2022年05月08日

常楽寺・神吉城址   (兵庫県加古川市)

加古川市にある常楽寺・神吉城址に行ってきました。

<常楽寺>
常楽寺.jpg
住所:兵庫県加古川市東神吉町1413
駐車場あり

常楽寺2.jpg

<常楽寺・神吉城址について>
常楽寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
神吉城址に行ってきました。
ここはかつて神吉城というお城があり、秀吉の播磨攻めに際しこの城に籠もった
神吉頼定は2000の兵で秀吉軍と激戦を演じますが、最後は秀吉方の調略による
裏切りにより暗殺され、神吉城も落城しました。

今は城の気配は感じませんでした。境内に秀吉と戦った神吉頼定の墓がありました。

<神吉頼定の墓>
常楽寺 神吉頼定の墓.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

令和4年GWの旅

令和4年5月3日〜5月5日で旅に出ておりました。
今回の旅の目的地は福井。久しぶりに永平寺に行く事と、続100名城の
国吉城攻略を主たる目的に設定しました。
あとは、考えてるところはありますが、行き当たりばったりで行こうとい
う事で出陣しました。

<前日:5月2日>
仕事から帰り、20時半過ぎに出発。
圏央道入間ICから高速に乗り、中央道・長野道と走り松本ICで降ります。

後で発覚するのですが、ここでミスを犯しました。
今回のGWは高速道路の休日割引が適用されません。それは自分も重々承知
です。なので、夜間割引を使うべく考えていました。

にもかかわらず、松本ICを23時53分に出てしまいました。
0時過ぎにICを出なくてはいけなかったのに・・・・(>_<)
IC出るあたりで、深夜割引の件が頭から完全に抜け落ちてました。
1500円位損しました。無念です。

道の駅風穴の里で車中泊

<1日目:5月3日 天気・晴れ>
朝6時に出発します。天気も良好。
安房トンネルを越えて岐阜県へ。平湯峠は寒く、車の気温計は1.5度。
本当に寒かったです。まだ雪も残ってるし。

高山の吉野家で朝食。

荘川桜訪問(あいにく既に葉桜でした)

福井県へ

仏御前の滝

永平寺参拝
01永平寺.jpg
前回の訪問は平成9年。25年ぶりの永平寺です。
さすがに20年以上あくと全然覚えてないものですね。初訪問の様な新鮮さ。

福井市のレストランアルタで昼食。
02アルタ 昼食.jpg
オムライスです。本当は事前情報で、この店にご当地グルメ・ボルガライスがある
という事だったのですが、あいにく無し。
でもまあオムライスもおいしかったので良しとしましょう。

御誕生寺訪問
03御誕生寺.jpg
予想外でびっくりしたのが御誕生寺。
この寺、ネコの寺として最近雑誌とかでも取り上げられる寺。
軽い気持ちで行ったところ、GWという事もあり、ものすごい観光客!
こんな一大観光地だったとは(笑)

お坊さんがネコにエサをやるんですけど、皆で写真撮ったり盛り上がって
ました。

玄蕃尾城訪問
訪問予定では無かったんですけど、成り行きで訪問。続日本100名城。
賤ヶ岳の戦いの折、柴田勝家が陣をしいた山城です。

この日の観光は終了。

宿は敦賀のマンテンホテルです。
夜は敦賀の町で飲み。
炉端焼き勇吉さん訪問です。
06ろばた勇吉.jpg
こんな感じの渋い居酒屋。
この店、地元の方を相手にしてる居酒屋と見ました。
旅人としては地酒や郷土料理を期待するところですが、あまりそういうものは
見当たらず。
ただ、刺身の盛り合わせなどコスパは最高に良かったです。
04敦賀勇.jpg
こちら1500円の刺身盛り合わせ。盛りの多さと鮮度に驚きました。
とてもおいしかった〜。

マンテンホテルに戻り、夜食のラーメンです。
05マンテンホテル夜食.jpg
前回泊まった時に食べなかったので、今回はと思ってました。
無料サービスです。

敦賀という町は、夜の屋台ラーメンが有名な町。そんな事もあり、マンテンホテル
では夜食ラーメンを提供しているものと思われます。さっぱりして、飲んだ後の
シメラーメンに最高です。

<2日目:5月4日 天気・晴れ>
朝、マンテンホテルを出るとすぐ目の前で工事が行われています。
07敦賀駅.jpg
目の前の工事は、北陸新幹線の敦賀駅の工事です。何でも来年末には敦賀まで開通
との事。今追い込み工事中って感じでした。

朝一で、気比神宮参拝。
赤レンガ倉庫訪問。

ここから蘇洞門巡りに向かいます。敦賀から40数キロ。小浜へ。
知床の事件の件もありますが、観光船好きとしては観光船に乗ります。
逆にこういう時期だからこそ、安全への意識が高まっているものと思いますし。

08蘇洞門遊覧船.jpg
蘇洞門巡り、最高に良かった。有名な観光地ですが、初訪問でした。

三方五湖訪問
三方五湖.jpg
こちらも初訪問の三方五湖です。
レインボーラインを上り、更に山頂公園にリフトで登りました。
天気良かったですし、ここも景色最高!
GW、しかも天気が良いとう事で、当然激混みです。
リフトは20分位待ちました。ただ、自分が帰ってきた時には行列は更に
伸び、またここに向かう車の渋滞が激しくなっていましたので、タイミング
的には良かった感じでした。

国吉城登城
続100名城の国吉城を登城しました。観光客なんているの?って思ってまし
たが、結構大勢人が来てました。山城は片道20〜30分ほどの山登り。
結構疲れました(^^;

佐柿の町並み散策
小次郎公園訪問

加賀山中温泉 お祝いの宿泊

<3日目:5月5日 天気・晴れ>
最終日です。この日は帰りながら観光します。

まずは燃料補給。家を出てから既に700キロを超えています。
車の燃料残量は12リッター(車アプリ情報)
航続可能距離は、まだ200キロちょいを示していますが、少なく
なると心配なので、給油します。

小松市内での軽油は137円でした。ここで満タンに。
一昨年は100円切ってた事を考えると軽油の価格もあがりました。
地元川越で出発前に入れた時は127円です。地元は何故か安い。

鳥越城訪問(続日本100名城)
一向一揆歴史館訪問
10一向一揆歴史館.jpg
加賀の一向一揆についての歴史館です。鳥越城についての解説や出土品の
展示もあります。

道の駅巡りなど合間合間にしております。
鳥越から更に南にある道の駅瀬女訪問。とちのみソフトクリームを食べ
ました。

野田山墓地訪問。前田利家の墓等参拝

ここで13時位。金沢なので金沢カレーを食べようと、カレーの市民アルバ
に行ったのですが、なんとお休み(>_<)
自分の進むルート沿いに何か店があれば良かったのですが、あいにく
ゴーゴーカレーしかなく、ゴーゴーなら職場の近くにありあえて行く必要無
いなという事で見送り。

金沢市郊外のトラットリア・アルベロというお店でピザを食べる事に。
11ピザ.jpg
これはこれでおいしかったです。

光徳寺訪問
12光徳寺.jpg
棟方志功が戦争寺に疎開していたというお寺。棟方志功の作品が展示されて
いました。

寺家新屋敷古館跡訪問

これで観光終了です。
今回の旅は、いろいろ数めぐるというよりは一ヶ所一ヶ所をゆっくり見る感じ
の旅でした。これからはこんな旅が良いのかなと思いました。

最後、越中八尾で17時。
国道41号線で南下し、平湯温泉を目指します。
20時半、松本市で夕食。
12山賊焼き.jpg
毎度恒例のからあげセンター訪問。松本名物「山賊焼き」です。
クリエイト・レストランツの株主優待券を使用しました。

ここで帰りの作戦を練ります。高速の休日割引はありません。
深夜割引は0時過ぎにICを通過すれば適用されます。
なるべく0時ちょうど位に川越ICを通過するべく、計算して走っていきます。

松本から国道254号線、無料化した松本トンネル・三才山トンネルを東へ。
平井寺トンネルを抜け上田へ。
上田から浅間サンライン(広域農道)を爆走。
碓井軽井沢ICから上信越道へ。

0時10分川越IC通過で無事深夜割引適用されました。
ほぼほぼ計画通りの走行です。
車の走行距離は往復約1200キロ。オンボードコンピューター上の燃費は
21.5キロとなりました。

GWではありますが、渋滞には一度もはまらず快調に行って帰ってきました。
渋滞にはまると疲れますからね。

posted by 南行 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

高砂今津町の町並み  (兵庫県高砂市)

高砂市の今津町の町並みを散策しました。

<今津町>
高砂今津町.jpg
住所:兵庫県高砂市高砂町今津町
駐車場無し(高砂神社に停めてしばし散策しました)

<今津町について>
高砂今津町6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高砂神社を参拝したあと、今津町の町並みを散策しました。
今津町は江戸時代に姫路藩主本多忠政によって整備された町で、海運を中心に
栄えた様です。
現地に河合耆三郎生誕の地という解説の碑がありました。

<河合耆三郎生誕の地>
高砂今津町7.jpg
河合耆三郎は新選組で勘定方を務めた人物。資金の不正疑惑で切腹させられており
ます。

今津町は規模は小さいですが、昔ながらの町屋などが残り雰囲気は良かったです。
高砂今津町2.jpg

高砂今津町3.jpg

高砂今津町4.jpg

高砂今津町5.jpg

高砂今津町9.jpg

高砂今津町8.jpg
港の遺構です。

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

新撰組関連の史跡
http://rover.seesaa.net/article/26835008.html



posted by 南行 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂神社   (兵庫県高砂市)

高砂市にある高砂神社に行ってきました。

<高砂神社>
高砂神社.jpg
住所:兵庫県高砂市高砂町東宮町190
駐車場あり(無料)
境内自由

<高砂神社由緒>
高砂神社2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
神功皇后の西征は大己貴命の加護によって果たされ、その凱旋の際に、大己貴命
の「鹿子の水門(かこのみなと)に留まる」との神託を受け、神功皇后の命により
大己貴命が当地に祀られたことにより創建されたという。

豊臣秀吉は朝鮮出兵の際、この神社に参拝し先勝を祈願したそうです。
また、謡曲『高砂』の舞台の一つ。

境内には相生の松という縁結びや和合、長寿の象徴とされる松の木があります。

<相生の松>
高砂神社4.jpg

<本堂>
高砂神社3.jpg

高砂神社の場所にはかつて高砂城がありました。
高砂城址の碑が境内にあります。

<高砂城址の碑>
高砂神社 高砂城址.jpg

高砂神社 高砂城址2.jpg

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html



posted by 南行 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶴林寺    (兵庫県加古川市)

加古川市にある鶴林寺に行ってきました。

<鶴林寺>
鶴林寺.jpg
住所:兵庫県加古川市加古川町北在家424
駐車場あり(無料)
拝観料:500円

<鶴林寺について>
鶴林寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
加古川市にある鶴林寺に行ってきました。
2005年7月に一度訪問しており、16年ぶりの訪問になりました。
鶴林寺は聖徳太子が秦河勝に命じて造らせたという古刹です。
知名度的にはそこまで有名ではないですが、境内には国宝・重要文化財の建造物
が多々あり、見所満載のお寺です。

聖徳太子創建というお寺ですが、建物は一番古い物で平安時代。
平安〜江戸時代の建物が点在します。
黒田官兵衛の書状なども残り、姫路城主だった黒田氏との関係も深かった様です。

今回の旅では建物を堪能するとともに、宝物館(500円)も合わせて見てきま
した。

<本堂・国宝>
鶴林寺2.jpg

<三重塔・重文>
鶴林寺 三重塔.jpg

<常行堂・重文>
鶴林寺 常行堂(重文).jpg

<太子堂・国宝>
鶴林寺太子堂.jpg

<ウインクする十二神将>
鶴林寺 ウインク仏像.jpg
トリビアの泉で取り上げられたウインクする仏像です(笑)

令和3年〜4年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/485076712.html

国宝建造物を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21220842.html



posted by 南行 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

上籠谷のフジ    (栃木県宇都宮市)

宇都宮市の天然記念物「上籠谷のフジ」を見てきました。

<上籠谷のフジ>
上籠谷町のフジ.jpg
住所:栃木県宇都宮市上籠谷町2955
駐車場あり(無料)

<上籠谷のフジについて>
上籠谷町のフジ6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上籠谷(かみこもりや)のフジを見てきました。
宇都宮市指定の天然記念物。
個人宅にある藤の木なんですが、広い駐車場もあり、無料で一般公開されています。
樹齢は120年ほどとの事です。

令和4年4月30日現在、ちょうど見頃を迎えていました。
GW中くらいは綺麗な花を見る事が出来そうです。

<上籠谷のフジ>
上籠谷町のフジ3.jpg

上籠谷町のフジ5.jpg

上籠谷町のフジ4.jpg

上籠谷町のフジ2.jpg

上籠谷町のフジ7.jpg

上籠谷町のフジ8.jpg



posted by 南行 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

知床遊覧船

最近、いろんな場所で観光船に乗っている自分。
知床観光船の事故、ただただ驚いてニュースを見ています。

知床にも過去2回行っていて、観光船に乗っています。
1回目は「おーろら」っていう大型船に。

2回目・平成21年には小型船に乗った記憶がありました。
改めて自分の写真フォルダを見たところ、なんとびっくり、2回目に
乗ったのは今回事故を起こした知床遊覧船の船でした。

知床遊覧船.jpg

今回の事故はKAZU Iという船の様ですが、自分が乗っていたのは
KAZU IIIという更に小さい船でした。

<KAZU III>
知床遊覧船4.jpg

知床遊覧船2.jpg

小型船の良いところは岩場に接近出来る事。知床の険しい岩場、そして岩場から
海に流れ落ちる滝を近くから見ることが出来たのはとても良い想い出です。

知床遊覧船3.jpg
KAZU IIIから見たフレペの滝。

知床遊覧船5.jpg

しかし、今回みたいな危険もはらんでるって事なんですよね。
今回の事故はどんな原因かまだ分からないので、何とも言えませんが、やるせない
気分です。

1人でも助かってほしいと切に願うところです。

posted by 南行 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする