2018年08月08日

西郷隆盛生誕の地      (鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市にある西郷隆盛生誕の地に行ってきました。

<西郷隆盛生誕の地>
西郷隆盛誕生地.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市加治屋町
駐車場なし

<西郷隆盛について>
西郷隆盛誕生地5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
西郷隆盛生誕の地に行ってきました。
西郷隆盛は鹿児島城下の下鍛冶屋町に生まれ育ちました。
現在の鹿児島中央駅からも歩いて行ける距離です。
下鍛冶屋町の郷中で教育を受け、後に島津斉彬の目につき出世していきました。

西郷出生の地は公園の様に整備され、生誕の地碑が建っていました。

<西郷隆盛生誕の地碑>
西郷隆盛誕生地3.jpg

<西郷従道生誕の地>
西郷隆盛誕生地4.jpg
弟・従道生誕の地碑も脇に小さく建っています。

西郷隆盛誕生地2.jpg

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 08:50| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

僧月照の墓    (鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市にある月照の墓を参拝してきました。

<僧月照の墓>
僧月照の墓.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市南林寺町23−22
駐車場あり(無料)

<現地解説>
僧月照の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
月照和尚の墓を参拝してきました。
月照は京都清水寺成就院の住職で、尊皇攘夷に傾倒した人物です。
将軍後継問題では一橋派で、島津斉彬や西郷隆盛と交流しました。
安政の大獄で井伊直弼の弾圧を受け、西郷とともに薩摩に逃れますが、薩摩藩も
月照を受け入れ幕府に目を付けられる事を恐れ、西郷と月照を日向送りにします。
覚悟を決めた月照と西郷は入水自殺を図りますが、西郷は助けられ一命を取りとめ
ました。
月照はその時亡くなっています。遺体が見つかったのかどうかは定かではありません
が、南州寺というお寺に月照のお墓があります。

<月照の墓>
僧月照の墓3.jpg
立派なお墓です。

隣には月照の辞世の句碑がありました。
僧月照の墓4.jpg
「大君のためには 何か惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも」
孝明天皇への忠義を詠ったものですかね。昭和17年発表の愛国百人一首の一句に
選ばれています。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:00| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精矛神社      (鹿児島県姶良市)

姶良市にある精矛神社に行ってきました。

<精矛神社>
精矛神社.jpg
住所:鹿児島県姶良市加治木町日木山311
駐車場あり(無料)
境内自由

<精矛神社について>
精矛神社2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
姶良市にある精矛(くわしほこ)神社に行ってきました。
精矛神社は、戦国時代に勇名を馳せた島津義弘を祀った神社です。
神社自体は明治時代に創建されたものだそうです。

この精矛神社は、今年の大河ドラマの第一話で出てきた「妙円寺詣り」のシーンで
ロケ地として使われました。
精矛神社6.jpg

<精矛神社>
精矛神社3.jpg

精矛神社4.jpg

精矛神社5.jpg
これは島津義弘が朝鮮の役に際に持ち帰った石臼です。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 13:14| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

調所広郷像     (鹿児島県鹿児島市)

鹿児島市にある調所広郷像を見に行ってきました。

<調所広郷像>
調所広郷像.jpg
住所:鹿児島県鹿児島市天保山町18−5
駐車場なし

<調所広郷について>
調所広郷像3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鹿児島市にある調所広郷の銅像を見てきました。
調所広郷は幕末の薩摩藩の家老。島津斉興のもとで財政改革をした事で有名です。
幕末の薩摩藩は島津重豪の代までに借金が積み重なり危機的状況に陥っていました。
斉興のもと調所は財政改革を実施。特に奄美大島や徳之島の黒糖を専売したり、
琉球経由の密貿易で財を成したりして財政を立て直していきました。
また500万両あったという藩の借り入れも、無理矢理無利子250年払いを一方
的に押しつけああたり、その豪腕ぶりが見てとれます。

調所は斉興と斉彬の間の対立に巻き込まれ、お由羅騒動後斉彬派からその憎悪を
一身に受けることに。
密貿易が幕府に露見し、その責任を負う形で服毒自殺を図りました。


斉彬派であった、西郷隆盛や大久保利通らと対立したことから、調所は幕末の薩摩に
おいて完全な悪人扱いですが、調所の財政改革なくして薩摩藩の幕末の活躍も無かっ
たわけで、歴史上の評価はもっと高くてしかるべき人物ではないかと思っています。

調所の銅像は鹿児島市の天保山公園に向かう道路の脇にひっそりとありました。
調所広郷像2.jpg

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:34| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍門司坂      (鹿児島県姶良市)

姶良市にある龍門司坂に行ってきました。

<龍門司坂>
龍門寺坂.jpg
住所:鹿児島県姶良市加治木町木田5088-1
駐車場あり(無料)

<龍門司坂について・クリックすると拡大します>
龍門司坂7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
龍門司坂に行ってきました。
ここは、大口筋と呼ばれる熊本へ向かう街道の一部で、1635年に薩摩藩により
造られました。
当初は1500m続いていたそうですが、現在は約460mほどが残っています。

今年の大河ドラマ「西郷どん」のオープニングでも龍門司坂のシーンがあります。


また、過去の大河ドラマ「翔ぶがごとく」「篤姫」「龍馬伝」でも龍門司坂が
ロケ地として使われたそうです。

龍門司坂.jpg

明治10年、西南戦争では西郷率いる薩摩の軍はこの道を通って熊本へ出陣していっ
たとの事です。とても感慨深いですね。

<龍門司坂>
龍門司坂2.jpg

龍門司坂3.jpg

龍門司坂4.jpg

龍門司坂5.jpg

龍門司坂6.jpg

石畳道は苔がついていて非常に滑りやすいので、雨の日は避けた方が良いと思い
ます。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 15:06| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

戊辰150周年記念酒「斗南朱雀」

今年は明治維新150周年という事で、大河では関連の『西郷どん』がやって
たり、各地で関連イベントが行われています。

薩摩や長州などの新政府側から見た歴史では、維新150年ですが、対した会津
では維新150年とは言わず、戊辰150年という表現をしています。

そんな戊辰150周年を記念して、喜多方市の峰の雪酒造さんから限定酒
「斗南朱雀」が売り出されました。
正確にはクラウドファンディングで趣旨に共感を持った方からの出資に対しての
返礼という形でお酒を入手するという感じでした。

僕も八戸出身なので、奥羽越列藩同盟側の人間ですので、この趣旨に賛同し出資
させて頂きました。

<斗南朱雀>
斗南朱雀4.jpg

斗南朱雀3.jpg

斗南とは、明治に入り会津の地を没収された会津藩士たちが移住した青森の土地に
立藩された藩の名前です。数年で無くなりますが、過酷な環境の中会津の人達は苦労
を重ねて生活をした歴史の地です。
朱雀は会津藩の中の最強部隊の名前です。

今日届いた実物。
斗南朱雀.jpg

斗南朱雀2.jpg
「義に死すとも不義に生きず」ですか。まさに幕末の会津の精神です。
会津藩の藩祖である保科正之公の遺訓に、その考えの基になる文言がありますね。

早速「斗南朱雀」飲んでみましたが、さっぱりしていて非常に飲みやすい。
おいしいお酒でした(^-^)

毎日ちょびちょび飲もうと思います。
posted by 南行 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和気神社       (鹿児島県霧島市)

霧島市にある和気神社に行ってきました。

<和気神社>
和気神社2.jpg
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
駐車場あり(無料)
境内自由

<和気神社について>
和気神社.jpg

<和気清麻呂について>
和気清麻呂について.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
和気神社に行ってきました。和気清麻呂を祀った神社です。
和気清麻呂は奈良時代に道鏡との対立からこの地に流されました。場所がはっきり
していませんでしたが、幕末に島津斉彬によって調査され、この地であることが
分かったそうです。

また、同じく幕末に坂本龍馬はこの地にお龍さんとともに新婚旅行で来ており、
和気神社境内には龍馬新婚旅行の地の碑も建っていました。
和気神社3.jpg

和気神社6.jpg

<和気神社>
和気神社4.jpg

和気神社7.jpg
日本一の絵馬。

和気神社5.jpg
境内はちょうどアジサイが咲いていました。

5月には藤の名所という事です。

平成30年薩摩攻め
http://rover.seesaa.net/article/459862375.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:07| Comment(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする