2017年05月17日

坂本龍馬展

今日、江戸東京博物館で開催中の特別展「坂本龍馬没後150年」に行ってきました。

坂本龍馬.jpg

今年で、龍馬暗殺から150年なんですね、そうなのか〜と改めて思いました。
何年か前に大河ドラマで坂本龍馬が放映されたときに、京都の龍馬ゆかりの地など
めぐりました。
龍馬がらみの史跡はほとんど巡ったかな〜、旅したときの事を思い返したりしました。

今日の特別展は、ううん、これといって目新しいものもなく、こんなもんかって感じ
でした。まあ見る人によっては新鮮に感じる人もいるかもしれませんが。

6月まで江戸東京博物館で開催されています。

<龍馬ゆかりの地はこちら>
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

posted by 南行 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉川元春館跡       (広島県北広島町)

北広島にある吉川元春館跡に行ってきました。

<吉川元春館跡>
吉川元春館跡4.jpg
住所:広島県北広島町海応寺255-1
駐車場あり(無料)
資料館入館料:300円

<吉川元春館跡について>
吉川元春館跡3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉川元春館跡に行ってきました。
吉川元春は毛利元就の次男で、鬼吉川と恐れられる吉川家の養子となり
吉川家を継ぎます。
毛利元就のかなりえぐい謀略により、妻の実家である吉川家を乗っ取った
というのが正しいかもしれません。

元就亡き後、弟の小早川隆景とともに毛利家の中枢をにない、元春は主に
山陰方面の司令官として活躍しました。

この館は、元春が隠居所として造った館との事です。その後、吉川家は
岩国に国替えになり、それとともにこの館も荒廃してしまった様です。
今、台所の建物が復元されるなど、歴史公園として整備されています。

今回の旅では、資料館も含めゆっくり見てきました。

<戦国の庭歴史館>
吉川元春館跡1.jpg

吉川元春館跡.jpg

吉川元春館跡2.jpg

<吉川元春館跡>
吉川元春館跡6.jpg

吉川元春館跡7.jpg

吉川元春館跡5.jpg

<吉川元春の墓>
吉川元春の墓.jpg
右が吉川元春の墓、左は嫡男の吉川元長の墓です。
吉川元春は、出陣先の豊前小倉城で病没します。

吉川元春の墓2.jpg

平成29年春旅 安芸国城攻め
http://rover.seesaa.net/article/448757627.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

国泰寺       (広島県広島市)

広島市にある国泰寺に行ってきました。

<国泰寺>
国泰寺.jpg
住所:広島県広島市西区己斐上3-975-5
駐車場あり(無料)
境内自由

<国泰寺について>
国泰寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
広島にある国泰寺に行ってきました。
国泰寺は毛利家に仕えた外交僧である安国寺恵瓊開基のお寺です。
秀吉が朝鮮出兵の為名護屋に向かいますが、その途中国泰寺に立ち寄り
恵瓊と会っているそうです。
江戸時代には安芸浅野家の菩提寺として庇護されました。

かつては、広島市の中心部にあり、現在でも国泰寺という地名が残って
いますが、昭和53年に郊外のこの地に移転したとの事。比較的最近
移転したんですね。

今回の旅で、国泰寺は訪問したいなと思っていたお寺です。
その目的は、忠臣蔵で有名な大石内蔵助の妻理玖の墓があるというので
参拝する事です。
ちょうど、昔の大河ドラマ『元禄繚乱』を今見ているところで気になって
ました。『元禄繚乱』では、理玖役を大竹しのぶさんが演じています。
内蔵助らが本懐を達し、切腹すると内蔵助ら赤穂義士は世間から忠義者と
いうことで大変評判となりました。安芸浅野本家は内蔵助の子息を是非家臣
にしたいという事で、内蔵助の三男大三郎を内蔵助と同じ石高で家臣として
召し抱えます。理玖も浅野本家から隠居料をもらい広島で暮らし、広島で
亡くなり、国泰寺に葬られたそうです。

ちなみに長男の主税は内蔵助と一緒に討ち入り切腹。次男は早世したそうです。

<国泰寺 大石家墓所>
大石理玖の墓.jpg
右が大石理玖、左が大石大三郎の墓です。

大石理玖の墓2.jpg

<赤穂義士追悼碑>
赤穂義士追悼碑.jpg
明治時代になってから建立された碑です。

<豊臣秀吉遺髪塚、安国寺恵瓊遺髪塚>
安国寺恵瓊の墓.jpg
秀吉と安国寺恵瓊の遺髪塚がありました

秀吉の墓.jpg

<国泰寺からの風景>
国泰寺2.jpg
国泰寺は広島の高台にあり、ここからは広島市街を見下ろす事が出来ます。

平成29年春旅 安芸国城攻め
http://rover.seesaa.net/article/448757627.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

白滝山        (広島県尾道市)

因島にある白滝山に行ってきました。

<白滝山>
白滝山.jpg
住所:広島県尾道市因島重井町
駐車場あり(無料)

<白滝山観音堂について>
白滝山観音堂2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
因島にある白滝山発訪問です。
白滝山は標高227メートルの山で、もとは修験道の修行の場だった
そうです。
その後、戦国時代には村上水軍により、海の監視所として観音堂が建立
されました。
江戸時代の1827年〜1830年にかけて柏原林蔵らによって五百羅漢
像が造られ、今も綺麗に残っています。

山へのアクセスは、白滝フラワーラインを走り山のかなり上の方まで車
で走っていきました。駐車場から歩いて10分ほど。
山登りではありますが、遊歩道が整備されているので比較的楽に登って
行くことが出来ます。

山頂付近に、上記観音堂、五百羅漢など見所があり、また瀬戸内の雄大な
景色を眺める事が出来ました(^-^)
明治〜昭和初期に活躍した歌人・吉井勇はここからの景色を以下の様な
詩に詠みました。
「白滝の 山に登れば眼路広し 島あれば海 海あれば島」

<白滝山観音堂>
白滝山観音堂.jpg

<五百羅漢>
白滝山 五百羅漢.jpg

<白滝山からの景色>
白滝山2.jpg

白滝山5.jpg

白滝山3.jpg

白滝山4.jpg

<ゴリラ岩>
白滝山巨大石2.jpg
白滝山山頂にある変な岩。ゴリラ岩というそうです。

白滝山巨大石.jpg
モアイ像かと思いました(^^;

白滝山日本大小.jpg
ゴリラ岩の前には「日本大小神祇」という石碑。
日本の様々な神々という様な意味です。

平成29年春旅 安芸国城攻め
http://rover.seesaa.net/article/448757627.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

カレーのチャンピオン    (石川県金沢市)

金沢にあるカレーのチャンピオンに行ってきました(^-^)

カレーのチャンピオン.jpg
住所:石川県金沢市もりの里2-185
営業:11:00〜22:00(L.O.21:45)

カレーのチャンピオンもりの里店に行ってきました。
前身である洋食タナカから50年以上の歴史をほこり、金沢カレーの元祖と言われる
お店です。
本店は野々市にあって、それ以外の店舗はフランチャイズだそうです。

金沢カレーは、ゴーゴーカレーが火付け役となって有名になったと言っても良い様な
気がします。昔からあったカレーですが、有名になったのはここ10年位でしょうか。

<金沢カレーの定義です>
・カレールーは濃厚でドロッとしている。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ステンレスのお皿に盛りつけられている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。
・カレールーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。

僕はゴーゴーカレーしか食べたことがなかったので、是非カレーのチャンピオンに
行ってみたかったんです。

さて、注文はカツカレーにチーズトッピング790円です。
カレーのチャンピオン2.jpg

見た目はゴーゴーカレーとほぼ一緒。
ステンレスの皿に、キャベツが乗ったスタイルです。
味はどうかな〜。どろっとしたルーは、昭和を感じさせる懐かしい味ですね。
これぞ日本式カレーって感じの味です。
おいしいです(^-^)
ただ、個人的にはゴーゴーカレーの方が好みの味かな。ゴーゴーカレーのチーズ
トッピングが200円なのに対して、カレーのチャンピオンは100円なのはあり
がたいです。

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

カレー!
http://rover.seesaa.net/article/141830634.html



関連ランキング:カレーライス | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅



2017年05月13日

小倉山城址       (岐阜県美濃市)

岐阜県美濃市にある小倉山城址に行ってきました。

<小倉山城>
小倉山城 美濃8.jpg
住所:岐阜県美濃市泉町小倉山
駐車場あり(無料)

<小倉山城について>
小倉山城 美濃.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小倉山城址(おぐらやまじょう)に行ってきました。
この前の記事で、広島の小倉山城を紹介しました。
漢字も読みも一緒です。広島の小倉山城は吉川氏の居城。美濃の小倉山城
は金森長近の隠居城です。
飛騨高山城主だった金森長近は、高山城を嫡子の金森可重に譲り、自らは
小倉山城(小倉山居館)に隠居しました。
金森長近の実子である金森長光に2万石が与えられ上有知藩が成立しますが、
長光が子が無く没したため上有知藩は断絶となり、小倉山城も廃城となった
様です。
近世、公園として整備され、頂上には模擬天守というのか展望台が設置
されています。
全体として城の遺構はほぼ無いとい言っても良い感じです。

<小倉山城址>
小倉山城 美濃2.jpg

小倉山城 美濃3.jpg

小倉山城 美濃4.jpg

以下、模擬天守からの景色
小倉山城 美濃6.jpg

小倉山城 美濃5.jpg

小倉山城 美濃7.jpg
下に見える町並みは美濃市。美濃うだつの上がる町並みは小倉山城址から
歩いて5分ほどです。

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

小倉山城     (広島県北広島町)

北広島町にある小倉山城に行ってきました。

<小倉山城>
小倉山城.jpg
住所:広島県山県郡北広島町新庄字小倉山
駐車場あり(無料)

<小倉山城について>
小倉山城2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小倉山城址に行ってきました。
この城は南北朝期に、吉川経見によって築城され、その後鬼吉川と称さ
れた安芸吉川氏の居城として戦国時代まで存在します。
毛利元就の正妻となる妙玖生誕の地でもあります。
小倉山城は1550年に吉川元春が日野山城に城を移し、廃城となります。

小倉山城址は綺麗に整備されています。
<案内図・クリックすると拡大します>
小倉山城  案内図.jpg

小倉山城3.jpg
登山道も歩きやすく、本丸までは10分位もあれば着きます。
到達難易度は低いかなと思います。

小倉山城4.jpg
本丸は建物の遺構が発掘されている様です。

小倉山城5.jpg

小倉山城6.jpg
土塁などが綺麗に残りますね。いかにも堅城という感じです。

小倉山城7.jpg

見学時間は30分もあればという感じ。山城の遺構としてとても状態が
良いなと思いました。

小倉山城8.jpg
これ、駐車場なんですが、50台くらい余裕で停められるのではという広さ。
しかし、観光客は自分一人という・・・(^^;
すごく違和感がありました(笑)

平成29年春旅 安芸国城攻め
http://rover.seesaa.net/article/448757627.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする