>
早川渕彼岸花の里.jpg
住所:群馬県伊勢崎市境三ツ木
駐車場あり(無料)
入園:気持ち分を協力金として支払い

群馬県伊勢崎市と太田市(旧境町)の境、上武国道と国道354号
のぶつかる近くにある彼岸花の名所です。
地元の方が育てている10万株の彼岸花、ちょうど見頃を迎えていま
した。駐車場は7台分くらいあるんですが、朝8時半の時点ですでに
満車。結構人が来てました。
料金は特に決まってませんが、気持ち分を支払って入園。
綺麗な彼岸花を見ることが出来ました。

<早川渕彼岸花の里・平成24年9月30日撮影>
早川渕彼岸花の里2.jpg

早川渕彼岸花の里3.jpg

早川渕彼岸花の里4.jpg

早川渕彼岸花の里 大.jpg
クリックすると拡大します。




posted by 南行 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする