2022年05月15日

直島・家プロジェクト   (香川県直島町)

アートな島・直島で家プロジェクト巡りをしました。

<家プロジェクト>
住所:香川県香川郡直島町850-2
駐車場無し
見学料金:1ヶ所420円、6ヶ所セット1050円
チケットは上記住所の本村ラウンジ&アーカイブで購入します。

<家プロジェクトとは>
1997年、直島でも古くから存在する集落のひとつである本村地区に現存していた
古民家を改修・改造し、現代美術作品に変えてしまおうという試みで、ベネッセ
の福武總一郎の考案した直島プロジェクトの一環として企画、立案、実行された。
本村地区にはおよそ300年ほど前から栄えていた古い町並みが残り、焼杉板張り
の黒ずんだ古民家の立ち並ぶたたずまいが独自の風情をかもし出していた。
そこに現代美術のネットワークを展開させたものである。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
家プロジェクト巡りをしてきました。
直島観光の見所とも言って良いものです。
在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、
空間そのものをアーティストが作品化しています。

1ヶ所420円ですが、1ヶ所単発で見てもって感じがします。
ここは纏めて6ヶ所見た方が良いと思います。

おお〜ってびっくりするものから、意味不明なものまでいろいろです(^^;

直島の本村地区に点在していて、全部見るには1時間半位見ておけば余裕かと思い
ます。

<家プロジェクト>
01碁会所.jpg

01碁会所2.jpg

02家.jpg

03家3.jpg

03家33.jpg

03家34.jpg
何故か家の中にいる自由の女神。

03家35.jpg
この自由の女神、1階から2階につきぬけて立っています(笑)

03家32.jpg

04家.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html



posted by 南行 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

徳永寺    (三重県伊賀市)

伊賀市にある徳永寺に行ってきました。

<徳永寺>
徳永寺.jpg
住所:三重県伊賀市柘植町2318
駐車場あり(無料)
境内自由

<徳永寺について>
徳永寺5.jpg

徳永寺4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
徳永寺に行ってきました。
名阪国道の伊賀ICからほど近い場所にあります。

本能寺の変の後、堺にいた徳川家康は三河に戻る際、有名な伊賀越えをします。
その際、この徳永寺に立ち寄ったという事。
その恩賞で、近隣の山林や土地を家康から賜ったそうです。
これは伊賀越えに際し、福地氏を中心とする伊賀衆の庇護を受けた事によるものです。

寺の拝観とか出来るのかなと思い訪問したのですが、あいにく出来ず。
外から見るだけで帰還しました。

徳永寺2.jpg

徳永寺3.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html




posted by 南行 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百地丹波城址   (三重県伊賀市)

伊賀市にある百地丹波城址に行ってきました。

<百地丹波城址>
百道丹波城址.jpg
住所:三重県伊賀市喰代字城谷
駐車場あり(無料)

<百地丹波城について>
百地丹波城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
伊賀市の百地丹波城に行ってきました。
百地丹波は伊賀忍者の一党。その百地氏の居城跡と言われています。
詳細は不明の様ですが、現地は土塁など確認出来ます。

城の隣には清雲寺という百地氏の菩提寺がありました。

<百地丹波城址>
百地丹波城址5.jpg

百地丹波城址4.jpg

百地丹波城址3.jpg


令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

備前国分寺跡    (岡山県赤磐市)

赤磐市にある備前国分寺跡に行ってきました。

<備前国分寺跡>
備前国分寺跡.jpg
住所:岡山県赤磐市馬屋
駐車場あり(無料)

<備前国分寺について>
備前国分寺跡4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
備前国分寺跡に行ってきました。
泊まった桃太郎温泉から近かったので立ち寄ってみました。

国分寺は奈良時代に聖武天皇の勅願によって全国に建立された寺院です。
その後、荒廃したところが多く、そのほとんどが跡地となっています。

備前国分寺も跡地です。
昭和49年の発掘調査により、国分寺の存在が確認されました。
心礎という石の塔のみが残っている感じです。

<心礎>
備前国分寺跡2.jpg

<国分寺跡>
備前国分寺跡3.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html



posted by 南行 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇喜多直家国とりはじまりの地・乙子城址  (岡山県岡山市)

岡山市にある「宇喜多直家国とりはじまりの地」に行ってきました。

<宇喜多直家国とりはじまりの地>
宇喜多直家国とりはじまりの地.jpg
住所:岡山県岡山市東区乙子
駐車場無し

<乙子城について>
宇喜多直家国とりはじまりの地2.jpg

<乙子城>
宇喜多直家国とりはじまりの地  乙子城址.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
岡山市にある「宇喜多直家国とりはじまりの地」の碑を見に行ってきました。
ここは乙子城という城がある場所で、宇喜多直家が天文13年(1544年)、備前の
守護大名赤松晴政との合戦に初陣し武功をたて、宗景より最初に任された城である
と伝えられています。
宇喜多直家は数々の謀略でのし上がり、主君である浦上氏から備前国を奪う事に
成功します。
そんな下克上のスタート地点がこの乙子城。国とりはじまりの地と言えます。
最近、この石碑が出来たようです。あまり観光地って感じではありません。

駐車場はありませんが、碑の道路向かいに停めておける様なスペースがあるので、
そこに停めて碑を見学してきました。

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇喜多與太郎神社    (岡山県玉野市)

玉野市にある宇喜多與太郎神社に行ってきました。

<宇喜多與太郎神社>
宇喜多與太郎神社.jpg
住所:岡山県玉野市八浜町大崎2764
駐車場あり(無料)

宇喜多與太郎神社に行ってきました。
ここは柳畑の戦いで討ち死にした宇喜多與太郎基家を祀った神社です。
宇喜多基家は柳畑の戦いで足を負傷、その後敵に討たれます。
地元の人達は基家を祀る神社を建立。
現在は足腰の病気を治す神さまとして、信仰を集めています。

小さな神社で、神社のとなりに與太郎せんべいの店がありました。
あいにく年末という事もあり、せんべい屋さんはお休みでした。

宇喜多與太郎神社2.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html



posted by 南行 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳畑古戦場    (岡山県玉野市)

玉野市にある柳畑古戦場跡に行ってきました。

<柳畑古戦場>
柳畑古戦場跡.jpg
住所:岡山県玉野市八浜町大崎1250−56
駐車場無し

<柳畑の戦いについて>
柳畑古戦場跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
八浜合戦の緒戦となった戦いが柳畑の戦いで、その古戦場です。
宇喜多直家の死を好機ととらえた毛利氏は、穂井田元清を総大将に常山城に進軍
しました。
秀吉の傘下に入っていた宇喜多氏は、宇喜多基家を総大将に迎え撃ちます。

柳畑での激戦のすえ、宇喜多基家は討ち死に。宇喜多勢は八浜城に籠城して秀吉
の援軍を待つ事になります。

柳畑の古戦場にはその戦死者を供養する供養塔が建てられています。
駐車場は無いので、路駐してささっと見学しました。

<現地の風景>
柳畑古戦場跡3.jpg

柳畑古戦場跡4.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

古戦場めぐり
http://rover.seesaa.net/article/159539121.html





posted by 南行 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする