2018年02月28日

猿島    (神奈川県横須賀市)

横須賀にある無人島、猿島に行ってきました。

<猿島>
猿島3.jpg
住所:神奈川県横須賀市猿島
船往復料金:1300円 猿島公園入園料200円
船の料金はJAF割引があります。

<猿島について>
猿島9g.jpg

明治政府は、東京湾の防衛を強化する目的で明治14年にフランス軍事顧問団の
支援を受け猿島砲台を構築しました。カノン砲6門を配備しています。

猿島9e.jpg
関東大震災で被災しますが、その後海軍に移管。太平洋戦争時には防空砲台が建設
されました。
猿島砲台は、当初の姿を良好にとどめており、平成27年に国指定の史跡となりま
した。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
初めて猿島に行ってきました。天空の城ラピュタの廃墟の様な風景が残って
いるとネットで話題になっていたので、いつか行きたいと思っていました。

戦艦三笠のある三笠公園から猿島行きの船が出ています。
近隣の駐車場は駐車料金がとても高いです。なので、YOKOSUKAポートマーケットの
駐車場に停めて行くのがお勧めです。
YOKOSUKAポートマーケットで食事なり、買い物をすれば金額によって駐車料金の
割引があるからです。
僕もここで昼食をとってから向かいました。横須賀という事で、横須賀海軍カレー
です(^-^)
海軍カレー.jpg

海軍カレーを食べてから船乗り場に向かいます。行ってびっくり大行列(゜Д゜)
乗れるか心配になりました。船は1時間に1本なので、乗れなければ1時間待
たなくてはなりません。
あせりましたが、船は意外に人数乗れる船でした。
100人以上は乗ってる感じでした。猿島人気を侮ってましたね。

猿島.jpg

出航です。

猿島2.jpg
1.7キロ先の猿島まで10分ほどの船旅です(^-^)

猿島上陸。猿島側から見た横須賀方面の景色です。
猿島9f.jpg

続きます。

続きを読む
posted by 南行 at 22:57| Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芳徳禅寺      (奈良県奈良市)

奈良市にある芳徳禅寺に行ってきました。

<芳徳禅寺>
芳徳禅寺2.jpg
住所:奈良県奈良市柳生下町445
駐車場無し(市営有料駐車場を利用)

<芳徳禅寺について>
芳徳禅寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
奈良市の柳生の里にある芳徳禅寺に行ってきました。
ここに行くのは今回で2回目です。まあ前回行ったのは15年も前の話なので、
初訪問同様な感じでした。

芳徳禅寺は柳生宗矩による開基、沢庵和尚による開山のお寺で、柳生宗厳の居城で
あった柳生城の跡地に柳生宗厳の菩提を弔う為建立されました。

芳徳禅寺 石舟斎塁城跡.jpg
城跡であった事を示す「石舟斎塁城跡」の碑。

芳徳禅寺2.jpg

その後、柳生氏の菩提寺となり、柳生家の歴代の墓碑が並ぶ柳生家墓所寺の裏にあり
ます。

<柳生家墓所>
芳徳禅寺4.jpg

柳生宗厳.jpg
柳生宗厳(石舟斎)の墓

柳生家墓所.jpg
左側が柳生宗矩の墓。真ん中が柳生三厳(十兵衛)の墓です。

歴史を感じられる寺ですね〜。
とても良いんですが、こんな山の中にあるのに駐車場が無いのが残念。
市営駐車場500円位するし・・・・。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:57| Comment(0) | 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

福島正則生誕の地    (愛知県あま市)

あま市にある福島正則生誕の地に行ってきました。

<福島正則生誕の地>
福島正則生誕の地4.jpg
住所:愛知県あま市二ツ寺屋敷
駐車場無し

<福島正則について>
福島正則生誕の地3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
福島正則は桶屋を営んでいた福島正信の長男としてこの地に生まれました。
母が秀吉の叔母だった為召し出され小姓として秀吉に仕えます。
武将として活躍し、賤ヶ岳七本槍の一人として武勇をとどろかせました。
家康のもとでも活躍し、広島城主となりますが、広島城無断改築の件を咎められ改易
になります。
晩年は不遇のなか、信州高井の地で亡くなります

福島正則生誕の地には立派な碑がありました。
ただ、知る人ぞ知るというか、観光地としては紹介されていないので、知らないと
行くことは無い場所かなと思います。
興味ある方は是非行ってみてはいかがでしょう。

福島正則生誕の地2.jpg

福島正則生誕の地.jpg

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:28| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

勝幡城址 / 織田信長生誕の地  (愛知県稲沢市)

稲沢市にある勝幡城址に行ってきました。

<勝幡城址>
勝端城址.jpg
住所:愛知県稲沢市平和町城之内105
駐車場無し

<勝幡城について>
勝端城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
勝幡城に行ってきました。
今回の旅のテーマに武将の生誕の地巡りってのを入れていましたが、そのシメが
織田信長の生誕の地である勝幡城になりました。

実は信長の生誕の地って知りませんでした。てっきり那古屋城か清洲なのかと
思っていた次第で。あまり興味が無かったもので。

勝幡城は織田弾正忠家の居城で、織田家の中でも分家という事になります。
城の位置は推定の場所になりますが、日光川の堤防の下に城跡の碑がありました。

勝端城址3.jpg

また、そこから少し行った勝幡駅の北側駅前ロータリーには勝幡城のジオラマや
織田信秀、土田御前、織田信長の銅像もありました。

<勝幡城ジオラマ>
勝端城址4.jpg

<織田信秀、信長を抱く土田御前の像>
勝端城址5.jpg

勝端城址6.jpg
土田御前の顔がちょっと・・・・(^^;

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:13| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十兵衛杉      (奈良県奈良市)

奈良市にある十兵衛杉を見てきました。

<十兵衛杉>
十兵衛杉.jpg
住所:奈良県奈良市柳生下町
駐車場なし

<十兵衛杉について>
十兵衛杉2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
柳生の里にある十兵衛杉を見てきました。
柳生十兵衛ゆかりの杉の木ですが、あいにく枯れてしまっていました。

いずれ北海道のトドワラの様に風化してしまうんでしょうね。
ちと寂しい感じがしました。

平成29年〜30年 年末年始の旅
http://rover.seesaa.net/article/455939953.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:41| Comment(0) | 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【再】知念岬      (沖縄県南城市)

南城市にある知念岬に行ってきました。

<知念岬>
知念岬.jpg
住所:沖縄県南城市知念久字手堅523
駐車場あり(無料)

知念岬は沖縄本島南東部に突き出た岬で、斎場御嶽のすぐ近くにあります。
昨年も訪問したんですが、あいにくの雨で絶景の魅力は半減という状況でした。
<昨年の記事>
http://rover.seesaa.net/article/448532627.html

今年は素晴らしい景色を堪能出来ました(^-^)

知念岬2.jpg

知念岬3.jpg

知念岬4.jpg
奥に小さく見える陸地が久高島です。

知念岬5.jpg

知念岬 ニライカナイ橋.jpg
知念岬から見たニライカナイ橋です。

公園は中国人観光客であふれていました。

平成30年沖縄の旅
http://rover.seesaa.net/article/456811840.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:26| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

【再】残波岬      (沖縄県読谷村)

9年ぶりに読谷村にある残波岬灯台に行ってきました。

<残波岬灯台>
残波岬灯台.jpg
住所:沖縄県読谷村字宇座1233
駐車場あり(無料)
灯台入場料:200円

読谷村の西北端にある残波岬に行ってきました。
9年ぶりの訪問です。
前に来たときも天気が良くて、とても印象に残ってる場所です。今回は
やや雲が多い感じで風も非常に強く海の近くに寄ると波しぶきがかかる位
の状況でした。

灯台は昭和49年に作られたもので、200円で灯台の中に入ることが出来ます。
今回は中には入りませんでした。高さは約30mです。

残波岬灯台2.jpg

残波岬灯台3.jpg

<泰期像>
泰期像.jpg
残波岬にある泰期という人物の銅像です。
琉球初の進貢使として中国に5回渡った人物。商売の神様として崇められているそうです。

<残波ビーチ>
残波ビーチ.jpg
残波岬の西側にある残波ビーチにも行ってきました。
こちらは一転波も無く穏やかな海です。ちょっとの場所の違いで、こんなにも
海の様子が違うのには驚きます。
海の色も綺麗で、ここから見る残波岬灯台も良かったです(^-^)

残波ビーチ2.jpg

残波ビーチ3.jpg

残波ビーチ4.jpg

平成30年沖縄の旅
http://rover.seesaa.net/article/456811840.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

銅像めぐり
http://rover.seesaa.net/article/142026310.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:42| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする