2017年06月29日

蝉丸の墓      (福井県越前町)

福井県越前町にある蝉丸の墓を参拝しました。

<蝉丸の墓>
蝉丸の墓.jpg
住所:福井県丹生郡越前町陶の谷67-8
駐車場なし

<蝉丸の墓について>
蝉丸の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
蝉丸は平安時代前期の歌人。
百人一首にある以下の句で有名です。
「これやこの 行くも帰るも分かれては 知るも知らぬも逢坂の関」

この句が超有名ですが、これ以外まったく蝉丸について知りません(^^;
実際出自などよく分かっていない人物だそうです。
醍醐天皇の皇子ではないかなど、諸説あるようですが。

そんな放浪の歌人蝉丸の墓と言われる墓が福井にありました。
たまたまカーナビで目的地を探していたら、その途中に蝉丸の墓を発見
して立ち寄った次第です。

現地はちょっとした住宅が並ぶ場所ですが、裏には田んぼが広がって
いました。そんな中、ぽつんと蝉丸の墓です。
墓の脇には有名な百人一首の句の句碑も建てられていました。
蝉丸句碑.jpg

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荘厳寺     (兵庫県西脇市)

兵庫県西脇市にある荘厳寺に行ってきました。

<荘厳寺>
荘厳寺.jpg
住所:兵庫県西脇市黒田庄町黒田1589 
駐車場あり(無料)
境内自由

<荘厳寺について>
荘厳寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
西脇市にある荘厳寺(しょうごんじ)に行ってきました。
黒田庄にあるお寺で、黒田官兵衛ゆかりの地というアピールをしていま
した。

荘厳寺3.jpg

この荘厳寺には、黒田家家系図が伝えられています。
黒田庄は、黒田城をはじめ黒田氏の拠点だった場所で、黒田官兵衛もこの
地で生まれました。
お寺に黒田家家系図が所蔵されている事から、このお寺が黒田氏のゆかりの
寺だった事が分かります。
荘厳寺は奈良時代の創建。現在平成の大改修が行われており、持仏堂はには
足場とシートがかかり中をうかがうことが出来ませんでした。

持仏堂を回り込み、本堂に向かいます。本堂へは、長い階段をのぼって行く
事になります。
荘厳寺4.jpg

荘厳寺5.jpg
どこまでも続く階段、かなり体力を使います。

距離にして300mの階段道を歩き本堂に到着です(^-^)
荘厳寺6.jpg

荘厳寺7.jpg
秋には綺麗な紅葉が楽しめそうです。

<多宝塔>
荘厳寺8.jpg
もとは平安時代末期に建てられた様ですが、現在の多宝塔は江戸時代中期の
再建です。

荘厳寺9.jpg
境内に、官兵衛と妻の光のゆるキャラ。
荘厳寺には、黒田官兵衛、櫛橋光の位牌があるそうです。

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

元禄繚乱

平成11年の大河ドラマ『元禄繚乱』を見終えました。

元禄繚乱.jpg

この作品は忠臣蔵を題材にした作品で、主演は先頃亡くなった五代目中村勘九郎さんです。

歴史好きと言っておきながら、実は忠臣蔵の話を詳しく理解していませんでした。
浅野内匠頭が吉良上野介を松の廊下で刃傷し切腹。
そのあと、大石内蔵助ら赤穂浪士が吉良邸に討ち入り吉良を討つって流れくらいしか
知らない状況でした。

本作品で、忠臣蔵に対する理解が深まりました。特に浅野内匠頭の切腹から討ち入り
までの間の様々な人間模様がとても興味深かったです。

またこのお話の中で、もう一人の主人公とも言える人物が柳沢吉保。
柳沢吉保の野望と、大石らの討ち入りがそれぞれの思惑の中でつばぜり合いする様な
展開がとても良かったです。
川越市民としては、川越藩主柳沢吉保が毎度悪役的な扱いを受けるのがどうも納得
いかないところではありますが(笑)

浅野内匠頭の妻 阿久利役の宮沢りえさん
宮沢りえ.jpg

一瞬だけ登場する、矢頭さよ役宮崎あおいさん(左)。当時14歳
宮崎あおい.jpg
これは貴重(^-^)

この大河ドラマは名作だと思いました。最後の方は先を見たくて仕方ない感じ。
感動させて頂きました。
それに引きかえ今年の大河たるや・・・・。
もう見るのやめました(´Д`)


posted by 南行 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香味徳    (東京都中央区)

銀座一丁目にある香味徳に行ってきました。

<香味徳>
香味徳.jpg
住所:東京都中央区銀座1-13-6 ヤマトビル 1F
営業:11:00〜23:00(L.O.22:30)

銀座にある香味徳(かみとく)さんにおじゃましました。
香味徳さんは、鳥取牛骨ラーメンの名店。鳥取では一番有名な店なんじゃない
でしょうか。
以前鳥取で香味徳さんに行ってみたんですが、混んでいて断念した事があります。
最近カップ麺で、銀座香味徳なる商品を発見。香味徳が東京に進出してきているの
を知りました。

なかなか銀座に行く機会が無かったんですが、今日仕事で行ったので訪問してみま
した。

<鳥取牛骨ラーメンについて>
香味徳4.jpg

13時位の訪問でしたが、店内はお客が5人くらい。余裕で座れました。
注文は香味徳ラーメン+ランチのミニ豚丼を付けました。

香味徳2.jpg
こちらが香味徳ラーメンです。
最初にスープを一口。あぢ〜(^^;
スープめちゃくちゃ熱いです。
表面に油の膜みたいなのがあって、食べ終わりまでスープが激アツです。
牛骨ベースのスープに薄口醤油。とてもまろやかでやさしい味です。
とてもおいしい(^-^)

香味徳3.jpg
キムチも食べ放題で、ミニ豚丼と合わせてキムチもいただきました。
このキムチもおいしいですね〜。

おいしいおいしい言って食べてましたが、実は最後の方はややきつくなって
きました。それが油。
アツアツの元は油なんですが、これが段々に効いてきました。ちょっとくどい。
まあおいしいんですが、あまりスープは飲みすぎない方が良いかと思います。

牛骨味噌ラーメンとかもあったので、今度はそちらを試してみたいです(^-^)



関連ランキング:ラーメン | 銀座一丁目駅宝町駅



posted by 南行 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) |   南関東のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

徳島ラーメンきたじま   (埼玉県川越市)

地元川越に今年オープンした徳島ラーメンのきたじまさんにおじゃましました。

<きたじま>
きたじま.jpg
住所:埼玉県川越市仲町3-40
駐車場なし
営業:
【平日】昼の部 11:30〜16:00
    夜の部 18:30〜22:00(Lo21:30)
【土曜】昼の部 11:30〜17:00
    夜の部 18:00〜22:00(Lo21:30)
【日曜・祝日】11:30〜20:00

川越の大正浪漫通りに今年オープンしたお店です。
徳島ラーメンは、やや甘めの醤油ラーメン。チャーシューのかわりに豚のバラ肉、
そして玉子の黄身を落として食べるスタイルです。
関東ではあまり徳島ラーメンを食べさせる店は無いですね。僕が知ってる限りでは
数件あるかな〜ってくらいです。

きたじまさんにはいわゆる徳島ラーメンの「茶系」と白醤油を使った「白系」の
両方があります。僕は徳島ラーメンと言えば茶色と思っていたのですが、白系と
言われる小松島発祥の系統の方が歴史がある様です。
まあ今回は茶系を食しました。

<ラーメン・茶系>
徳島ラーメン 川越.jpg
これぞ徳島ラーメンって感じですね。
味はやや薄いかな〜、僕はもうちょっと濃い方が好きですが、これくらいの
方がいい人も多いかな。まさにTHEすきやき風ラーメンって感じです(^-^)

今回トッピング券も頂いたので、次は白系を食してみたいと思います。

小江戸川越
http://rover.seesaa.net/article/98339300.html



関連ランキング:ラーメン | 本川越



posted by 南行 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) |   埼玉県のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

黒田城址     (兵庫県西脇市)

西脇市にある黒田城址に行ってきました。

<黒田城址>
黒田城.jpg
住所:兵庫県西脇市黒田庄町黒田1330
駐車場あり(無料)

<黒田城について>
黒田城2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
西脇市にある黒田城址に行ってきました。
西脇市黒田庄町は、戦国時代に活躍した黒田官兵衛に繋がる黒田氏発祥
の地です。
黒田氏は赤松氏の庶流で、この地を治めました。

黒田城についてははっきりとしたことは分かっていないそうです。
現在、黒田城址と思われる場所には稲荷社があります。
小さな山城で、本丸跡までは片道10分もあれば到着出来ます。

<黒田城址>
黒田城4.jpg

黒田城6.jpg

黒田城5.jpg
黒田城からの景色。

<黒田官兵衛生誕の地>
黒田城3.jpg

黒田城7.jpg
この地は黒田官兵衛生誕の地でもあります。

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

岩尾城址       (兵庫県丹波市)

丹波市にある岩尾城址に行ってきました。

<岩尾城址>
岩尾城.jpg
住所:丹波市山南町和田1
駐車場なし

<岩尾城について>
岩尾城2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岩尾城址に行ってきました。
1516年に和田斉頼によって築城された山城です。
1579年、丹波平定を目指す織田信長の旗下明智光秀軍の攻撃を受け
落城。その後1586年、豊臣秀吉の部下佐藤栄有が岩尾城に入ります。
佐藤栄有のもと石垣が築造されますが、1596年に廃城となり破却され
ました。
今は山頂付近に佐藤栄有によって築造された石垣の一部が残っています。

そんな岩尾城登城です。
丹波市立和田小学校を目指して行きます。
城は和田小学校の裏山です。小学校の裏に登山口があります。
小学校の入り口にはこんな掲示。
岩尾城9b.jpg
平日の場合は小学校に届け出ないといけない様です。
僕は休日の訪問だったので、そのまま通過しました。

岩尾城3.jpg
非常に分かりづらい山道を登って行きます。

登る途中に井戸がありました。
岩尾城4.jpg
山城での籠城戦は水が重要になります。この井戸は人工的に掘られた井戸で、
深さは7mにも及ぶそうです。

更に進むと道はますます険しくなります。
岩尾城5.jpg
この城はかなりキツい(´Д`)
8合目くらいで息が上がりました。

そこから頑張り山頂へ。片道約30分ほどの登山になりました。
山頂部には当時の石垣が残ります。荒れていますが、それがまた良い雰囲気ですね〜。

岩尾城6.jpg

岩尾城7.jpg

岩尾城8.jpg

岩尾城9.jpg

岩尾城9a.jpg

<本丸からの景色>
岩尾城 本丸からの景色.jpg
本丸付近からの景色です。
遠くまで一望出来ます。良い景色を見ると苦労して登ってきたかいがあると
いうものです(^-^)
かなり体力を使いましたが、言って良かったです!

平成29年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/449677065.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする