2018年05月30日

飛騨大鍾乳洞     (岐阜県高山市)

飛騨大鍾乳洞に行ってきました。

<飛騨大鍾乳洞>
飛騨大鍾乳洞.jpg
住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147
駐車場あり(無料)
入場料:1100円
公式HPに割引券あり
http://www.syonyudo.com/

<飛騨大鍾乳洞について>
飛騨大鍾乳洞6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
10年ぶりくらいで飛騨大鍾乳洞に行ってきました。天気が悪かったので、天気を
気にせず出来る観光地という事で鍾乳洞訪問です。
昭和40年に発見された鍾乳洞で、標高900mは日本で一番高地にある鍾乳洞だ
そうです。
全長約800mの観光コースは見所満載。洞窟内の高低差もあり、ちょっとハード
ですけど非常に楽しめる洞窟でした。まあ1回行けばまた10年は行かなそうです
けど(^^;

<飛騨大鍾乳洞>
飛騨大鍾乳洞3.jpg

飛騨大鍾乳洞2.jpg

飛騨大鍾乳洞4.jpg

飛騨大鍾乳洞5.jpg

飛騨大鍾乳洞7.jpg

飛騨大鍾乳洞8.jpg

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 15:59| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【再】平湯大滝        (岐阜県高山市)

岐阜県高山市の平湯にある平湯大滝に行ってきました。

<平湯大滝>
平湯大滝.jpg
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
駐車場あり(無料)

平湯大滝は岐阜県と長野県の県境付近、平湯温泉からほど近い場所にある滝です。
落差64m、幅6mの滝で、日本の滝100選に選ばれています。
豪快な滝ですが、冬には凍結しライトアップされる事でも有名です。

駐車場に車を停めて、そこから歩くこと10分ほどで滝に着きます。

この日は前日に雨が降った事もあり、ものすごい水量。離れた場所でも水しぶき
が飛んできて迫力がありました(^-^)

平湯大滝2.jpg

昔の写真もアップします。

<初訪問の平成11年7月11日の写真>
平湯大滝1999071102.jpg

平湯大滝1999071101.jpg
昔は滝の近くまで車で行けたんですけどね。今は行けません。


<平成20年1月12日の写真>
平湯大滝20080112.jpg
雪が降る中の平湯大滝。水量少なめです。
この時はまだ凍ってませんでした。

平成30年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/459260218.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 09:32| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

秩父高原牧場へ

秩父高原牧場に行ってきました。この時期はポピーがとても綺麗なので、
毎年の様に行っております。

ここ数年は水曜に行っていたんですが、今日は日曜日。大して気にして
なかったんですが、驚きの渋滞にはまりました(>_<)

ポピー畑の約3キロ手前から渋滞。駐車場に着くまで1時間20分位かかり
ました。
水曜だったらこんな事はなかったんですが、週末は厳しいですね。

ポピーは見頃を迎えていました。天気も良く、青空の下のポピーの花がとて
も良かったです。癒やされました(^o^)

秩父高原牧場2018ポピー.jpg

秩父高原牧場2018ポピー2.jpg

秩父高原牧場2018ポピー3.jpg

秩父高原牧場2018ポピー4.jpg

本数で日本一という同じ埼玉の鴻巣のポピー畑も凄いですが、秩父高原牧場
のポピーは斜面に咲いている分だけ、青空とも合いますし、立体的に見た目
も良いですね。僕もこちらの方が好きです。

今日、わが愛車の走行距離が27万キロに到達しました。
BMW27万キロ.jpg
2003年式、BMW318iMスポーツ(E46)です。
BMWもメンテナンスすれば30万キロ走れる事を証明したいと思います。
最近は特にトラブルなく走ってます。
7月の車検で部品の予防交換などもして、あと3万キロ頑張りたいです。
posted by 南行 at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河上彦斎の墓       (東京都大田区)

池上本門寺にある河上彦斎の墓を参拝してきました。

<本門寺>
本門寺.jpg
住所:東京都大田区池上1-1-1
駐車場あり(無料)
境内自由

何度か行ったことがある本門寺ですが、ここに河上彦斎の墓があるのを最近
知りました。
河上彦斎は、中村半次郎、田中新兵衛、岡田以蔵と並んで幕末四大人斬りの一人
に数えられる人物で、佐久間象山を暗殺した人物でもあります。

漫画るろうに剣心の主人公である緋村 剣心は架空の人物ですが、モデルは
河上彦斎と言われています。

河上彦斎の墓は五重塔の裏にある細川、上杉、前田家など大名家ゆかりの墓の
ある一角にポツンとある感じでした。

河上彦斎の墓3.jpg

<河上彦斎の墓>
河上彦斎の墓.jpg


河上彦斎は明治維新後、広沢真臣暗殺の嫌疑をかけられ処刑されました。
河上が明治維新後も尊皇攘夷を主張し続けたのを危険視して殺したという説も
あるそうです。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:22| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

ぼうしパン   (高知県)

高知県のソウルフード、ぼうしパンを食してみました。

ぼうしパン.jpg

帽子パンは昭和30年代に、高知県のパンメーカー永野旭堂本店が作ったのが
始まりとされるパンです。
メロンパンの表地の様なサクッとした土台の上にカステラの様な食感のパン
が乗った食べ物です。

ぼうしパン2.jpg

今回、銀座にある高知県のアンテナショップで初めて帽子パンを購入しました。
味はどうかな〜と思いましたが、少しパサパサしてそのままだと食べづらい
感じもしました。中に何か入ってればおいしいと思うんですけど、特に何も
入ってませんでしたし。僕の個人的な感想としては、もうひとつでした。

posted by 南行 at 23:21| Comment(0) |   中国・四国・九州のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

飯島陣屋        (長野県飯島町)

長野県飯島町にある飯島陣屋に行ってきました。

<飯島陣屋>
飯島陣屋.jpg
住所:長野県上伊那郡飯島町飯島2309-1
駐車場あり(無料)
入場料:300円

<飯島陣屋について>
飯島陣屋8.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯島陣屋はこの付近の江戸幕府直轄地を治めるために1677年にこの地に
造られた陣屋です。伊那には高遠藩、飯田藩、高須藩などがあり、それらの管轄地
を除いた幕府直轄領を治めたため、領地は飛び地になっていたそうです。
明治維新後、廃藩置県によりこの地は伊那県となり、飯島陣屋が伊那県庁になりま
した。

飯島陣屋は現在資料館になっており、入場料を払うと解説員の方が逐一説明をして
くれます。最後は囲炉裏でお茶のサービス付きです(^-^)

<飯島陣屋>
飯島陣屋2.jpg

飯島陣屋3.jpg

飯島陣屋4.jpg

飯島陣屋5.jpg

飯島陣屋6.jpg

飯島陣屋7.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:03| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農村景観日本一展望所    (岐阜県恵那市)

岐阜県恵那市にある農村景観日本一展望所に行ってきました。

<農村景観日本一展望所>
農村景観日本一展望所5.jpg
住所:岐阜県恵那市岩村町富田
駐車場なし

<農村景観日本一展望所について>
農村景観日本一展望所4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岩村城に向かっていたところ、「農村景観日本一展望所」なる案内を発見しました。
岩村城訪問後、岩村城から数キロのところにある展望所を訪問しました。
駐車場が無く、路駐です。

階段を少し登ると展望台です。
富山の散居村展望台みたいなのを想像して行ったんですが、ううむ、あまり大した
事が無いような・・・。

<農村景観日本一展望所>
農村景観日本一展望所1.jpg

農村景観日本一展望所2.jpg

農村景観日本一展望所3.jpg
どこにでもありそうな風景なんですよね・・。



平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 21:43| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする