2024年02月22日

子王山・二千階段    (群馬県藤岡市)

令和6年2月18日、群馬県藤岡市の子王山に登ってきました。

<子王山>
二千階段9b.jpg
住所:群馬県藤岡市下日野
駐車場あり(無料)

藤岡市にある子王山に行ってきました。
この辺を走ってると道路標識で「二千階段」という表示を見かけます。
前から気になってました。
調べたら、子王山という山の登山道に二千階段というのがあるみたいです。
しかもそこは子王山城という山城でもある様です。
城マニアとしても行かねばなるまいという事で行ってきました。

やや細い道を少し走りますが、登山口までは比較的容易に到着しました。
二千階段2.jpg

二千階段.jpg
かあちゃん茶屋という休憩所がある場所に車を停めて出発です。
日曜なので、他にも登山客いるかなと思ったんですが、駐車場は自分の車のみ。
あんまり人が来る感じでも無いのかな。行ったのは14時半位です。

二千階段3.jpg
こーんな階段を上っていきます。本当に二千も階段があるのかは不明です。
一応熊よけの鈴も鳴らしながら行くことに。

登っていっての感想なんですが、普通に坂道を登るのと、階段を上るのでは
疲労が全然違いますね。階段は結構足にきます。

途中、男坂と女坂の分岐がありました。
男坂は近いけど、傾斜は非常に急です。でもここは男坂しかないだろうと
いう事で男坂に行きましたが、急な階段に完全グロッキー状態になりました(^^;

二千階段4.jpg

二千階段5.jpg
男坂の階段は本当に急だった。足に力が入らない位疲れました。

そんなこんなで、何とか頂上に到着。
二千階段8.jpg

二千階段7.jpg

二千階段6.jpg
頂上からは前橋、高崎方面へ眺望がひらけています。非常に良い景色です(^-^)
頑張ったかいがありました。
入り口の登山情報では、頂上まで片道34分という表示でした。
僕は結構歩くのが速くて、大体表示の8掛け位の時間でいつも歩いていけて
るんですが、今回は厳しくて、本当に30分以上かかりました。
疲れて途中で休んだ時間がそこそこありました。

二千階段9a.jpg

二千階段9.jpg
頂上には小さな祠がありました。祠には天保という元号が見えます。
江戸時代にここに置かれたものでしょうか。その頃から登られてる山なん
ですかね。びっくりです。

帰りは見晴らし茶屋経由で遊歩道を歩いて駐車場に戻ります。
帰りの遊歩道は普通の道路なんですが、傾斜が急で、足に負担がかかりました。
登り下りで結局1時間ちょいかかったかな。
疲れはしましたが、運動がてら良い感じでした。

山城跡との事でしたが、解説も無く、遺構も確認出来ませんでした。残念です。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月16日

「日航機墜落事故遭難者遺体安置の場所」石碑 (群馬県藤岡市)

令和5年10月6日、「日航機墜落事故遭難者遺体安置の場所」石碑を見に
行ってきました。

<「日航機墜落事故遭難者遺体安置の場所」石碑>
日航機遺体安置場所.jpg
住所:群馬県藤岡市藤岡46−3
駐車場あり(無料)

1985年(昭和60年)8月12日(月曜日)、日本航空123便(ボーイング747SR-100型
機)が群馬県多野郡上野村の山中ヘ墜落しました。

日本国内の航空機墜落事故では最大のもので、乗客乗員524名のうち死亡者数は
520名、生存者は4名でという状況でした。

私も子供の頃の事故なので、当時の詳細は全然覚えていないのですが、大事故であ
った事は認識しておりました。

最近、映画『沈まぬ太陽』を見まして、改めて日航機墜落事故に関して考える事と
なりました。

以前、墜落現場である上野村の御巣鷹の峰に近い場所にある慰霊の園には行った事
があるのですが、今回は遺体安置所があった場所を訪問しました。

遺体の検視作業は上野村から50キロ弱離れた藤岡市に移して行われました。
遺体安置された場所が、藤岡の公民館で、今その場所に碑が建っています。

説明文を読んで、なるほどと思い帰還です。

<碑文>
日航機遺体安置場所2.jpg



posted by 南行 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月08日

平井金山城   (群馬県藤岡市)

令和5年10月6日、藤岡市にある平井金山城に行ってきました。

<平井金山城>
平井金山城.jpg
住所:群馬県藤岡市下日野
駐車場あり(無料)

<平井金山城について>
平井金山城2a.jpg
平井金山城2.jpg

平井金山城3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
藤岡市にある平井金山城跡に行ってきました。
平井城は関東管領・上杉氏(山ノ内上杉)の居城です。その平井城からすぐの場所
に戦の時の詰め城である平井金山城(山城)があります。

この平井金山城は、鎌倉公方・足利持氏と関東管領・上杉憲実が戦った永享の乱の
合戦の舞台。永享の乱で鎌倉公方が滅ぼされ、関東は実質戦国時代に突入したとい
う、歴史上も重要な戦いです。

そんな金山城を散策しました。
入り口に大きな無料駐車場があります。そこから距離的には700mほどで本丸跡
まで山道を歩くことになります。
google map上は平井城址公園なんて書いてあるので、柔な感じをイメージしてし
まうかもしれませんが、片道30〜40分の山登りになります。
山登り用の靴や飲み物など必要かと思います。
最近は藤岡市内でも熊の出没情報もあったので、熊よけの鈴も鳴らしながら登城しま
した。

本丸跡は特に眺望が良い訳ではありません。
城跡としては、虎口や空堀、物見台の石垣など城の遺構を見る事が出来ました。

<平井金山城>
平井金山城4.jpg

平井金山城5.jpg

平井金山城6.jpg

平井金山城7.jpg

平井金山城8.jpg

平井金山城9.jpg

平井金山城9a.jpg
平井金山城の井戸跡です。
水の出は悪かった様で、合戦の際は水を他の場所からここに持ってきて
籠城をした様です。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月30日

離山公園の彼岸花    (群馬県板倉町)

令和5年9月23日、群馬県板倉町の離山公園で彼岸花を見てきました。

<離山公園>
離山公園2.jpg
住所:群馬県邑楽郡板倉町海老瀬
駐車場あり(無料)

離山公園で彼岸花を見てきました。
この公園は、離山貝塚という貝塚がある史跡で、その公園の中に彼岸花が
咲いています。

離山公園8.jpg

地元の方が約10年前から植樹して彼岸花の名所としたものだそうです。
この日も地元のボランティアの方が案内をしておりました。

今年は暑かったせいで、開花状況は遅めとの事。本来だったら満開の頃なん
ですが、1週間ほど遅れているそうで、この記事を書いてる9月30日現在
くらいが見頃になっているものと思われます。

この公園、春は桜も綺麗だそうです。

<離山公園の彼岸花>
離山公園7.jpg

離山公園6.jpg

離山公園4.jpg

離山公園5.jpg

離山公園3.jpg

離山公園.jpg



posted by 南行 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月05日

旧太子駅   (群馬県中之条町)

旧太子駅跡に行ってきました。

<旧太子駅>
旧太子駅.jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町太子251番地4
駐車場あり(無料)
入場料:200円

<旧太子駅について>
戦中
旧太子駅4.jpg

戦後
旧太子駅5.jpg

旧太子(おおし)駅跡に行ってきました。
この太子駅は戦争末期に群馬鉄山から鉄鉱石を輸送する為に造られた鉄道駅です。
戦争末期だった為、ほとんど活躍する時間もなく終戦を迎えます。
戦後になり貨物輸送電車として活躍し、また地元からの要請により、人を輸送する
様になります。
群馬鉄山の閉山後、昭和45年に電車は廃止され、駅も廃業となったそうです。
現在、駅には文化財指定を受けたホッパー棟という鉄筋コンクリートの構築物が残り、
ます。
駅舎は綺麗に改装されて、旧太子駅に関する展示などもありました。
外からでも見えますが、200円払って中から見る価値は充分にあるなと思いました。
こんな所にこんな史跡があるのを知らなかったので、見てびっくりです。

<旧太子駅>
旧太子駅3.jpg

旧太子駅2.jpg

<旧太子駅ホッパー棟>
旧太子駅 ホッパー棟跡.jpg

旧太子駅 ホッパー棟跡2.jpg

旧太子駅 ホッパー棟跡3.jpg
鉄筋部分がむき出しになったりして、劣化が激しいです。

旧太子駅 ホッパー棟跡4.jpg

旧太子駅 ホッパー棟跡5.jpg

ホッパー棟というのは、鉄鉱石を鉄道に移し替える施設だそうです。

朽ち果て感が、北海道にあるタウシュベツ川橋梁に似ているなと思いました。



posted by 南行 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野反湖    (群馬県中之条町)

群馬県中之条町にある野反湖に行ってきました。

<野反湖>
野反湖4.jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町入山
駐車場あり(無料)

野反湖は1956年、野反ダムの建設によって出来たダム湖で、ダム湖百選
に選ばれています。
群馬県の最北部にあり、道路は繋がっていませんが、すぐ北側は新潟県にな
ります。

群馬県ながら遠いので、なかなか訪問してなくて、20年以上ぶりで訪問し
ました。
野反湖が一番良い時期は7月。ニッコウキスゲが咲き誇る野反湖の景色が良い
という事で訪問しました。
令和5年7月2日の訪問でしたが、ニッコウキスゲはまだ咲き始めという感じ
でした。
しかし、天気も良くとても綺麗な野反湖を見る事が出来たので,良しとします(^-^)
中之条の市街地は気温30度越えでしたが、野反湖は標高が高いので、25度
程度。涼しい風も良かったです。

<野反湖>
野反湖6.jpg

野反湖7.jpg

野反湖5.jpg

野反湖2.jpg

野反湖.jpg

野反湖3.jpg

野反湖8.jpg



posted by 南行 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月11日

日本国道最高地点の碑   (群馬県中之条町)

群馬県中之条町にある日本国道最高地点の碑を見てきました。

<日本国道最高地点の碑>
日本国道最高地点碑.jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町入山
駐車場あり

国道292号線、日本国道最高地点の碑を見に行ってきました。
志賀草津道路とよばれる道で、草津白根山山頂に近い地点になります。
国道最高地点って、てっきり国道299号線の麦草峠なのかと思ってました。
写真確認したら、あちらはメルヘン街道最高地点でした(2127m)
こちらが最高地点で2172mです。

ここからは草津白根山方面や、芳ヶ平、遠くに草津の温泉街を見る事が出来ます。
とにかく絶景です。関東近辺でこういう景色を見ることが出来るのは良いですね。

<日本国道最高地点付近からの景色>
日本国道最高地点碑2.jpg

日本国道最高地点碑3.jpg

日本国道最高地点碑5.jpg

日本国道最高地点碑4.jpg





posted by 南行 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月19日

麻場城   (群馬県甘楽町)

甘楽町にある麻場城跡に行ってきました。

<麻場城址>
麻場城.jpg
住所:群馬県甘楽郡甘楽町白倉823 麻場城址公園
駐車場あり(無料)

<麻場城について>
麻場城3.jpg

麻場城4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
麻場城址に行ってきました。
麻場城は白倉城とも言い、この地の豪族白倉氏の居城でした。
白倉氏は近隣の小幡氏とともに関東管領上杉氏の重臣でしたが、後に武田、織田、
北条と主君を替え、1590年・秀吉の小田原攻めの際麻場城は落城し、白倉氏も
滅亡しました。

今は城址公園になっている麻場城。堀・土塁など綺麗に残っています。
主郭部分には櫓みたいな展望台が作られていて、ここからの景色が良かったです。

麻場城2.jpg

麻場城6.jpg

麻場城7.jpg

麻場城8.jpg

麻場城9.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html




続きを読む
posted by 南行 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月05日

中後閑の桜並木   (群馬県安中市)

安中市にある中後閑の桜並木を見に行ってきました。

<中後閑の桜並木>
中後閑の桜並木.jpg
住所:群馬県安中市中後閑
駐車場あり(無料)

安中市中後閑にある桜の名所です。
桜の他、菜の花、レンギョウ、水仙などが咲き非常に綺麗な風景が
広がります。

訪問時、夕方かつ雲が出てしまい明るさが足りません。曇り空の下に
なってしまった為、写真映えがいまいち良くありませんが、晴れていれば
相当綺麗であろうなと思われる景色でした。

<中後閑の桜並木・令和5年4月2日撮影>
中後閑の桜並木2.jpg

中後閑の桜並木3.jpg

中後閑の桜並木4.jpg

中後閑の桜並木5.jpg

中後閑の桜並木6.jpg

中後閑の桜並木7.jpg

中後閑の桜並木8.jpg
菜の花も綺麗。

中後閑の桜並木9.jpg
こちらは水仙畑です。

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



posted by 南行 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小幡八幡宮の桜  (群馬県甘楽町)

城下町小幡にある小幡八幡宮で桜を見てきました。

<小幡八幡宮>
小幡八幡宮.jpg
住所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡1
駐車場あり(無料)

小幡八幡宮は、小幡織田家3代 信昌の時代に創建された神社で
織田家ゆかりの神社です。
ちょうどこの日は本堂内にある天井絵の特別公開もされていました。
(この写真は無し)

小幡八幡宮2.jpg

小幡八幡宮7.jpg

小幡八幡宮6.jpg
狛犬がかわいい(笑)

小幡八幡宮、桜がとても綺麗でした。参道の桜、また本殿から北に向かう
道路沿いの桜がとても良かったです。

<小幡八幡宮の桜・令和5年4月2日撮影>
小幡八幡宮3.jpg

小幡八幡宮4.jpg

小幡八幡宮5.jpg

小幡八幡宮9a.jpg

小幡八幡宮8.jpg

小幡八幡宮9.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



posted by 南行 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

ロウバイパーク   (群馬県桐生市)

桐生市にあるロウバイパークに行ってきました。

<ロウバイパーク>
ロウバイパーク.jpg
住所:群馬県桐生市梅田町5丁目
駐車場あり(無料)
入園無料

桐生市の北部にあるダム湖である梅田湖。その梅田湖の湖畔にあるロウバイ
パークに行ってきました。
毎年1月下旬〜2月にかけてロウバイの花を見ることが出来ます。

今日訪問しましたが、まだ咲き始めかな〜。
木によっては結構咲いてる木もあるんですが、全体的に見てまだ2分咲き
くらいかなと。
2月に入ってからの方が良さそうな感じでした。
咲き具合はまだまだでしたが、ロウバイの甘い香りが非常に良い感じでした(^-^)

<ロウバイパーク・令和5年1月22日撮影>
ロウバイパーク2.jpg

ロウバイパーク3.jpg

ロウバイパーク5.jpg

ロウバイパーク7.jpg

ロウバイパーク4.jpg

<ロウバイパークから見た梅田湖>
ロウバイパーク6.jpg

梅の名所巡り
http://rover.seesaa.net/article/13842621.html



posted by 南行 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月30日

菅沼定利の墓を参拝  (群馬県高崎市)

高崎の玄太寺にある菅沼定利の墓を参拝しました。

<菅沼定利の墓>
菅沼定利墓碑.jpg
住所:群馬県高崎市吉井町吉井28
駐車場あり(無料)

<菅沼定利について>
菅沼定利墓碑2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高崎(旧吉井)にある玄太寺にある菅沼定利の墓を参拝しました。
菅沼氏は三河以来の徳川譜代の大名で、いろいろな家に別れている菅沼家の中で、
菅沼氏の総領家である田峯菅沼氏の出自です。

菅沼定利は、家康の関東移封に伴い、上野国吉井に2万石を与えられました。
1602年亡くなり菩提寺として吉井神保の仁叟寺に葬られましたが、150年後に
三河新城3代領主菅沼定用が、墓石塔を玄太寺に移しました。

<菅沼定利墓碑>
菅沼定利墓碑3.jpg

吉井藩って小藩なんで、だれが藩主なのかよく知りませんでしたが、初代藩主が
菅沼定利で、2代目まで吉井藩主を務めた様です。



posted by 南行 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

めがね橋と碓氷峠鉄道遺構  (群馬県安中市)

安中市にある碓氷峠の鉄道遺構を見に行ってきました。

<めがね橋>
めがね橋.jpg
住所:群馬県安中市松井田町坂本 地内
駐車場あり(無料)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
碓氷峠の鉄道遺構を見に行ってきました。
1997年に横川〜軽井沢間の鉄道が廃止され、残された遺構はアプトの道という
観光ルートとなっています。

明治時代、高崎から新潟の直江津に向かう鉄道が開通しています。
その中で、この碓氷峠の勾配は鉄道建設の難所で、ドイツのアプト式という方式を
採用して建設されました。
最後の碓氷峠が明治28年に開通し、全線開通となります。
この路線が平成に入るまで使われていたことが凄いです。

今回は旧熊ノ平駅からめがね橋まで観光ルートを歩いてみました。
駐車場からだと片道1.5キロ位。往復3キロ程歩きました。

<旧熊ノ平駅>
熊ノ平駅.jpg
駅のホームの雰囲気だけ残ってます。

熊ノ平駅2.jpg
奥の変電施設でしょうか、かなりボロボロの建物。これも鉄道遺構として
重要文化財に指定されています。

<旧碓氷峠トンネル>
碓氷峠鉄道遺跡.jpg

碓氷峠鉄道遺跡2.jpg

碓氷峠鉄道遺跡3.jpg

碓氷峠鉄道遺跡4.jpg

碓氷峠鉄道遺跡5.jpg
明治時代のレンガと思うと感慨深いです。

碓氷峠鉄道遺跡6.jpg

碓氷峠鉄道遺跡7.jpg

熊ノ平からめがね橋まで、5本ほどのレンガトンネルを抜けて到着しました。
めがね橋2.jpg

めがね橋3.jpg

<めがね橋について>
めがね橋4.jpg

レンガ200万個を使ったというめがね橋。明治時代の土木技術の高さに驚きます。
余部鉄橋も凄いと思いましたが、改めて碓氷峠のめがね橋の凄さも感じました。



posted by 南行 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月10日

【再】鼻高展望花の丘   (群馬県高崎市)

高崎市にある鼻高展望花の丘に行ってきました。

<鼻高展望花の丘>
鼻高展望花の丘.jpg
住所:群馬県高崎市鼻高町1400
駐車場あり(無料)

今日は高崎の鼻高展望花の丘に行ってきました。
今はコスモスのシーズン。
3年ぶりくらいでしょうか、夕方から晴れたので、特に行く予定では
無かったんですが、立ち寄りました。

コスモスやヒマワリなどいろんな花が見頃でした。入場も無料なので、気軽に
立ち寄れるのが良いですね。

<令和4年10月10日撮影>
鼻高展望花の丘2.jpg

鼻高展望花の丘3.jpg

鼻高展望花の丘4.jpg

鼻高展望花の丘5.jpg

鼻高展望花の丘6.jpg

鼻高展望花の丘7.jpg

鼻高展望花の丘8.jpg

鼻高展望花の丘9.jpg

鼻高展望花の丘9b.jpg

鼻高展望花の丘9a.jpg

鼻高展望花の丘9c.jpg



posted by 南行 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

榊原康政の墓を参拝   (群馬県館林市)

榊原康政の墓を参拝しました。

<榊原康政の墓>
榊原康政の墓.jpg
住所:群馬県館林市楠町3692(善導寺)
駐車場あり(無料)
境内自由

榊原康政は徳川家康に仕えた武将で、三河以来の譜代の家臣です。
酒井忠次・本多忠勝・井伊直政となたび徳川四天王と呼ばれた名将です。
1590年、家康が関東に入ると榊原康政は10万石で館林へ。
館林では堤防工事や街道整備に尽力しました。
1606年館林で死去、この善導寺にお墓があります。

20年以上前に来ておりますが、久しぶりに立よってみました。
善導寺本堂裏に大きな墓域があり、榊原康政の他、子の大須賀忠政・榊原康勝、
2代藩主榊原康勝の母にあたる花房氏の墓などが並びます。

<榊原康政の墓>
榊原康政の墓3.jpg

P1490277.jpg

<子供や夫人の墓>
榊原康政の墓4.jpg

榊原康政の墓2.jpg

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦艦武蔵慰霊碑   (群馬県前橋市)

群馬県前橋市にある戦艦武蔵慰霊碑を見てきました。

<戦艦武蔵慰霊碑>
戦艦武蔵慰霊碑.jpg
住所:群馬県前橋市富士見町時沢
駐車場無し

戦艦武蔵慰霊碑3.jpg

googlemapで戦艦武蔵慰霊碑なるものを発見。前橋で?
気になったので行ってみました。
ローソン富士見時沢店の裏に碑はあります。

この碑、裏の説明を見るに昭和19年に沈没下戦艦武蔵の乗員のうち
群馬県出身者を慰霊する為に造られたものの様です。
亡くなった方の名前が記されていました。

戦艦武蔵慰霊碑2.jpg

現地に解説板があるんですが、既に劣化していて何て書いてあるのか
分からないのが残念です。



posted by 南行 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月07日

さくらみくら便利店   (群馬県)

群馬県伊勢崎市にある、さくらみくら便利店に行ってきました。

<さくらみくら便利店・伊勢崎境上渕名店>
さくらみくら便利店.jpg
住所:群馬県伊勢崎市境上渕名1359−15
駐車場あり

さくらみくら便利店・伊勢崎境上渕名店に行ってきました。

さくらみくら便利店は、すき家を展開するゼンショーホールディングスが
試験的に始めているコンビニです。
現在群馬県内に9店舗ほどあります。

ゼンショーは何年か前に、群馬の本拠を置くスーパーのフジマートを買収して
いる事から群馬県内でのスタートになったものと思われます。
ゼンショーは他にもマルエイ、ヤマグチスーパーなど地場スーパーを買収して
いて、小売りにも実は力を入れているんですね。

さくらみくらは会社からも試験展開と言っている段階で、今後どの様に展開して
いくか、様子見している新業態です。

最近、コンビニは大手3社にほぼ集約され、個性が無くなって面白みが無くなり
ました。
そこで、さくらみくらがどんな感じか様子見という事で行ってきました。

で、感想ですが、7割くらいは他のコンビニと同じような感じ。
しかし、地元パンメーカー(新田パン)のパンコーナーがあったり、群馬のご当地
ネタがあったりと地域色が少しあります。

<新田パン>
さくらみくら便利店6.jpg

また、1番の目玉は店内調理のお弁当コーナーです。
もちろん、他のコンビニと同じように作り置きの弁当もあります。

みくら食堂と称する作りたて弁当のメニューです。
さくらみくら便利店5.jpg

さくらみくら便利店2.jpg

さくらみくら便利店3.jpg

今回はからあげ弁当(470円)を注文してみました。
さくらみくら便利店4.jpg
こちらからあげ弁当です。
からあげ4個弁当。少し見た目はもの寂しいかな〜。
ただ、からあげもお米もレンジでチンじゃないので、これはまさに食堂で食べるような
感じのお弁当です。
店の前にベンチとテーブルがあるので、そこで食しました。
お弁当、とてもおいしかったです(^-^)

コンビニの感想としては、なかなか興味深いお店でした。
もっと群馬色が出てても良いかな。焼きまんじゅう売るとか。
SAVE ON無きあと、群馬のコンビニとして特色を出してもらいたいなと。



posted by 南行 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月14日

丹生の丘ひまわり畑   (群馬県富岡市)

富岡市にある丹生の丘ひまわり畑に行ってきました。

<丹生の丘ひまわり畑>
丹生の丘ヒマワリ畑.jpg
住所:群馬県富岡市 下丹生459−2
駐車場あり(有料:300円)

群馬県富岡市、丹生の丘ひまわり畑に行ってきました。
丹生湖を見下ろす丘に10万本のひまわりが咲く名所です。

丹生湖はダム湖なんですが、行った時はとにかく水が少なく、湖というより
池程度の大きさでした。

ひまわりは期分けしていて、7月下旬見頃の区画と、8月の区画とありました。
8月の区画をゆるりと散策です。
上州の山々とひまわり、とても良かったです。湖ビューなら尚良かったんですが・・。

<丹生の丘ひまわり畑・令和4年8月7日撮影>
丹生の丘ヒマワリ畑3.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑2.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑4.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑5.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑7.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑8.jpg

丹生の丘ヒマワリ畑6.jpg

絵みたいに見える、額縁の写真スポットから撮影してみました(^-^)
丹生の丘ヒマワリ畑9.jpg



posted by 南行 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇   (群馬県太田市)

群馬県太田市にある旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇を見てきました。

<旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇>
旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇2.jpg
住所:群馬県太田市新田市野倉町64
駐車場無し

太田市にある旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇を見てきました。
「鎮碇(ちんじょう)」とは、着陸訓練用のロープを固定したRC造の構造物です。
少し離れた鉄塔からワイヤでつられた主翼の無い練習機で鎮碇方向へ滑り降り、
練習生は操縦桿を引くタイミングや着陸の感覚をつかんだという事です。

この鎮碇は以前から存在は知られていた様ですが、この構造物が何か分かっていな
かったそうです。最近になり、それが戦時中の航空訓練用の施設であることが
分かったとの事。
鎮碇と呼ばれるこの構築物は鹿児島の知覧にも何個か残っているそうです。

太田の鎮碇は解説板すら無く、知ってて訪問しないと、まったく気付きません。
戦争遺跡であるこの鎮碇、是非後世に残してほしいものです。

旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇.jpg

旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇3.jpg

旧陸軍新田飛行場 着陸訓練施設鎮碇4.jpg

戦争遺跡・軍事遺跡
http://rover.seesaa.net/article/476666823.html



posted by 南行 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

頭文字D マンホールの蓋   (群馬県渋川市)

渋川市で頭文字Dのマンホールの蓋を見てきました。

<頭文字D>
頭文字D.jpg

渋川市は漫画『頭文字D』の舞台です。
漫画の中に出てくる「秋名山」というのは、「榛名山」をモデルにしています。
そんな事もあり、渋川では駅前にこんな旗がはためいていました(^-^)

また駅前に、関連MAPがありました。
頭文字D MAP.jpg

関連MAPはマンホールの蓋MAPになります。
市内に頭文字Dのマンホールの蓋が点在しています。
そのほとんどが、伊香保温泉街にあります。今回は伊香保温泉街には行かず、
渋川駅前とヤセオネ峠の2ヶ所でマンホールの蓋を見てきました。

<渋川駅前>
頭文字D2.jpg

<ヤセオネ峠>
頭文字D3.jpg

頭文字Dファンとしては一度見たいと思っていました。
見る事が出来て満足です(^-^)
後日伊香保温泉がのも見て歩きたいと思います。



posted by 南行 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜森のヒガンザクラ   (群馬県渋川市)

渋川市にある桜森のヒガンザクラを見てきました。

<桜森のヒガンザクラ>
桜森のヒガンザクラ.jpg
住所:群馬県渋川市赤城町津久田313−2
駐車場あり(無料)

群馬県指定天然記念物「桜森のヒガンザクラ」を見に行ってきました。
樹齢400年超という桜です。
桜森のヒガンザクラ2.jpg
津久田八幡宮の境内にあります。

令和4年4月10日現在、ちょうど見頃を迎えていました。

<桜森のヒガンザクラ>
桜森のヒガンザクラ3.jpg

桜森のヒガンザクラ4.jpg

桜森のヒガンザクラ5.jpg

桜森のヒガンザクラ6.jpg

<桜のある風景>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



posted by 南行 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

小栗上野介終焉の地   (群馬県高崎市)

高崎市にある小栗上野介終焉の地に行ってきました。

<小栗上野介終焉の地>
小栗上野介終焉の地4.jpg
住所:群馬県高崎市倉渕町権田
駐車場無し

<小栗上野介終焉の地について>
小栗上野介終焉の地3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小栗上野介終焉の地に行ってきました。
小栗上野介は幕末の幕臣。勘定奉行、外国奉行などを歴任した人物。
大坂から慶喜が戻った後、薩長に対し強行に交戦を主張した為、お役御免となり
高崎(倉渕)に隠棲しますが、上野介を危険視した新政府軍により捕らえられ、
無実の罪によりこの川原で斬首されました。

今まで小栗上野介について詳しく紹介する幕末ドラマ等はありませんでした。
これは勝海舟が江戸無血開城に導いた一方の英雄という扱いをする為、勝と対立し
た小栗は悪役に追いやられていたからと思います。

今年の大河ドラマ『青天を衝け』では、初めて小栗の先見性や幕府、日本の将来に
関する思いなどが取り上げられました。歴史は都合の悪い事や人を正確に伝えず、
ねじ曲げた形で伝えられて行く事が多いです。小栗の功績に関しては、勝海舟と
同等以上に評価していくべきではないかなと思います。

烏川の川原の碑文。
「偉人小栗上野介 罪無くして此所に斬らる」とあります。
小栗上野介終焉の地2.jpg

小栗上野介終焉の地.jpg

高崎市ではありますが、旧倉渕村なので、市街地からは車で40〜50分はかかります。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html



posted by 南行 at 09:23| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

上州鬼石の町並み   (群馬県藤岡市)

藤岡市、鬼石の町並みを散策しました。

<上州鬼石の町並み>
鬼石の町並み.jpg
住所:群馬県藤岡市鬼石
駐車場あり(無料)

神流川の中流域にある鬼石の町は江戸時代、幕府領として、また十石峠街道
の宿場町として栄えました。
明治時代には生糸の集積地でもあった様です。

鬼石は桜山公園という冬桜が有名な公園があって、よく行ってたりするので、
この場所は何度も車で走っていましたが、今回初めて車を降りて歩いてみま
した。

町の端の方におまつり広場という場所があり、ここが無料観光駐車場の様です。
ここにくるまを停めて町並み観光です。
かつて200軒近い商家が並んだという町並み。その一部が今も残っている
感じです。
ただ、今は商業的には衰退。観光地って感じでもないので、町に賑わいはあり
ません。観光客があまりいない分ゆっくり町並みを見て歩きました。

<上州鬼石の町並み>
鬼石の町並み2.jpg

鬼石の町並み3.jpg

鬼石の町並み4.jpg

鬼石の町並み5.jpg

鬼石の町並み6.jpg

鬼石の町並み7.jpg

鬼石の町並み8.jpg

鬼石の町並み9.jpg

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html




posted by 南行 at 23:56| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

旧丸山変電所     (群馬県安中市)

安中市にある旧丸山変電所に行ってきました。

<旧丸山変電所>
旧丸山変電所.jpg
住所:群馬県安中市松井田町横川
駐車場無し(横川駅前の観光駐車場を利用)

<旧丸山変電所について>
旧丸山変電所6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
安中(横川)にある旧丸山変電所に行ってきました。
信越本線の電化に伴い、明治45年に建築された変電所跡です。
2棟あり、1棟は機械室、もう1棟は蓄電池室です。
煉瓦造りの建物で、その煉瓦は渋沢栄一らによって設立された日本煉瓦製造が作った
ものです。

建物はその歴史的価値から、平成6年に国指定の重要文化財となり、平成14年に
修復工事が完了し、現在に至っています。

内部の公開は年に1回のみとの事。今回は外から見てきました。
横川駅前にある観光駐車場に車を停め、アプトの道という廃線敷の遊歩道を歩いて
20分くらい歩きました。

明治時代の煉瓦建造物は他にもありますが、どれも風格があって良いですね。

旧丸山変電所4.jpg

旧丸山変電所5.jpg

旧丸山変電所3.jpg

旧丸山変電所2.jpg



posted by 南行 at 10:28| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

桃井塚    (群馬県桐生市)

群馬県桐生市にある桃井塚に行ってきました。

<桃井塚>
桃井塚.jpg
住所:群馬県桐生市新里町新川1268
駐車場無し

<桃井塚について>
桃井塚3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
桐生市にある桃井塚に行ってきました。
越前の藤島で討ち死にした新田義貞の首は、老臣桃井次郎尚常によって持ち出され、
善昌寺に葬られました。
その後、桃井次郎尚常は主君の後を追いこの地で自刃しました。

桃井塚2.jpg
奥にある石が腹切り石です。

駐車場は無かったので、しばし路駐して塚を見てきました。



posted by 南行 at 17:15| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

大道寺政繁の墓を参拝   (群馬県安中市)

安中にある補陀寺で大道寺政繁の墓を参拝しました。

<補陀寺>
補陀寺.jpg
住所:群馬県安中市松井田町新堀1186
駐車場あり(無料)
境内自由

<大道寺政繁について・クリックすると拡大します>
大道寺政繁の墓4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北条家家臣・大道寺政繁の墓を参拝してきました。
安中の補陀寺というお寺にあります。
大道寺政繁は北条家の重臣ですが、秀吉の小田原攻めの際、善戦するも降伏。
後は前田家のもと小田原攻めに協力します。
しかしながら戦後、秀吉から開戦責任を追及され川越常楽寺で切腹させられます。

川越の常楽寺にも墓があるのですが、家臣が首を持ち帰り安中補陀寺に埋葬した
との事です。

<大道寺政繁の墓>
大道寺政繁の墓3.jpg

大道寺政繁の墓2.jpg

大道寺政繁の墓.jpg

2006年にも一度訪問しているのですが、久々に再訪しました。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html







posted by 南行 at 12:48| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

勾当内侍の墓   (群馬県太田市)

太田市にある花見塚公園で勾当内侍の墓を参拝しました。

<花見塚公園>
花見塚公園.jpg
住所:群馬県太田市武蔵島町87
駐車場あり(無料・花見塚公園)

<花見塚公園について>
花見塚公園2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
勾当内侍(こうとうのないし)の墓を参拝しました。
勾当内侍は新田義貞の妻。後醍醐天皇に仕える女官でしたが、鎌倉陥落の功績に
新田義貞に与えられ妻となりました。
建武の新政が崩れ足利尊氏が離反すると、義貞や楠木正成らはその討伐にあたり
ますが、義貞が勾当内侍との別れを惜しんだ為追撃の機会を逸し戦に敗れたと
『太平記』に記載があります。
絶世の美女だった様です。
義貞亡き後、勾当内侍は義貞の菩提を弔う為尼になり京都嵯峨野で過ごした様で
すが、この太田尾島の地にも来て供養したという事です。

<勾当内侍の墓>
花見塚公園 勾当内侍の墓.jpg

花見塚公園 勾当内侍の墓2.jpg
勾当内侍の墓、新田義貞首塚の碑文がありました。
勾当内侍については実在を疑問視する説もあり、墓も確定していない様です。
この尾島の墓も伝承のひとつという感じです。

花見塚公園3.jpg

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 09:35| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

龍廣寺 / 井伊直政供養塔  (群馬県高崎市)

高崎市にある龍廣寺に行ってきました。

<龍廣寺>
龍廣寺.jpg
住所:群馬県高崎市若松町49
駐車場あり(無料)
境内自由

高崎の龍廣寺に行ってきました。
この寺の山号は「高崎山」、高崎の地名の由来になった寺です。

慶長三年(1598)井伊直政が幕府の命により箕輪から和田宿へ移り住み、
城地を決定するために、鷹を放ったところ、現在の城跡の松の木にと
どまったという、旧称「和田」を改めて、鷹が崎にしたら、いや、
松が崎がよいと議論百説が出て決まらなかった。
そこで、城主直政は箕輪時代から信頼厚かった箕輪龍門寺の僧、白庵秀関
の意見を求めた。白庵は「生物には、生死栄枯あり、公が命を奉じて、
この城を築かれることは、盛事大名である。成功高大の義を取って『高崎』
とされては」と答えた。(近藤章氏「龍廣寺物語」より一部抜粋)

高崎の名前の由来は井伊直政に関わる話だったんですね、知りませんでした。
境内に井伊直政の供養塔があるという話を聞き、参拝しようと思って今日は
訪問しました。

<本堂>
龍廣寺2.jpg
本堂は大正5年の建築だそうです。

寺に入ると、寺にあるお墓の案内がありました。
が、しかし、井伊直政の供養塔はどこにあるのか書いていません。
そのかわり、元ロシア兵の墓と村上鬼城の墓の案内がありました。

<元ロシア兵の墓>
龍廣寺ロシア人兵士の墓2.jpg

龍廣寺ロシア人兵士の墓.jpg
元ロシア兵の墓です。日露戦争のおり、ロシア兵の捕虜が日本に連行され
ました。龍廣寺にもロシア兵が監禁されましたが、ここで亡くなった数名
の兵の墓が残っています(高崎市指定史跡)

村上鬼城の墓・高崎市指定史跡>
龍廣寺村上鬼城の墓.jpg

龍廣寺村上鬼城の墓2.jpg
この方、知らなかったんですが大正時代に活躍した俳人だそうです。

<満州事変・忠霊碑>
龍廣寺満州事変忠霊碑.jpg
満州事変の忠霊碑がありました。
碑の文字は陸軍大臣・荒木貞夫氏。

<井伊直政供養塔>
龍廣寺 井伊直政供養塔.jpg

龍廣寺 井伊直政供養塔2.jpg
やっと見つけた井伊直政供養塔です。
まったく解説等無く、案内もありません。村上鬼城の墓とロシア兵
の墓は案内も説明もあるんですが・・・。直政公の供養塔は何でこ
んな扱いなんでしょう(^^;
供養塔の側面に、高崎城主・兵部少輔 井伊直政とありました。

高崎の由来を知ることが出来て良かったです。またこんなところに
井伊直政の供養塔があるのに驚きました。
何度もここの前通ってるんですけどね。。。。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:31| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

真田忍者・割田重勝の墓        (群馬県中之条町)

群馬県中之条町で真田の忍者、割田重勝の墓を参拝しました。

<割田重勝の墓>
割田重勝の墓3.jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町大字横尾
駐車場無し

<割田重勝について>
割田重勝の墓.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
中之条にある割田重勝の墓を参拝しました。
真田の忍者として、忍びの技に関しては右に出る者はいないという位の人物
だった様です。
解説に同じく真田の忍者である出浦盛清に討たれたという文言がありますが、
盗みを働いたことが露見し、盛清に討たれたという事の様です。

割田重勝の墓は田んぼの真ん中にありました。
駐車場はありませんが、ここを通る車はまず無いと思われますので路駐しての
参拝で大丈夫かと思います。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 17:10| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

唐沢玄蕃の墓  (群馬県中之条町)

中之条町にある唐沢玄蕃の墓を参拝しました。

<唐沢玄蕃>
唐沢玄蕃の墓.jpg
住所:群馬県吾妻郡中之条町大字横尾
駐車場無し

<唐沢玄蕃について>
唐沢玄蕃の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
唐沢玄蕃の墓を参拝しました。
中之条町の北部の小さな集落の中に玄蕃の墓はありました。
唐沢玄蕃は実在の人物。玄蕃らの活躍がのちの真田十勇士の活躍の話のモデルに
なったのではないかと思われます。

ちなみに玄蕃の墓には駐車場がありません。
少し離れた場所に路駐して参拝しました。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

神戸駅      (群馬県みどり市)

みどり市にあるわたらせ渓谷鉄道「神戸駅」に行ってきました。

<神戸駅>
神戸駅.jpg
住所:群馬県みどり市東町神戸891
駐車場あり
無人駅なので、改札内入れます

わたらせ渓谷鉄道の神戸駅に行ってきました。
半分ネタではありますが、読み方は「ごうど」です。

何しに神戸駅に行ったかというと、ここの清流っていうレストランの
売店で懐かしのポリ茶瓶入りのお茶が売ってるという噂を耳にしたの
であるのなら買いたいと思って出陣しました。

ポリ茶瓶ってこれ。
ポリ茶瓶.jpg
昔の駅弁の友って感じでしたよね。新幹線の中でこれ飲んだ記憶が。
これがあるなら行くしかないじゃないですか(笑)

で、行ってみたのですが・・・。何とレストラン清流が臨時休業(>_<)
おお、なんという事だ〜。ホームページとか無いから休業が分からない
し。残念無念。
まあそんなに遠い場所でも無いので、再訪しようと思います。

駅はレトロな雰囲気でとても良かったです。
もともと鉄道にはそんな興味が無かったんですが、最近レトロ駅舎に
興味が出てきました。こういう雰囲気のところは旅のテーマとして
訪問していきたいなと思っています。

<神戸駅>
神戸駅2.jpg

神戸駅3.jpg

神戸駅4.jpg

神戸駅5.jpg

神戸駅6.jpg

神戸駅7.jpg

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:27| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊参スタジオ公園・ジェット二宮金次郎    (群馬県中之条町)

群馬県中之条町にある伊参スタジオ公園に行ってきました。

<伊参スタジオ公園>
伊参スタジオ公園.jpg
住所: 群馬県吾妻郡中之条町大字五反田3527-3
駐車場あり(無料)
料金:無料

廃校した旧町立第四中学校を利用した公園です。
ここに行った理由はジェット噴射で飛んでいく二宮金次郎の像を
見る為です(笑)

<ジェット二宮金次郎像>
伊参スタジオ公園7ジェット二宮金次郎.jpg

伊参スタジオ公園7ジェット二宮金次郎2.jpg
こちら飯野哲心さんという方の作品。
この方、いろいろ遊び心ある作品を造ってらっしゃる様ですね。
普通の二宮金次郎像は薪を背負ってるんですけどね、この金次郎は薪
がジェット噴射になってます(笑)
さてどこに飛んでいくのやら。

伊参スタジオ公園は、旧町立第四中学校の中を見ることが出来ます。
こちらは群馬県の人口が200万人到達記念映画「眠る男」他、
ここで撮影された映画の紹介などが展示されています。
無料なので、ここも是非見た方が良いかと思います。

<旧町立第四中学校の中>
伊参スタジオ公園2.jpg

伊参スタジオ公園3.jpg

伊参スタジオ公園4.jpg

伊参スタジオ公園6.jpg

伊参スタジオ公園5.jpg

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:34| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

松源寺でアジサイ鑑賞  (群馬県みどり市)

みどり市にある松源寺でアジサイを見てきました。

<松源寺>
松源寺.jpg
住所:群馬県みどり市大間々町塩原195
駐車場あり(無料)
境内自由

群馬県みどり市、大間々にある松源寺に行ってきました。
大間々町内に入った位から、道路沿いに松源寺アジサイ見頃の看板が
ありました。正直知らなかったのですが、せっかく見頃って事なので、
行ってみる事にしました。

松源寺はアジサイ寺とも言われるアジサイの名所だそうです。
行ってみて、寺中がアジサイという風景にびっくり。
アジサイって、晴れでも雨でも映えますね。この日は快心の青空の下
でしたが、とても綺麗なアジサイを見る事が出来ました。

<松源寺のアジサイ・令和2年6月20日撮影>
松源寺2.jpg

松源寺5.jpg

松源寺3.jpg

松源寺4.jpg

松源寺 庭園.jpg

松源寺 庭園2.jpg
ちょっとした庭園みたいなのもあって、そこにもアジサイが。
アジサイの日本庭園ってのも良いですね(^-^)

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 15:11| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

上州姫街道 本宿      (群馬県下仁田町)

下仁田にある上州姫街道本宿を散策してきました。

<上州姫街道 本宿>
上州姫街道本宿.jpg
住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字本宿
駐車場無し

<本宿について>
上州姫街道本宿2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
中山道の脇街道である上州姫街道の宿場町である本宿を散策してきました。
国道254号線で下仁田を走ったのは数え切れないほどですが、一本裏にある
旧街道は全く知りませんでした。

たまたま行ったらとても良い町並みが残っていたので、車を降りて散策しました。
裏通りには時間が止まった様な風景が残っていました。

<本宿の町並み>
上州姫街道本宿3.jpg

上州姫街道本宿4.jpg

上州姫街道本宿5.jpg

上州姫街道本宿6.jpg

上州姫街道本宿7.jpg

上州姫街道本宿8.jpg

上州姫街道本宿9.jpg
本宿名物「本宿どうなつ」をお土産で買ってきました。おいしかったです(^-^)

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 11:44| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍昌寺      (群馬県安中市)

安中市にある龍昌寺に行ってきました。

<龍昌寺>
龍昌寺.jpg
住所:群馬県安中市安中2-7-19
駐車場あり(無料)
境内自由

龍昌寺に行ってきました。
龍昌寺は群馬の安中にあるお寺で、1616年に創建されました。
何か歴史的由緒があって訪問したのか?というと、そういう訳ではあり
ません。

ここ龍昌寺に、車に乗った観音様がおられるというので、見に行って
きました。

<交通安全観音>
龍昌寺 交通安全観音.jpgこちらがその観音様です。確かに車に乗っておられる。
乗ってるのはT型フォードをイメージしているとか。

車での国内旅行を趣味にしている自分いとっては、交通安全は一番の
祈願事項です。早速参拝しました。

寺の境内にこちらは世界乗り物館なる建物がありました。
入場無料です。

<世界乗り物館>
龍昌寺 世界乗り物館.jpg

お寺なので仏像もあるんですが、ここはミニカー博物館みたいな感じです。
龍昌寺 世界乗り物館3.jpg

龍昌寺 世界乗り物館2.jpg

龍昌寺 世界乗り物館4.jpg

お寺なのにどうしてこんなになってしまったのか分かりません。
住職の趣味かな・・(笑)
僕はこの寺好きですね(^-^)

平成30年4月8日訪問

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:15| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

裏見の滝      (群馬県みなかみ町)

みなかみ町にある裏見の滝に行ってきました。

<裏見の滝>
裏見の滝.jpg
住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原
駐車場あり(無料)

裏見の滝2.jpg

裏見の滝は落差50m、別名宝来の滝と言われる滝です。
裏から見る事が出来るため、この名前なんですが、今は裏には入れない
状況になっていました。
滝は宝台樹スキー場から車で10分程度の場所にあります。
駐車場から滝まで坂を下りること10分程度。見に行く難易度は低い
ですが、ちゃんとした靴は必要です。

<動画>


2019年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/465522397.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 14:29| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

明川桜の里      (群馬県みなかみ町)

群馬県みなかみ町、明川桜の里で桜を見てきました。

<明川桜の里>
明川さくらの里.jpg
住所:群馬県みなかみ町藤原明川
駐車場あり(無料)

<桜の里について>
明川さくらの里2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
明川桜の里に行ってきました。実は、ここの事を全然知りませんでした(^^;
なら何で行ったのかと。明川の豆桜という樹齢300年超の桜の古木があるという
ので、それを見に行ったんです。なので1本桜があるのかと思ってました。

行ってみてびっくり。集落中に咲き誇る桜、桜、桜。桜ですがまさに桃源郷という
言葉がぴったりきそうな雰囲気の場所でした。
平成19年に植樹されたそうです。まだ木は小さいですが、花は見事ですね。
令和時代になって、桜巡り3ヶ所目ですが、快心の桜を見る事が出来ました。

<明川桜の里・令和元年5月5日撮影>
明川さくらの里3.jpg

明川さくらの里4.jpg

明川さくらの里5.jpg

明川さくらの里6.jpg

明川さくらの里7.jpg

明川さくらの里8.jpg

さて、ここに来た目的は明川の豆桜でした。どこにあるのか探すと桜の里の真ん中
にありました。

<明川の豆桜>
明川さくらの里 豆桜.jpg
他の桜が満開なのに、花が見えない。樹齢300年って事だし、枯れてしまったか。
近くに寄って見てみました。何と、まだつぼみ状態でした。
まだ開花には時間がかかりそう。見頃は5月中旬くらいになりそうな感じです。

関越道水上ICから距離にして片道20キロ位あります。

2019年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/465522397.html

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:43| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

恐怖の洞窟    (群馬県みなかみ町)

みなかみ町にある恐怖の洞窟に行っていました。

<恐怖の洞窟>
恐怖の洞窟.jpg
住所:群馬県利根郡みなかみ町新巻368−1
駐車場あり(無料)
入場料:400円

恐怖の洞窟9a.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
みなかみに怪しげな施設?があるというので行ってきました。
その名も「恐怖の洞窟」です。
400円の入場料を払い中に入ります。

恐怖の洞窟入口です。
恐怖の洞窟3.jpg
ううむ、怪しいです。この先には何が。

恐怖の洞窟4.jpg
こんな事書いてあるあたり、本当に恐いのか。ドキドキしながら突入しました。

恐怖の洞窟5.jpg
洞窟内は暗く、足下がよく見えません。
洞窟内には怪しげな恐怖人形が。それが何を意味してるかはまったく分かりません。

恐怖の洞窟6.jpg

恐怖の洞窟7.jpg

恐怖の洞窟8.jpg

恐怖の洞窟9.jpg

怪しさは満載でしたが、そんなに恐怖かと言えばそうでも無かったです(^^;

洞窟を出た後、うさぎと戯れました(^-^)
恐怖の洞窟2.jpg
30匹くらいウサギがいて、自由に餌やり出来ます。これ楽しめました。

B級観光地感満点の施設でした。

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:38| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

常楽寺の彼岸花    (群馬県太田市)

群馬県太田市にある常楽寺で彼岸花を見てきました。

<常楽寺>
常楽寺の彼岸花7.jpg
住所:群馬県太田市上田島町372
駐車場あり(無料)
境内自由

太田市の常楽寺に行ってきました。
このお寺は新田氏の一族である田島氏の氏寺だったお寺です。
東国花の寺100ヶ寺のひとつで、特にこの時期の彼岸花が見所です。

太田で彼岸花というと、世良田の方にある早川渕の方が有名かなと思い
ます。以前、早川渕には行っているので、今回は常楽寺に行くことにし
ました。

行ってみてびっくり。良いじゃないですか(^-^)
境内に咲く彼岸花がとても良いです。日が良く当たるところは既に見頃を
過ぎていましたが、境内は今がちょうど見頃でした(^o^)

<常楽寺の彼岸花・平成29年9月24日撮影>
常楽寺の彼岸花.jpg

常楽寺の彼岸花2.jpg

常楽寺の彼岸花3.jpg

常楽寺の彼岸花5.jpg

常楽寺の彼岸花4.jpg

常楽寺の彼岸花6.jpg

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:23| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

毛無峠       (群馬県嬬恋村)

群馬県嬬恋村と長野県高山村の間にある毛無峠に行ってきました。

<毛無峠>
毛無峠.jpg
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣
駐車場あり(無料)

毛無峠は群馬県嬬恋村と長野県高山村の間にある県境の峠です。
とある有名なポイントがある峠で、一度行ってみたいなと思ってました。
万座道路から南に反れた行き止まり道路に毛無峠はあります。

道は狭いですが、随所にすれ違いポイントがあり、そんなに難所という感じ
でもありません。毛無峠が近づくと、木々が無くなり荒涼とした雰囲気になり
ます。常に強風が吹き付ける為、木が生えていないんだとか。それが毛無峠の
名前の由来でもあります。

毛無峠3.jpg

毛無峠2.jpg

毛無峠の入り口付近では晴れていたんですが、5〜6キロ走った毛無峠は雲の中。
せっかく絶景を見たいと思って行ったのに、無念残念です(>_<)

群馬県境のところに駐車場があります。その先群馬県側は荒れた道路。
毛無峠4.jpg
車は進めなくなります。

そんでもって有名な場所がここ。
毛無峠5.jpg
群馬県の標識とともに、「この先危険につき関係者以外立ち入り禁止」の看板。
よく群馬をディスるネタに使われる写真です(^^;
群馬は危険なところみたいな感じですよね〜。

今回は雲が出てしまったので、また天気が良い時を見計らって再訪したいと
思います(^-^)

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:03| Comment(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

沼田真田丸展    (群馬県沼田市)

群馬県沼田市で開催している大河ドラマ『真田丸』展に行ってきました。

<真田丸展>
沼田 真田丸展.jpg
住所:群馬県沼田市群馬県沼田市下之町888(駐車場住所)
入場料:500円(JAFで100円割引あり)
9時〜17時
駐車場は1時間まで無料

沼田で開催されている真田丸展に行ってきました。
上田で開催している真田丸展には行ったんですが、沼田でもやっているの
は知りませんでした。

沼田は真田ゆかりの地。沼田城、そして名胡桃城は秀吉の北条攻めのきっか
けにもなったお城です。
沼田展は、そんな沼田城にスポットをあてた展示内容になっています。
館内で流れる映像資料も沼田城に関するもので、大河ドラマで真田小松姫が
昌幸・信繁を追い返すシーンを中心に構成されたものでした。

展示はなかなか良かったですね。
上田展より楽しめたかも。

沼田 真田丸展3.jpg

沼田 真田丸展2.jpg
この土壁の六文銭は、大河ドラマのオープニングで実際に使われている
ものだそうです。素晴らしい(・o・)

沼田 真田丸展4.jpg

沼田展を見た後、久しぶりに沼田城訪問。
沼田城の観光案内所でお土産に兵糧丸を購入しました。
兵糧丸.jpg

お昼食べて無くてあまりにおなか空いたので、兵糧丸を3つほど
その場で食してしまいました。
兵糧丸2.jpg
これおいしいです(^-^)

帰りは赤城山経由で帰ってきました。
大沼付近は紅葉が見頃です。
赤城山 紅葉.jpg

赤城山 紅葉2.jpg
大沼付近は気温6度。もう冬の気配を感じました。

沼田真田丸展は来年3月31日まで開催との事です。

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

真田小松姫の墓    (群馬県沼田市)

沼田市にある正覚寺で真田小松姫の墓を参拝してきました。

<正覚寺>
正覚寺.jpg
住所:群馬県沼田市鍛冶町938
駐車場あり(無料)

<真田小松姫の墓について>
正覚寺 真田小松姫の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
正覚寺にある真田小松姫の墓を参拝してきました。
真田小松姫は徳川四天王の一人本多忠勝の娘で、真田信之の妻です。
小松姫は療養の為草津に向かう途中、埼玉県鴻巣市で亡くなりました。

遺骨は鴻巣の勝願寺、長野県上田市の芳泉寺、そしてここ沼田の正覚寺
に分骨されました。
勝願寺、芳泉寺の墓は既に参拝済みで、今日正覚寺訪問で小松姫の墓
3ヶ所全て参拝完了しました(^-^)

<真田小松姫の墓>
正覚寺 真田小松姫の墓.jpg

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

止まれ!     (群馬県大泉町)

群馬県大泉町で「止まれ」の標識を見てきました(^^;

<止まれ>
止まれ!.jpg
住所:群馬県大泉町日の出
駐車場なし

群馬県大泉町にある止まれが並ぶ道路です(笑)
結構ここ有名なんですよね。
TVの「ナニコレ珍百景」でも紹介された事がある場所です。

止まれ!2.jpg

何故ここまで止まれが連続してるんでしょうね。不思議です(^^;

B級観光スポット・珍スポット
http://rover.seesaa.net/article/106120393.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笠懸のひまわり    (群馬県みどり市)

群馬県みどり市にある笠懸のヒマワリ畑に行ってきました。

<笠懸のひまわり畑>
笠懸ひまわり2.jpg
住所:群馬県みどり市笠懸町鹿
駐車場あり(無料)

久しぶりに笠懸のひまわりを見に行ってきました。
当ブログでも11年前の記事で、笠懸のヒマワリを紹介していました。
http://rover.seesaa.net/article/8184169.html

品種改良で、10月に咲く品種のひまわり。
ちょうど今見頃を迎えています。
以前は岩宿遺跡のすぐ近くにひまわり畑があった様な気がしますが、
今日はそこから数キロ離れた場所に行ってきました。
場所が変わったようです。
今見頃を迎えています。先日福島で紅葉を見てきたばかりで、満開の
ヒマワリ畑を見ると季節がひとつ戻った様な気がしました(^-^)

<笠懸のひまわり・平成28年10月9日撮影>
笠懸ひまわり.jpg

笠懸ひまわり6.jpg

笠懸ひまわり4.jpg

笠懸ひまわり3.jpg

笠懸ひまわり7.jpg

笠懸ひまわり5.jpg

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

三国街道須川宿  (群馬県みなかみ町)   

群馬県みなかみ町、三国街道須川宿に行ってきました。

<三国街道須川宿>
三国街道須川宿.jpg
住所:群馬県利根郡みなかみ町須川
駐車場あり(無料)

<須川宿について>
三国街道須川宿5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三国街道須川宿に行ってきました。
三国街道は中山道の高崎から分かれ、北陸街道の寺泊へ至る街道です。
戦国時代には三国峠を越えて上杉謙信が関東へ出兵しており、古くから新潟と
群馬を結ぶ街道として利用された道です。

高崎宿から寺泊宿まで35の宿場があり、須川宿は上野国の宿場の一つです。
国道17号線から少しそれた場所にかつての須川宿があります。
そんなに古い建物が密集している訳ではありませんが、本陣跡などかすかに
往時の雰囲気を感じる事が出来ます。

<須川宿>
三国街道須川宿2.jpg

三国街道須川宿3.jpg

三国街道須川宿4.jpg

本陣跡です。
三国街道須川宿 本陣跡.jpg

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

反町館跡      (群馬県太田市)

群馬県太田市にある反町館跡に行ってきました。

<反町館跡>
反町館跡.jpg
住所:群馬県太田市新田反町町896
駐車場あり(無料)

<反町館について>
反町館跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ここも久しぶりの訪問の反町館跡です。
ふと気がついたらここの記事を書いてませんでした。てっきり書いてるかと思った
んですが、行ったのが前過ぎて写真があまりありませんでした。

反町館跡は、鎌倉時代〜南北朝時代に作られたと思われる館で、土塁や堀などを
備えた簡易的な城の役割を果たした館です。
新田義貞はここに移り住み居宅としました。
戦国期までこの館は残った様ですが、秀吉の小田原攻めの際に廃城になったとの事
です。

現在は照明寺というお寺になっていますが、土塁や堀などが残り、かつての館の面影
を感じる事が出来ます。

<反町館跡>
反町館跡2.jpg

反町館跡6.jpg

反町館跡3.jpg

反町館跡4.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

生品神社      (群馬県太田市)

群馬県太田市にある生品神社に行ってきました。

<生品神社>
生品神社.jpg
住所:群馬県太田市新田市野井町640
駐車場あり(無料)
境内自由

<生品神社について>
生品神社5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生品神社に行ってきました。前回いつ来たか分からないほどです。
10年以上ぶりの訪問になりました。

生品神社は新田義貞が後醍醐天皇の命を受け挙兵した場所で、ここから鎌倉に向け
て出陣して行きました。
小手指ヶ原分倍河原稲村ヶ崎等での戦いを経て鎌倉の北条氏を滅ぼします。

生品神社2.jpg

境内には新田義貞に関するものが多く残っています。

生品神社4.jpg

神代木(新田義貞が旗をかけた木)
生品神社3.jpg

<床几塚>
生品神社 新田義貞床几塚.jpg

<旗挙げ塚>
生品神社 新田義貞旗挙塚.jpg

<新田義貞像>
生品神社 新田義貞像.jpg
実はこの新田義貞像は再建されたものです。
平成22年に生品神社にあった新田義貞像は何者かに盗まれて行方不明になり
ました。金属目当てと思われますが、こんなのまで盗むとは驚きです。

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

足利高氏(尊氏)挙兵の地・篠八幡宮
http://rover.seesaa.net/article/249766957.html

[ここに地図が表示されます]


続きを読む
posted by 南行 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

心洞寺      (群馬県高崎市)

群馬県高崎市にある心洞寺に行ってきました。

<心洞寺>
心洞寺3.jpg
住所:群馬県高崎市木部町246
駐車場(不明)

高崎市にある心洞寺に行ってきました。
このお寺は木部城主・木部範虎のお墓があるお寺です。
木部範虎はもともと上州箕輪城主長野業正の娘婿でしたが、長野氏滅亡後は武田信玄
に仕え木部五十騎を率い活躍しました。
武田氏はその後天目山に滅びますが、木部範虎も天目山で討ち死にします。

心洞寺4.jpg

武田氏が滅亡した天目山の戦い直前には一門衆の穴山梅雪や、譜代の小山田信茂らが
寝返る中、天目山で勝頼に殉じた木部範虎は忠義の士だなと思います。
そんな範虎の墓をここ心洞寺で参拝してきました。

<木部範虎の墓>
心洞寺5.jpg

<心洞寺>
心洞寺2.jpg

心洞寺.jpg

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

円満寺       (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市にある円満寺に行ってきました。

<円満寺>
円満寺2.jpg
住所:群馬県藤岡市東平井甲1070
駐車場あり
境内自由

<円満寺について>
円満寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
藤岡にある円満寺に行ってきました。
平井城を訪問した際、そこにあった解説に円満寺の事が書いてありました。
上杉家の供養塔があるとの事。
すぐ近くだったので立ち寄りました。

円満寺は上杉憲実が鎌倉の極楽寺を平井の地に再建したと言われるもので、上杉氏
の祈願所だったそうです。

円満寺.jpg

円満寺5.jpg

円満寺4.jpg
上杉憲房供養塔。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平井城趾     (群馬県藤岡市)

群馬県藤岡市にある平井城趾に行ってきました。

<平井城趾>
平井城趾.jpg
住所:群馬県藤岡市西平井
駐車場あり(無料)

<平井城について>
平井城趾6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
久しぶりの平井城訪問です。よくよく見たらこのブログに平井城の記事を書いてい
ませんでした。

平井城は山内上杉氏の居城。山内上杉氏は河越夜戦で北条氏康に敗れ平井城に撤退。
1552年北条氏の攻撃を受け平井城は落城します。
山内上杉家当主上杉憲政は越後の長尾景虎を頼って落ち延びて行きます。
1560年、長尾景虎によって平井城は奪還されますが、景虎は上州の拠点を
厩橋城に移した為、平井城は廃城になりました。一説には北条氏によって破壊された
という話もある様です。

ながらく山内上杉氏の拠点だった平井城は近くに平井金山城という詰城を持つ巨大
な城で、上州の中心地であった城と言えます。

現在は小さいながら公園の様に整備され、解説や上杉氏に関わる碑などが建って
います。

<土塁跡>
平井城趾3.jpg

<平井城から見た金山城>
平井金山城.jpg

平井城趾5.jpg

平井城趾2.jpg

平井城趾4.jpg

平井城趾7.jpg
この平井城の歌って気になりますね。どんな歌なのか聞いてみたいものです(笑)

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする