2019年05月05日

2019年GWの旅

今年のGWは世の中10連休とか。まあ10年休取れる人はどれほどいるのか。
うちの会社は6連休です。それでもGWとしては異例中の異例。
早速旅に出ました。前半と後半に分けて出かけてきました。

<1日目:4月30日、天気曇り時々雨>
前半戦は新潟に出陣。城巡りをします。夜は長野の野沢温泉でくつろぎました。

朝出発。関越道で長岡に向かいます。

与板城リアル攻略
与板歴史民俗資料館(兼続お船ミュージアム)訪問
→大河「天地人」の時以来の訪問です。
特別展で中川清兵衛という人の展示が行われていました。
この人、長岡出身で幕末にドイツに密出国し、ビールの醸造法を学んだ人物
だそうで、後のサッポロビールの元になった企業を立ち上げた人物でもあり
ます。展示で初めて知りました。
そんなからみもあり、サッポロビールから新潟限定のこんなビールが売られて
いました。
風味爽快にして.jpg

風味爽快にして2.jpg
缶には中川清兵衛の説明もありました。
ちなみに、今このブログの記事を書きながらこのビールを飲んでます(*^-^*)
名前の通り、爽快なビールです。

お船の方生誕の地

ラーメンヒグマ長岡店で昼食
ひぐま 長岡.jpg
平成最後のラーメンは、ヒグマの醤油ラーメンになりました。
長岡名物の生姜醤油ラーメンです。
ひぐまには20年ぶり位の訪問です。長岡は初めて。

安田城址
節黒城址
→節黒城ってまったく知らなかったんですが、景色も良くとても良い城でした。

野沢温泉 門脇館泊
→野沢温泉は泊まった事が無く、10年以上前に日帰りで入っただけでした。
今回初宿泊。門脇館さんはフロントのおじさんの接客も良く満足度が高かった
です。夕食の天ぷらがアツアツだったら最高評価出来たんですが、作り置き
なのは残念でした。

お風呂は内湯もありましたが、野沢と言えば外湯巡り。2ヶ所入りました。
外湯はすべて無料です。
しかしながら、外湯はお湯が熱い。かけ湯して慣らしてからでないと入れません。
長湯は出来ないですね。
夜の野沢温泉街はお土産屋や居酒屋など開いている店が多く、雰囲気の良い温泉街
でした。

<2日目:5月1日、天気曇りのち雨>
朝は薄日も出ていました。これは大丈夫かなと思いましたが、午後から雨になりました。

飯山の菜の花畑訪問
飯山菜の花公園.jpg
前から行こうと思っていた飯山の菜の花畑に行きました。早朝にもかかわらず多くの
観光客で賑わってました。野沢温泉から車で10分ほどです。

御魂山の神代桜

鬼小島弥太郎の墓参拝
飯山城址

中野陣屋
高梨氏館跡

ここで14時位。ここから一気に帰ります。せっかくなので、冬期通行止めが解除され
た志賀草津道路を走ってみようと思い、草津方面に向かいます。
これ失敗しました。
志賀草津道路に行ったらものすごい霧。前が全然見えません。
前の車のテールランプを追うのみという感じ。景色を堪能どころか走るのも精一杯の
状況に。

草津温泉に着いたときには霧が晴れてひと安心。そのまま国道406号を走り高崎経由
で帰還しました。

一旦自宅で休みます。

<3日目:5月2日、天気晴れ>
後半戦は、青森に向かいます。目的地を竜飛岬に設定。その途中で観光をします。
今回は、福島、岩手を中心に被災地の状況を見てこようと思って出かけました。

震災から8年。関東にいると震災は過去の話になりつつあります。
8年前も震災直後に現地を見に行きました。やはり現場を見る事が重要だと思います。
そして、復興のためにもお土産品買うとか、食事するとか現地でお金を使う事が支援
になると思い実行しております。
実際震災以降何度も福島の温泉に泊まりに行ってますしね。

5月2日 朝4時半位に家を出て圏央道・常磐道と走りいわき市を目指します。

湯長谷藩陣屋跡
松が丘公園訪問(安藤信正の銅像を見る)
長隆寺訪問
薬王寺訪問
成徳寺訪問

ここで車にトラブル発生です。
異常発生.jpg
リアのランプ切れ警告灯が点灯しました。ブレーキランプが切れたか??
何分一人旅なので確認出来ません。とりあえず相馬まで行って、そこでカー用品店に
でも行こうという事に。

いわきから国道6号線を北上します。ここは長らく帰宅困難区域に指定されていた場所です。
大分解除された様ですが、まだ一部帰宅困難区域が存在します。
国道6号も車で走行出来ますが、事前にこんな掲示があります。
帰宅困難地域.jpg
車は良いけど、歩行者・二輪車等は不可です。やはり放射能の値がやや高いんでしょうね。

帰宅困難区域に入って行きます。
正直、衝撃を受けました。8年人が住まない状態になるとこんなに荒れるのかという。
国道6号のロードサイドは大型のチェーン店が並んでいますが、全て廃墟。雑草は生え
放題建物も地震後手つかず。まさにゴーストタウン。
帰宅困難地域2.jpg
この建物も「au」の文字が無残な状況になってます。

走り去らなくてはいけないため、写真が撮れませんでしたが、この地域は地震から時間
が止まっている状況でした。見るにたえません(>_<)

帰宅困難地域3.jpg
除染作業も行われている様です。

小高城址

南相馬のおおみかというお店で「ホッキめし」
おおみか ホッキめし.jpg
相馬のこの時期は「ホッキめし」ですね。ホッキ貝がたっぷりのってます(^-^)

イエローハット原町店訪問
→店員さんにブレーキランプがついているかどうか見てもらいます。
自分がブレーキ踏んで確認してもらったあと、店員さんに踏んでもらい、自分でも
確認しました。まったく問題無くブレーキランプついてます(^^;
ブレーキランプもそうですが、テールの照明灯も問題無く点灯。

ネットで調べると、電球切れをおこしていなくても警告灯が点灯する事がある様です。
何でもリアの基盤のコネクタの不良で、これを交換しなくてはいけない模様。
電球切れの方が全然良かった。
これはショップに持ち込まないと直せないので、これは諦めます。
まあ警告灯ついてますが、ブレーキの機能には問題無いですし、ランプも正常なので、
そのまま旅を続けます。

ここから三陸道を走り、一気に南三陸町まで移動しました。

神割崎訪問

震災遺構・南三陸町防災庁舎見学
南三陸町防災庁舎.jpg
津波に破壊され、鉄骨のみになった南三陸町防災庁舎です。


岩手県住田町に移動
松嶋屋で夕食

ホテル グリーンベル高勘泊
→寝る前にお酒を堪能。福島の道の駅で購入した「楢葉の風」という日本酒です。
復興支援と思って購入しました。
楢葉の風.jpg

ホテル グリーンベル高勘の前は田舎の風景。コメリがあるあたりがミソですね(笑)
住田ホテルからの景色.jpg
こちらは泊まった部屋からの景色です。

続きます

続きを読む
posted by 南行 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

三春城址     (福島県三春町)

三春城址に行ってきました。

<三春城址>
三春城址.jpg
住所:福島県田村郡三春町大町
駐車場あり(無料)

<三春城について>
三春城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三春城址に行ってきました。戦国時代に田村氏によって築城されたお城です。
1586年に田村清顕が急死すると一人娘である愛姫の夫である伊達政宗が後見
し甥の田村宗顕が城主になります。
伊達政宗はこの城を足がかりに南奥羽を制圧して行くことになります。

江戸時代は秋田氏が三春を治め、幕末は迫る新政府軍に対し三春藩は戦うことなく
降伏したため三春城は戦火を免れました。

今は城址公園になっており、続100名城にも選ばれています。

駐車場に車を停め、歩くこと5分位で本丸跡に着きます。

<三春城址>
二の丸跡
三春城址二の丸跡.jpg

本丸跡
三春城址本丸跡.jpg

<三春城からの景色>
三春城址からの景色.jpg

三春城址からの景色3.jpg
遠くに見える山は安達太良山かなと。

三春城址からの景色2.jpg

<愛姫生誕の地>
三春城址愛姫生誕の地.jpg
三春城の登り口(駐車場)のところに「愛姫」生誕の地碑がありました。

三春城址愛姫生誕の地2.jpg

大河ドラマ『独眼竜政宗』の桜田淳子さんの愛姫がとても印象的でした。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:35| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大聖寺のベニシダレ      (福島県田村市)

田村市にある大聖寺のベニシダレを見てきました。

<大聖寺のベニシダレ>
大聖寺のベニシダレ.jpg
住所:福島県田村市船引町笹山立石13
駐車場無し

<大聖寺のベニシダレについて>
大聖寺のベニシダレ2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
大聖寺のベニシダレを見てきました。
ここはまったく知らなかった場所です。たまたま車で通りかかったら、道路から
綺麗な1本桜が見えたため立ち寄りました。

三春滝桜の子桜と言われる樹齢約250年のベニシダレです。
青空に映えて紅色がとても綺麗です。この桜はノーマークだった分、新たな発見で
良かったです。

<大聖寺のベニシダレ・平成31年4月17日撮影>
大聖寺のベニシダレ3.jpg

大聖寺のベニシダレ4.jpg

大聖寺のベニシダレ5.jpg

大聖寺のベニシダレ6.jpg

大聖寺のベニシダレ7.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 19:27| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光岩寺の桜        (福島県三春町)

三春の光岩寺で桜を見てきました。

<光岩寺の桜>
光岩寺の桜.jpg
住所:福島県田村郡三春町亀井
駐車場あり(無料)

三春藩主松下長綱の母加藤氏(当時の会津藩主加藤嘉明の娘)が建立した
光岩寺の桜です。
光岩寺というお寺という事ですが、墓地はあるのですが、お寺の建物が
見当たりませんでした。

桜は様々な品種があり、とても良かったです。ピンク色の濃い枝垂れ桜が
特に綺麗でした。

<光岩寺の桜・平成31年4月17日撮影>
光岩寺の桜2.jpg

光岩寺の桜3.jpg

光岩寺の桜4.jpg

光岩寺の桜5.jpg

光岩寺の桜6.jpg

光岩寺の桜7.jpg

光岩寺の桜8.jpg

光岩寺の桜9.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 18:51| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍穏院の桜      (福島県三春町)

三春町の龍穏院で桜を見てきました。

<龍穏院>
龍穏院.jpg
住所:福島県田村郡三春町荒町160
駐車場あり(無料)
境内自由

<龍穏院について>
龍穏院2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三春の龍穏院に行ってきました。
三春の観光ガイドに出ていたお寺です。
秋田氏の菩提寺で、幕末戊辰戦争では新政府軍の病院として使われたというお寺です。

桜は江戸彼岸桜が何本か綺麗に咲いていました(^-^)

<龍穏院の桜・平成31年4月17日撮影>
龍穏院桜4.jpg

龍穏院桜1.jpg

龍穏院桜2.jpg

龍穏院桜3.jpg

龍穏院桜5.jpg

龍穏院桜6.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 15:53| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

法蔵寺の桜   (福島県三春町)

三春町の法蔵寺で桜を見てきました。

<法蔵寺>
法蔵寺.jpg
住所:福島県田村郡三春町荒町169
駐車場あり(無料)
境内自由

<法蔵寺について>
法蔵寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
法蔵寺で桜を見てきました。樹齢100年超と思われる枝垂れ桜他多くの桜が
咲いていました。三春町の観光ガイドにものっている桜の名所です。

<法蔵寺の桜・平成31年4月17日撮影>
法蔵寺桜1.jpg

法蔵寺桜2.jpg

法蔵寺桜3.jpg

法蔵寺桜4.jpg

法蔵寺桜5.jpg

法蔵寺桜7.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:13| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お城坂枝垂れ桜     (福島県三春町)

三春町のお城坂枝垂れ桜を見てきました。

<お城坂枝垂れ桜>
お城坂枝垂れ桜.jpg
住所:福島県田村郡三春町南町
駐車場無し

三春城に向かう坂道の途中にある枝垂れ桜です。
桜は浪岡さんというお宅の敷地内にあるため、接近は出来ませんが、
道路からも綺麗な桜を見る事が出来ます。
樹齢約400年のベニシダレサクラです。

<お城坂枝垂れ桜・平成31年4月17日撮影>
お城坂枝垂れ桜2.jpg

お城坂枝垂れ桜3.jpg

お城坂枝垂れ桜4.jpg

お城坂枝垂れ桜5.jpg

お城坂枝垂れ桜6.jpg

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:49| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする