2017年08月15日

平成29年夏旅 青森へ

8月10日〜15日の6日間の日程で旅に出ていました。
つい先ほど帰りました。

旅を振り返ると、今回の旅は天気に泣かされました。
昨年の夏休みはずっと好天だったのですが、今年は逆。梅雨時かっていう様な天気(>_<)
僕は歴史が好きという事もあり、史跡巡りを主としますが、自然景観スポットなど
も織り交ぜて行き先を組み立てていきます。
しかし、この天気では自然景観を見ても感動が半減してしまうので、今回は史跡、特に
城巡りに集中する事にしました。

毎度の「発見ニッポン城巡り」での城攻略を主たる目的の旅になりました。
ニッポン城めぐり.jpg

8月9日夜、会社から帰りひとくつろぎしてから出陣です。
2週間前に愛車にトラブル発生。ウォーターポンプからの冷却水漏れです。
ウォーターポンプと、合わせて予防交換としてサーモスタットも交換しました。
走行距離も嵩んでますので、旅先で水漏れしなくて良かったと思うとともに、
他にトラブルが出ないことを祈っての出陣です。

出発時.jpg
出発時のメーターです。

8月9日は東北道を走り、栃木県の那須高原SAで車中泊しました。

<1日目:8月10日 天気:曇り時々雨>
1日目スタートです。かろうじて雨は降っていません。どこに行こうか特に
考えずに出陣しました。ゲーム上で未攻略のエリアを攻めるべく仙台に向かい
ました。

多賀城跡付属寺跡
多賀神社
陸奥総社神社
利府城

塩釜に移動
伸光というお店でうに中落ち丼(昼食)

松島に移動
久しぶりに瑞巌寺に行きたいなと思ってました。
天気も悪いし、ちょうど良いかなと。あと、大河ドラマ『独眼竜政宗』を再度
見て、愛姫の墓を参拝したいというのもありました。
行ってみてびっくり、激混みです。
駐車場もほぼ満車・・・。参りました。
駐車場探してさまようのも嫌なのでパスという事に。いつでも来れますし。

石巻から栗原市方面に向けて観光です。
小野城
伊達小次郎の墓参拝
(政宗の弟小次郎の墓を参拝しました。小次郎の最期は泣けました(´Д`))
佐沼城(津田・亘理氏墓所参拝)
登米市歴史博物館訪問

姉歯武之進の墓参拝
→瑞満寺というお寺にある、姉歯武之進の顕彰碑です。
姉歯.jpg
姉歯武之進は、長州の世良修蔵を討ち取った仙台藩の軍監です。
世良を討ち取った事により、奥羽越列藩同盟と新政府軍との間で本格的な
戦いに入る事になります。そのきっかけを作った人物ですね。

姉歯って名字、珍しいですよね。姉歯というと、姉歯建築士の事件が思い出され
ますが、姉歯建築士も仙台藩の姉歯氏の末裔かなんかなんでしょうね。

伊治城址
龍雲寺(政岡の墓参拝)

鳴子温泉泊
鳴子温泉初訪問です。有名な温泉街ですが、何気に立ち寄りでも宿泊でも行った
事がありませんでした。通り過ぎた事くらいです。
泊まったのは、大江戸温泉物語幸雲閣さんです。
昨年、鳴子の温泉宿を大江戸温泉が買収し、再生した宿です。

鳴子大江戸温泉物語幸雲閣.jpg

大江戸温泉グループは食事は全てバイキング形式にして、合理化をはかって
います。伊東園グループ、湯快リゾートなども同じ感じです。
こういうバイキング、ご当地料理が無いと寂しいのですが、この宿はちゃんと
ありました。地物も出して頂いて、とても満足出来る内容でした。
鳴子大江戸温泉物語幸雲閣2.jpg
右下の汁物は宮城の名物「はっと汁」です。

鳴子大江戸温泉物語幸雲閣3.jpg
ご当地性皆無ですが、八宝菜がとてもおいしかったです(^^;
宮城の地酒も楽しみました(^-^)

温泉も広くて良いお湯でしたし、この内容で日本酒も込みで8000円ほどという
1泊2食の料金。安すぎます!
再訪必至ですね。また行きたいです(^o^)

2日目以降は続きをごらんください。


続きを読む
posted by 南行 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うに中落ち丼@伸光   (宮城県塩釜市)

塩釜にある伸光というお店でうに中落ち丼を食してきました。

<伸光>
伸光.jpg
住所:宮城県塩竈市新浜町1-19-2
駐車場あり

塩釜港にある伸光というお店におじゃましました。
海鮮丼を食べようと思って、調べていたらここに行き着きました。
注文はうに中落ち丼(2200円)です。

伸光2.jpg
こちらが商品です。
味は良いです。それは何も申しますまい。
ただ、ボリューム感があまり無いかな。うにが無いただの中落ち丼は1000円。
1200円差でこのウニの量はどう判断したら良いでしょうか!?
正直な感想としては、やや割高感があったかなという事です。味は良いのですけどね。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html



関連ランキング:寿司 | 東塩釜駅本塩釜駅



posted by 南行 at 22:41| Comment(0) |   北海道・東北のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

小田原攻め

今日は天気も良かったので、久しぶりに小田原城に行ってきました。

ちょうど、発見ニッポン城巡りのイベントで、小田原城に行くと特別武将を召し抱え
られるというので、良いついでと思って出陣しました(^-^)

城巡り
ニッポン城めぐり.jpg

圏央道が開通してから小田原方面、本当に近く感じます。2時間もあれば着いてしま
います。

さて、小田原城は昨年リニューアル工事が完了しました。

小田原城20172.jpg

小田原城2017.jpg

耐震補強、外壁塗り替えなどの他、天守閣内の展示物の一新なども行われました。
今回は天守閣や資料館なども見て歩きました。

小田原城20178.jpg
ちょうど特別展「小田原城武者揃え」なんてのがやってました。
いろんな鎧や刀剣などが展示されてました。
小田原とは関係なさそうですが、佐竹義重所用の鎧は見事でした(^o^)

小田原城を見た後は食事。小田原に来たからには魚食べたいよな〜という事で、
小田原駅前にある「でん」というお店で海鮮丼にしました。
湘南と言えば、やっぱ「しらす」ですね。
しらすの三色丼なんてのもありましたが、他の魚も食べたいので、地魚としらす
の丼にしました。生しらすを生姜で食べるとおいしいですね〜。

湘南食べ尽くし丼.jpg

味噌汁も出汁が出ておいしかったです。

夏の湘南は混み合うのであまり足を踏み入れたくないんですが、小田原市街だけ
だったら何とかなりそうです。


posted by 南行 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰊御殿とまり    (北海道泊村)

泊村にある鰊御殿とまりに行ってきました。

<鰊御殿とまり>
鰊御殿とまり.jpg
住所:北海道古宇郡泊村大字泊村59-1
駐車場あり(無料)
入場料:300円

<鰊御殿とまりについて>
鰊御殿とまり2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
積丹半島の西側、泊村にある鰊御殿とまりに行ってきました。
かつて北海道の日本海側はニシン漁で潤い、特に明治時代にはこの様な
鰊で財をなした人の屋敷・また漁師達が生活する番屋が建築されました。

しかし、乱獲の影響もあり昭和時代には漁獲量は激減し、北海道での
鰊漁も廃れていきました。
番屋なども取り壊され現在残るものも少なくなっています。
ここ泊村の番屋および客殿は移築され保存されている物です。

鰊漁で財をなした家の客殿や、鰊漁に関する展示など、なかなか楽しめ
ました(^-^)

鰊御殿とまり8.jpg

鰊御殿とまり7.jpg

鰊御殿とまり3.jpg

鰊御殿とまり4.jpg

鰊御殿とまり5.jpg

鰊御殿とまり6.jpg

鰊御殿とまり9.jpg

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 09:12| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

細川たかし生誕の地   (北海道真狩村)

真狩村にある細川たかし生誕の地に行ってきました。

<細川たかし生誕の地>
細川たかし生誕の地.jpg
住所:北海道虻田郡真狩村
駐車場あり

細川たかし生誕の地2.jpg

細川たかしと言えば最近は髪の毛の話題しか聞かないような気がするところで
すが、僕的には「矢切の渡し」が特に印象に残ってますね♪
出身が北海道って全然知りませんでした。しかもこんな畑の真ん中に生誕の地碑
があるとは、びっくりです。

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

posted by 南行 at 23:23| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

北栄環状列石      (北海道ニセコ町)

ニセコ町にある北栄環状列石に行ってきました。

<北栄環状列石>
北栄環状列石.jpg
住所:北海道虻田郡ニセコ町字曽我252-5
駐車場なし

<北栄環状列石について>
北栄環状列石5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北栄環状列石を見てきました。
北海道・東北で見る事が出来る環状列石。そんな環状列石のひとつです。
環状列石とはその名のとおり、円形に石を組んだ史跡です。
何のためのものか、祭祀、墳墓、日時計等いろいろあるみたいですが、
ここは骨が見つかっていることから墳墓という事です。

畑の中にぽつんと環状列石があります。
北栄環状列石2.jpg

北栄環状列石3.jpg
どこにあるんでしょう〜??

北栄環状列石4.jpg
ありました。分かりづらいな〜。子供が石を並べただけって可能性もあるん
じゃないの?なんて思ってしまいました(^^;

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:39| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

祝津パノラマ展望台    (北海道小樽市)

小樽市にある祝津パノラマ展望台に行ってきました。

<祝津パノラマ展望台>
祝津パノラマ展望台.jpg
住所:北海道小樽市祝津3
駐車場あり(無料)

「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」、小樽市の郊外祝津岬にある展望台です。
眼下には日和山灯台や小樽水族館などを眺める事が出来、特に夕陽が綺麗と
いう事です。夕暮れまでいる時間は無かったのでなんですが、ここから眺める
日和山灯台や日本海の風景は絶景で、とても良かったです(^-^)

<祝津パノラマ展望台からの景色>
祝津パノラマ展望台2.jpg
眼下に日和山灯台が見えます。

祝津パノラマ展望台3.jpg

祝津パノラマ展望台5.jpg

祝津パノラマ展望台4.jpg

祝津パノラマ展望台6.jpg

<江差追分節の歌碑>
祝津パノラマ展望台7.jpg
「忍路 高島 およびもないがせめて 歌棄磯谷まで」鈴木翠軒 筆
江戸時代、女人禁制だった神威岬方面へ向かう漁師を女性は見送ることが
出来ませんでした。そんな辛い女心を歌ったものだそうです。

平成29年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/451574000.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:45| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする