2018年01月21日

本地城址    (愛知県豊田市)

豊田市にある本地城址に行ってきました。

<本地城址>
本地城址3.jpg
住所:愛知県豊田市本地町1丁目54−1
駐車場無し

<本地城について>
本地城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
本地城址(堤本地城)に行ってきました。
1402年、畠山六郎によって築城されたお城です。
畠山氏の滅亡とともに廃城となりました。
現在は本地八幡社という神社がある場所が本地城址で、本地城址の碑が建って
います。車を停める場所が無い為、路注して急いで見てきました。

本地城址2.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 19:27| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野城址 / 榊原康政生誕の地   (愛知県豊田市)

豊田市にある上野城址に行ってきました。

<上野城址>
上野城址.jpg
住所:愛知県豊田市上郷町薮間17−8
駐車場無し

<上野城について>
上野城址2.jpg

上野城址6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上野城址に行ってきました。
上野城は、応仁の乱の頃戸田宗光によって築城されました。
家康の父である松平広忠がこの城を手中にしますが、一向一揆の手に落ちたり、
変遷を経て再び家康の支配下となります。
廃城となった次期は不明です。

現在は上郷護国神社が鎮座しています。この一帯が上野城だった場所です。

上野城址5.jpg

上野城址3.jpg

上野城址4.jpg

この地には徳川四天王の一人・榊原康政の生誕の地碑があります。
調べたところ榊原氏は上野城主・酒井将監忠尚に仕えていましたが、榊原康政
は上野城で生まれた訳ではなく、近郷の生まれの様です。
榊原氏がここに仕えていたという事で、便宜的に碑が建てられたものと思われ
ます。

<榊原康政生誕の地>
上野城址  榊原康政生誕の地.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 19:11| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本多忠勝生誕の地    (愛知県岡崎市)

愛知県岡崎市にある本多忠勝生誕の地に行ってきました。

<本多忠勝生誕の地>
本多忠勝生誕の地.jpg
住所:愛知県岡崎市西蔵前町
駐車場無し

本多忠勝は1548年、三河国額田郡蔵前で松平氏譜代・本多忠高の長男
として生まれました。1549年に父が戦で討ち死にし、叔父の元で育て
られました。

その後、数々の戦功をあげ、徳川四天王の一人に数えられる名将となりました。

その生誕の地は何と民家の中にありました。
敷地内に入るのが躊躇われたため、望遠で碑を撮影しました。
説明板も敷地内にあるし、観光スポットとしては難易度高すぎです(^^;
せっかく名将の生誕の地ですから、皆が気軽に訪れる事が出来れば良い
んですけど・・・。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 18:22| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

車のリコール修理

今日は車のリコール修理でディーラーに行ってました。

タカタのエアバックのリコールで、一昨年助手席側を交換しましたが、今回は
運転席側です。

タカタのエアバック、リコール台数は世界規模で5000万台とも言われており、
タカタはこれが原因で民事再生法の適用に追い込まれました。
リコールも部品の供給が追いついていない様で、どうなるかと思いましたが、
月初に申し込んで、今日の修理となりました。

5月以降、このリコール修理をしていない車両は車検通らないという話を聞いた
ので急いで対応しました。

26万キロも走ったわが愛車。今更のリコールの様な気もしますがエアバックも
新しくなって、悪い気はしません。
ディーラーで買い替えの話でも出るかと思いましたが、何も言われず。
僕が金持ってない様に見えたんでしょうかね〜。まあ良いんですけど(^^;

BMWリコール.jpg
今回はBMWのメモ帳を頂きました。前回のリコールの時はタオルみたいなの
をもらいました。

BMWリコール3.jpg
一応部品代は18000円ほどなんですね。リコールなんで自分に負担はありません
が、台数も台数なのでタカタは負担はすごい事に。

BMWリコール2.jpg
頂いた資料にこんな文字。「あなたのBMWが、これからもBMWであり続けるために」
ディーラーでメンテしないとBMWがBMWじゃなくなるという事でしょうか・・・。

ディーラーメンテだと、故障してないものでも交換しようとしますからね〜。
走行距離とかで交換する部品とかしっかり交換してしまいますし。

あと1回車検通して、30万キロ達成したら買い替えようと思ってますので、
もう少しメンテはしていこうと思います。
posted by 南行 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井田城址 / 酒井忠次生誕の地   (愛知県岡崎市)

岡崎市にある井田城址に行ってきました。

<井田城址>
井田城址2.jpg
住所:愛知県岡崎市井田町字城山
駐車場無し

井田城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岡崎の井田城址に行ってきました。
岡崎の松平氏の一族にあたる酒井氏の居城で、酒井氏忠から5代にわたってこの
地を治めました。
後に徳川四天王の一人になる酒井忠次は1527年に井田城内で生まれています。

築城年、廃城年など詳しいことは分かっておらず、今は城山公園として小さな公園
になっており、井田城址の碑と小さな神社がありました。

<井田城址>
井田城址5.jpg

井田城址4.jpg

井田城址3.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:36| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渭伊神社    (静岡県浜松市)

浜松の井伊谷にある渭伊神社に行ってきました。

<渭伊神社>
渭伊神社.jpg
住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1150
駐車場あり(無料)
境内自由

<渭伊神社について>
渭伊神社5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
渭伊神社に行ってきました。
いつの頃の創建か分かっていない様ですが、最初は井伊氏発祥の地である
井伊共保出生の井戸のあたりにあった様です。

渭伊神社2.jpg

渭伊神社の裏には神のおられる磐座という巨岩が並ぶ遺跡があります。
ここはパワースポット感がありましたね。とても神秘的な場所です。
おんな城主直虎のロケ地にもなったそうです。

<天白磐座遺跡>
天白磐座遺跡.jpg

天白磐座遺跡2.jpg

天白磐座遺跡3.jpg

天白磐座遺跡4.jpg

<神木・天生杉>
渭伊神社3.jpg

渭伊神社4.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 15:18| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

井伊直親の墓    (静岡県浜松市)

井伊直親の墓を参拝してきました。

<井伊直親の墓>
井伊直親の墓.jpg
住所:静岡県浜松市北区細江町中川
駐車場無し

<井伊直親の墓について>
井伊直親の墓3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
井伊直親の墓を参拝しました。井伊直親は、徳川四天王のひとり井伊直政の父に
あたる人物です。
この時の井伊家はまだ今川傘下の一勢力にすぎず、今川に謀反の疑いをかけられ、
弁明に行く途中で討ち取られました。
現在、都田川の堤防下に直親の墓がひっそりとある感じでした。

井伊直親の墓2.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 16:46| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする