2020年09月20日

青函トンネルメモリアルパーク  (北海道福島町)

福島町にある青函トンネルメモリアルパークに行ってきました。

<青函トンネルメモリアルパーク>
青函トンネルメモリアルパーク.jpg
住所:北海道松前郡福島町字館崎
駐車場あり(無料)

青函トンネルメモリアルパークに行ってきました。
青函トンネル開通を記念して、北海道福島町に造られた公園です。
津軽海峡を見下ろす丘の上にある公園で、現地にはいろいろな碑が建って
います。

<昭和天皇句碑>
青函トンネルメモリアルパーク5.jpg

青函トンネルメモリアルパーク6.jpg

昭和29年、台風により沈没した青函連絡船洞爺丸の犠牲者を偲んだ句碑です。
洞爺丸の事故は死者・行方不明者あわせて1155人を出す日本の海難事故で
最大のものです。
この事故が青函トンネルの建設のきっかけとなりました。

昭和39年にこの地で事業初めとなる掘削が行われた事から、メモリアルパーク
が造られました。青函トンネルの完成は昭和63年です。
僕は青森の生まれで、ギリギリ青函連絡船に子供の頃1度だけ乗ったことがあり
ます。これで年齢がバレそうな感じですが(笑)。

<駆逐艦 柳応戦の地>
青函トンネルメモリアルパーク2.jpg
メモリアルパークの一角にこんな碑もありました。
第二次大戦中、駆逐艦柳と米軍の艦載機10機との戦いがあった様です。

青函トンネルメモリアルパーク3.jpg

青函トンネルメモリアルパーク4.jpg

<対岸の竜飛岬>
青函トンネルメモリアルパーク7竜飛1.jpg
メモリアルパークからは対岸の竜飛岬がはっきり見えます。昨年は逆の
竜飛岬から福島町側を眺めてたんですけどね。

青函トンネルメモリアルパーク7竜飛2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:46| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

箱館戦争降伏之地 / 亀田八幡宮  (北海道函館市)

函館市にある亀田八幡宮に行ってきました。

<亀田八幡宮>
箱館戦争降伏の地(亀田八幡宮).jpg
住所:北海道函館市八幡町3−2
駐車場あり(無料)
境内自由

函館の朝市で朝食を食べた後、フェリーの時間まで少し時間があったので
亀田八幡宮に立ち寄りました。
ここは、箱館戦争降伏之地。新政府軍と旧幕府軍はこの地で降伏に関する
誓約を結んだという事です。
境内には箱館戦争降伏式之地という碑がたっています。

<箱館戦争降伏式之地>
箱館戦争降伏の地.jpg

箱館戦争降伏の地2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:30| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山千春ギャラリー  (北海道足寄町)

北海道足寄町にある松山千春ギャラリーに行ってきました。

<松山千春ギャラリー>
道の駅あしょろ.jpg
住所:北海道足寄郡足寄町北1条1丁目
駐車場あり(無料・道の駅あしょろ)

道の駅あしょろの中にある松山千春ギャラリーに行ってきました。
実は今回の旅で行きたいと思っていた場所がありました。
池田町にあるドリカムに関する資料を展示したDCTgarden IKEDAに行こうと
思ってました。
前日、阿寒湖温泉に泊まりながらDCTgarden IKEDAの営業時間を調べていたところ
衝撃の事実が。何と火曜日が定休!明日火曜じゃん・・・。
北海道を回るルートは考えてたんですけど、DCTgarden IKEDAの休みまでは考慮に
入ってませんでした(>_<)

やむなく阿寒湖から帯広に向かって走っていて、途中道の駅あしょろに立ち寄りまし
た。足寄と言えば松山千春か鈴木宗男かというところ。
道の駅の前に松山千春の碑を発見。
松山千春ギャラリー.jpg

これ見て、そういや松山千春って足寄だよな〜って思い出しました。
中に入ったらミニギャラリーがありました。
ドリカムの予定が松山千春になりましたが、といりあえず見学です(^-^)

松山千春ギャラリー2.jpg

松山千春ギャラリー3.jpg

無料で見る事が出来る施設です。昔のLPのジャケットとか展示されています。
僕は松山千春世代ではないので、正直曲はあまり知りません。

松山千春ギャラリー4.jpg
若い頃は格好良いですね〜。髪の毛あるし(^^;

松山千春ギャラリー5.jpg
自分の中では、松山千春と言えばここ松山千春なもので(^^;

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:54| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シオワッカ公園  (北海道足寄町)

足寄町にあるシオワッカ公園に行ってきました。

<シオワッカ公園>
シオワッカ公園.jpg
住所:北海道足寄郡足寄町上螺湾394
駐車場あり(無料)

<シオワッカについて>
シオワッカ公園2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
シオワッカ公園に行ってきました。
シオワッカとはアイヌ語の「シモチク・ワッカ」(飲料不適な毒水)から来ている
言葉と言われています。
流れる温泉水の中に含まれる炭酸カルシムが長い年月をかけて固まっていったも
のです。

シオワッカ公園3.jpg

写真だけだとよく分からないですが、石灰華の上を水が常に流れている感じです。
なので、石灰華は今も成長し続けているんだなと思われます。

以前、岩手県にある夏油温泉石灰華を見てきましたが、こことは少し違う雰囲気
でした。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 20:20| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンネトー  (北海道足寄町)

足寄町にあるオンネトーに行ってきました。

<オンネトー>
オンネトー.jpg
住所:北海道足寄郡足寄町茂足寄
駐車場あり(無料)

オンネトーとはアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味。
足寄では神秘の湖と言われ、五色に水の色が変化することから五色沼とも
言われているそうです。

行ってみて、非常に良かったです。
まわりの雰囲気もとても閑で、水のせせらぎだけが聞こえます。
まだ朝早いこともあり、涼しい風がふいてましたし、こんなところで避暑
したら良いだろうなと思える場所でした。

火山の噴火でせき止められて出来たオンネトーの水は酸性で、魚は住んで
いないそうです。

オンネトー2.jpg

オンネトー3.jpg
この水の色が本当に綺麗!

オンネトー4.jpg

オンネトー5.jpg

オンネトー6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 18:57| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梶原平馬の墓を参拝  (北海道根室市)

根室市にある西浜墓地で梶原平馬の墓を参拝しました。

<梶原平馬の墓>
梶原平馬の墓.jpg
住所:北海道根室市西浜町3丁目
駐車場あり(無料)

根室市の西浜墓地で梶原平馬の墓を参拝しました。
梶原平馬は幕末の会津藩家老。
戊辰戦争で鶴ヶ城籠城戦を戦い抜き、斗南藩に出仕しますがすぐに辞職。
後妻である水野貞の北海道での仕事に付き添い北海道に渡り、根室県庁の
職員として働いていた様です。
明治22年に根室で亡くなり、西浜墓地に葬られました。

幕末の会津藩は西郷頼母、萱野権兵衛、神保修理とか歴史的に有名な家老が
何人かいますが、梶原平馬はあまり知名度が高くありません。
主に内政に力を発揮した人物だそうです。
僕も大河ドラマ『八重の桜』で初めてこの人物の事を知りました。
八重の桜では池内 博之さんが梶原平馬役を演じました。

<梶原平馬の墓>
梶原平馬の墓3.jpg

梶原平馬の墓2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 13:00| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クジラの見える丘公園   (北海道羅臼町)

羅臼町にあるクジラの見える丘公園に行ってきました。

<クジラの見える丘公園>
クジラの見える丘公園.jpg
住所:北海道目梨郡羅臼町共栄町
駐車場あり(無料)

羅臼町にあるクジラの見える丘公園二行ってきました。
羅臼の市街地から車で10分位。羅臼灯台のある丘の脇に公園が
あります。

<羅臼灯台>
クジラの見える丘公園3.jpg

公園と言っても、展望台があるだけです。
ここは高台から海面に浮上してくるクジラを見る事が出来るという
展望台。時期的には8月〜9月の14時〜夕暮れくらいが一番見る
確率が高いとの事です。

クジラの見える丘公園2.jpg

一応目をこらして探していっましたが、あいにく見つからず。
クジラを見るならば双眼鏡とかあると良いかと思います。

一応景色だけ眺めてきました。
クジラの見える丘公園4.jpg

クジラの見える丘公園5.jpg

クジラの見える丘公園6.jpg
対岸に見える島は北方領土の国後島。本当に近いです。

位置関係はこんな感じです。
クジラの見える丘公園7.jpg

羅臼の市街に近い方に羅臼国後展望台ってのがありますが、どちらの展望台から
も国後島が間近に見えます。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:02| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽藩シャリ陣屋跡   (北海道斜里町)

斜里町にある津軽藩シャリ陣屋跡に行ってきました。

<津軽藩シャリ陣屋跡>
津軽藩斜里陣屋跡.jpg
住所:北海道斜里郡斜里町前浜町3−9
駐車場なし

<シャリ陣屋跡について>
津軽藩斜里陣屋跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
津軽藩シャリ陣屋跡に行ってきました。
幕末の1804年、幕府により北方防備を命じられた津軽藩が設置した陣屋跡
です。
この時期ロシアを中心に外国船の接近が多発しており、それに対応すべく幕府が
東北諸藩に蝦夷地の防備を固めさせました。
北海道には他にも南部藩や仙台藩の陣屋が設置されました。

斜里の気候風土は寒さに慣れている津軽藩士でも厳しいもので、多くの死者を
出す事になりました。
今は陣屋の痕跡はまったくありませんでした。
仮設駐車場みたいなところに碑だけが建っていました。
津軽藩斜里陣屋跡3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:23| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙展望台  (北海道清里町)

北海道清里町にある宇宙展望台に行ってきました。

<宇宙展望台>
宇宙展望台.jpg
住所:北海道斜里郡清里町字江南
駐車場あり(無料)

清里町にある展望台です。名前が気になって立ち寄ってみました。
ここからは清里町の農村景観が一望出来ます。

名前の由来は夜になると絶景の星空をながめる事が出来るからという
事の様です。

今回は早朝の訪問。東側に斜里岳が見え農村風景を堪能してきました。

宇宙展望台2.jpg

宇宙展望台3.jpg

宇宙展望台4.jpg

宇宙展望台5.jpg

宇宙展望台6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:56| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

北浜駅   (北海道網走市)

網走市にあるJR北浜駅に行ってきました。

<北浜駅>
北浜駅.jpg
住所:北海道網走市字北浜無番地
駐車場あり(無料)

JR北浜駅に行ってきました。
ここは流氷に一番近い駅と言われる駅です。
駅舎の中に「停車場」というレストランがあり、以前雑誌で紹介されて
いたので,出来れば停車場で食事したいなと思っていました。

今回旅の行程上、早朝の訪問になった為停車場での食事は出来ませんでした。
駅舎の見学とそこからの風景を眺めてきました。

北浜駅2.jpg

北浜駅3.jpg
駅舎の中はいろんな人の名刺で埋め尽くされていました。
自分も名刺貼っておこうかなと思ったんですが、持ってきてませんでした(>_<)

北浜駅4.jpg

北浜駅には景色を眺める展望台みたいなのがあります。
冬はここから流氷が見えるかと思うと、その時期に来てみたいなと思ったり
しました。

北浜駅5.jpg

北浜駅6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:31| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北見神威岬   (北海道枝幸町)

北見神威岬に行ってきました。

<北見神威岬>
北見神威岬公園.jpg
住所:北海道枝幸郡枝幸町
駐車場あり(無料)

<北見神威岬について>
北見神威岬公園5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北見神威岬に行ってきました。オホーツク海につき出した岬です。
名前は北見神威岬なんですが、場所は北見からは結構離れています。
道北の枝幸町と浜頓別町にまたがる様な形であります。

冬には流氷が接岸するエリア。道南の積丹半島にも神威岬がありますが、そちらと
区別するために北見神威岬という名前になったそうです。

岬の南側に北見神威岬公園があります。ここはかつてアイヌのチャシがあった場所
です。ウバトマナイチャシというチャシです。
北見神威岬公園3.jpg

北見神威岬公園2.jpg

北見神威岬公園4.jpg

岬の先には昭和37年に造られた北見神威岬灯台があります。
北見神威岬公園7.jpg

北見神威岬公園6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 22:37| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

いっぽんの道展望スポット  (北海道清里町)

清里町にあるいっぽんの道展望スポットに行ってきました。

<いっぽんの道展望スポット>
一本の道.jpg
住所:北海道斜里郡清里町字江南
駐車場無し

清里町にあるいっぽんの道展望スポットです。
北海道にこういう展望スポットは何ヶ所かあるみたいです。
北海道の広さを実感出来る展望台ですね。
オホーツク海まで続く約15キロの一本道です。
壮観ですね〜。北海道は本当に広いなと(・o・)

一本の道2.jpg

一本の道3.jpg

一本の道4.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 22:23| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローバーの丘   (北海道浜頓別町)

北海道浜頓別町にあるクローバーの丘に行ってきました。

<クローバーの丘>
クローバーの丘.jpg
住所:北海道枝幸郡浜頓別町字安別
駐車場あり(無料)

浜頓別のクローバーの丘に行ってきました。
国道238号線(オホーツクライン)から西側に反れ、数キロ丘の上に
走った場所にある展望台です。
ここからはクッチャロ湖を眺め下ろし、そのまわりには草原が広がっています。

クローバーの丘2.jpg
幸福の鐘というのがありました。この草原で四つ葉のクローバーを見つけ、この
鐘を鳴らすと幸せになれるそうです。

全然知らない場所だったんですが、とても良い場所でした。
穴場的な観光名所かなと思います。

クローバーの丘3.jpg

クローバーの丘4.jpg

クローバーの丘5.jpg

クローバーの丘6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 21:54| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

インディギルカ号遭難者慰霊碑 (北海道猿払村)

北海道猿払村にあるインディギルカ号遭難者慰霊碑を見てきました。

<インディギルカ号遭難者慰霊碑>
インディギルカ号遭難者慰霊碑.jpg
住所:北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別
駐車場あり(無料)

<慰霊碑について>
インディギルカ号遭難者慰霊碑2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
インディギルカ号遭難者慰霊碑を見てきました。
道の駅さるふつ公園の道路を挟んで向かい側の海沿いにあります。
昭和14年に遭難したソ連船インディギルカ号の犠牲者の慰霊碑です。

遭難した船の人々を地元猿払の人達が救助。400人以上を救助しましたが、
700人以上の死者を出す大事故になりました。

こういう外国船の救助の話で有名なのはオスマントルコの軍船エルトゥールル号の
救助の話ですかね。これは現在の日本とトルコの友好の大きな話だったりします。

同じ様にソ連船の乗客の救助をしていたというのは全然知りませんでした。
こうやってソ連船の人を助けたのに、日ソ中立条約を破って日本に侵攻したスターリ
ンは恐るべしという感じです。
このインディギルカ号はソ連の政治犯の輸送船だったという事情もあった様ですが。

<インディギルカ号遭難者慰霊碑>
インディギルカ号遭難者慰霊碑3.jpg

<現地の風景>
インディギルカ号遭難者慰霊碑4.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:58| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊能忠敬 北海道測量開始の地 (北海道福島町)

北海道福島町にある伊能忠敬北海道測量開始記念公園に行ってきました。

<伊能忠敬北海道測量開始記念公園>
伊能忠敬測量開始の地.jpg
住所:北海道松前郡福島町字豊浜68−3
駐車場あり(無料)

伊能忠敬北海道測量開始記念公園に行ってきました。
西暦1800年、伊能忠敬は北海道に渡り大規模な測量作業を行いました。

本当は函館に上陸してそこから測量を始める予定だったのが、天候の関係
で西側の福島町の吉岡に上陸。ここから測量を始めることになりました。
ここからスタートし、道東の厚岸の方まで測量をしたというのですから、
ものすごい距離です。googlemapで距離はかったら667キロありました。

そんな大測量のスタート地点が公園になっていて、伊能忠敬の銅像と解説板
がありました。

<伊能忠敬像>
伊能忠敬測量開始の地2.jpg

<解説>
伊能忠敬測量開始の地3.jpg

<現地の風景>
伊能忠敬測量開始の地4.jpg

この北海道南岸の測量があり、20年後弟子の間宮林蔵により北海道全体
の測量及び地図が完成するという歴史の流れですね。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 13:53| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊富の大牧草地牧場   (北海道豊富町)

北海道豊富町にある豊富の大牧草地牧場に行ってきました。

<豊富の大牧草地牧場>
豊富の大牧草地.jpg
住所:北海道天塩郡豊富町字福永
駐車場(随所にあり)

豊富の大牧草地牧場に行ってきました。
豊富温泉から北に向かうサロベツリフレッシュロードという道路沿いに
大規模牧草地が広がっています。

豊富〜稚内にかけて牧草地が広がっています。
僕も以前、稚内の宗谷岬牧場の大規模牧草地に行ったんですが、その規模の
大きさに感動した覚えがあります。
日本とは思えない風景。こんな牧草地があるんだって衝撃を受けました。

豊富の牧草地もそれに匹敵する大牧草地。ここではかつてNHKの歴史ドラマ
『坂の上の雲』のロケも行われたそうです。

10数キロにわたる道路沿いの牧草地。随所に展望スポットがあり、景色を
堪能してきました(^-^)

<豊富の大牧草地牧場>
豊富の大牧草地2.jpg

豊富の大牧草地5.jpg

豊富の大牧草地8.jpg

豊富の大牧草地6.jpg

豊富の大牧草地7.jpg

豊富の大牧草地4.jpg

豊富の大牧草地3.jpg

豊富の大牧草地9.jpg

豊富の大牧草地9a.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 13:32| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サロベツ原野幌延ビジターセンター  (北海道幌延町)

幌延町にあるサロベツ原野幌延ビジターセンターに行ってきました。

<サロベツ原野・幌延ビジターセンター>
サロベツ原野(幌延ビジターセンター).jpg
住所:北海道天塩郡幌延町字下沼
駐車場あり(無料)

サロベツ原野幌延ビジターセンターに行ってきました。
サロベツ原野は、幌延町・豊富町にまたがって広がる原野で、名前の由来は
アイヌ語でサラオペッ(芦原にある川)という意味です。

幌延ビジターセンターはサロベツ原野の南側にあります。
サロベツ原野(幌延ビジターセンター)5.jpg
いかにも原野って感じの風景が広がります。

幌延ビジターセンターには展望台があり、高いところから原野を眺める事が
出来ます。

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)2.jpg
ビジターセンターの裏に長沼という沼があり、ここのまわりに遊歩道があります。

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)3.jpg

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)4.jpg
南側には牧草地かな。芝を巻いたロールみたいなのがあり、北海道だな〜って
いう風景です。

展望台を見た後、長沼のまわりの遊歩道を歩きました。
サロベツ原野(幌延ビジターセンター)6.jpg
木道が整備されています。野鳥も多そうな感じ。
野生の鹿も出るそうですが、この日は姿が見えませんでした。

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)7.jpg
長沼です。

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)8.jpg
水も綺麗です。何か魚もいるんでしょうかね。

サロベツ原野(幌延ビジターセンター)9.jpg
木道沿いにはハナショウブが自生していて、ちょうど花を咲かせていました。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:56| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北緯45度通過点モニュメント  (北海道幌延町)

幌延町にある北緯45度通過点モニュメントを見てきました。

<北緯45度通過点モニュメント>
北緯45度のモニュメント.jpg
住所:北海道天塩郡幌延町
駐車場あり(無料)

道道106号、この辺は宗谷サンセットロードって言うのかな、その通り
沿いにあるモニュメントです。
日本各地北緯○○度の碑みたいなのは何ヶ所かありますが、その一つって
感じです。

<北緯45度通過点モニュメント>
北緯45度のモニュメント2.jpg
こちらがモニュメントです。

北緯45度のモニュメント  利尻富士.jpg
モニュメントの後ろには日本海と利尻富士。

北緯45度のモニュメント3.jpg
道路側には風力発電の風車が並んでいます。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:59| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本最北の水田   (北海道遠別町)

遠別町にある日本最北の水田に行ってきました。

<日本最北の水田>
日本最北の水田.jpg
住所:北海道天塩郡遠別町字字清川114
駐車場あり(無料)

日本最北端の水田に行ってきました。
ここも車で走っていて案内が出ていた為立ち寄った場所です。

以前、稚内の宗谷岬でトイレ入ったときに、これが日本最北の
公衆トイレだなと思って入った事がありましたが、何でも日本最北
ってやればそこが名所になってしまいそうな気がしました(笑)
水田最北端も駐車場も解説板もあり、見学出来る様になっています。

日本最北の水田2.jpg

日本最北の水田3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:24| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道命名の地  (北海道音威子府村)

音威子府村にある北海道命名の地に行ってきました。

<北海道命名の地>
北海道命名の地.jpg
住所:北海道中川郡音威子府村字物満内
駐車場あり(無料)

音威子府の駅前を出て国道40号線を稚内に向かって走っている時に
偶然発見したのがここです。
「北海道命名之地」とあります。
国道40号から脇道に反れて数百メートル走ったところに駐車場があり
ました。

熊が出る注意書きがある中、ややビビりながら天塩川沿いに出ます。
すると上にある北海道命名之地という木の碑があります。

北海道命名の地2.jpg

北海道という名前は江戸時代末期〜明治時代の探検家・松浦 武四郎が当地
のアイヌの長老と会い話した事から名付けられたもので、それゆえこの地
が北海道命名之地という事になってるそうです。

北海道命名の地3.jpg

北海道命名の地4.jpg
現地はこんな感じで大自然の中って感じの場所でした。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:43| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

悲別ロマン座   (北海道歌志内市)

歌志内市にある悲別ロマン座に行ってきました。

<悲別ロマン座>
悲別ロマン座.jpg
住所:北海道歌志内市上歌1丁目1番地
駐車場あり(無料)

もともと旧住友上歌志内砿の厚生施設(映画館)だった建物で、昭和59年放映
のTVドラマ『昨日、悲別で』のロケ地にもなった建物です。
今は喫茶店が営業されてるみたいなんですが、コロナの影響もあってか、僕が
行った時には休業中でした。

悲別ロマン座5.jpg

ドラマ放映から30年以上。来客も少なくなる中、歴史ある炭鉱遺跡でもある建物
の今後が気になるところです。

悲別ロマン座3.jpg

悲別ロマン座4.jpg

悲別ロマン座2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:59| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧上砂川駅駅舎・悲別駅   (北海道上砂川町)

上砂川町にある旧上砂川駅駅舎(悲別駅)に行ってきました。

<旧上砂川駅駅舎>
上砂川駅.jpg
住所:北海道空知郡上砂川町中央北1条1丁目
駐車場あり(無料)

旧上砂川駅駅舎に行ってきました。
函館本線の支線・上砂川支線の駅でしたが、平成6年に廃駅となりました。
ただ、上砂川駅の駅舎は今でも綺麗に残されています。
中はちょっとした資料館みたいになっています。

何故にこの駅舎を残したかというと、昭和59年に放映されたTVドラマ
「昨日 悲別で」の舞台でロケ地でもあった為です。

上砂川駅8.jpg

このTVドラマ、僕は全然知りませんでした。
このドラマのエンディングテーマ曲が、かぐや姫の「22才の別れ」だった
んですね。こういう昔のドラマって、何か見てみたい気がします。

駅舎内はこんな感じでした。
上砂川駅5.jpg

上砂川駅6.jpg

上砂川駅4.jpg

上砂川駅7.jpg

悲別駅一色って感じですね。本来は上砂川駅なんですが。
ドラマ放映から30年以上たってますし、来る人も少なくなってるでしょう
けど、駅舎は是非残してほしいなと思いました。
以前行った幾寅駅(幌舞駅)も映画ロケセットが残されていたので、かぶり
ました。

上砂川駅2.jpg

上砂川駅3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 23:20| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぜるぶの丘   (北海道美瑛町)

美瑛町にあるぜるぶの丘に行ってきました。

<ぜるぶの丘>
ぜるぶの丘.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町大三
駐車場あり(無料)

美瑛の展望スポット、ぜるぶの丘に行ってきました。
ここは民間が運営している様で、大きな花畑を中心に、レストランやお土産
屋さん、野菜直売所、バギー乗り場などなどがあります。
駐車場・入場料は無料です。
夕方に行ったので店も終了、やや暗くなっていましたが、園内をぐるっと
歩いて花を見てきました。

ぜるぶの丘2.jpg

ぜるぶの丘3.jpg

ぜるぶの丘4.jpg

ぜるぶの丘5.jpg

ぜるぶの丘6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 19:02| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北西の丘   (北海道美瑛町)

美瑛町にある北西の丘に行ってきました。

<北西の丘>
北西の丘.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町大村大久保協生
駐車場あり(無料)

美瑛町にある展望スポットのひとつ、北西の丘に行ってきました。
ここにはピラミッド型の展望台と観光案内所があります。

北西の丘からは大雪山連峰が一望出来るほか、夏はラベンダー畑
が眼下に広がります。

夕方に行った事と、雲が日を遮っていたため、写真的には暗くなって
しまいました。ただ、景色は非常に良かったです。
美瑛の展望スポットの中では、一番人が多かった気がします。

<北西の丘>
北西の丘2.jpg

北西の丘3.jpg

北西の丘4.jpg

北西の丘5.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 17:50| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セブンスターの木  (北海道美瑛町)

美瑛町にあるセブンスターの木を見てきました。

<セブンスターの木>
セブンスターの木.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町字北瑛
駐車場あり(無料)

セブンスターの木を見てきました。
名前の通りですが、かつてこの木がセブンスターのパッケージデザイン
に使われたそうです。
自分自身タバコ吸わないですし、どんなものかネットで調べたんですけど
よく分からず。
分かれば「なるほど〜」って思うんでしょうけど、そこは残念でした。

美瑛にいろいろある1本名木のひとつとして見てきました。

<セブンスターの木>
マイルドセブンの木2.jpg

マイルドセブンの木.jpg

まわりの景色も良かったです。
マイルドセブンの木4.jpg

マイルドセブンの木3.jpg

マイルドセブンの木5.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 00:17| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

ケンとメリーの木  (北海道美瑛町)

美瑛町にあるケンとメリーの木を見てきました。

<ケンとメリーの木>
ケントメリーの木4.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町大久保協生
駐車場あり(無料)

美瑛町にあるケンとメリーの木を見てきました。
1972年の日産スカイラインのCMで使われたポプラの木です。

<1972年 日産スカイラインCM・地図のない旅編>


このスカイライン、CMの出演者にちなんでケンメリと呼ばれるモデルになって
います。今中古車の在庫見たら高い車両だと1000万円超の値段がついてまし
た。当時も結構売れた様です。
CMもこれだけじゃなきて、いろんなパターンがある様です。
生まれる前なので、まったく分かりませんが。

<ケンとメリーの木>
ケントメリーの木.jpg

ケントメリーの木2.jpg

ケントメリーの木3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:40| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルドセブンの丘   (北海道美瑛町)

美瑛町にあるマイルドセブンの丘に行ってきました。

<マイルドセブンの丘>
マイルドセブンの丘2.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町字美田
駐車場無し

美瑛のマイルドセブンの丘です。
googlemapの案内で現地へ。なかなか正確な場所が分かりません。

そう、他の方のブログなどの情報をもとに行ったんですが、景色が数年前とは
完全に変わってしまっていたからです。

マイルドセブンの丘.jpg
マイルドセブンの広告で使われた事からマイルドセブンの丘という名前に。

しかし、観光客が多く訪れるようになり、畑に勝手に入ったりといろいろ問題
がおこった様です。
それが原因か分かりませんが、数年前にカラマツの木が伐採されてしまったそう
です。
現地には案内板もかつてあった様ですが、僕が行った時には案内板もありません
でした。ううむ、とても残念です。
今は数本の木が残るのみとなっています。

マイルドセブンの丘3.jpg

マイルドセブンの丘4.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 13:09| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新栄の丘   (北海道美瑛町)

北海道美瑛町にある新栄の丘に行ってきました。

<新栄の丘>
新栄の丘.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町字美馬牛新栄
駐車場あり(無料)

新栄の丘7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新栄の丘に行ってきました。
美瑛を代表する展望スポットで、韓国の映画『心に吹く風』の舞台になった場所
だそうです。

景色良かったんですが、少し雲がかかってしまい、なかなか晴れてくれず、写真
がいまいちだったのが残念。
ここでソフトクリームを頂きました。

新栄の丘3.jpg

新栄の丘2.jpg

新栄の丘4.jpg

新栄の丘5.jpg

新栄の丘6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:45| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

クリスマスツリーの木  (北海道美瑛町)

美瑛にあるクリスマスツリーの木を見てきました。

<クリスマスツリーの木>
クリスマスツリーの木.jpg
住所:北海道上川郡美瑛町字美馬牛
駐車場無し

クリスマスツリーの木を見てきました。
美瑛町にはいろいろ木の名所があるんですが、そのひとつが
このクリスマスツリーの木です。

クリスマスツリーに使われる木の様な雰囲気という事でその名前がついた
様です。
個人の畑の中に木があるため、近づけませんが、道路から見てきました。

<クリスマスツリーの木>
kurisumasuturi-.jpg

クリスマスツリーの木2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 15:05| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんのファーム   (北海道上富良野町)

上富良野町にあるかんのファームに行ってきました。

<かんのファーム>
かんのファーム.jpg
住所:北海道空知郡上富良野町西12線北36号
駐車場あり(無料)
入園無料

上富良野町にあるかんのファームに行ってきました。
道道芦別美瑛線の悪路を抜け、ほっとしたところにあったのが、この
かんのファームです。
これが美瑛の風景か〜と、心穏やかになりました。
(ここの住所は美瑛ではなく上富良野でしたが)
上富良野町と美瑛町のギリギリ境にあります。

駐車場無料、入園無料なので、本当に気軽に花の風景を堪能出来ます。
お土産売り場にはご当地のソフトクリームなどいろいろあります。

<かんのファーム>
かんのファーム2.jpg

かんのファーム3.jpg

かんのファーム4.jpg

かんのファーム5.jpg

かんのファーム6.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 13:48| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突 (北海道三笠市)

三笠市にある旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突を見に行ってきました。

<旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突>
旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突1.jpg
住所:北海道三笠市本郷町
駐車場無し

<旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突について>
旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突を見てきました。
ここには明治時代、空知集治監(刑務所)があり、この場所には典獄(刑務所長)
の官舎がありました。

全体像としてはこんな感じ。
旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突4.jpg
典獄官舎は左上の小さな場所。
さらに今残ってるのはそこにあったレンガ煙突のみという感じです。
煉瓦煙突は三笠市の文化財に指定されています。
これを見て応時を偲んできました。

旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突2.jpg

旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突6.jpg

旧空知集治監典獄官舎レンガ煙突5.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 10:17| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千人塚史跡公園   (北海道三笠市)

北海道三笠市にある千人塚史跡公園に行ってきました。

<千人塚史跡公園>
千人塚史跡公園.jpg
住所:北海道三笠市柏町
駐車場無し(隣地にある柏町墓地の駐車場に停めました)

<千人塚について>
千人塚史跡公園2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
千人塚史跡公園に行ってきました。
ここは明治時代にあった空知監獄の囚人達を葬った場所です。
明治政府は囚人達に北海道の道路整備や炭鉱作業などの役務を課していましたが、
当時は囚人の労働環境など考慮されていなかったので、多くの死者が出ました。
その死者を埋葬し祀ったのがこの千人塚です。

<千人塚>
千人塚史跡公園3.jpg

1158人がここに埋葬されているそうです。
以前網走監獄に行ったときに、道路建設で多くの囚人が亡くなったという展示を
見た事があります。
そういう過酷な労働のもと北海道の道路は開かれたんだなと改めて思った次第です。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 09:56| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白糸の滝    (北海道札幌市)

札幌の奥座敷、定山渓温泉にある白糸の滝を見てきました。

<白糸の滝>
白糸の滝.jpg
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
駐車場あり(無料)

定山渓温泉の一角にある白糸の滝を見てきました。
泊まった定山渓ビューホテルから歩いて数分というところでした。
白糸の滝って日本に何ヶ所もありますが、大体おしとやかな雰囲気の
滝がほとんどなんですけど、この滝は結構豪快に流れ落ちていました。

<白糸の滝>
白糸の滝2.jpg



令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

日本の滝巡り
http://rover.seesaa.net/article/25540563.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 09:21| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

会津藩士の墓    (北海道余市町)

北海道余市町にある会津藩士の墓を参拝しました。

<会津藩士の墓>
会津藩士の墓.jpg
住所:北海道余市郡余市町美園町10−29
駐車場あり(無料)

<会津藩士の墓について>
会津藩士の墓2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
明治維新後、会津や仙台藩士らが北海道に移住し開拓をした話は数々あります。
余市町には旧会津藩士が移住し、リンゴの生産に着手し貢献したそうです。

会津の人が藩士達の慰霊の為に造ったお墓(慰霊碑)がこの会津藩士の墓です。
美園墓地の中の最上部にありました。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 14:35| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セタカムイ道路防災祈念広場  (北海道古平町)

北海道古平町にあるセタカムイ道路防災祈念広場に行ってきました。

<セタカムイ道路防災祈念広場>
セタカムイ3.jpg
住所:北海道古平郡古平町大字沖町
駐車場あり(無料)

<セタカムイ岩について>
セタカムイ2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
セタカムイ道路防災祈念広場に行ってきました。

セタカムイ岩は、帰らぬ主人を待ち吠え続けた犬の伝説によるものだそうです。

<セタカムイ岩>
セタカムイ.jpg

セタカムイ岩の目の前に豊浜トンネル事故の慰霊碑があります。

<豊浜トンネル事故慰霊碑>
豊浜トンネル慰霊碑.jpg
豊浜トンネル崩落事故は1996年におきた事故です。
このトンネル崩落事故、当時TVで救出の話を毎日やってたのを覚えています。

NHKアーカイブに映像がありました。
https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009030277_00000

衝撃的に事故でした。
セタカムイ岩はその豊浜トンネルの入口のところにある為、そこに慰霊碑が造られ
ました。
自分も車でいろいろ出かける身としては、トンネル事故は正直怖いなと思います。
今後、インフラの補修膳がどんどん必要になってくるんでしょうね。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 14:08| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円山展望台   (北海道岩内町)

北海道岩内町にある円山展望台に行ってきました。

<円山展望台>
円山展望台.jpg
住所:北海道岩内郡岩内町字野束
駐車場あり(無料)

北海道岩内町の展望スポットである円山展望台に行ってきました。
岩内町の市街地から車で20分位で着きます。
岩内温泉の温泉旅館が集まるエリアの一角にあります。

円山展望台3.jpg

円山展望台4.jpg

円山展望台5.jpg

円山展望台6.jpg
クリックすると拡大します。

ここからは岩内町内を一望出来ます。
夜景も綺麗な様です。
円山展望台2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:46| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本アスパラガス発祥の地碑  (北海道岩内町)

北海道岩内町にある日本アスパラガス発祥の地碑を見てきました。

<日本アスパラガス発祥の地>
日本アスパラガス発祥の地.jpg
住所:北海道岩内郡岩内町字高台
駐車場無し

北海道岩内町は日本でのアスパラガス生産発祥の地だそうです。
岩内出身で、東京薬学校で学んだ後地元で化学肥料の指導をしていた
下田喜久三氏が、この地での栽培に合う作物としてアスパラガスを
植え付けたのがきっかけです。

岩内はアスパラガスの生産で栄え、ホワイトアスパラガスの缶詰工場
なども建設されました。

今は、より栽培に適した喜茂別町などに大規模生産地は移っているそう
ですが、日本のアスパラガス生産発祥の地はこの岩内という事で、ここ
のその碑が建っているとの事です。

<日本アスパラガス発祥の地碑>
日本アスパラガス発祥の地2.jpg

岩内協会病院の敷地の脇に碑が建っています。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 12:16| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア軍艦アレウト号遭難慰霊碑  (北海道せたな町)

北海道せたな町にあるロシア軍艦アレウト号遭難慰霊碑に行ってきました。

<ロシア軍艦アレウト号遭難慰霊碑>
アレウト号慰霊碑.jpg
住所:北海道せたな町瀬棚区三本杉
駐車場無し

1877年、ロシア軍艦アレウト号がせたな沖で座礁し、乗組員は地元の
人達に救助されました。
その後、ロシアからの迎えの船に引き揚げる時、船に向かうボートが転覆
し12人が死亡しました。
亡くなったロシア人を慰霊する碑がこちらです。
せたな町の三本杉岩に行った時に、駐車場の向かいにあったので、見に
行ってみました。

アレウト号慰霊碑2.jpg

アレウト号慰霊碑3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 11:55| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂多津岬灯台  (北海道島牧村)

北海道島牧村にある茂多津岬灯台に行ってきました。

<茂多津岬灯台>
茂津多岬灯台.jpg
住所:北海道島牧郡島牧村字持田
駐車場あり(無料)

<茂多津岬灯台について>
茂津多岬灯台3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
茂多津岬灯台に行ってきました。
ここは、海面から灯台のてっぺんまでの高さが日本一という灯台だそうです。
一度余部灯台にぬかれたんですが、改修で再度日本一を奪還しました。

デザインもちょっとお洒落な感じの灯台です。
標高日本一灯台ですが、周りの木が鬱蒼としているせいで、周りの眺望が良くない
のが残念でした。

国道からここまでの道はかなり狭いです。
僕が行った時は、すれ違い無しで無事たどりつけましたが、前から車が来たら
すれ違い困難です。随所にすれ違い出来る場所はあります。

<茂多津岬灯台>
茂津多岬灯台2.jpg

茂津多岬灯台4.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

岬・灯台巡り
http://rover.seesaa.net/article/107423997.html

[ここに地図が表示されます]




posted by 南行 at 11:44| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荻野吟子公園   (北海道せたな町)

北海道せたな町にある荻野吟子公園に行ってきました。

<荻野吟子公園>
荻野吟子公園.jpg
住所:北海道久遠郡せたな町瀬棚区本町948−7
駐車場あり(無料)

荻野吟子は日本の女医第一号の人物。
埼玉県の妻沼(現在の熊谷市)出身。
結婚した年下の夫について北海道にわたり、せたな町で病院を開業し
ました。
北海道での功績を記念して、せたな町に荻野吟子公園が作られ、吟子
の像や顕彰碑が設置されました。

昨年、映画「一粒の麦」を見たので、ここに立ち寄ってみました。

荻野吟子公園3.jpg

荻野吟子公園2.jpg

荻野吟子公園のある場所は、かつて「せたな駅」があった場所だそうです。
その跡地である碑などもありました。

荻野吟子公園4.jpg

荻野吟子公園5.jpg
北海道の鉄道はどんどん廃止されています。
なかなか維持が難しいですね。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:20| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三本杉岩   (北海道せたな町)

北海道せたな町にある三本杉岩を見てきました。

<三本杉岩>
三本杉岩.jpg
住所:北海道久遠郡せたな町瀬棚区三本杉
駐車場あり(無料)

北海道せたな町にある三本杉岩を見に行ってきました。
せたな町は海岸沿いに奇岩が並ぶ町です。
三本杉岩はせたな町の中心からほど近い場所にある岩です。

3本の岩がそそり立ち、杉の木の様に見える事から三本杉岩と
言われます。2本は根元で繋がっていて、1本は少し離れた場所に
あります。

今回、海水浴場から撮影してきました。
三本杉岩3.jpg

三本杉岩4.jpg

三本杉岩2.jpg
海水浴場からだと、3本纏めて見えません。2本だけ。
あと、見る角度によって岩の形がまたく違って見えます。

平成20年訪問時の写真はこちらです。
三本杉岩7.jpg

いろんな角度から見ると良いかと思います。

三本杉岩6.jpg
海の色は非常に綺麗です。

三本杉岩5.jpg
人魚の像がありました。

三本杉岩 天皇陛下.jpg
天皇陛下(現上皇様)の歌碑があります。
「五年の昔禍を思ふとき 復興の様 しみてうれしき」とあります。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:51| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮪の岬    (北海道乙部町)

北海道乙部町にある鮪の岬に行ってきました。

<鮪の岬>
鮪の岬.jpg
住所:北海道爾志郡乙部町字花磯
駐車場あり(無料)

<鮪の岬について>
鮪の岬2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鮪の岬(しびのみさき)に行ってきました。
日本海につき出した柱状節理の岬です。

鮪の岬、名前が気になりました。マグロがここから見えるのか、かつてマグロが
とれた場所なのか?

調べたところ、つき出した岬がマグロの背びれの形に似ている、また、柱状節理
がマグロの鱗に似ているから鮪の岬という名前になったそうです。
岬全部、柱状節理で出来ている様です。近くで見るとその部分が見事です。
岬の上にも行ける様ですが、今回は下から見ただけにしました。

鮪の岬3.jpg

鮪の岬4.jpg

鮪の岬5.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:28| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

元和台緑地広場  (北海道乙部町)

北海道乙部町にある元和台緑地広場に行ってきました。

<元和台緑地広場>
元和台緑地広場.jpg
住所:北海道爾志郡乙部町字元和
駐車場あり(無料)

前に書いた道の駅ルート229元和台のすぐ近くにある緑地広場です。
正直道の駅の方が景色的には良いかなと思いましたが、こちらは
緑の広場の風景が特徴的でした。

元和台緑地広場5.jpg

元和台緑地広場4.jpg

元和台緑地広場2.jpg
下に見えるのは小さな防波堤に囲まれた海水浴場です。

元和台緑地広場3.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 10:43| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

道の駅ルート229元和台からの景色 (北海道乙部町)

北海道乙部町の道の駅ルート229元和台から日本海を眺めました。

<道の駅ルート229元和台>
ルート229元和台.jpg
住所:北海道爾志郡乙部町字元和169
駐車場あり(無料)

道の駅ルート229元和台から日本海を眺めました。
この道の駅は日本海に面して、しかも標高が高いので、とても景色が
良かったです。

ルート229元和台3.jpg
この景色最高に良かったです。

ルート229元和台4.jpg
南側はそんなでもないかな。

ルート229元和台5.jpg
北側遠くに変わった岩がありました。

ルート229元和台6.jpg
海が綺麗!

ルート229元和台2.jpg
モニュメントがありました。

この道の駅は夕陽の風景とか良さそうな気がします。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 16:33| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青函トンネル北の玄関口展望台  (北海道知内町)

北海道知内町にある青函トンネル北の玄関口展望台に行ってきました。

<青函トンネル北の玄関口展望台>
青函トンネル北の玄関口.jpg
住所:北海道上磯郡知内町字湯ノ里
駐車場あり(無料)

青函トンネル北の玄関口展望台に行ってきました。
たまたま近くの道の駅に寄ったときに、この展望台の事を知り立ち寄り
ました。

北海道の青函トンネルの出口はこの知内町にありました。
現地には青函トンネルから出てくる新幹線を見る為の展望台があります。
青函トンネル北の玄関口4.jpg

青函トンネル北の玄関口5.jpg
何時に新幹線が出てくるか分かる時刻表も完備です。

まあ僕は鉄道マニアではありませんので、トンネルの出口だけ見て
帰ってきました。

青函トンネル北の玄関口3.jpg

青函トンネル北の玄関口2.jpg
いろんなのがあるものですね。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 16:15| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

館の岬   (北海道乙部町)

北海道乙部町にある館の岬に行ってきました。

<館の岬>
おとべ館の岬.jpg
住所:北海道爾志郡乙部町字館浦
駐車場あり(無料)

<館の岬について>
おとべ館の岬5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北海道乙部町の景勝地、館の岬に行ってきました。
解説には東洋のグランドキャニオンとあります。どんな感じでしょうか。

おとべ館の岬3.jpg

おとべ館の岬4.jpg
地層がむき出しになった岬です。グランドキャニオンは大げさですけどね(笑)
景勝地としてはとても良い場所でした。

おとべ館の岬2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:39| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

窓岩   (北海道せたな町)

せたな町にある窓岩を見てきました。

<窓岩>
窓岩3.jpg
住所:北海道久遠郡せたな町瀬棚区島歌
駐車場無し(駐車スペース1台分くらいはあり)

せたな町の奇岩のひとつ、窓岩を見てきました。
高さ10mの岩で、下部に空洞があります。

窓岩.jpg
いろんな見え方があると思うんですけど、僕はガンダムに出てくる
モビルスーツの足の部分みたいに見えました。

窓岩2.jpg
見る角度によって、空洞部がハートみたいにも見えます。

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:11| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

土方歳三嘆きの松   (北海道江差町)

江差にある土方歳三嘆きの松を見てきました。

<土方歳三嘆きの松>
土方歳三嘆きの松.jpg
住所:北海道檜山郡江差町字中歌町112
駐車場あり

土方歳三嘆きの松3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
江差にある土方歳三嘆きの松を見に行ってきました。
この松の木、箱館戦争のおり土方歳三が沈み行く開陽丸を眺め、この松の木を
叩き嘆いたという伝説が残る松の木です。

開陽丸は幕末1867年、江戸幕府の軍艦としてオランダで造られた船です。
江戸無血開城のおり榎本武揚は開陽丸の引き渡しを拒み江戸を脱走。
箱館戦争にのぞみます。
開陽丸は江差攻略の為、江刺沖に移動しますが、1868年(明治元年)11月15日、暴風雨
に遭い、座礁・沈没しました。

旧幕府軍の主力艦である開陽丸の沈没は制海権を失う事にもなり、土方や榎本の嘆き
の大きさが分かります。

土方が叩いたせいで松の木が曲がったという俗説もあるそうです(^^;

土方歳三嘆きの松2.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

新撰組関連の史跡
http://rover.seesaa.net/article/26835008.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:13| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

旧日本軍友和トーチカ跡 (北海道根室市)

旧日本軍友和トーチカ跡に行ってきました。

<旧日本軍友和トーチカ跡>
友和トーチカ跡.jpg
住所:北海道根室市光洋町5丁目94
駐車場無し

旧日本軍友和トーチカ跡に行ってきました。
東根室の駅から納沙布岬に向かう道路から少し反れた原野の中に
友和トーチカ跡があります。2個並んでありました。

旧日本軍は米軍の侵攻に備え、根室・網走・苫小牧近郊にかなりの数の
トーチカを造った様です。
そんな中のひとつ、友和トーチカ跡です。

近くまで近づける様だったんですが、時間の関係もあり遠くから眺めた
だけになりました。本当に原野の中にポツンと佇んでいる感じ。
意外だったのは僕の後にバイクの2人組が来て、同じくトーチカを確認
してました。興味ある人はいるんですね(^^;

<友和トーチカ跡>
友和トーチカ跡2.jpg

友和トーチカ跡3.jpg

友和トーチカ跡4.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

戦争遺跡・軍事遺跡
http://rover.seesaa.net/article/476666823.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:50| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧日本軍戦跡 ホワイトファーム94式山砲トーチカ跡 (北海道厚真町)

旧日本軍戦跡 ホワイトファーム94式山砲トーチカ跡に行ってきました。

<旧日本軍戦跡 ホワイトファーム94式山砲トーチカ跡>
94.jpg
住所:北海道勇払郡厚真町字厚和75−3
駐車場無し

googleマップを見て行ってきた戦争史跡です。
94式山砲っていうのは旧日本軍が開発した山砲です。
94式なので1934年式かな。
その山砲を格納したトーチカという事ですかね。

これも解説等一切無し。googleマップの位置からこれと判断しました。
なので、本当にそうなのか自信はありませんが、造りは戦時中のものの
様な気がするので、これかと思います。

94式山砲トーチカ2.jpg

94式山砲トーチカ.jpg

令和2年夏旅1 北海道大旅行
http://rover.seesaa.net/article/476511681.html

戦争遺跡・軍事遺跡
http://rover.seesaa.net/article/476666823.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:01| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする