2021年04月29日

渋沢栄一 内山峡詩碑   (長野県佐久市)

佐久市にある渋沢栄一 内山峡詩碑を見てきました。

<渋沢栄一 内山峡詩碑>
青天を衝け4.jpg
住所:長野県佐久市内山
駐車場あり(無料)

佐久市にある渋沢栄一 内山峡詩碑を見てきました。
国道254号線沿い、ここは今まで何度通ったか分からない位、何度と
なく車で走ったところ。しかしながら、こんなものがあるなんて、まっ
たく知りませんでした。
観光ガイドにもありませんし、現地に案内もありませんからね。
今年、渋沢栄一が大河で注目されて、初めてここの事を知ることになり
ました。

現地には石宮という神社が鎮座しています。
その脇に、岩に埋め込まれる様な形で内山峡詩碑がありました。
これは、渋沢栄一が19歳の時に信州に藍玉の取引のため訪れた際に
詠んだものです。
今年の大河ドラマのタイトル『青天を衝け』はこの詩からきたものです。

<内山峡詩碑>
青天を衝け2.jpg

青天を衝け.jpg
この赤の囲い部分が、青天を衝けのタイトルとなった部分です。

青天を衝け3.jpg

<クリックすると拡大します>
青天を衝け  大.jpg

現地には駐車場がありませんが、現地から佐久寄りにちょっと行ったところに
臨時駐車場が開かれています。

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html



posted by 南行 at 23:18| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

大井城址の桜    (長野県佐久市)

佐久市にある大井城址で桜を見てきました。

<大井城址>
大井城址.jpg
住所:長野県佐久市岩村田494
駐車場無し

<大井城について>
大井城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
佐久市の大井城址に行ってきました。現地は王城公園という公園になっています。
大井城は1221年、大井朝光によって築城され、大井氏の居城として続きます。
公園として整備されてはいますが、城としての遺構はあまり残っていない感じです。

令和3年4月11日訪問、桜がちょうど見頃でした。

<大井城址の桜>
大井城址4.jpg

大井城址5.jpg

大井城址6.jpg

大井城址7.jpg

大井城址8.jpg

大井城址9.jpg

王城公園には駐車場がありません。今回は龍雲寺を一緒に観光したので、龍雲寺に
車を停めたまま、少しだけ大井城址に行ったという感じです。

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

桜のある風景
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



posted by 南行 at 16:57| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蕃松院       (長野県佐久市)

佐久市にある蕃松院に行ってきました。

<蕃松院>
蕃松院.jpg
住所:長野県佐久市田口2893
駐車場あり(無料)
境内自由

<蕃松院について・クリックすると拡大します>
蕃松院2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
蕃松院に行ってきました。
龍岡城五稜郭で桜を見た後、近くにある蕃松院も合わせて訪問。ここに枝垂れ桜が
あるという事で見に行きました。

蕃松院は1580年に創建された曹洞宗のお寺です。
その後、この地を治めた田口城主・依田玄蕃は岩尾城攻めで討ち死にし、その子
松平康国が小諸城主となると父の供養の為、その居館跡に堂宇を再建し、父の戒名
から寺号を蕃松院としました。

蕃松院3.jpg

蕃松院4.jpg

桜を見に行ったのですが、よもやここに有名な戦国武将である依田玄蕃の墓がある
というのは知らず、びっくりしました。
依田玄蕃は武田信玄・勝頼に仕え、武田家滅亡後は家康に従って活躍した武将です。

<依田玄蕃兄弟の墓>
蕃松院 依田玄蕃の墓.jpg

<蕃松院の枝垂れ桜・令和3年4月11日撮影>
蕃松院 枝垂れ桜.jpg

蕃松院 枝垂れ桜2.jpg

蕃松院 枝垂れ桜3.jpg

蕃松院 枝垂れ桜4.jpg

桜のある風景
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html



posted by 南行 at 14:35| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咲き分けの桜   (長野県佐久市)

佐久市にある咲き分けの桜を見てきました。

<咲き分けの桜>
咲き分けの桜.jpg
住所:佐久市根岸平井
駐車場無し

<咲き分けの桜について>
咲き分けの桜4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
佐久市にある咲き分けの桜を見てきました。
佐久から望月方面に国道142号線を走り、左の脇道に少し反れた集落にこの
桜はありました。
駐車場は無く、桜の近くの道も狭いため路駐も出来ず。少し戻って道が少し広く
なっているところにしばし車を停めて桜を観賞してきました。

2本の桜が一体となって見える桜の木で、咲き分けの名前の由来は2本の木の
花の色が微妙に違うことに由来します。樹齢は約200年との事。

<咲き分けの桜・令和3年4月11日撮影>
咲き分けの桜2.jpg

咲き分けの桜3.jpg

咲き分けの桜5.jpg

咲き分けの桜6.jpg

咲き分けの桜7.jpg

桜のある風景
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html




posted by 南行 at 13:42| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

龍岡城の桜     (長野県佐久市)

佐久市にある龍岡城で桜を見てきました。

<龍岡城>
龍岡城 桜9a.jpg
住所:長野県佐久市田口下町3000−1
駐車場あり(無料)

<龍岡城について>
龍岡城 桜9.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
龍岡城は幕末1867年に竣工したお城です。
この地を治めた松平乗謨は西洋軍学を学び、その築城術を使った城を築城したのが
このお城です。
下から見てもよく分からないですが、この城は函館五稜郭と同じ星形をした城です。

龍岡城 桜9b.jpg

先日桜が満開という情報があったので訪問しました。
星形にそって桜が植えられており、城を取り囲んで桜が見頃になっていました。
とても良かったです。

<龍岡城の桜・令和3年4月11日撮影>
龍岡城 桜1.jpg

龍岡城 桜2.jpg

龍岡城 桜8.jpg

龍岡城 桜5.jpg

龍岡城 桜3.jpg

龍岡城 桜4.jpg

龍岡城 桜6.jpg

龍岡城 桜7.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

桜のある風景
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



posted by 南行 at 23:26| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

高ボッチ高原  (長野県塩尻市)

塩尻市にある高ボッチ高原に行ってきました。

<高ボッチ高原>
高ボッチ高原.jpg
住所:長野県塩尻市東山
駐車場あり(無料)

塩尻市にある高ボッチ高原に行ってきました。
行った理由は、映画『君の名は』の聖地巡礼です。

ここから見る諏訪湖の風景、映画『君の名は』の糸守湖を見下ろす
シーンの場所と言われています。
高ボッチって言う名前は、だいだらボッチがここに腰を下ろして休んだ
という伝説からだそうです。

この日、景色は良かったですが、天気がいまいち。
ここで綺麗な夕陽だったら最高だったんですが。そこが残念。
次回行くとしたら天気を気にして行きたいところです。
現地までの道は狭くて結構厳しい道でした。

<高ボッチ高原>
高ボッチ高原2.jpg

高ボッチ高原3.jpg

高ボッチ高原4.jpg

高ボッチ高原5.jpg

令和2年夏旅2佐渡遠征
http://rover.seesaa.net/article/476827408.html




posted by 南行 at 20:18| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

小谷村・千国宿の町並み   (長野県小谷村)

長野県小谷村千国の町並みを散策してきました。

<小谷村千国宿>
千国の町並み.jpg
住所:長野県北安曇郡小谷村大字千国乙
駐車場あり

小谷村千国宿の町並みを散策しました。
千国宿は千国街道(塩の道)の宿場町です。
塩の道はその名の通り、主に塩を運んだ街道で、全国に塩の道
と呼ばれる街道は複数存在します。
ここは千国街道という街道で、新潟の糸魚川から長野の松本へ塩を
運んだ街道です。糸魚川街道・松本街道とも呼ばれます。

信州松本藩は塩の輸送を日本海側の糸魚川からに限定して行って
いました。これは道中に通過する他藩が少なかったこのルートに
限定したという事です。

千国宿はそんな塩の道の遺構がいくつか残り、昔ながらの雰囲気を
感じる事が出来ます。

<牛方宿>
千国の町並み 牛方宿.jpg

千国の町並み 牛方宿2.jpg
牛方宿です。牛方とは牛を使って荷物を輸送する人達の事です。
千国宿では牛方が泊まる宿があり、それがこの牛方宿になります。

<千国番所>
千国の町並み 千国番所.jpg
千国には番所があり、千国街道を行き来する荷や人などを取り締まり
ました。

<千国宿の町並み>
千国の町並み2.jpg

千国の町並み3.jpg

千国の町並み4.jpg

千国の町並み5.jpg

千国の町並み6.jpg

令和2年初夏旅(北陸)
http://rover.seesaa.net/article/475924815.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:10| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

アルプス展望広場   (長野県小川村)

長野県小川村のアルプス展望広場に行ってきました。

<アルプス展望広場>
アルプス展望広場.jpg
住所:長野県上水内郡小川村稲丘7044
駐車場あり(無料)

アルプス展望広場に行ってきました。
実はここ、全然知らなかったんですが、たまたま通りかかって
立ち寄った感じです。

景色は素晴らしいの一言でした。
南は野口五郎岳、北は白馬乗鞍岳まで一望出来ます。
もう少し雪が残ってると更に景色が良いのかなという気がしました。

アルプス展望広場2.jpg

アルプス展望広場3.jpg

アルプス展望広場4.jpg
アジサイ越しで撮影してみました。

<動画>


<大きな画像・クリックすると拡大します>
アルプス展望広場大1.jpg

アルプス展望広場大2.jpg

令和2年初夏旅(北陸)
http://rover.seesaa.net/article/475924815.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

龍雲寺   (長野県佐久市)

佐久市にある龍雲寺に行ってきました。

<龍雲寺>
龍雲寺.jpg
住所:長野県佐久市岩村田415
駐車場あり(無料)
境内自由

<龍雲寺について>
龍雲寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
佐久に武田信玄の遺骨のある寺があるという事を知り訪問しました。
龍雲寺というお寺で武田信玄の信仰が厚く、信濃に出兵する際はこの寺に戦勝を祈願
していたとか。

龍雲寺2.jpg

寺の裏に武田信玄遺骨出土の地という看板と塚がありました。
武田信玄遺骨出土の地2.jpg

武田信玄遺骨出土の地.jpg
佐久にこんなところがある事をまったく知りませんでした。どうもこの遺骨等の鑑定
をめぐり、国との間で争いがあったとの事。
信玄の遺骨がどうなったかは、正直よく分かっていないだけに、これが本物かどうか
ってのは正直よく分からないんだろうなと思います。

寺は立派な山門があり、岩村田宿には本陣が無かった事から、龍雲寺が本陣のかわり
として使われたそうです。

平成25年9月29日訪問

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

桜のある風景
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html



続きを読む
posted by 南行 at 17:23| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

石川数正の墓を参拝    (長野県松本市)

松本市の兎川寺で石川数正の墓を参拝しました。

<兎川寺>
正行寺.jpg
住所:長野県松本市大字里山辺2940
駐車場あり(無料)
境内自由

長野の松本にある兎川寺に行ってきました。
ここには徳川家康の重臣だった石川数正の墓があります。
数正は家康の重臣でしたが、後に秀吉に降り秀吉の家臣になります。

その後松本を領し、松本城を築城したのも石川数正です。
そんな数正の墓が松本市郊外の兎川寺にあります。

<石川数正の墓>
正行寺 石川数正の墓.jpg

寺の解説も墓の解説も無い為、ここに墓がある理由等も不明です。
ささっと参拝してきました。

令和元年初夏旅
http://rover.seesaa.net/article/466647622.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 21:17| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

御魂山の神代桜     (長野県木島平村)

木島平村にある 御魂山の神代桜を見てきました。

< 御魂山の神代桜>
御魂山神代桜.jpg
住所:長野県木島平村往郷6515-4
駐車場無し

木島平村にある樹齢約400年の江戸彼岸桜です。
村指定の天然記念物です。
木島平村を見下ろす高台のお墓の裏に桜はありました。
見に行った時点でやや見頃は過ぎていました。4月下旬くらいが見頃かと
思います。

< 御魂山の神代桜・令和元年5月1日撮影>
御魂山神代桜3.jpg

御魂山神代桜2.jpg

御魂山神代桜4.jpg
御魂山の神代桜からは木島平の町を一望出来ます。

2019年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/465522397.html

<桜の名所まとめのページはこちら>
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 08:39| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

高梨氏館跡      (長野県中野市)

中野市にある高梨氏館跡に行ってきました。

<高梨氏館跡>
高梨氏館跡.jpg
住所:長野県中野市小舘4
駐車場あり(無料)

<高梨氏館跡について>
高梨氏館跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高梨氏館跡に行ってきました。
北信濃の豪族高梨氏の居城です(平城)

北信濃は武田信玄が勢力拡大を図って来た際に攻防の最前線になりました。
高梨氏は上杉家の傘下に入り武田家と戦いました。
その後、上杉家が会津に国替えになるとそれに従い、高梨氏館も廃城になりました。

現在館跡は公園になっていて、土塁・堀・建物の基礎跡などが残っています。

<高梨氏館跡>
高梨氏館跡3.jpg

高梨氏館跡4.jpg

高梨氏館跡5.jpg

高梨氏館跡7.jpg

高梨氏館跡6.jpg

2019年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/465522397.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 10:41| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

いいやま菜の花祭り  (長野県飯山市)

長野県飯山市、いいやま菜の花祭りに行ってきました。

<いいやま菜の花公園>
菜の花公園.jpg
住所:長野県飯山市瑞穂495−1
駐車場あり(有料・500円)

飯山の菜の花公園に行ってきました。
結構前から菜の花の名所として知られているので、一度行ってみたいと思って
いました。

野沢温泉から車で10分ほどの距離、今回野沢温泉に泊まったので朝一で行って
みました。

約800万本の菜の花が満開を迎えていました(^-^)
天気が良ければ青空の下、遠くに見える斑尾高原の山々などをバックに綺麗な
菜の花を見る事が出来たんでしょうけど、天気がいまいちだったのが残念です。

それでも綺麗ですから、とても良い場所だなと思いました。
天気が良い時にまた行きたい場所ですね。

<いいやま菜の花公園・令和元年5月1日撮影>
菜の花公園2.jpg

菜の花公園3.jpg

菜の花公園4.jpg

菜の花公園5.jpg

菜の花公園6.jpg

2019年GWの旅
http://rover.seesaa.net/article/465522397.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 16:17| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

飯島陣屋        (長野県飯島町)

長野県飯島町にある飯島陣屋に行ってきました。

<飯島陣屋>
飯島陣屋.jpg
住所:長野県上伊那郡飯島町飯島2309-1
駐車場あり(無料)
入場料:300円

<飯島陣屋について>
飯島陣屋8.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯島陣屋はこの付近の江戸幕府直轄地を治めるために1677年にこの地に
造られた陣屋です。伊那には高遠藩、飯田藩、高須藩などがあり、それらの管轄地
を除いた幕府直轄領を治めたため、領地は飛び地になっていたそうです。
明治維新後、廃藩置県によりこの地は伊那県となり、飯島陣屋が伊那県庁になりま
した。

飯島陣屋は現在資料館になっており、入場料を払うと解説員の方が逐一説明をして
くれます。最後は囲炉裏でお茶のサービス付きです(^-^)

<飯島陣屋>
飯島陣屋2.jpg

飯島陣屋3.jpg

飯島陣屋4.jpg

飯島陣屋5.jpg

飯島陣屋6.jpg

飯島陣屋7.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:03| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菱田春草生誕の地       (長野県飯田市)

飯田市にある菱田春草生誕の地に行ってきました。

<菱田春草生誕の地>
菱田春草生誕の地.jpg
住所:長野県飯田市 仲ノ町307−1
駐車場なし

<菱田春草について>
菱田春草生誕の地2.jpg

菱田春草生誕の地4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
菱田春草は明治時代に活躍した画家で、岡倉天心の門下生です。
日本美術院の創設にも参加し、茨城の五浦で活動します。
1911年、36才の若さで没しますが、その作品のうち
「王昭君」「賢首菩薩」「落葉」「黒き猫」の4作が国指定の重要文化財に指定
されています。

平成22年に菱田春草を顕彰するために、飯田市の生誕の地に公園が整備されました。

菱田春草生誕の地3.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 11:33| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤須城址        (長野県駒ヶ根市)

長野県駒ヶ根市にある赤須城址に行ってきました。

<赤須城址>
赤須城.jpg
住所:長野県駒ヶ根市下平512-1
駐車場あり(無料)

<赤須城について>
赤須城4.jpg

赤須城5.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
駒ヶ根市にある赤須城址に行ってきました。
南北朝時代〜戦国時代にかけて赤須為幸という人物によって築城され、代々赤須氏
の居城となりました。
1582年、織田氏の侵攻により、武田に臣従していた赤須氏の赤須城も攻撃され
廃城となりました。

現在、道路端に城の解説がありますが、城の全体像はよく分かりませんでした。
空堀や土塁の様なものがかろうじて分かる程度でした。

<赤須城址>
赤須城2.jpg

赤須城3.jpg

赤須城6.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:04| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

大通寺       (長野県福島町)

長野県福島町にある大通寺に行ってきました。

<大通寺>
大通寺.jpg
住所:長野県木曽郡木曽町福島4926−26
駐車場あり(無料)
境内自由

大通寺3.jpg

<大通寺について>
大通寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
木曽福島にある大通寺に行ってきました。
大通寺には武田信玄の三女・真理姫の供養塔があるという事で訪問しました。
真理姫は木曽義昌の正室として嫁いでいました。
木曽が美濃方面への交通の要衝であった事から、戦略上重要視したための縁組み
でした。
信玄亡き後、織田信長による信濃攻めが始まると木曽義昌は義理の兄である勝頼を
裏切り信長につきますが、真理姫は山中に隠され命を奪われることは無かった
様です。
大通寺は木曽氏の家臣が建立した寺院で、その縁で真理姫の供養塔がつくられた
との事です。

<真理姫供養塔>
大通寺 真理姫供養塔.jpg

大通寺 真理姫供養塔2.jpg

境内には枝垂れ桜の古木がありますが、平成30年4月4日現在、まだ咲いていません
でした。
大通寺4.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:00| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

中山道福島宿      (長野県木曽町)

長野県木曽町にある福島宿・上の段の町並みを散策してきました。

<中山道福島宿・上の段の町並み>
中山道福島宿7.jpg
住所:長野県木曽郡木曽町福島上ノ段
駐車場あり(無料)

中山道福島宿は中山道69次の37番目の宿場町。
天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、福島宿の宿内家数は158軒、
うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠14軒という宿場町です。

上の段と呼ばれる場所に、昔ながらの町並みが残っていました。
木曽路の宿場町は本当に良い町並みが残ってますね。

<上の段の町並み>
中山道福島宿9.jpg

中山道福島宿8.jpg

中山道福島宿6.jpg

中山道福島宿5.jpg

中山道福島宿4.jpg

中山道福島宿.jpg

中山道福島宿2.jpg

中山道福島宿3.jpg


平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

中山道六十九次
http://rover.seesaa.net/article/124324406.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:36| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長姫のエドヒガン   (長野県飯田市)

飯田市にある長姫のエドヒガンを見てきました。


<長姫のエドヒガン>
長姫のエドヒガン2.jpg
住所:長野県飯田市追手町2丁目655−7
駐車場あり(無料)

長姫のエドヒガン4.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

飯田市美術博物館の前にある長姫のエドヒガンです。別名安富桜と言うそうです。
夕方に訪問したので、夕陽があたり桜の花の色がはっきりしなくなってしまいまし
た(>_<)
樹齢400年、高さ約20mの迫力ある桜の木でした。

<長姫のエドヒガン・平成30年4月3日撮影>
長姫のエドヒガン.jpg


長姫のエドヒガン3.jpg


平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html


[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 12:10| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

瑠璃寺の桜     (長野県高森町)

高森町にある瑠璃寺に桜を見に行ってきました。

<瑠璃寺の桜>
瑠璃寺の枝垂れ桜4.jpg
住所:長野県下伊那郡高森町大島山812

瑠璃寺で桜を見てきました。源頼朝が寺領を寄進したという由緒あるお寺で、
頼朝ゆかりの枝垂れ桜が見所です。

<頼朝寄進の桜・平成30年4月3日撮影>
瑠璃寺の枝垂れ桜2.jpg

瑠璃寺の枝垂れ桜3.jpg

【大きい写真・クリックすると拡大します】
瑠璃寺の枝垂れ桜 大.jpg

頼朝寄進ならば樹齢はそれこそ1000年近い?と思いきや樹齢は200年との
事。この桜は4代目だそうです。

<瑠璃寺の地主桜>
瑠璃寺の江戸彼岸桜.jpg
昭和51年に枯死しようとしていた古木から新芽が芽生え、成長した2代目桜です。

<瑠璃寺の桜>
瑠璃寺の桜.jpg

瑠璃寺の桜2.jpg
その他の桜も綺麗です(^-^)

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:21| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専照寺の枝垂れ桜    (長野県飯田市)

飯田市にある専照寺に枝垂れ桜を見てきました。

<専照寺の枝垂れ桜>
専照寺の枝垂れ桜.jpg
住所:長野県飯田市伝馬町2丁目9
駐車場無し

専照寺の枝垂れ桜2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯田市にある専照寺の枝垂れ桜です。
樹齢400年の古木です。桜の木の下にはお地蔵様が鎮座していて、その雰囲気が
とても良かったです(^-^)

<専照寺の枝垂れ桜・平成30年4月3日撮影>
専照寺の枝垂れ桜3.jpg

専照寺の枝垂れ桜4.jpg

専照寺の枝垂れ桜5.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 21:55| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船山城址     (長野県松川町)

松川町にある船山城址に行ってきました。

<船山城址>
船山城址.jpg
住所:長野県下伊那郡松川町上片桐
駐車場あり(無料)

<船山城について>
船山城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
伊那谷の名族片切氏の本拠として片桐為基によって築かれたお城です。
城内には祭神として御射山神社が鎮座しました。
船山城址2.jpg

今は遺構はほぼ残っていません。
御射山神社の境内に説明板、その前の畑に船山城址の碑が建っています。

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 21:30| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

黄梅院の枝垂れ桜    (長野県飯田市)

飯田市の黄梅院にある枝垂れ桜を見てきました。

<黄梅院の枝垂れ桜>
黄梅院の枝垂れ桜3.jpg
住所:長野県飯田市江戸町3丁目251
駐車場あり(無料)

黄梅院の枝垂れ桜.jpg

黄梅院は武田信玄と三条の方との間に生まれ、北条氏政の正室となった黄梅院の
菩提寺として建立されたという言い伝えもあるお寺です。
そんなお寺の門前に樹齢約400年の枝垂れ桜があります。
平成30年4月3日訪問、桜は満開でした(^-^)
樹高約18mの枝垂れ桜の古木(飯田市指定天然記念物)です。

<黄梅院の枝垂れ桜・平成30年4月3日撮影>
黄梅院の枝垂れ桜4.jpg

黄梅院の枝垂れ桜2.jpg

黄梅院の枝垂れ桜5.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:32| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻績の里 舞台桜   (長野県飯田市)

長野県飯田市にある麻績の里舞台桜を見てきました。

<麻績の里 舞台桜>
麻績の舞台桜.jpg
住所:長野県飯田市座光寺2516
駐車場あり(無料)

麻績の舞台桜5.jpg

飯田市の麻績神社の境内にある樹齢約350年の枝垂れ桜
(飯田市指定天然記念物)です。
樹高12m、立派な桜の木です。訪問時まさに満開!最高に素晴らしい桜を
堪能する事が出来ました(^-^)

<舞台桜・平成30年4月3日撮影>
麻績の舞台桜2.jpg

麻績の舞台桜3.jpg

麻績の舞台桜4.jpg

【大きい写真・クリックすると拡大します】
麻績の舞台桜大.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:52| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

松源寺      (長野県高森町)

長野県高森町にある松源寺に行ってきました。

<松源寺>
松源寺.jpg
住所:長野県下伊那郡高森町下市田4389
駐車場あり(無料)
境内自由

<松源寺について>
松源寺3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高森町にある松源寺に行ってきました。
ここは昨年の大河ドラマ『おんな城主・直虎』の関連地です。
直虎の許嫁だった井伊直親が亀之丞と呼ばれた幼少時代に今川家から殺害されそう
なところを逃れてきたのがこの松源寺です。
亀之丞は幼少期の10年間をここで過ごしました。

松源寺2.jpg

現地には関連地の旗がたってました。
松源寺5.jpg

松源寺4.jpg

さすが大河ドラマに出ただけあり、平日にもかかわらず観光客が大勢来ていました。
まあ僕は最初の10話位で見るのをやめてしまったんですが(^^;

松源寺の門前には樹齢約300年という江戸彼岸桜があり、ちょうど見頃を迎えて
いました(^-^)

<松源寺の江戸彼岸桜・平成30年4月3日撮影>
松源寺6.jpg

松源寺8.jpg

松源寺7.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:30| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

松岡城址    (長野県高森町)

長野県高森町にある松岡城址に行ってきました。

<松岡城址>
松岡城址.jpg
住所:長野県下伊那郡高森町下市田
駐車場あり(無料)

<松岡城について>
松岡城址2.jpg

松岡城址3.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高森町にある松岡城址に行ってきました。
松岡城の築城年ははっきりしていない様ですが、この地を治めた松岡氏の居城でした。
松岡氏は、前九年の役で敗れた安倍貞任の次男仙千代が乳母に連れられこの地に逃れ、
土着し松岡氏を名乗ったのが始まりとされています。

松岡城は天竜川の西側にある段丘を利用したお城です。5つの郭からなり、堀の跡な
どをはっきりと確認する事が出来ました。
また、一番東側の郭からは眼下に飯田方面の町並みを眺める事が出来、とても良かった
です(^-^)

<松岡城址>
松岡城址4.jpg

松岡城址5.jpg

松岡城址6.jpg

松岡城址7.jpg

松岡城址8.jpg

桜の写真は続きをどうぞ

続きを読む
posted by 南行 at 23:44| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

大島城址     (長野県松川町)

長野県松川町にある大島城址に行ってきました。

<大島城址>
大島城址.jpg
住所:長野県松川町元大島263
駐車場あり(無料)

<大島城について>
大島城址6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
大島城址に行ってきました。大島城は12世紀に片桐氏(大島氏)によって築城
されたお城です。戦国時代、武田信玄の支配下となり秋山信友によって城の大改修
が行われました。今残っている城跡はこの時の改修のものです。

その後、勝頼の時代に織田信長の侵攻を受け、その時の城主だった武田信廉は、信長
軍に驚き夜中に城を棄て逃亡したという事です(情けないですね〜(´Д`))

城跡は、空堀や馬だしなど秋山信友の改修後の様子をしっかり残しています。

<大島城址>
大島城址 馬だし.jpg

大島城址 空堀.jpg

大島城址3.jpg

大島城址4.jpg

大島城址5.jpg

桜も綺麗でした。桜の写真はつづきをどうぞ


続きを読む
posted by 南行 at 23:43| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

御射山神社の枝垂れ桜   (長野県松川町)

長野県松川町にある御射山神社(みさやまじんじゃ)で枝垂れ桜を見てきました。

<御射山神社の枝垂れ桜>
御射山神社の桜看板.jpg
住所:長野県下伊那郡松川町上片桐3504
駐車場あり(無料)

<解説>
御射山神社の桜看板2.jpg

樹齢400年〜500年という松川町指定天然記念物の枝垂れ桜です。
平成30年4月3日訪問、満開でした!
幹が空洞化しているという事でしたが、桜の花は生き生きとした感じ
がしました。

<御射山神社の桜>
御射山神社の桜.jpg

御射山神社の桜2.jpg

御射山神社の桜3.jpg

御射山神社の桜4.jpg

平成30年春旅 南信さくら巡り
http://rover.seesaa.net/article/458592624.html

桜の名所
http://rover.seesaa.net/article/14535679.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 23:39| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

霞城址     (長野県長野市)

霞城址に行ってきました。

<霞城址>
霞城址.jpg
住所:長野県長野市松代町大室1
駐車場あり

<霞城について>
霞城址2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
霞城は長野市の松代にある山城跡で、大室氏の居城でした。
敵が攻めてくると、霞がかかったように見えなくなることからこの名が
つきました。
築城年代は不明の様ですが、川中島にも近い事から数々の戦の舞台にな
ったのではないかと思われます。
霞城は大室氏が上杉景勝に従って会津に移る際に廃城になったものと
思われます。

今回は、高井大室神社に車を停め、数分歩いて霞城址に向かいました。
道は狭いですが、永福寺というお寺が霞城の麓にあり、そこに車を
停める事も出来そうな感じでした。

霞城址4.jpg
ここから登って行きます。

霞城址5.jpg
いきなり「熊注意」の表示に怯みます(^^;

霞城址6.jpg
結構な急勾配です。トレッキングシューズは必須です。

登ること5分ほどで山頂の本丸跡?に到着です。
霞城址3.jpg
ここは古代の古墳でもあるそうです。
昔はどうだったか分かりませんが、今は木が多い茂って眺望が良くありません。

昔の石垣が残っていて、荒城の気配がとても良かったです(^-^)
霞城址7.jpg

霞城址8.jpg

霞城址9.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 09:19| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島正則荼毘所跡    (長野県高山村)

長野県高山村にある福島正則荼毘所跡に行ってきました。

<福島正則荼毘所跡>
P1130768.jpg
住所:長野県高山村大字高井堀之内
駐車場無し

<福島正則荼毘所跡について>
福島正則荼毘所跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
長野県高山村にある福島正則荼毘所跡に行ってきました。
福島正則は秀吉子飼いの武将で、賤ヶ岳の戦いで活躍。
「賤ヶ岳の七本槍」の一人に数えられる武将です。
関ヶ原の戦いで東軍につき、以後豊臣を主家として尊重しつつも徳川に
従う道を進み、広島50万石の大名となりますが、広島城の無断修繕が
咎められ広島を没収。信濃国に4万5000石で転封となります。
1624年、高井の地で死去。
幕府の検死役が来る前に家臣・津田四郎兵衛が火葬し、この地に葬りま
した。結果的にこれが理由で福島家は全領地を没収され取りつぶしと
なります。

<福島正則供養塔>
福島正則荼毘所跡3.jpg

<一本杉の後継>
福島正則荼毘所跡4.jpg
これが枯れた一本杉の後継の杉の木みたいです。

福島正則荼毘所跡.jpg
福島正則の荼毘所跡は田んぼの真ん中にぽつんとありました。
徳川家にとっては、豊臣恩顧の筆頭格である福島正則は危険な存在。
取りつぶす様に仕組まれたんでしょうね。
更には、江戸幕府内における本多正純と土井利勝の勢力争いも絡んで
の事態とも言われていますけどね。

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 00:10| Comment(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

根井氏館跡    (長野県佐久市)

長野県佐久市にある根井氏館跡に行ってきました。

<根井氏館跡>
根井氏館跡.jpg
住所:長野県佐久市根々井622
駐車場あり(無料)

<根井氏館について>
根井氏館跡2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
根井氏館跡に行ってきました。
根井氏って何者?、行っておきながら知らないという(^^;
上の解説にありますが、木曽義仲家臣の勇将で義仲四天王の一人に数え
られる人物だそうです。
義仲四天王は今井兼平、樋口兼光、根井行親、楯親忠の4名。
今井兼平、樋口兼光は知ってても、残り二人はまったく知りませんね。

知らずに申し訳ないですが、その根井行親の館があったのが、この場所
です。根井は「ねのい」と読みます。

現在は正法寺というお寺があり、ここを中心に土塁で囲まれた城の機能
を備えた館があったそうです。

根井氏館跡 正法寺.jpg

根井行親は、1184年宇治川の戦いで討ち死に。
京都で晒し首になりました。
正法寺の墓地には根井行親の供養塔と言われる古い塔がありました。

<根井行親供養塔>
根井行親供養塔.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

安楽寺        (長野県上田市)

長野県上田市にある安楽寺に行ってきました。

<安楽寺>
安楽寺.jpg
住所:長野県上田市別所温泉2361
駐車場あり
国宝八角三重塔は300円

別所温泉に泊まり、翌朝温泉街の一角にある安楽寺に行ってきました。
だいぶ前に一度行ったことがありましたが、今回超久しぶりで安楽寺を
訪問しました。

安楽寺は天長年間(824〜834)に開かれたと伝えられる寺で、鎌倉
時代中期には鎌倉北条氏の外護により禅寺として栄え、多くの学僧を育て
ていました。しかし、北条氏滅亡の後は寺運も傾いて正確な資料も残って
いないそうです。

安楽寺2.jpg

安楽寺は信州の鎌倉と言われた地にあり、北条氏の影響があったお寺です。
様々な建造物の中で、国宝八角三重塔は鎌倉時代末期の建造物と考えられ
ており、北条氏の供養塔ではないかという事です。

安楽寺 八角三重塔3.jpg

八角三重塔は入場料が必要です。300円払って見に行きます。
朝8時から開いているので、別所温泉に泊まって朝の散歩がてら
行けるのが良いですね。
安楽寺3.jpg

<国宝・八角三重塔>
安楽寺 八角三重塔.jpg

安楽寺 八角三重塔2.jpg
威厳ある建物ですね〜。国宝の名に恥じない建物です。
いろんな角度から見ても同じ見え方がします。
素晴らしい建物に見入って帰ってきました(^-^)

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

国宝建造物を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21220842.html

[ここに地図が表示されます]


続きを読む
posted by 南行 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法華寺     (長野県諏訪市)

長野県諏訪市にある法華寺に行ってきました。

<法華寺>
法華寺2.jpg
住所:長野県諏訪市中州神宮寺856
駐車場あり(無料)
境内自由

諏訪市にある法華寺に行ってきました。
法華寺は諏訪大社上社の脇にあるお寺です。1582年、武田氏を滅ぼした
織田信長はここ法華寺に着陣。甲州征伐の論功行賞が行いました。

ここで事件が起きます。
明智光秀が甲州攻めで苦労した様な発言をし、それに対し信長が「お前が何
を苦労したのか」と罵倒。欄干に頭を押し付けられ、諸将の前で辱めを受け
たというものです。

法華寺3.jpg

これだけが原因ではないでしょうが、この事件も本能寺の変につながった一因
ではあると思われます。

法華寺.jpg
法華寺本堂は平成に入ってから放火により焼失。残念ながら当時の建物は残っ
ていません。燃えたのはつい最近なんですね、残念です。
今は、当時の様子を偲ぶのみという感じですね。

法華寺 吉良義親の墓.jpg

本堂左脇から寺の裏に登ると、忠臣蔵の話で有名な吉良上野介の養子、吉良義周
の墓がありました。
赤穂浪士討ち入りの後、義周も不行届を指摘され領地を没収。諏訪に配流され
ました。諏訪では丁重にあつかわれたものの、21歳の若さで亡くなっています。
義周は悪いことはなく、非常に可哀想な人物だなと思います。

法華寺 吉良義周の墓.jpg

<吉良義周の墓>
法華寺 吉良義親の墓3.jpg

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

前松寺 / 室賀氏累代の墓   (長野県上田市)

上田市にある前松寺に行ってきました。

<前松寺>
前松寺2.jpg
住所:長野県上田市上室賀1588
駐車場あり(無料)
境内自由

<前松寺について>
前松寺.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上田市の前松寺です。
今年放映中の大河ドラマ『真田丸』。そのゆかりの地紀行で紹介
された室賀氏の菩提寺です。
室賀氏は清和源氏の出で、鎌倉時代初期にこの地に住み、室賀氏を名乗
った様です。
今年の大河では、室賀氏の中で、室賀正武が登場し「黙れ小童!」の
名台詞で強烈なインパクトを残しました(笑)

こんなのがお土産になってる位ですしね(^^;
黙れ小童.jpg

室賀正武の子、久太夫は尾張徳川家に仕え、また正武の弟の満俊は徳川家康
に仕えています。

前松寺の裏山に室賀氏累代の墓があります。
前松寺5.jpg

前松寺 室賀氏の墓.jpg
どれが誰の墓はよく分かりません。室賀氏の墓としかないもので。
このうちどれかが室賀正武の墓なんでしょうか。

前松寺にはアジサイも咲いていました(^-^)
前松寺3.jpg

前松寺4.jpg

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

貞松院 / 松平忠輝の墓    (長野県諏訪市)

諏訪市にある貞松院に行ってきました。

<貞松院>
貞松院.jpg
住所:長野県諏訪市諏訪2-16-21
駐車場あり(寺から歩いて2分位のところにあります)
境内自由

貞松院に行った理由は、ここに松平忠輝の墓があるからです。

貞松院2.jpg

松平忠輝は、徳川家康の六男。妻は伊達政宗の娘・五郎八姫(いろはひめ)。
家康からは嫌われていたようです。また、伊達政宗は忠輝をかついで天下を
狙っていたという話もあり、家康もそれをずっと警戒していました。

大坂夏の陣の後改易となり、いろいろな場所を巡った後、諏訪に幽閉され
この地で亡くなります。
亡くなったのは1683年。93歳の長寿でした。
もうこの時の将軍は5代徳川綱吉の時代です。
配流された宇喜多秀家も長生きでしたが、忠輝も長生きしました。

貞松院 松平忠輝廟2.jpg

<松平忠輝の墓>
貞松院 松平忠輝廟.jpg

松平忠輝は没後300年、昭和59年に時の徳川宗家18代徳川恒孝氏より
赦免され仏前に報告されたとの事です。

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

魁塚 / 相楽総三の墓    (長野県下諏訪町)

長野県下諏訪町にある魁塚に行ってきました。

<魁塚>
魁塚.jpg
住所:長野県諏訪郡下諏訪町魁町
駐車場なし

<魁塚について>
魁塚4.jpg
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
魁塚に行ってきました。
ここは幕末に、年貢半減を喧伝して歩いた相楽総三ら赤報隊の面々を
祀ったお墓です。
赤報隊はその後ニセ官軍のレッテルをはられ処刑されます。
都合が悪くなったので、ニセ官軍にされてしまったという悲劇の舞台
ですね。

処刑された諏訪の町のかたすみに、彼らを祀った塚が明治になってから
作られました。それがこの魁塚です。

魁塚2.jpg

<魁塚・相楽総三らの墓>
魁塚3.jpg

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]


posted by 南行 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田信之の墓 / 龍昌院    (長野県上田市)

長野県上田市にある真田信之の墓を参拝してきました。

<龍昌院>
真田信之の墓 龍昌院.jpg
住所:長野県上田市保野424
駐車場あり(無料)

塩田平を一望する丘に真田信之創建の龍昌寺があります。
ここには真田信之の墓が寺の裏手にあります。

真田信之の墓.jpg

<真田信之について>
真田信之の墓2.jpg

<真田信之の墓>
真田信之の墓3.jpg

この墓は新しいですね。裏を見ると平成22年に再建されたものの様です。
今年は大河ドラマ『真田丸』が放送中という事もあり、真田信之も注目され
てますね。ちょっとマニアな場所にありますが、こういう機会に訪問して
みると良いかもしれません。

真田信之の墓からは塩田平の山々が綺麗に見えます(^-^)
真田信之の墓4.jpg

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

高島城       (長野県諏訪市)

長野県諏訪市にある高島城に行ってきました。

<高島城>
高島城.jpg
住所:長野県諏訪市高島1丁目20番1号
駐車場あり(無料)
天守閣入場:300円

<高島城について>
高島城7.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
諏訪高島城に行ってきました。
かつては諏訪湖に突き出た出島に築城された城で諏訪の浮城と呼ばれた
そうです。
戦国時代末期に築城され、江戸時代を通し諏訪氏が幕末まで城主をつとめ
ました。
明治維新後廃城令によって建物等は破却されますが、昭和に入って現在の
天守閣が復元されました。

今は諏訪湖からは少し離れていますが、復元天守からは諏訪湖を眺める事
が出来ます。庭もとても綺麗でした(^-^)

<高島城>
高島城2.jpg

高島城3.jpg

高島城4.jpg

高島城5.jpg

高島城6.jpg

平成28年初夏ミニ旅
http://rover.seesaa.net/article/439778453.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]



posted by 南行 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

中馬街道・駒場宿      (長野県阿智村)

長野県阿智村、中馬街道駒場宿を散策してきました。

<駒場宿>
駒場宿.jpg
住所:長野県阿智村駒場
駐車場あり

駒場宿は信州から三河へ向かう中馬街道(飯田街道)の宿場町。
この先には治部坂峠があり、その前の宿場町という事で、かつては賑わいをみせ
たのではないかと思われます。
駒場は「こまんば」と言い、武田信玄が亡くなった地として知られます。
信玄公を火葬したという長岳寺も近くにあります。

国道の一本裏の通りが旧街道で、今もかつての宿場の面影を残す町並みがあります。

<駒場宿の町並み>
駒場宿2.jpg

駒場宿3.jpg

駒場宿4.jpg

駒場宿5.jpg

駒場宿6.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長岳寺 / 武田信玄供養塔    (長野県阿智村)

長野県阿智村にある長岳寺に行ってきました。

<長岳寺>
長岳寺.jpg
住所:長野県下伊那郡阿智村駒場馬場569
駐車場あり(無料)
境内自由
拝観:200円

<長岳寺について>
当山は弘仁年間(810〜824年)に伝教大師により創建。
本尊は定朝作十一面観音、また木槌山観照寺の本尊薬師如来が祀られています。

長岳寺2.jpg

武田信玄公は野田城攻めの最中に肺患を得、病が重くなり三河から帰途、
1573年4月12日、信州伊那の里駒場の山中で落命されました。
信玄公の死を秘めて身代わりを甲州に送り、当山裕教法印と共に、裏山にて
火葬にふしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
長野県阿智村にある長岳寺に行ってきました。
阿智村駒場は武田信玄公が亡くなった地と言われています。
阿智村から十数キロ南に行った横旗という地に信玄塚という信玄公の墓があります
が、これは『甲陽軍艦』による信玄公の亡くなった地とされる場所で、信憑性に
疑問があるそうです。
長岳寺の住職さんにお話をうかがいましたが、ここ長岳寺が信玄公の亡くなった地
だと言っておられました。

信玄塚の方は信玄公が亡くなったため、風林火山の旗を横にしたという話から地名が
横旗と言うと伝えられていますが、そもそも死を隠せと言った遺言とつじつまが合わ
ないという事でした。

まあいろいろ説はありそうですね。

ここ長岳寺には武田信玄公供養塔、また長篠の戦いで討ち死にした馬場美濃守の供養
塔があります。

<武田信玄供養塔>
長岳寺 武田信玄供養塔.jpg

<馬場美濃守供養塔>
長岳寺 馬場美濃守供養塔.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

浪合神社 / 尹良親王陵     (長野県阿智村)

長野県阿智村にある浪合神社に行ってきました。

<浪合神社>
浪合神社.jpg
住所:長野県下伊那郡阿智村浪合字宮ヶ原581
駐車場あり(無料)

<現地解説>
浪合神社説明.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
浪合神社に行ってきました。
カーナビに尹良親王の墓っていう表示で史跡マークが出ていた為訪問しました。
尹良親王って誰でしょう?分からないで行きました。

現地の解説を見ると、尹良親王(ゆきよししんのう)は後醍醐天皇の孫で、宗良親王
の子という事が分かりました。
南朝方の征夷大将軍として南朝の再興に尽力をしたそうです。

南北朝の歴史の中でも尹良親王の名前ってついぞ聞いたことがありません。
いろんな人物が南北朝の騒乱にも関わっているんだなと改めて思いました。

<尹良親王陵>
尹良親王の墓.jpg

<尹良親王慰霊碑>
尹良親王供養塔.jpg

尹良親王奮.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

中馬街道・浪合宿     (長野県阿智村)

長野県阿智村にある中馬街道浪合宿に行ってきました。

<浪合宿>
中馬街道 浪合宿.jpg
住所:長野県下伊那郡阿智村浪合
駐車場なし

浪合は戦国時代交通の要衝で、信濃と三河の境にある事から武田信玄が関所を
設けました。江戸時代になってからも幕府により入り鉄砲出女の監視が行われ
ました。
その関所に隣接する宿場が浪合宿です。そんなに大きな宿場ではなかった様です。
今でも昔ながらの建物が数軒残り、宿場の雰囲気を感じる事が出来ます。

<浪合の町並み>
中馬街道 浪合の町並み2.jpg

中馬街道 浪合の町並み.jpg

中馬街道 浪合の町並み3.jpg

中馬街道 浪合の町並み4.jpg

中馬街道 浪合の町並み6.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

浪合の関跡    (長野県阿智村)

長野県阿智村にある浪合の関跡に行ってきました。

<浪合の関跡>
浪合の関跡.jpg
住所:長野県下伊那郡阿智村浪合ウトフ1130−イ
駐車場無し(2台くらい停めるスペースはあり)

<現地解説>
浪合の関跡5.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
浪合の関は伊那街道の関所跡です。
もとは武田信玄が三河との境に設置し出入りを監視したものですが、江戸時代に
なり幕府の関所として「入り鉄砲出女」を取り締まった関所です。

国道153号線(伊那街道)から浪合宿方面に曲がり、細い道を少し走ったところ
に浪合関はあります。
道路は袋小路になってて、行き止まりに車を停め(駐車場ってわけじゃない)、
そこから山道を歩いて数分で浪合関跡に着きます。

再現されたものと思われますが、関所門があり山道の中昔の面影を感じる事が出来
ました。

浪合の関跡2.jpg

浪合の関跡3.jpg

浪合の関跡4.jpg

昔こういう道を人々が行き交ったという事を考えると風情がありますね。

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芳泉寺 / 真田小松姫の墓    (長野県上田市)

長野県上田市にある芳泉寺に行ってきました。

<芳泉寺>
芳泉寺.jpg
住所:長野県上田市常磐城3丁目7−48
駐車場あり(無料)

<真田小松姫の墓について>
真田小松姫の墓.jpg

真田小松姫の墓4.jpg

真田小松姫の墓3.jpg
こちらが真田小松姫の墓です。

真田小松姫は、真田幸村の兄信之の妻で、徳川四天王の一人本多忠勝の娘です。
このエピソードが有名ですね。
真田小松姫の墓5.jpg

平成28年大河ドラマ『真田丸』では、小松姫役を吉田羊さんが演じる様です。
どんな感じになるのか楽しみですね(^-^)

<仙石秀久の墓>
仙石秀久廟.jpg
こちら真田氏の後に上田に入った仙石氏廟。その中の仙石秀久の廟です。

埼玉県鴻巣市にある勝願寺にも真田小松姫の墓と仙石秀久の墓が並んであります。
<鴻巣市・勝願寺>
http://rover.seesaa.net/article/195528214.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

岡城跡       (長野県上田市)

長野県上田市にある岡城跡に行ってきました。

<岡城跡>
岡城跡.jpg
住所:長野県上田市岡1386-1
駐車場あり(無料)

<現地解説>
岡城跡6.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
長野県上田市にある岡城跡に行ってきました。
岡城って言うと大分にある「荒城の月」のモチーフでもある岡城が有名です。
長野の岡城?僕も知りませんでした。

上田市から青木村に向かう国道からちょっとそれた場所に、城跡公園がありました。
この城は海津城が造られる前に、川中島手前の最前線を守る城だった様です。
馬場信春が縄張りをして、防備を固めた様ですね。

岡城跡5.jpg

今は公園で、特にこれが城の遺構という様なものは分かりません。

岡城跡2.jpg

岡城跡4.jpg

城からの風景
岡城跡3.jpg

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]
posted by 南行 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

松尾城趾     (長野県飯田市)

長野県飯田市にある松尾城趾に行ってきました。

<松尾城趾>
松尾城.jpg
住所:長野県飯田市松尾代田1007-1
駐車場あり(無料)

<現地解説>
松尾城4.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯田にある松尾城趾に行ってきました。
なかなかマニアックな場所にあって、カーナビでもどう向かったら良いかいまいち
良く分からず迷いました。

松尾城は南北朝時代からあるお城の様ですが、詳しいことは分かっていないという事
です。
小笠原氏の居城で、信長の武田攻めの際に攻めとされたそうです。

飯田の丘の上にあり、地形を巧みに使った山城といえます。
松尾城縄張り.jpg

今は公園になっており、バーベキューをしている家族なども見かけました。
松尾城3.jpg

<松尾城趾からの景色>
松尾城2.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

仏壇通り     (長野県飯山市)

長野県飯山市の仏壇通りに行ってきました。

<仏壇通り>
仏壇通り.jpg
住所:長野県飯山市愛宕町
駐車場なし

長野飯山の仏壇は300年の歴史をほこる地場産業です。
愛宕の雁木通りには、仏壇店が並び仏壇通りと言われています。
雁木とは木で造られたアーケードの様なもので、雪国特有のものです。
仏壇通り4.jpg

現地行って思いましたが、こんなに仏壇店ばっかり並んでいてはたして
儲かるのかな。今そこまで仏壇の需要があるとも思えないんですけどね。

仏壇通り3.jpg

仏壇通り2.jpg

日本の古い町並み
http://rover.seesaa.net/article/21960937.html

平成27年秋旅2 信濃・越後・越中・飛騨城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/427722656.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

飯山城       (長野県飯山市)

長野県飯山市にある飯山城に行ってきました。

<飯山城>
飯山城.jpg
住所:長野県飯山市飯山田町2753
駐車場あり(無料)

<現地解説>
飯山城8.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯山城に行ってきました。
信濃国の中でも最北部に位置し、越後との国境に近く軍事的要衝を押さえる城と
言えます。
高梨氏の居城でしたが、後に上杉氏の城となり、武田信玄に対抗する拠点として
本格的に整備されたそうです。

飯山城7.jpg

明治元年には戊辰戦争の戦いにも巻き込まれ、建物が焼失。
やはり街道の拠点ゆえに戦いの場になるんですね。

今は石垣が残り、本丸跡と思われるところには葵神社という神社があります。

<飯山城趾>
飯山城2.jpg

飯山城3.jpg

飯山城4.jpg

飯山城6.jpg

飯山城1.jpg
この城門は移築されていた物を、再度飯山城に戻してきた城門です。

平成27年秋旅2 信濃・越後・越中・飛騨城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/427722656.html

日本の城を巡る
http://rover.seesaa.net/article/21222307.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

信玄塚         (長野県根羽村)

長野県根羽村にある信玄塚に行ってきました。

<信玄塚>
信玄塚.jpg
住所:長野県下伊那郡根羽村横旗
駐車場なし(近隣に駐車スペースあり)

<現地解説>
武田信玄は、三河国野田城攻略中に肺肝を患い、田口・津具を経て甲斐国へ引き返す
途中、1573年4月12日、53歳にてここ「ねばね」の上村において他界された。
その折り、風林火山の旗を横にしたのでこの地を横旗という。
信玄公が葬られているとされる信玄塚は村史跡に指定されており、現在の国道敷に埋
没されている。

寛文年間(1661〜1673)の頃、信玄公100年目の遠忌に際し、供養のため
武田家ゆかりの人々によって建立されたと伝えられているが、塔の形式等から室町
末期と推測される。
花崗岩製で、高さ1.84m、塔身に四仏を表す梵字が刻まれており、塔の規模様式
から見て城主、大名級のものであるとされている。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
久しぶりに信玄塚に行ってきました。相当前に一度立ち寄った事があるんですが、
もう忘れてしまってました。

信玄塚2.jpg

豊田から飯田に向かう飯田街道(国道153号線)を走っていると、信玄塚の大きな
看板があるのですぐに気がつきます。

ここは武田信玄が亡くなったと言われる場所です。
ここで亡くなったというのは『甲陽軍艦』によるもので、信憑性は定かではありませ
ん。実際、ここより北に行った駒場にも信玄公が亡くなったという地があります。
駒場にある信玄公ゆかりのお寺の住職さんが言うには、そもそも信玄公は自分の死を
隠せと命じたのに、風林火山の旗を横にした(つまり喪に服した)というのはあきら
かにおかしい、と言っておりました。
『甲陽軍艦』自体が後世になって書かれたもので、信憑性には疑問があるので、この
地も信玄公の伝説地のひとつ位に考えた方が良いのかと思います。

<信玄公供養の宝篋印塔>
信玄塚3.jpg

平成27年秋旅1 遠江三河城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/426484366.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英岩寺 / 鬼小島弥太郎の墓     (長野県飯山市)

長野県飯山市にある英岩寺に行ってきました。

<英岩寺>
英岩寺.jpg
住所:長野県飯山市飯山3399
駐車場あり

<現地解説>
永仁年間、天台宗の修験道場として創立されたと伝えられている。
当時は江岸寺という。
後、戦国期に衰微したが、文禄四年高源七世通庵寿貫和尚によって栄厳寺として
中興され、安永年中「英岩寺」と改名し現在に到っている。
今の本堂は安政三年(1856年)に建立されたものである。

英岩寺2.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
飯山の英岩寺に行ってきました。
飯山はお寺が多く、お寺巡りコースなんて散策ルートも設定されています。
そんな飯山お寺巡りの一番端っこに英岩寺があります。
ここに上杉家の猛将・鬼小島弥太郎の墓があるというので訪問しました。

入り口の所に案内があります。200mちょい歩きます。
英岩寺3.jpg

本堂左側に英岩寺のお墓があります。
お墓に入りすぐに山に登る道があります。なんかここを登るのかなと勘違いしそう
な道です。これ登ってはいけません。登らずにお墓の奥に進みます。
歩いて少しで、1つの岩があり、それが鬼小島弥太郎の墓でした。

<鬼小島弥太郎の墓>
英岩寺4.jpg

【鬼小島弥太郎・wikipedia】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E5%BC%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E

この墓は、1561年第四次川中島の戦いでの撤退戦で深手を負った鬼小島弥太郎は
この地で自刃し葬られたというものです。
鬼小島弥太郎の墓.jpg

新潟の栃尾にある慰霊碑や戦死の地では1560年の刈谷田川の合戦で討ち死にした
事になっており、はっきりしません。

そもそも鬼小島弥太郎自身存在したのかどうかもよく分かっていない人物です。
創作説もあります。
しかし、上杉家の中で鬼小島弥太郎は勇猛な武将として歴史物語の中では欠かせ
ない存在になっているので、実在と信じたいです。

新潟栃尾にある鬼小島弥太郎供養塔
http://rover.seesaa.net/article/406029725.html

新潟栃尾にある鬼小島弥太郎戦死の地
http://rover.seesaa.net/article/405964125.html

鬼小島弥太郎の墓を参拝したあと、英岩寺のすぐ近くにある美芳屋製菓さんにおじゃま
しました。ここでお土産を購入。
買ったのはこちら(^-^)

銘菓鬼小島弥太郎.jpg
飯山銘菓「鬼小島弥太郎」です。名前だけで購入してしまいました(笑)

銘菓鬼小島弥太郎2.jpg
あけるとこんな感じです。

銘菓鬼小島弥太郎3.jpg
割ってみました。
白あんの入った、ミルクとバター風味の焼きまんじゅうです。
食べてびっくり。とてもおいしいです(^O^)
こういうお土産物って、あまり期待してないんですが、このお菓子はおいしい。
また買って食べたいと思う味です。甘くてバターの風味が良いですね。

平成27年秋旅2 信濃・越後・越中・飛騨城攻め!
http://rover.seesaa.net/article/427722656.html

大河ドラマの舞台
http://rover.seesaa.net/article/112515106.html

著名人の墓
http://rover.seesaa.net/article/26837973.html

[ここに地図が表示されます]

posted by 南行 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする