2017年11月30日

六郷城址 / 佐竹義重終焉の地  (秋田県美郷町)

秋田県美郷町にある六郷城址に行ってきました。

<六郷城址>
六郷城址.jpg
住所:秋田県美郷町六郷字古館104-1
駐車場無し

<六郷城について>
六郷城址5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
六郷城址に行ってきました。六郷城は1559年、六郷道行によって築城された
平城です。関ヶ原の戦い後、佐竹氏が秋田に転封になると、佐竹義重がこの城に入り
ます。
その勇猛さから「鬼義重」と呼ばれた佐竹義重。晩年をこの城で過ごし、六郷の町割り
など内政に従事したそうです。1612年、落馬による傷からこの城で亡くなりました。

現在城の遺構はほぼ残っていません。
本丸があった場所には田岡神社という小さな神社があり、その裏に佐竹義重を顕彰する
碑が建っていました。

<田岡神社>
六郷城址 田岡神社.jpg

<佐竹義重顕彰碑>
六郷城址2.jpg
1912年、義重300回忌に建立された顕彰碑です。

<400回忌祈念碑>
六郷城址3.jpg
更に100年後の400回忌の碑です。
書は、佐竹北家当主で秋田県知事の佐竹敬久氏によるものです。

六郷城址4.jpg

六郷城址6.jpg
まわりは一面の田んぼです。

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

川越紅葉散歩

今日は地元川越で紅葉見ながらブラブラしてました。
水曜は基本遠出せずにゆっくりするというのが最近の過ごし方です。

午後、喜多院に行ってきました。

喜多院2017.jpg

紅葉の時期ですし、拝観料400円を払って書院・客殿へ。
徳川家光公誕生の間などを見ながら庭園へ。
綺麗な紅葉を堪能しました。
喜多院20172.jpg

喜多院20173.jpg

喜多院20174.jpg

喜多院20175.jpg

喜多院の後、中院へ。
中院2017.jpg
島崎藤村ゆかりの不染亭前の紅葉です。

中院20172.jpg
この真っ赤な紅葉。こういうのを血染めの紅葉って言うんでしょうね。

帰りに菓子屋横町のサンドイッチパーラー楽楽でサンドイッチを購入してきました。

サンドイッチ楽楽.jpg

サンドイッチ楽楽2.jpg
タマゴサンド(250円)です。卵がたっぷり、今日の夕食にしました。
とてもおいしかったです(^o^)



関連ランキング:サンドイッチ | 本川越駅川越市駅川越駅


posted by 南行 at 23:12| Comment(0) | 川越のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄居PAで味噌豚丼   (埼玉県寄居町)

関越道寄居PA(下り)で味噌豚丼を食しました(^-^)

<寄居PA下り>
住所:埼玉県大里郡寄居町用土5607 寄居PA(下り)
営業:7:00〜19:00

あまり寄居PAで食事をする機会が無いんですが、たまたまタイミング的に
ここで食事と思って立ち寄りました。注文は味噌豚丼です。

寄居味噌豚丼.jpg

値段はたしか800円位だったかな。
見た目おいしそうですよね。実際食べておいしかったです(^-^)
最近は高速のサービスエリアの食事もおいしくなりました。
この豚丼、おすすめです!



関連ランキング:定食・食堂 | 松久駅


posted by 南行 at 22:42| Comment(0) |   埼玉県のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

払田の柵跡     (秋田県大仙市)

大仙市にある払田の柵跡に行ってきました。

<払田の柵跡>
払田の柵.jpg
住所:秋田県大仙市払田
駐車場あり(無料)

<払田の柵について>
払田の柵2.jpg

払田の柵3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
払田の柵跡(ほったのさく)に行ってきました。
東北各地にある柵と呼ばれるものは、いわゆる柵ではなく、城の様なもので行政・
軍事の拠点とされた施設を指します。
払田の柵は1902年に発見され、その後の調査で、柵に使われている木の年輪から
西暦801年に伐採された木である事が判明したという事です。
年輪からここまで分かるんですね、びっくりです。
801年というと、平安時代の最初期で桓武天皇の時代。
坂上田村麻呂が東北を攻略し統治していった時代と重なります。東北統治の拠点と
して払田の柵は作られたものと考えられます。

払田の柵跡は、綺麗に整備されています。他の柵より整備度が良いですね。
大きな城であった事がうかがえました。

<払田の柵跡>
払田の柵4.jpg

払田の柵6.jpg

払田の柵5.jpg

払田の柵8.jpg

払田の柵7.jpg

払田の柵9.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:30| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

本堂城址    (秋田県美郷町)

美郷町にある本堂城址に行ってきました。

<本堂城址>
本堂城跡.jpg
住所:秋田県美郷町本堂城回字館間
駐車場無し

<本堂城について>
本堂城跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
本堂城址に行ってきました。
ここは、戦国時代の天文4年(1535)に本堂忠親という武将によって築城
されたお城です。
平城で、外堀・内堀に囲まれた二重構造。内堀の所に土塁の跡が残ります。
畑や田んぼの中に、かろうじて城の跡らしきものが残る程度で、城の遺構はあまり
残っていませんでした。

<本堂城址>
本堂城跡3.jpg

本堂城跡4.jpg

本堂城跡5.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:14| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

建康寺    (埼玉県越生町)

埼玉県越生町にある建康寺に行ってきました。

<建康寺>
建康寺2.jpg
住所:埼玉県入間郡越生町小杉461
駐車場無し
境内自由

<建康寺について>
建康寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
越生町にある建康寺に行ってきました。
この寺の存在を知ってて行った訳ではなく、たまたま通りかかっての訪問です。
ふらっと顔振峠にでも行こうかなと思って走っていました。
顔振峠に向かう道に曲がるのを忘れ、通り過ぎてしまい、少し先から曲がって
戻る事に。そこは普段通らない道です。

そしたら、建康寺の案内が出ており、それで訪問しました。
越生町には太田道灌・太田道真の墓がある龍穏寺があり、ゆかりの地だという
認識はありました。建康寺は、太田道真の隠居の地という事で、その碑が建って
いました。
観光ガイド等にも出ていませんし、本当に穴場的な場所です。歴史マニアにのみ
受ける場所ですね。
太田道真は太田資清と言い扇谷上杉氏の家宰だった人物。名将として知られます。
子の太田道灌は、江戸城・川越城などを築城した人物で、道真より子の道灌の方
が一般的な知名度は高いです。

ここ建康寺は、太田道真が隠居した自得軒という建物の跡との事です。
意外な発見に、ちょっとびっくり。
埼玉県内の歴史的な場所は行き尽くしたかなと思っていましたが、普段行かない
場所でこういう発見があるとまだまだ探せばあるのかなと思いました(^-^)

建康寺4.jpg

建康寺.jpg
太田道灌を大河ドラマにですか〜。まあ分からんでもないですが、視聴率は厳しい
でしょうね。それよりは北条氏の大河やってほしいものです。

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:40| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

門屋城址    (秋田県仙北市)

仙北市にある門屋城址に行ってきました。

<門屋城址>
門屋城址.jpg
住所:秋田県仙北市西木町小山田沢口212
駐車場無し

<門屋城について>
門屋城址7.jpg

門屋城址6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
門屋城址に行ってきました。
1228年、戸沢兼盛によって築城されたとされるお城で、その後代々戸沢氏の居城
となりました。
室町時代中期に角館に本拠が移された後は、戸沢氏の家臣が城を守りました。
1590年、秀吉の命により破却されたそうです。

現在は、本丸跡に三嶽神社という神社がありますが、城としての形跡はあまり残って
いませんでした。

<門屋城址>
門屋城址5.jpg

門屋城址2.jpg

門屋城址4.jpg

門屋城址3.jpg

平成29年夏旅 青森へ
http://rover.seesaa.net/article/452720301.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:56| Comment(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする